光熱費の支払いで困っていませんか?

このページをご覧の皆さんは、光熱費を支払うお金がないことでお悩みのことでしょう。

「お金がなくて、光熱費を払うのもつらい」
「このままだと、ガス代や水道代を払えないかも。どうしたらいいんだろう?」

など、毎月のように思っている人もいるかもしれませんね。

光熱費は、ライフラインを支える大切なもの。
それを払えないのは、実は大変にまずい状態です。

確かに、滞納してから一定期間を過ぎてしまうと、止められてしまいます。

しかし、滞納してから止められるまでには一定のルールがあり、それを守って支払いを済ませている限り止められることはないのです。

ここでは、最初に滞納してから止まるまでの日数などのルールについて解説。
その後、止まる前に取ることができる対策について考えていきます。

これで、ライフライン(水道・ガス・電気)が止まる恐怖から解放されることを願います。

スピード解決ならカードローンがおすすめ

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

光熱費のことを詳しく知ろう!

前にも書いたように、「光熱費を払えない」というのは非常にまずい状態といえます。
2つの状態が重なっているためです。

  • 収入以上の支出がある
  • そのうえで、光熱費(電気代・ガス代・水道代)が払えない

ライフラインが止まってしまいそうになると、焦る気持ちはあるでしょう。

それについては、心配いりません。

滞納してから実際に止められるまでには、一定のルールがあります。
それに従って料金の支払いさえしていれば、止められる心配はありません。

そのためには、光熱費を払えない状態を作らないことが大切。
実際、止められるまでにやれることもあります。

まずは、光熱費の仕組みについてチェックしていきましょう。

光熱費の種類とは?

普通に生活されている皆さんであれば、ご存知だと思いますが、まずは光熱費とは何かについて軽く触れておきましょう。

一般的に「光熱費」と呼ぶ時は、下記の3つのことを指しています。

  • 電気代
  • ガス代
  • 水道代

これらは、それぞれ管理・管轄している会社が違います。

そのため、滞納できる期間や払えない際の対処法も異なります。

まずは、どの順番で止められるのかについて見ていきましょう。

水道・ガス・電気、止められる順番は?

当たり前の話ですが、光熱費を支払うことができなければ供給を止められます。

ただ、前にも書いたように、それぞれを管理している組織が違います。
そのため、供給が止まるまでの期間もそれぞれ違うのが実情です。

滞納できる期間については、後ほど詳しく書いていくとして、まずはどの順番で止められるのかについてまとめていきましょう。

基本的に、ライフラインについては「生活するために必要なもの」が一番最後に遅れます。

では、水道・ガス・電気については、どういう順番で止まっていくのでしょうか。

「生活するために、一番大切なもの」は、何といっても水道です。

水道については水が飲めなければ、人間の生命に影響が出てきます。

そのため、ライフラインの中では、水道が最後に止まるのです(滞納から2~3ヶ月後)。

水道が止まるのはよっぽどのこと。
ここまでくる前に、なんとしても食い止めてください。

その次に止まるのはガスです(滞納の翌月)。

ガスが止まってしまったら大変なのは確かですが、お風呂や料理ができなくても死ぬわけではありません。

ただ、夏場は少々きついでしょう。

最初に止まるのは電気(滞納の翌月)。

電気については、係の人が家にやってきて「電気を止めましたので」という一言で、手続き完了後に止められます。

「お金がない」、「持病の治療で」など理由があったとしても、容赦なく止められてしまいます。

ここでは、光熱費が止められる順番について解説しました。

おさらいとして、ライフラインの止まる順番を書いておきましょう。

まずは、電気が最初に止まります。
その次にガス。
最後に、水道の順番で止められます。

電気は、スマホの充電やインターネットを利用するために必要です。
ガスは、お風呂に入ったり料理をするために必要となります。

そうなると、電気やガスは快適に暮らすためにも大切であることがわかります。

水道はギリギリまで止まりません。

電気とガスでは、電気の方が先に止まります。
まずは、電気代を支払うことを最優先に考えてください。

それぞれの管理団体について知ろう!

