高額融資を受けられるカードローンをお探しでしょうか?

カードローンは消費者金融と銀行の2種類に分かれており、高額融資を求めるのであれば銀行カードローン一択です。

消費者金融や信販会社のカードローンは、商品としての貸付限度額が高くても総量規制に引っかかってしまうので、年収の3分の1までしか借りられません。

★総量規制例

年収600万円だと仮定すると、総量規制対象では3分の1の200万円までしか借りられない

年収額に関係なく高額融資を受けたいのなら、銀行のカードローンを利用しましょう。

ただし、スピード審査や即日融資を希望の人は銀行カードローンより消費者金融カードローンをおすすめします。

審査がスムーズな消費者金融3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能 1万円~800万円 年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

高額融資を受けられる銀行カードローンの中でも、金利や条件面でオススメのカードローン

今後カードローンで高額融資を受けようか検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

高額融資なら銀行カードローン

「総量規制」という言葉をご存知でしょうか。消費者金融業者や信販会社など、銀行以外で貸金業を営む事業者に適用される「貸金業法」という法律の一部です。

破産などのリスクを回避するための規制であり、貸金業に分類される業者からは合計で年収の3分の1までしか借入することができません。

総量規制金額が100万円の人がA社から80万円の融資を受けた場合、他業者のB社からは20万円しか借入できなくなるのです。

規制は1社から借りられる限度額ではなく、貸金業者全体から借りられる合計額になります。

 

銀行には「貸金業法」ではなく「銀行法」が適用されるので、年収に関係なく融資を受けられるのです。つまり、年収3分の1以上の高額融資を求める場合は銀行カードローン一択になります。

銀行カードローンにも非常に多くの種類があるので、その中からより自分に都合がよい銀行を選ぶことが大切です。

オススメの高額融資銀行6選

同じ銀行カードローンでも金利・貸付限度額・申込対象条件などは、銀行によってさまざま。

その中で貸付限度額が高く、金利が低いオススメの銀行カードローンをご紹介しましょう。

今回ご紹介するオススメ銀行一覧

会社名 限度額 年率 収入証明
住信SBIネット銀行 1200万円 0.99%~14.50%
横浜銀行 1000万円 1.9~14.6%
東京スター銀行 1000万円 1.8%~14.6% 300万円まで不要
楽天銀行 800万円 1.9%~14.50%
オリックス銀行 最高800万円 1.7%~17.8%
りそな 800万円 3.5%~12.475%

最大貸付限度額1200万の銀行

各カードローンの最大貸付限度額別にピックアップしていきます。

順序は限度額が高い順です。

住信SBIネット銀行「ミスターカードローン」

ミスターカードローン

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
0.99~14.79% 1200万円 最短当日
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦は不可) 審査後即時 なし・WEB完結

2017年2月現在、銀行カードローンとしての最大限度額は1200万円です。

この限度額を打ち出しているのは、現状住信SBIネット銀行の「Mr.カードローン」しかありません。

また一定条件を満たすことで、金利面においても「下限金利0.99%」と他を圧倒する数字を示しています。

☆金利を下げる条件

1)SBI証券の口座を開設して所有している

2)SBIの住宅ローンで契約・利用している

3)SBIの銀行口座及びカードを所有しており、引き落とし先に登録している

Mr.カードローンの金利引き下げ条件は上記の3つですが、SBIの住宅ローンを利用していることなども含まれるので、金利を下げるためのハードルは高いと言えるでしょう。

引き下げ前であっても年率は1.54%~14.79%なので、カードローン全体から見ても低金利であることは変わりません。

限度額1200万円は金利引き下げ条件を満たしていなくても適用されるので、とにかく高額融資を行っている銀行を探しているのであれば、住信SBIネット銀行のMr.カードローンがオススメです。

 

最大貸付限度額1000万の銀行

限度額1200万円クラスは住信SBIネット銀行のみですが、1000万円までの銀行カードローンになると飛躍的に多くなります。

高額融資が目的でも1000万円あれば十分という人がほとんどではないでしょうか。

ここでは1000万円の限度額があり、その中でも金利が一定以上水準以下に設定される銀行をピックアップしています。

横浜銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.9~14.6% 1000万円 最短当日 300万円まで不要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦も可) 審査後即時 なし・WEB完結

