京都銀行カードローンW(ワイド)を徹底紹介!

0620

カードローンW(ワイド)の特徴&人気ポイント

orix_002カードローンWの最大の魅力は融資利率の低さではないでしょうか。このローンでは利用限度額500万円に対して、変動金利で3.975%~11.975%の利率が採用されています(平成28年3月1日現在)。

この利用限度額クラスの他の銀行カードローンでは、上限金利が14%台半ば、下限金利が4%台後半といった利率が相場になっているので、カードローンWの利率がいかに低いかがわかるでしょう。また、消費者金融の利率と比べる、上限金利で5~6%、下限金利では0.5~0.8%ほどカードローンWのほうが低くなっているのです。

融資利率の設定は利用限度額に応じて設定されますが、利用限度額50万円のタイプは年8.975%、100万円のタイプでは年5.975%という低金利になります。他の銀行カードローンでは利用限度額が50万円~100万円の領域では融資利率は12~14%台で設定されるケースが多いことを考えると、カードローンWの金利は破格の低さといえるかもしれません。

金融機関の基本情報

金融機関名 株式会社京都銀行
本店住所 京都市下京区烏丸通松原上る薬師前町700番地
店舗数 163カ所
利用できるATM 京都銀行のATMのほか、全国の提携金融機関、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行のATM、ローソンATM、イーネットATMも利用可能

カードローンW(ワイド)の基本情報

総量規制対象 対象外
実質年率 3.975%~11.975%
借入上限 最高500万円
審査期間
即日振込の対応 不可
即日融資の対応 不可
在籍確認
返済方法 約定返済及び随時返済
申込資格 20歳以上など
収入証明書 利用限度額100万円以上は必要
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト パート・アルバイトは可能
利用期間 1年間(自動更新あり)

*「―」はホームページで公開されていません。

利用条件

06201
利用対象者は以下の条件を満足できる方になります。

    • ・京都クレジットサービス株式会社の保証を得られる方
    • ・申込時の年齢が満20歳以上満60歳以下の方
    • なお、外国人の方は「永住者」または「特別永住者」になります。
    • ・安定かつ継続した収入のある方(注1)
    • なお、パート・アルバイトの方なども収入があれば利用できます。ただし、パート・アルバイト、派遣・契約社員の方は利用限度額「30 万円」が上限にです。
    • また、本人に収入がない方、年金収入のみの方及び学生の方は利用できません。
    • ・現在、同行で他のカードローンの契約がない方
    ただし、現在、契約中のカードローンを解約される場合は申し込めます。

(注1)年収によって申し込める利用限度額が異なります。

利用期間

1年間(自動更新あり)

ただし、満65歳を超えての更新はありません。

借入条件

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

利用限度額

利用限度額は30万円、50万円、100万円、300万円、500万円の5タイプがあります。

なお、利用限度額「50万円」以上の申し込みは、勤続年数1年以上の給与所得者(正社員)の方が対象です。

また、申し込める利用限度額には、以下のような年収条件があるので注意しましょう。

前年の税込み年収 申し込める頂ける利用限度額
200万円未満 「30万円」のみ
200万円以上300万円未満 「50万円」・「30万円」の どちらか選択
300万円以上500万円未満 「100万円」・「50万円」・「30万円」から選択
500万円以上700 万円未満 「300万円」・「100万円」・「50万円」・「30万円」から選択
700 万円以上 「500万円」・「300万円」・「100万円」・「50万円」・「30万円」から選択

