突然の出費でお金がない!今日中に何とか5万円用意しないといけない!
というような状況でお悩みではないでしょうか?

生活の中で予測していなかった出費が発生するのは致し方ないことです。
問題は今日中にそのお金をどうやって用意するかでしょう。

このような状況で活躍するのがキャッシングやカードローンです。

1万円~10万円を借りるのにカードローンとキャッシングの違いを紹介

この記事では、今日中に1万円~10万円程度まで借りたいときにキャッシングとカードローン、どちらの方がお得なのかについてご紹介します。

少額融資におすすめのカードローン3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

1万円~10万円を用意する方法には何がある?

今日中に1万円~10万円を用意しようと思った時、いくつか思い浮かぶ方法があるでしょう。

ここでは、その中から3つに絞ってご紹介していきます。

キャッシング

クレジットカードやキャッシングカードを利用して、銀行などのATMからお金を借りる方法です。

※消費者金融などでお金を借りることもキャッシングと呼ばれますが、カードローンに含まれます。

カードローン

専用のATMや提携ATM(コンビニATMなど)を使って、お金を借りることができるサービスです。

※先述した通り、消費者金融でのキャッシングもカードローンに含まれます。

その他

借りる方法とはコンセプトは異なりますが、手持ちの不用品を売ることでお金を作る方法です。

詳細については、後述させていただきます。

キャッシングとカードローンの違いとは?

先述したように、キャッシングとカードローンは「お金を借りる」手段という点で共通しています。

しかし、そこには明確な違いがあることをご存知でしょうか。

その相違点とは何かについて、まとめていきます。

返済方法

まずは、返済方法の違いについてまとめていきます。

キャッシングとはクレジットカードなどについているキャッシング機能のこと

先述の通り、キャッシングとはクレジットカードやキャッシングカードを使って、ATMなどからお金を借りることをいいます。

お金を借りるという点ではカードローンと同じですが、返済は原則一括となる点が相違点といえます。

※リボ払いを選択することも可能です。

カードローンは、ローンカードでお金を借りること

カードローンとは、ローンカードを利用してお金を借りることができるサービスです。

キャッシングと違うのは、返済方法が原則として分割払いとなること。

各社で、返済日(約定返済日)や最低返済額が定められており、自分で定めた金額を毎月コンスタントに返していくことになります。

約定返済以外に繰り上げ返済もできるので、収入状況に応じて柔軟な対応が可能です。

利用手段 返済方法
キャッシング クレジットカードやキャッシングカード 原則一括(リボ払いも選択可能)
カードローン 専用のローンカード 原則分割払い(繰り上げ返済も可能)

金利

その他、金利についてもキャッシングとカードローンでは大きく異なります。

金利比較表

金利相場
キャッシング 消費者金融 銀行
15%~18% 4%~18% 3%~14%

分かりやすく表にまとめてみましたが、いかがでしょうか。

クレジットカードやキャッシングカードを利用したキャッシングの場合、一般的に消費者金融カードローンの上限金利と同じ水準に設定されています。

キャッシングの金利は、設定された枠によって変わります。
一般的には、どのカード会社も15%~18%あたりで金利を設定しているようです。。

消費者金融の場合は業者によって多少異なりますが、相場としては4%~18%になります。

銀行系のカードローンの金利は、相場として3%~14%が基準。

上限金利で見ると、消費者金融と同水準の場合もあるので一概に断言できないものの、一般的には銀行系カードローンの金利がもっとも優位性が高いといえます。

そのため、金利を基準として考えるのであれば、銀行系カードローンを選ぶとメリットが大きくなるでしょう。

ただし、銀行系は審査が厳しいので、誰でも審査に通過できるとは限りません。
また、融資までのスピードもやや遅めなのが難点。

ワカル編集部で取材してみたところ、即日審査を謳っているところでも「審査がスムーズに進んだ場合」という但し書きがつくようで、だいたい1~3営業日は見ていただいているとのことでした。