最初にも書いたように、電気・ガス・水道とも管理する団体(会社)は異なるので注意が必要です。

ここでは、それぞれの管理団体についてまとめていきます。

電気

電気は、基本的には地域ごとの電力会社(10社)が管理しています。

  • 北海道…北海道電力
  • 東北6県・新潟県…東北電力
  • 首都圏1都7県・静岡県(富士川以東)…東京電力
  • 北陸3県(福井県・石川県・富山県)…北陸電力
  • 中部地区(一部を除く)…中部電力
  • 近畿2府4県など…関西電力
  • 中国5県全域など…中国電力
  • 四国4県本土…四国電力
  • 九州地方7県…九州電力
  • 沖縄県…沖縄電力

2016年4月からは、一般家庭でも電力自由化を実施。
一般家庭でも、上記電力会社以外も選択可能となりました。

現在では、はりま電力(兵庫県)、湘南電力(神奈川県)などの地域新電力や、とっとり市民電力(鳥取県)、やまがた新電力(山形県)などの自治体電力も誕生して、全国各地に300以上の電力会社があります。

ガス

ガスについては、地域ごとのガス会社が管理しています。

ガスの場合、お住いの地域や物件によって、使用しているガスの種類が異なります。
ガスの種類でいうと、下記のような種類があります。

  • 都市ガス
  • LPガス
  • プロパンガスなど

また、ガス会社も電気や水道よりも細かく分かれていることが特徴です。

例えば、北海道地区の都市ガス供給会社でいうと、北見市企業局や北海道ガスなど6つの事業会社があります。

LPガスやプロパンガスになると、地域ごとに事業者が多数あります。

なお、ガスについても2017年4月1日から「都市ガス自由化」が開始されました。

例えば、「いい部屋ネット」で知られている大東建託では、自社建築物件に住んでいる人向けに「いい部屋ガス」というサービスを、2017年12月18日より始めています。

ただし、都市ガス自由化は電力自由化の時ほど、参入会社が多くないのが現状で、大都市圏でしか選択肢がない可能性がある点に注意が必要です。

水道

水道は、お住いの地域にある水道局が管理しています。

多くの場合は市町村水道局ですが、地域によっては都道府県水道局が管理している場合もあります。

水道局では、水道の整備はもちろんのこと、水道料金の徴収も行っています。

水道が電気やガスと違うのは、支払いサイクルです。

電気やガスの場合、前月の利用分を翌月に支払っていますが、水道の場合は偶数月に水道のメーター確認を行い、奇数月に2ヶ月分まとめて払うこととなっています。

光熱費~滞納から停止までの日数は?

電気・ガス・水道は、それぞれ違う業者が管理しています。
そのため、滞納から停止までの日数も異なるのが実情です。

ここでは、それぞれの督促手段と止まるまでの日数について解説していきましょう。

電気

電気は、快適に暮らすためにも大切なライフラインです。

電気が止まってしまうと、冷蔵庫が使えなくなりますし、携帯電話やネットも使えなくなってしまいます。

電気料金の場合、支払日は2回あります。

1回目は早収期限日。
検診日の翌日から20~30日目がおよその目安です。

2回目は遅収。
これは、31日目~50日目がおよその目安。

電気料金の場合、検診日から40日が経過すると延滞金が発生し、1日あたり0.03%(年利10%)の利息が発生します。

20日過ぎたら滞納扱いとなってしまいますが、20日過ぎたからといっていきなり送電が停止されるわけではありません。

まずは督促状が送付され、その次に停止予告が記された督促状が届きます。

その期限内までに支払われなければ、順次電力が停止されるのです。

さらに、そこから15日後までに支払いがなければ強制解約となります。

ちなみに、電力会社ごとの電力停止日の目安は、下記のとおりです。

電力会社名 電力停止日
北海道電力 50日~60日程度
東北電力 50日~60日程度
東京電力 60日~65日程度
北陸電力 50日~65日程度
中部電力 60日~70日程度
関西電力 51日~60日程度
中国電力 70日前後
四国電力 60日前後
九州電力 70日前後
沖縄電力 51日~60日程度