横浜銀行カードローンは全国展開ではありませんが、条件としては限度額1000万円・金利1.9%~14.6%に設定されています。

上限金利14.6%は標準的な水準ですが、仮に1000万円の融資を受けた場合に適用されるのは下限金利の1.9%です。

高額融資でも下限金利2%以上の銀行も少なくないため、横浜銀行の1.9%は低金利の部類と言っていいでしょう。

専業主婦やパート・アルバイトの人でも申込みできるのも嬉しいポイントです。ただし学生は対象外となります。

☆横浜銀行カードローン対象エリア

  • 神奈川県内全域
  • 東京都内全域
  • 群馬県(前橋市・高崎市・桐生市)

地域密着型の銀行なので、自身の住所が利用可能なエリアに含まれているかは事前にチェックしておいてくださいね。

東京スター銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.8%~14.6% 1000万円 最短当日 300万円まで不要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦も可) 審査後即時 なし・WEB完結

1000万円の高額融資でありながら、自営業・派遣社員・学生でも申し込み可能なのが東京スター銀行の魅力です。

WEB完結が原則となっており、提供エリアの限定などもないので横浜銀行カードローンよりも使いやすいと感じる人が多いと思います。

金利は1.8%~14.6%に設定されており、限度額まで借りた場合は下限の1.8%で契約される方がほとんどでしょう。

東京スター銀行のカードローンは、高額キャッシングとしては金利も低く使い勝手がよい金融商品です。

1000万円以上の限度額が必要だけど、SBIネット銀行はハードルが高いし横浜銀行はエリア外というような人は、東京スター銀行のカードローンを検討してみてください。

最大貸付限度額800万の銀行

一般個人にもっとも人気が高いのは、限度額800万円クラスのカードローンではないでしょうか。

投資目的などがない限りは、なかなか1000万円の融資を受けたいと考える人は少ないと思います。

限度額800万円クラスのカードローンはとくに数が多く、選ぶのに苦労するというケースも少なくありません。

ワカル 薄赤 左

今回ワカルがオススメするのは限度額が800万円であり、下限金利と上限金利がそれぞれ相場から見て低いと判断した銀行カードローンです。

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)

楽天銀行

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.9%~14.50%
800万円 最短当日
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦も可) 審査後即時 なし・WEB完結

楽天スーパーローンは800万円クラスの中でもバランスがいいロカードローンです。

限度額800万円・金利は1.9~14.50%に設定されています。

下限金利1.9%はカードローン年率の相場としては低金利ですし、楽天スーパーローンは専業主婦でも申し込み可能です。

課題は審査時間が1~2日かかるケースも少なくないという点ですが、早ければ即日審査・即日融資を行ってくれます。

限度額と審査速度ではSBIネット銀行に劣っている傾向がありますが、金利面や申し込みの気楽さという面ではSBIよりも利用者との接点が多いカードローンと言えるでしょう。

りそな銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
3.5%~12.475% 800万円 最短当日 300万円まで不要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦も可) 審査後即時 なし・WEB完結

りそな銀行のカードローンは上限金利の面では他行より優れています。

限度額800万円・年率は3.5%~12.475%と設定されており、上限金利12.475%が注目するべきポイントです。

SBIネット銀行や楽天銀行で8%未満の上限金利を打ち出していますが、それぞれ特定のプランや条件を満たした場合に適用されます。

りそな銀行カードローンの上限金利は標準で12.475%なので、初めてカードローンを利用する人におすすめの銀行です。

その分下限金利は3.5%と消費者金融の水準で設定されているので、800万円満額など高額融資を希望するには向かないかもしれません。

オリックス銀行カードローン

オリックス銀行

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.7%~17.8% 最高800万円
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦は条件次第) なし・WEB完結

 

オリックス銀行カードローンの魅力は下限金利の低さにあります。

限度額最高800万円・年率1.7%~17.8%です。

限度額最高800万円クラスの中で下限金利1.7%を無条件設定しているところは少なく、標準では最低金利に近いと言ってもいいでしょう。

一方で上限金利は17.8%と銀行の中でも格段に高金利になっています。

消費者金融の高額融資カードローンの落とし穴

銀行に限らず、消費者金融でも高額融資のカードローンは数多く存在しています。

しかし、金融業者は総量規制が適用されるため年収3分の1以上の金額を借り入れることができません

例え金融商品そのものの貸付限度額が800万円であったとしても、その満額を借りるためには3倍である2400万円の年収が必要になるのです。

銀行は審査がやや厳しい傾向にあると言われています。

また消費者金融と比べると比較的審査に時間がかかり、無利子期間などの特典もほとんどありません

そのため、銀行と消費者金融のカードローンは目的によって使い分けるべきです。

銀行と消費者金融を選ぶポイント

飲み会や旅行など30~50万円程度の突発的出費なら消費者金融の方が向いていますし、低金利や借入限度額を重視するなら銀行が適任です。

高額融資を受ける場合は、事前にキャッシングを利用する目的を明確にしておきましょう。

審査がスムーズな消費者金融3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能 1万円~800万円 年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