ここでのテーマは、「今日中に1万円~10万円を借りたい場合」です。

この条件を満たすには、次の2つが必要です。

  • 確実に即日で審査が完了すること
  • ATMで引き出し、もしくは振込が完了できること

この2つの条件を満たすのは、消費者金融系カードローンもしくはキャッシングです。

そのため、今日中に1万円~10万円を借りたい時には、消費者金融系カードローンもしくはクレジットカードなどを使ったキャッシングをおすすめします。

クレジットカードを使ったキャッシング

先に書いたように、キャッシングとはクレジットカードについているキャッシング枠を利用して、ATMから現金を引き出すことです。

消費者金融のカードを使って、お金を借りることもキャッシングという名称が使われますが、ここではカードローンに含めています。

お金を用意するという一点のみで考えると、もっとも手軽に利用することが可能です。

キャッシングのメリットとデメリット

キャッシングにも、メリットやデメリットがあります。

とはいっても、「クレジットやキャッシングは平気だけれど、カードローンはちょっと」という方もいらっしゃることでしょう。

そこで、キャッシングの主なメリット・デメリットについてまとめてみました。

◆メリット

  • 原則一括返済なので、支払いが長引かない
  • クレジットカードのキャッシング枠を使うので、持っていればすぐに利用できる
  • クレジットカードを使うので、かさばらない
  • 原則として、学生や専業主婦でも利用できる
  • 在籍確認の電話などがない

◆デメリット

  • 持っていなければ審査が必要
  • 審査が長くなりやすいため、すぐには作れない
  • リボ払いが選べるものの、分割返済が選べない
  • リボ払いで返済が長引くと、利息が高くなる
  • 無利息期間などのサービスがない

◆有効な使い方

ここではカードローンと比較しているので、やや利便性が薄いように見えるでしょう。
しかし、キャッシングも使い方次第で有効な手段となりえます。

その理由としては、申し込み条件が幅広い点にあります。

学生や専業主婦がカードローンを申し込む場合、利用限度額が低く抑えられてしまう、消費者金融は総量規制で利用できないなどの制限がある点が難点。

しかし、クレジットカードであれば専業主婦や学生でも、配偶者もしくは両親に収入があれば申し込むことが可能です。

原則として一括返済のため、返済が長引きにくい点もメリットといえるでしょう。

「一時的に足りないだけだから、翌月には全部返済できる」と割り切っているのであれば、カードローンより手軽という点では、利便性が高いといえます。

何より、カードローンのカードを持っている人よりクレジットカードを持っている人の方が圧倒的です。

緊急性が高い時であれば、非常用手段としてクレジットカードのキャッシング枠を有効利用するといいと思います。

ただし、継続的に利用するのであればカードローンの方がお得。
審査を通しておくと何かと便利といえるでしょう。

今日中に1万円~10万円借りるなら消費者金融カードローンがおすすめ


今日中に1万円から10万円ほどのお金が必要になったら、消費者金融カードローンがおすすめ。

赤 左 なるほど

結論から言うと、消費者金融カードローンです。

銀行系のカードローンは上限金利の時点で低いので、短期・長期を問わずキャッシングよりもお得になります。

消費者金融とキャッシングについては設定金利によりますが、上限金利で考えるならどちらもほぼ同じです。

ただし、銀行系カードローンは上で記載した通り、審査が遅め。

審査が遅い銀行系カードローンであれば。今日中の即日融資というのは難しいでしょう。

即日融資ができる消費者金融カードローンは“即日融資OKのおすすめカードローン会社はどこ?即日融資の注意点と手順”の記事でも紹介しているので、参考にしてみてください。

消費者金融は返済を分割できて審査がはやい

返済を分割にしたいのであれば、消費者金融カードローンの方が適切です。

その中でも、特におすすめするのはプロミスとアコム。

この2社には、初回30日の無利息期間があります。

つまり、初回に限り最初の30日間に全額返済することができれば、利息がかかりません。

また、両社ともWEBでの申し込みや即日審査にも対応しており、身内に借り入れがばれることもありません。

銀行系カードローンでおすすめなのはバンクイック、三井住友銀行カードローン、住信SBIネット銀行、オリックス銀行

代表的なのは、下記の4社です。

  • 三菱東京UFJ銀行のバンクイック
  • 三井住友銀行カードローン
  • 住信SBIネット銀行
  • オリックス銀行
バンクイック
金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.8%~14.6% 500万円 最短即日 限度額200万円まで不要
保証人 パート・派遣
・アルバイト
融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結
三井住友銀行
金利 限度額 審査時間 収入証明書類
4.0%~14.5% 800万円 最短30分 限度額300万円まで不要
保証人 パート・派遣
・アルバイト
融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結
住信SBIネット銀行
金利 限度額 審査時間 収入証明書類
0.99%~14.79% 最大1,200万円 最短60分 限度額300万円まで不要
保証人 パート・派遣
・アルバイト
融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結
オリックス銀行
金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.7%~17.8% 最高800万円
保証人 パート・派遣
・アルバイト
融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 なし・WEB完結

