カードローン、完済を考えて使っていますか?

カードローンを使うとき、借りる方ばっかり考えてしまって、返済のことを忘れてしまっている方は意外と多いものです。
しかも、カードローンはリボ払いです。リボ払いは、毎月の返済が少額に抑えられるので気軽に使える反面、支払いが長期化して、払い終えたときに莫大な金利になっている、ということに気がつくと思います。実は元金の何倍も支払わなくてはならず、とてもつらい思いをした、というのはリボ払いを完済した人から良く聞く言葉です。

カードローンはとても便利な反面、支払い方にクセがあがるので、気が付かないうちに莫大な金利を支払っていた、ということにもなりかねません。
カードローンのアコム、プロミス、SMBCモビット、アイフル、レイクなどは、平均して18%程度の金利を取っています。それは法律で決められた制限内の金利ではあるのですが、かつてはもう少し金利が高かったので、支払っている方もかなり大変でした。

結局、カードローンが「サラ金」と呼ばれたいた時代に隆盛を極めた「武富士」は、過払い金訴訟で倒産してしまいましたし、アコムなども過払い金請求訴訟でかなり経営が悪化したようです。

それらを受けて現在は金利が低下し、比較的借りやすくなっています。ですが、今度は消費者金融ではなく銀行カードローンのほうに過剰融資問題が起きつつあり、規制が入る可能はあります。過剰融資は自己破産や債務整理、行方不明などの社会問題を招くので、国なども懸念しているのです。

現在では消費者金融のカードローンは18%前後ですが、銀行カードローンの金利は2%~15%程度であることがほとんどです。銀行カードローンなら、完済しやすいのではないかと思いませんか?どうせ使うなら、少し審査は厳しいけれど、銀行カードローンを使いましょう。

中でも繰り上げ返済を使っていくのがもっとも完済に近い

カードローンは、長期の支払いになればなるほど、カードローン会社側に利益が出る仕組みです。そうなっていますので、逆に考えれば、短期で支払いを終えれば終えるほど、こちらがお得になる仕組みなのです。そのために、とっておきの返済方法があります。それが、「繰り上げ返済」です。

良く覚えておいていただきたいのが、繰り上げ返済をすることによって、元本に返済額が充当されるという点です。いつもの毎月の支払いは、元本+金利になっていて、元本があまり減らないのですが、繰り上げ返済を使うとそのままストレートに、支払った額が元本から減らされるのです。これは非常にオトクな仕組みなので、使わない手はありません。

女性オペ

なぜ繰り上げ返済という、利用者に一方的にオトクなサービスがあるのかは明かされていませんが、とにかく、リボ払いがカードローン側に一方的な得になるのに対して、繰り上げ返済は利用者が一方的に得になります。

利息はカードローン側にとっては欠かせない利益ですが、こちらは払いたくないものです。それを払わなくていいので、繰り上げ返済はどんどん使っていくべきです。

繰り上げ返済を上手に使うヒント、最小支払額にする

とはいえ、日頃のローンの支払いもあります。繰り上げ返済をしても、完済しない限りは、通常分の支払いも続きます。そのため、全力で返済してしまうのではなく、ある程度は余力を残して繰り上げ返済を行っていく必要があります。

手持ちのお金を全額繰上返済してしまっては、次の返済ができなくなり、一気にブラックリスト入りするので絶対にやってはいけません。あくまで、生活費のゆとりの範囲内で、余裕のあるお金を繰り上げ返済に回していくべきでしょう。

赤 疑問

では、その繰り上げ返済の原資はどうやってつくっていけば良いのでしょうか。繰り上げ返済をしようにも、日々の生活や借金返済で、なかなかお金を貯めることができない、という生活を送っておられることだと思います。

青 左 なるほど

そこで、まずは、カードローン会社に電話して、月々の返済額を最小限にしてもらってください。月々の返済額は、どうせほとんどが金利に取られてしまって、元本は減っていかないので、最小支払額でいいのです。少ない額でも金利を払っていれば、カードローン会社に責任を果たすことができます。

そして、最小支払額にすると、もともとの返済額からお金が若干あまると思いますので、それをコツコツ貯めて、繰り上げ返済していきます。繰り上げ返済手数料は、住宅ローンなどと違って手数料がかかりません。なので、どんどん繰り上げ返済していっていいのです。しかも回数制限もありませんし、毎月繰り上げ返済しても良いのです。

ですが、このやり方は画期的なのですが、ひとつの大きな落とし穴があります。それが、手元にお金があると、ついつい享楽的に使ってしまうということです。

カードローンで借りている状態は、生活費がぎりぎりで、借金生活になっていることだと思います。返済に苦慮して、なかなか生活にゆとりができません。ストレスも溜まっていることだろうと思います。そこで、カードローンの繰り上げ返済のお金を貯めるようにがんばっていても、ついついストレス解消や無駄遣いに使ってしまいたくなります。

日頃がまんしているので、お金が目の前にあると全部使ってしまう、という習慣になってしまっている人もいることでしょう。そんな方は、こまめに繰り上げ返済しましょう。毎月毎月、固定の返済日があると思いますが、そこで一定額かつ最小額を返済して、あまったお金を繰り上げ返済に使うのです。