※利用限度額「100万円」以上の申し込みには、収入証明書を提出しなければなりません。

利用限度額の変更

利用限度額の増額は可能です。

カードローンWの返済実績や取引内容など、同行所定の基準を満たす給与所得者の方に対して、最大500万円までの増額ができます。

借入金利

カードローンW(ワイド)の借入金利は変動金利で、同行の短期プライムレート連動長期貸出最優遇金利が基準金利になるのでその動向に注意しておきましょう。

利用限度額 借入利率
30万円 年11.975%
50万円 年8.975%
100万円 年5.975%
300万円 年4.975%
500万円 年3.975%

*上記の借入利率は平成28年3月1日現在の金利であり、金融情勢等の変化などによって借入期間中でも金利が変更されるケースもあるのです。

利息の計算方法

利息は、「前月約定返済日から当月約定返済日の前日までの毎日の最終借入残高×借入利率÷365日」で計算され、その分は約定返済日に支払うことになります。

借入方法

05083
借入はローンカードによるATMからの引き出しと自動融資になります。

ATMからの借入

京銀ローンカードを使って同行及び支払提携先のATMから借入できます。

なお、京銀ローンカードによるATMでの支払限度額は1日あたり50万円、1か月累積で200万円までです。

自動融資

・公共料金等の口座振替請求により、指定預金口座の普通預金残高(総合口座貸越可能額を含む)が不足した場合、利用限度額の範囲内でその不足額が自動的に融資されます。

なお、同行からの借入の返済で残高が不足した場合では自動融資されません。

・自動融資発生日の当日中に指定預金口座への入金があった場合は、当日の自動融資額の範囲内で自動的に本カードローンの返済に充当されます。

・自動融資機能の停止は取次店に希望すれば停止されます。

返済方法

返済方法は毎月一定額を返済する約定返済と任意で返済する随時返済があります。

約定返済

約定返済日は毎月5日(銀行休業日の場合は翌営業日)で、当月約定返済日の前日時点での借入残高に対して、以下の金額が返済用預金口座から自動的に引き落されます。

当月約定返済日の前日時点借入残高 毎月の返済金額(元利金合計)
0円 期間中の利息
1円以上50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超200万円以下 3万円
200万円超300万円以下 4万円
300万円超500万円以 5万円

随時返済

毎月の約定返済のほかに随時に任意の金額を返済できます。

この場合、同行及び預入提携先のATMに「京銀ローンカード」を挿入し、貸越専用口座に直接入金することになります。

なお、店頭でも任意返済が可能です。

申込方法と審査

06203
申し込みは、店頭窓口とインターネットで行えます。

窓口

店頭窓口は京都銀行の本支店の窓口で申し込む方法です。受付は平日の営業時間内になりますが、直接担当者と面談してローンの内容を確認したり、相談したりすることも可能です。申込手続の内容なども詳しく聞けるので不安なくカードローンWに申し込めるでしょう。

インターネット

インターネットはパソコンやスマフォを使って同行のホームページから申し込む方法です。カードローンWの案内ページの「インターネット申込みはこちら」のボタンをクリックしていけば簡単に手続を済ませられます。

受付は24時間365日いつでも可能なので、ゆっくり時間のとれる夜に申し込みたい方などに最適でしょう。同行に普通預金口座を持っていない方でも申し込みができますが、契約時には口座の開設が必要なので希望の取次店へ来店しなければなりません。

審査

2444c4374b21d74e930c2d7d4aca878e_s

審査の内容・形式

カードローンWにインターネットから申し込む場合の手続・審査の流れは、インターネットからの仮審査への申し込み⇒仮審査の結果の連絡⇒本申し込みによる契約手続⇒ローンカードの発行及び利用開始 となります。
06204

仮審査に申し込むと同行からその受付完了のEメールが届きます。その後、同行から意思確認や内容確認などのため指定の連絡先に電話がかけられるので、電話をとれるように準備しておきましょう。

意思確認などが完了すると仮審査が実施され、勤務先への在籍確認が実施されることもあるので、問題がある方は銀行に相談することをおすすめします。仮審査が合格の場合は原則指定の電話番号へ連絡されますが、不合格の場合は郵送での連絡です。なお、合格の場合には別途書類による本申し込みが必要になります。

本申し込みによる契約手続にあたり、同行から申込書兼契約書が申込者の自宅へ郵送されるのです。申込者はそれに必要事項を記入し、必要書類とともに同行へ返送しなければなりません。