どの電力会社も、土日祝日や平日夜間に送電停止になることはありません。

また、停止前通知に記載されている日付までに電気料金を支払えば、電気を止められることはないので、最低でもそこまでに支払っておくことが大切です。

ガス

ガス料金も電気と同じく、停止となる前に「停止通告書」が、はがきもしくは封書で届きます。

停止通告書には、「○日までに支払いがない場合、ガスを停止します」という内容が記載されています。

支払いがない場合は、担当者が直接来訪します。

その際は、「お金がなくて」といっても、そのまま閉栓されます。
そして、作業終了後にガスは完全に止まります。

ガス料金は、原則として2ヶ月分を滞納すると停止となります。

ただ、対応は管轄する会社によって異なるようで、3ヶ月滞納しても停止されなかったというケースもあるようです。

水道

水道の場合は、居住地域が管轄される水道局によって対応が変わります。
おおむね、下記の2段階で連絡が来ると考えてください。

  • 催告のお知らせ
  • 最終通告

水道料金を支払っていない場合、期限を過ぎてから数日後にお知らせが郵送で届きます。

そのお知らせに従って料金を支払えば解決ですが、それでも支払いがないと最終通告が送られます。

最終通告が来ても支払いがなければ、水道を止められるという流れです。

水道料金は、電気・ガス料金と違って基本的に2ヶ月に1回です。

千葉県の場合は、奇数月の月末にメーターの検針を行って、偶数月に支払いを行います。

なので、油断していると4ヶ月分(2回分)の請求が来ることになるのです。

停止されるまでの期間ですが、一般的には3ヶ月目で止められるようです。

しかし、2ヶ月滞納した時点で止められたという場合もあれば、10ヶ月(5回分)滞納した時点で止められたというケースもあります。止められるまでの期間については、水道局によってケース・バイ・ケースで変わってくるため、停止となる期間も大きく幅があります。

水道は、生命維持に直結するため、停止までの縛りは最も緩いようです。

滞納して止められてしまった…。復旧方法は?