三菱東京UFJ銀行バンクイックと三井住友銀行の2社は、それぞれテレビ窓口などの自動契約機を店舗に設置しています。
WEBで申し込んだ後にカードを契約機まで受け取りに行けば、すぐに融資を受けることが可能です。

住信SBIネット銀行とオリックス銀行の2社は、テレビ窓口などの自動契約機がないため、キャッシュカードは郵送となります。
しかし振込融資に対応しているので、手続き完了後はすぐに融資を受けることが可能です。

カードローンのメリットとデメリット

ここまでで、キャッシングよりもカードローンの方が金利が安いとお伝えしました。
しかし、カードローンにもデメリットとなる部分は存在します。

◆メリット

  • 金利が安い(消費者金融の上限の場合はキャッシングと差はない)
  • 新規契約でも審査が早い(即日審査・即日融資)
  • 限度額が高い(800万円~1000万円など)
  • 一定期間利息無料のところがある
  • 指定日以外にも繰り上げ返済ができる
  • 分割返済と一括どちらでもOK

◆デメリット

  • 学生や専業主婦は申し込みできないところがある
  • クレジットカード機能がない
  • 在籍確認など面倒な手続きが多い

◆有効な使い方

「今日中に10万円を借りたい!」という場合、銀行系より消費者金融の方がスピード感を保ちつつ動くことができます。

即日融資については、詳しくこちらで触れています

 

特にアコムやプロミスは、免許証を無人契約機に持っていくだけでも審査可能。
そのため、とにかく急ぎでお金を借りたい人にはおすすめです。

ただ消費者金融で上限金利を設定された場合、金利面ではキャッシングと大差はありません。

その他のポイントで比較するのであれば、返済方法でしょう。

一括か分割か、自身の都合がよい方を選ぶだけです。

もし手持ちのクレジットカードにキャッシング枠があり、一括返済でも構わないのであれば、わざわざ消費者金融を新規契約する必要性はありません。

カードローンとキャッシングでは金利差が大きい

銀行系カードローンとキャッシングでは、どれほどの金利差があるのか気にある人も多いと思います。

キャッシングの金利は、返済をリボ払いで行うと目立つものです。

そこで銀行系カードローンの上限金利14%とキャッシングの上限金利18%の設定で、仮に10万円借りて、それぞれ6回の分割で返済した場合の返済額と金利差を比較してみましょう。

 

年率の計算方法は至ってシンプルです。

年率計算式

借入金額×実質年利÷365日×借入日数(完済までの日数)

これを今回の条件に当てはめると、以下のようになります。

銀行カードローン

10万円×0.14(14%)÷365×180日=6904円(1カ月あたり1150円)

キャッシング

10万円×0.18(18%)÷365×180日=8876円(1カ月あたり1479円)

差額1972円(1カ月当たり328円)

 

同じ金額を借りても、4%金利が違うと半年で1972円の差額が生まれました。

 

またキャッシングでリボ払いの場合、借入額に関係なく一定額の返済が継続されます。
なおかつ手数料もかかってくるので、最終的には莫大な金利を支払っているかもしれません。

クレジットカード・カードローンそれぞれの金利については“カードローンVSクレジットカードの違いナビ※金利、リボ払い比較!メリット&デメリット”でも比較しています。

カードローンとキャッシング以外に方法はある?

今日中に1万円から10万円を借りるには、基本的にカードローンまたはキャッシングがもっとも早く確実な方法です。

それ以外には、質屋などで担保を入れて借りる、自宅にあるものを売りに行くなどがあります。
しかしながら、買取金額の保証がない上に店頭まで持っていく手間もあります。

 

これらの理由を総合的に考えると、すぐにお金を借りるのならキャッシングかカードローンのどちらかで借りた方が効率的です。

まとめ

キャッシングとカードローン、比較すると返済方法による違いが一番大きいと言えます。

今日中に5万円や10万円借りたい!となったら、まずは自身が持っているクレジットカードにキャッシング機能が付いていないか確認してみましょう。

もしクレジットカード自体を持っていないのであれば、即日で借りるにはカードローンしかありません。

クレジットカードは申し込んでから手元に届くまで最短でも数日必要になります。

金利面で考えるなら銀行カードローン。

手元にキャッシング機能付きクレジットカードがあるのなら速度重視でキャッシング

というように、そのときの状況に応じて使い分けるとよいでしょう。

少額融資におすすめのカードローン3選

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。