それらが銀行に到着すると銀行では申込書と必要書類の内容に差異がないかが確認され、問題がなければ契約が締結されカードの発行となるのです。

ローンカードは申込者の自宅に郵送され、到着次第同行のATMなどで利用できるようになります。

仮審査は主に保証会社である京都クレジットサービスによって行われますが、同社は京都銀行の系列のクレジットカード会社なので審査の難易度は消費者金融が保証しているローンよりも高いかもしれません。

審査期間

仮審査結果の回答期間は京都銀行のホームページには公表されていません。

仮審査に合格した場合は電話による回答なのであまり多くの時間は要しないと考えられますが、念のため事前に確認しておきましょう。

なお、契約等の手続に来店したり、郵送したりするケースも発生するので申し込んでから借入できるまでに1週間以上かかる可能性があります。借入を急ぐ場合は事前に銀行へ相談することをおすすめします。

審査・契約に必要な書類

442fd075604f33659cb9c891fb8ddf1c_s
必要書類は以下のものになります。

・運転免許証(運転免許証を保有しない場合はパスポートまたは健康保険証)の写し
なお、運転免許証及び健康保険証は表裏両面の写しが必要です。
・利用限度額100万円以上の申し込みの場合は、次のいずれかの前年の収入証明書
源泉徴収票の写し
公的収入証明書の原本(住民税決定通知書等)
・返済用普通預金口座の届出印
※本支店で手続する場合に持参する必要があります。
・外国人の方は在留資格が記載された「住民票の写し」(原本)

在籍確認

51afc080420aeddd535767686b826627_s
京都銀行のホームページには、カードローンWで在席確認の実施の可能性があると明記されています。

相談・受付窓口

カードローンWの電話での相談・問い合わせは京都銀行ローンサポートセンターになります。もちろん同行の本支店でもよいでしょう。

京都銀行ローンサポートセンター

    • ・TEL 0120-075-051

 

    ・受付時間 月~金の9:00~17:00(銀行休日を除く)

よくある質問

機能について

q2カードローンWには自動融資機能がついていますか?

a2自動融資機能が付与されています。公共料金などの支払いで指定の預金口座の残高が不足した場合に、利用限度額の範囲内でその不足額が自動的に融資されます。

担保・保証人について

q2カードローンWに申し込む際、担保や保証人は必要ですか?

a2
必要ありません。京都クレジットサービスが保証し、保証料金は京都銀行が負担します。

借入場所について

q2カードローンWからの借入はどこでできますか?

a2京都銀ローンカードを使用して、同行のATMをはじめ、全国の提携金融機関、ゆうちょ銀行、セブン銀行、イオン銀行のATMやローソンATM、イーネットATMから借入できます。

京都銀行カードローン 口コミまとめ

・金利が低くて良い
・支払いで口座にお金が足りなかった時に不足分を自動融資してくれるサービスが嬉しい
・スタッフの対応が丁寧で安心できる
・すでに京都銀行の口座があったので、インターネットからの手続きだけで完結した!
・京都銀行の口座が無いと店舗まで行かないといけなくて面倒
・コンビニATMからも返済はできるが、手数料がかかってしまうのが残念

こんな方におすすめです!

0625銀行カードローンでも借入金利が心配!と思っている方は少なくないかもしません。そんな方でも京都銀行カードローンW(ワイド)なら安心して利用できるかもしれません。

カードローンWの融資利率は変動金利ですが、利率は3.975%~11.975%で設定されており(平成28年3月1日現在)、他の銀行や消費者金融の利率と比べお得な設定になっているのです。

利用限度額が同じの他行のローンと比較すると上限金利で2.5%、下限金利で0.6~1%ほどカードローンWのほうが低くなっています。消費者金融とでは、上限金利で5~6%、下限金利では0.5~0.8%ほどカードローンWのほうが低くなりお得なのです。

特に100万円以下でローンの利用を考えている方にはおすすめです。カードローンWの利用限度額50万円のタイプは年8.975%、100万円のタイプでは年5.975%という低金利で、他行よりも消費者金融よりも圧倒的に低い金利になっています。

カードローンの金利の高さで申し込みをためらっている方は一度カードローンWを検討してみてはどうでしょうか。