当然ですが、光熱費を滞納しているといつか供給を止められてしまいます。

ライフラインは、電気、ガス、水道の順番に止まります。

一度停止されてしまった場合、料金をすべて支払わないと復旧させることができません。

復旧する順番も同じで、電気、ガス、水道の順番です。

電気の場合、未払い料金の支払い連絡はどの電力会社も24時間受け付けています。

また、送電工事が可能な時間帯も東京電力を除くと24時間対応しています。

ちなみに、東京電力はスマートメーターが設置されていれば遠隔操作で24時間対応していますが、それ以外の場合は作業員が工事を行うため、夜間は対応していないようです。

東京電力の場合は日中であれば、その他の地域であればどの時間帯でもほぼ数時間程度で供給が開始されます。

ガスと水道の場合は、栓そのものが閉じられるため、料金支払い後開栓することが必要です。

そのため、支払いが終わったらすぐに連絡を行って、開栓してもらう必要があります。

開栓作業ですが、場合によっては支払日の翌日になってしまうことがあるようです。

いずれにしても、未払い料金を支払ったら、すぐに連絡を行うようにしてください。

光熱費が支払えない時にできること8選

光熱費が払えないと止まってしまいますが、できることはたくさんあります。
止められる前にできることについて、まとめていきましょう。

まずは支払い期限延長などの相談を

電気、ガス、水道とも、供給停止前に「停止予告書」が届きます。
停止予告書が届く目安は、下記のとおりです。

  • 電気・ガス:検針日の翌日から51日目以降
  • 水道:前請求分の納付期限から1ヶ月経過後

その停止予告期限を過ぎて支払いがなければ、いつ止められてもおかしくないわけです。

まずは、支払いが難しい旨を伝えた上で、支払期限の延長などの相談をしてみてください。

HP上では「支払期限延長などの交渉には応じていない」旨が書かれていることもありますが、相談には応じてもらえる可能性があります。

相談については、できるだけ「停止予告書」が届く前に連絡した方がいいでしょう。
「停止予告書を送った後であれば、相談は受け付けない」としている会社もあるためです。

また、相談する際には、「○日が給料日なので、△日までに支払います」など、具体的な日時を伝えることで、支払いの意思を示しながら交渉してみましょう。

このように、誠意を持って伝えることで支払い期限の延長や分割、停止日延長に応じてもらえるかもしれません。

とにかく、まずは電話で問い合わせをしてみることがおすすめです。

その他、社会福祉協議会や民生委員、市役所に相談してみるのも一法。

すぐに解決できないかもしれませんが、何らかの提案やアドバイスが得られる可能性はあります。

手持ちの私物を売る

まずは、身の回りにある不用品を売りましょう。
例えば、読まなくなった本やCD、洋服、ブランド品などがあります。

ブランド品といっても、メーカー品であればよほど状態が悪くない限り、ほとんどのものが売れるので安心してください。

「不用品を売る」というと、質屋やリサイクルショップを連想するかもしれませんね。

リサイクルショップは、ショップの利益を考えて買い取りするので、高価買取があまり期待できないことも。

そこで便利なのが、メルカリやCASHなどのスマホアプリです。

メルカリはオークションアプリで、商品を撮影して出品するだけと手軽に利用できます。

オークションであれば、送料が気になるという人も多いかもしれません。
その点は、ご安心ください。

今のメルカリは、郵便局やクロネコヤマトから発送すると、送料を売上金から差し引いて自己負担なしで発送してくれる仕組みがあります。

例えば、郵便局にはQRコードを読み取る機械が設置されており、そこでメルカリの取引画面を読み取ると、あとは宛名も自動ですべて設定してくれるので面倒はありません。

スムーズに取引が進むと、落札⇒発送⇒配送⇒入金確定となり、最短2~3日でお金を手に入れることが可能です。

ただ、メルカリはオークションアプリなので、いつ落札されるか分かりません。

そこで便利なのがCASHというアプリです。

ワカル編集部ワカル編集部

CASHの場合、アイテムを撮影し、写真にとってCASH化した直後に、銀行に振り込まれます。
また、1万円までならローソンで引き出すこともできるのです。

ただし、査定してもらったアイテムは、あとでCASHに送る必要があります。
その際は、送料無料でクロネコヤマトが自宅まで集荷に来てくれます。

なお、CASHの査定はアプリの開発費用や運営元でもあるBANK社の利益、買取商品のリセールバリュー、集荷の費用などコミコミなので、あまり高額の査定にならないのが現状です。

しかし、その場でお金を調達できるので、お金を用立てる最終手段には最適でしょう。

ちなみに、CASHと同じくその場で現金化できる機能が、先に紹介したメルカリにも「メルカリNOW」で実装されています。

この「メルカリNOW」でも、その場で撮影して現金化することが可能です。

メルカリNOWとCASHの両方で同じブランド品を査定してみたところ、相場はほぼ同じだったので、使いやすい方を使うといいでしょう。

両者とも、AIを利用して自動的に査定しているようです。

どちらを使ったとしても、一時的に1万円稼ぐことができるので、電気代とガス代の支払いに充てることも十分可能と思われます。

クラウドソーシングで稼ぐ!

光熱費を調達する手段として、クラウドソーシングを活用するといいでしょう。
代表的な会社としては、下記の3社があります。

  • ランサーズ
  • クラウドワークス
  • サグーワークス など

急いでいる場合に特におすすめなのが、2番目に書いたクラウドワークスです。

クラウドワークスなら、売上の確定後3営業日以内にお金を口座に振り込んでくれるクイック出金サービスがあります。
このサービスを使えば、売上を確定したらただちに入金されます。

その他、クラウドワークスには簡単な仕事が多く登録されています。

その中でも、スピーディーにお金を手にできるのが「タスク」と呼ばれる仕事です。
これは早いもの勝ちでどんどん埋まっていくので、急いで登録してください。

一例として、あなたがカードローンの利用者だとしましょう。
その場合、「カードローンの利用体験談、カードの写真提出 3,240円」などの案件があります。

ワカル編集部ワカル編集部

上記のケースでは、簡単なカードローンのアンケートに答えるだけで、3,240円もらえます。これであれば、回答してみようかなという気になるのではないでしょうか。確定時には20%の手数料が引かれますが、それでも大きなお金です。