上限よりも下限金利で検討

カードローンを利用するとき、上限金利と下限金利のどちらを見るべきなのでしょう。

そもそも下限金利と上限金利は、契約を結んだときの限度額枠によって決定されます。

上限金利は主に10万円~100万円までの借入枠につける金融業者及び銀行が多く、それ以降は借入枠が高額になるのと同時に比例して年率は低くなるのが一般的です。

長期間カードローンを利用してきた人の場合、他社で新規に契約を結んだとしても信用情報があるため、最初からある程度の限度額を設定してもらえます。

一方、完全に初めてでカードローンの契約を結ぶ人の多くは、初期時点では50万円までの枠が与えられ利用とともに少しずつ増額されていくのが基本です。

仮に800万円を銀行カードローンで借りようと考えているのであれば、上限金利よりも下限金利の低さで選ぶことをオススメします。借入額に比例する年率は金融業者によっても異なりますが、800万円がその銀行の最大貸付額なのであれば、下限金利を設定される可能性が高いからです。

上限金利は主に初めてカードローンで契約する人や少額枠希望など、もっとも高金利で設定される可能性の高い人が意識するべきポイントになります。

最高800万円借りるならオリックス銀行カードローン

今回ご紹介した銀行で例えると、800万円を借りるのであれば「オリックス銀行カードローン」が良いでしょう。オリックス銀行は下限1.7%~上限17.8%の金利が設定されており、上限金利は消費者金融と同じ水準です。

しかし、最大貸付額が800万円であるのに対して借入れるのも最高800万円であれば、下限金利1.7%が適用される可能性は非常に高くなります。

それならもっと下限金利が低いSBIネット銀行や、限度額の高い東京スター銀行の方が良いのでは?と感じる人も少なくないでしょう。

ではなぜオリックス銀行の方がオススメなのか。

800万円を借りることを想定した場合、SBIネット銀行で借り入れると設定される年率は2.39%~2.99%になります。

貸付限度額が1200万年と高いため、限度額がそれ以下になったときの金利は他社よりも割高になるように設定されているのです。

楽天スーパーローンは下限1.9%なので、オリックス銀行よりも割高です。

以上の理由から最高800万円の融資を受けるのであれば、下限金利が1.7%ともっとも低いオリックス銀行のカードローンをオススメします。

高額融資を受けるためのポイント

どんなに銀行が高い限度額や低金利を謳っていても、誰もがその条件で契約できるわけではありません。

銀行から高額融資を受けるためには、それ相応の信用情報を取り揃える必要があります。

カードローン審査における審査要項は公開されていませんが、少なくとも収入証明や社員証など用意できるものはすべて用意しておきましょう。

収入証明書類は高額融資になると必要になるケースがほとんどです。

また場合によってはWEB完結ではなく、店舗がある銀行なら窓口にまで足を運んで相談してみるのも1つでしょう。

カードローンは商品とはいえ「お金を借りる」行為なので、貸す側に可能な限り安心を与えられる材料を取り揃えることが重要です。

まとめ

高額融資をカードローンで受けるのなら、ほとんどの人は銀行カードローンになると思います。

しかし、カードローンは下限金利や限度額が高ければ1番いいというものではありません。

借入枠に比例する金利は銀行によってもさまざまです。

自身が融資を受けたい金額とそこに設定される可能性が高い金利、その他サービスやサポート面を踏まえた上で自身に最適な銀行カードローンを選びましょう。

高額融資を受けたい人も即日で対応してくれる会社はあります。

審査がスムーズな消費者金融3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

アイフル

無利息期間 はじめての人は最大30日間
実質年率 3.0%~18.0%
限度額 800万円まで

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なアイフル。※I1
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※I1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。ご連絡いただいた時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。

★こちらの記事も参考にどうぞ