そうすることで、元本はどんどん減っていきます。
元本が減ると気持ちがいいものなので、借金返済の意欲も高まりますし、自分自身、もうちょっとがんばって稼いでいこうかな、という気にもなると思います。

繰り上げ返済の原資を作る方法

カードローンを繰り上げ返済していくには、何はなくとも手元に現金がなくてはなりません。そのため、その現金を作るのに苦労されることだと思います。ですが、最近では、お金を稼ぐ方法がバラエティ豊かになってきました。

メルカリで不用品を売ってもいいですし、CASHなどのお手軽現金化アプリなどもあります。VALUpolcaといったサービスを使ってお金を調達することもできますし、クラウドソーシングでてっとり早くタスクをこなして、お金をガンガン稼ぐのも良いでしょう。

最近はいろいろなお金を作る方法がでてきました。とくに、ポイントサイトクラウドソーシングなどは、仮に今パソコンを持っていなくても、スマートフォンひとつで稼げますし、タブレットでも対応可能です。できれば、お金は本業の収入に加えて、稼いでいく方向性に持っていけると、今の貧乏生活から抜け出す一歩にもなるのではないでしょうか。

また、休日に交通誘導や駐車場スタッフなどのバイトをしてもいいでしょうし、ポスティングなども空き時間にできるのでちょっとした収入を作ることができます。

お金を借りてしまったことは仕方ないので、次は完済を目指しましょう。支払っている間は、リボ払いって大変だなあ、なかなか元本が減らないなあと苦労されるかもしれませんが、繰り上げ返済によって元本がどんどん減っていくと、やる気も出てきますし気持ちが良いものです。

できる限り、初期のうちに繰り上げ返済すること

カードローンのリボ払いは、とある特徴があります。それは、返済の初期の段階ほど、金利負担の割合が大きいのです。とくにアコムやプロミスなどでその傾向があります。そのため、返済がスタートして初期段階で繰り上げ返済しておいたほうが、金利を支払う割合が低くなるので、返済計画を有利に立てられるのです。

できる限り、借りた後は、返済がスタートしてから直後に、繰り上げ返済の原資を貯めるようにしましょう。最初のうちほど、金利負担が重たいのです。借りたばかりはお金があってついつい使いすぎてしまうものです。ですが、あまり借りすぎて金銭感覚が狂ってはいけません。

カードローンを借りると、ついつい、カードローンの残高が自分の口座残高かのように錯覚してしまうのです。ですが、そこでしっかり気を引き締めて、カードローンを強い意志で絶対完済するんだという思いで返済にあたってください。

給料日や売上などがあった日に、繰り上げ返済する

繰り上げ返済のコツとしては、サラリーマンの場合は給料日、自営業やフリーランスの場合は売上入金日などの、すこしゆとりのある日に、別途繰り上げ返済をすることです。ちょっと多めに、貯金するつもりで繰り上げ返済すれば、残りの給料で暮らしていかざるを得ませんから、なんとかやりくりすることができます。

繰り返しになりますが、カードローンの繰り上げ返済は元本に充当されるものです。そのため、貯金している感覚でどんどん返済していって良いのです。負債が減ると、それはすなわちあなたのキャッシュフローが改善していってるということですから、貯金のために給与からお金を引き出すのと繰り上げ返済は同じだけの効果があります。

利息がないということは、それだけカードローンを自由に、なおかつ便利に使っているということなのです。繰り上げ返済は、できる限り行うべきでしょう。

繰り上げ返済は、カードローンを使いこなす上で欠かせない

多くの人が、「リボ払いは怖い」「リボは悪魔」「リボ払いは永遠に支払いが終わらない」などという情報発信をしています。それらは一部、正しい面もあるのですが、リボ払いは、繰り上げ返済と一緒に使ってこそ、はじめて完済できるのです。

まず、繰り上げ返済を使わずに、通常のリボ払いだけで返済を完済させるのは非常に困難です。何年もかかりますし、下手すれば何十年レベルで支払いを続けなければなりません。過払い金のTVCMをご覧になるとわかるとおり、世の中にはカードローンで借りて10年以上支払いを続けている人がいるのです。

まとめ:繰り上げ返済を上手に使って、リボ払いを克服

リボ払いは、月々の支払いが楽になるのですが、支払いが長期に渡り、だんだん途中でしんどくなってくるものです。なんとかこの支払地獄から抜け出したい、と思ったとき、なんとかしてお金を工面して、カードローンを繰り上げ返済で乗り切ってください。

繰り上げ返済は元本に充当されますので、どんどんカードローンの残高を減らしていくことができます。カードローンの残債が減っていくのはとても快感ですので、ぜひ体験してみてください。

基本的には、返済額を最小限に設定して、余ったお金を繰り上げ返済に充当していくと良いでしょう。それがどうしてもできない、という方は、返済額を多めにするしかないのですが、それだと果てしなく金利を取られていつまでも返済が終わりません。

何が何でも完済するんだという強い意志を持って、借金を返していきましょう。繰り上げ返済はそのためにあります。何も損するところのないメリットしかないサービスですので、積極的に使って、できる限り早期の完済を目指しましょう。リボ払いは長く払えば払うほど、しんどくなるので、繰り上げ返済が最適です。