クラウドワークスの登録は無料ですし、いきなり仕事に着手できます。

プロジェクトであれば、案件を探して提案⇒受注⇒納品⇒入金と手間がかかりますが、タスクであれば仕事終了後入金があるので、手軽にお金を手にできます。

クレジットカード支払いに変更する

先にも書いたように、役所に頼るというのはかなり良い方法です。
しかし、あまり知られていません。

ただ、恥ずかしく感じやすいという欠点も。
実際、「人目が気になる」という人もいらっしゃるようです。

役所もプライバシーには配慮していますし、生活保護を利用するのは恥ずかしいことではないので、そこまで恥ずかしがる必要はありません。

それでも、抵抗を感じる人はいることでしょう。

そういう場合は、電気代、ガス代、水道代の支払いをクレジットカードに変更しましょう。
ライフラインの料金は、いずれもクレジットカード払いが可能です。

支払いの際は、リボ払いにしておくといいでしょう。

ただ、クレジットカード払いにしたところで、支払わなくてはならないのは確か。
クレジットカード払いに変更したら、まずはリボ払いに変えて、合計金額を月5,000円ずつ支払うような形にしましょう。
そうすれば、電気代+ガス代+水道代がまとめてかかるのを抑えてくれます。
ただし、比較的金利が高いこと、どのみち全額は支払わなければならないので、支払いが消えたわけではないということは覚えておいてください。
リボ払いは目の前の支払いが楽になるので、結構頼ってしまいがちなのですが、結局は自分が全額支払うことになります。

親・親戚、友人から借りる

ライフスタイルによって変わってくるものの、1人暮らしであれば電気代とガス代、水道代を合計しても大抵は1万円以内に収まります。

どんなにかかったとしても、1万2千円くらいでしょう。

既婚家庭であれば、子供の数やライフスタイルによって多少の上下はあるものの、それでも1万5千円~2万円くらいを見ておけば十分ではないでしょうか。

毎月の給料日や入金日がわかっていて、そこで返済できるのであれば、足りない時限定で親や親戚、友人に貸してもらうのも一つの方法です。

ただ、親や友人から借りた場合、どうしても貸し借りが曖昧になってしまうことも。
また、借金がもとで人間関係にヒビが入ってしまう可能性がないとも言えません。

どうしても借りなければならない時は、借用書を作成するなどして、しっかりと返済するようにしましょう。

残していた食費を支払いに充てる

いくら生活に困っているとしても、食費だけは別に残しているでしょう。

しかし、電気やガス、水道が止まってしまうと、調理もできません。

そこで、残していた食費で光熱費を払ってしまうというのです。

ここで「食事はどうするか?」という問題が出てきます。

実は、食事については役所による配給があります。

配給を受けるためには、役所の生活保護課(福祉課)に行ってください。

ここでは、生活保護は何とか避けたいが、お金がないことをアピールするのです。

生活保護課は、福祉課という名称の場合もあります。

いずれにせよ、「ちょっと相談」という形で役所に人に「もう食費がありません」ということを話せば、ダンボールにはいった食品を現物支給してくれます。

それで急場をしのぐことができます。

役所は現金支給の生活保護は非常に嫌がる傾向にあります。
しかし、生活ギリギリの人を救済しようという意欲はあるのも確か。

ダンボールに入った食糧品を支給してもらえるので、これでなんとかしのぎましょう。

ただ、かならずしも栄養価の高い食品をくれるとは限りません。
カップラーメンや美味しくないおやつなど、質素なものであることは覚悟してください。

このように、栄養価としては高くないとはいえ、食べ物を配給してもらえます。
食費を光熱費に回すことで、急場しのぎはできるでしょう。

1回支払いをしてしまえば、その次の支払いまで1ヶ月あります。

その間に、日払いバイトやクラウドソーシングなどを行うことで、お金を調達することもできるでしょう。

そういう点を考えると、「とりあえず今月分の光熱費を!」ということであれば、残していた食費で支払って、食事だけは役所を頼るのがベストな選択肢だと思います。

社会福祉協議会はかなり厳しい

ネット上では、お金がない人向けの情報として、各役場に設置されている社会福祉協議会の利用をおすすめしている記事が見られます。

確かに以前は有効な手段でしたが、その手の記事は表面的な情報にしか触れていないものが多いのが現状です。おそらく、実際にお金に困って社会福祉協議会に出向いたことがないのではないかと思われます。

民主党政権時は、生活が苦しい人を積極的に支援するよう通達が出ていたこともあり、すぐに生活保護を承認していました。また、社会福祉協議会も困った人に数万円の現金を支給していたことは確かです。

しかし、2012年に政権が交代すると、生活保護に対する風当たりが強くなってきました。そうすると、逆に生活保護や貸付を抑制するように通達が出すようになってきたのです。

それでも、社会福祉協議会は生活保護手前の人に、数万円の現金を貸し付けていましたが、取り立ての仕組みがほぼ無いのが現状です。そのため、借りるだけ借りて逃げてしまう人が大量に出てしまいました。

そのことで、社会福祉協議会の貸し付けは、条件が非常に厳しくなりました。

今では、ほぼ貸してもらえません。

貸してもらえたとしても、必ず返済できる見込みがあり、そのことを証明できる場合に限られます。

相当に条件が厳しいので、ほぼ貸してもらえないでしょう。

ただ、社会福祉協議会で相談の実績を作っておくことは悪いことではありません。

仮に、生活が限界に近づいて、光熱費も払えない、食費もない、生きるすべもないという状態になると、次は生活保護を受けるしかなくなります。

しかし、役所も生活保護となると、なかなか受け付けてくれないのが現状です。

そこで、社会福祉協議会での相談した実績が生きてくるわけです。

都道府県社会福祉協議会一覧

生活保護を受けたら、下水道はタダになります。
また、水道料金も基本料はすべて支払ってくれます。
冬場は冬季加算があるため、暖房もつけられます。
本当に困った時は、生活保護に頼ることで安心して暮らすことができるでしょう。

病気で働けないなどの正当な理由があれば、生活保護を受けることは決して恥ずかしいことではありません。

遠慮せずに頼ってください。

収入を得られるようになったら、生活保護を抜け出して普通に働けばいいのです。

それでもダメであれば、最終的にはカードローン

「何とかして自分の力で支払いたい」という場合は、最終手段としてカードローンに頼る方法があります。

例えば、安定した収入を確保したいのであれば、クラウドソーシングなどを利用して副業を行うと、光熱費の支払いで困ることは少なくなります。

「どうしてもあと1,000円足りない」とか、食費も含めて10,000円足りないなどの事情があるのであれば、その時だけカードローンを頼ってもいいでしょう。

その他、お金を用意する方法について、こちらでも紹介されています。
ご参照ください。

人気のカードローン3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

今日中に【お金】現金が必要なときはこれ!今すぐお金を用意する20の方法

サイクルを把握することで、うまく乗り切れる!

ここでは、光熱費の支払いに使える方法を紹介してみましたがいかがでしょうか。

中には、その場をしのぐために使える方法もあれば、支払い後に収入を増やすためにも応用できる方法もあります。

このページをご覧になっている皆さんは、光熱費の支払いに困っている人が多いと思うので、もしかしたら目の前の支払いに追われているかもしれませんね。

しかし、できればその悪循環を脱した上で、生活に余裕を持たせることができればいうことないでしょう。

ピンチをうまく乗り切りましょう。

ワカル編集部ワカル編集部

今回はかなり実践的かつ実体験に基づく光熱費の支払い方を掲載しましたので、ぜひ参考にして、急場を乗り切ってください。きっとできるはずです。

まとめ~光熱費を滞納すると大変!できるだけ滞納しないように努力を!

光熱費を滞納して、期限内に支払えない場合は供給を止められます。
一度停止されてしまうと、請求された料金全ての支払いが必要です。

それぞれについて少なくとも2ヶ月分、長くなると半年分以上の支払いが必要になる場合もあるので、なるべく滞納しないよう努力してください。

停止されないようにしようと思ったら、きちんと期限内に支払いを行うことが大切です。

そのためには、停止されるまでのスケジュールについて理解が求められます。

何度も書いているように、停止期限日までに支払いを行いさえすれば、供給を止められる心配はありません。

スケジュールを把握した上で、確実に支払っていきましょう。