ライフカードでキャッシングする方法!金利や審査をまとめてみた

ライフカードでキャッシングする方法をまとめてみた

ワカル編集部
クレジットカードを初めて持ちたい、という人はカード選びに悩んでしまいますよね。
クレジットカードは種類が多くて何を基準に選べば良いのかわかりません
ワカル編集部
確かに迷いますね。
例えば、ショッピング以外にもキャッシングをする機会が多い人は、キャシング枠が多い方が何かと便利です。
なるほど!
緊急にお金が必要になる人は、カードローンを契約するより、1枚のカードで様々な機能があり、かつ、ショッピングとキャッシング(借りる)ことに使えるカードの方が便利ですね!
ワカル編集部
今回紹介する「ライフカード」は、ショッピングとキャッシングを併用したい人にとっては特におすすめできるカードになっています。それはなぜなのか、以下で解説していきたいと思います。

<この記事で分かることはざっくりこれ!>

  • ライフカードのは海外利用のメリットが多く、キャッシング可能額が多いという特徴がわかります
  • ライフカードのキャッシング方法や返済方法がわかります
  • リボ払いの注意点などがわかります
  • 毎月の返済金額のシミュレーションができます

合わせて読みたい

マスターカードでお金を借りる方法をまとめてみた!

イオンカードのキャッシング!金利や注意点を抑えて上手に借りる

ライフカードとは何?

ライフカードはアイフルの子会社消費者金融系でも消費者金融からの借入とは別

ライフカードとは、大手消費者金融のアイフル子会社であるライフカード株式会社が発行するクレジットカードです。消費者金融系ではありますが、クレジットカードと消費者金融からの借入は別なので、このカードを持ったからと言って、いろいろな信用情報が悪くなるということはありません。

消費者金融のほうで借入をしなければ、信用情報が問題になることはありません。他の銀行等からの借入もできるので安心してください。

ライフカードの基本情報は以下の通りです。

年会費
永年無料~10,000円
カード
マスター、VISA、JCB
発行まで
約1週間
ショッピング枠
10万円~200万円
キャシング枠
10万円~200万円
学生カード
あり
ETCカード
無料
家族カード
無料

世界で使えるMasterCard、VISAカード、国内で強いJCBカードいずれも作ることができます。

特典は下記の4つ

  • ポイント還元
  • 初年度ポイント1.5倍
  • 誕生日月ポイント3倍
  • ポイント付与率平均1.1%

貯まったっポイントは商品への交換や、他のポイントへのコンバートが可能です。

また、「学生カード」があるもの大きな特徴です。なかなか「安定した収入」がない学生向けに

  • 総利用枠 30万円
  • キャッシング枠 10万円

と上限は低いものの、専用の年会費無料のクレジットカードを発行できます。

親権者の同意が必要など条件はありますが、海外旅行や急な資金需要の発生時に対応可能で、専用のお問い合わせ窓口や、海外旅行傷害保険のデフォルトでの付与など特典がありますb。

学生はなかなかカードが持てないので、これはうれしいサービスです。もちろん、キャッシング(借りる)ことは通常のカードローンの場合、学生はかなり厳しいので、緊急時のためにもこのカードを持つメリットは多そうです。

ライフカードでキャッシングをしてみよう

ライフカードのキャッシング

ライフカードにもキャッシング機能が付いています。消費者金融系のため、キャッシング枠も高く、いざという時にはカードローンの代わりになります。

キャッシング利率

通常のクレジットカード 18.0%/年
ゴールドカード 13.505%/年
学生カード 15.0%/年

キャッシングとは?

まず「キャッシング」について簡単におさらいしておきましょう。

クレジットカードは通常、ショッピングに使うものですが、キャッシングとはこのクレジットカードを利用して、買い物ではなく現金を借りたり(引き出したり)、自分の銀行口座に入金したりするシステムです。

クレジットカードを持っている信用を利用して、お金を借りられるシステムです。通常お金を借りる場合、銀行からの融資やカードローンを思い浮かべますが、審査に時間がかかりますし、借入をすることは必ずしも得策ではありません。

キャッシングならば、借入、ローンではなく、現金をクレジットカードで前借りするイメージになります。銀行のキャッシュカードをちょうど持っていなかったり、銀行口座に今引き落とせる残高がなかったりする場合、キャッシュカードが使えないので、クレジットカードの信用によって、現金を引き出すことができます。

通常、クレジットカードは「ショッピング利用枠」>「キャッシング利用枠」で、ショッピングよりキャッシングできる額の方が低いのですが、ライフカードは「ショッピング利用枠」=「キャッシング利用枠」のものが多く、さすが、借りることに強い消費者金融系のクレジットカードといったところです。

「ショッピング利用枠200万円(うちキャッシング可能枠200万円)」
というカードならば、ショッピングとキャッシングを合わせて200万円まで利用できます。

ライフカードのキャッシング利率など【金利】

ライフカードのキャッシング利率等は下記のとおりです。ゴールドカードは審査が厳しく、かつ年会費が10000円かかることに注意しましょう。わざわざ持たなくてもいいと思います。

ライフカード(標準) 学生専用カード ゴールドカード
キャッシング可能額
200万円
(利用可能枠内での利用)
10万円
200万円
キャッシング利率
実質年率15%(100万円以上)
実質年利18%(100万円未満)
(遅延損害金/実質年率20.0%)
15%
(遅延損害金/実質年率20.0%)
13.505%
(遅延損害金/実質年率20.0%)
返済期間及び回数
一括か借入金によって設定(リボ)
一括か借入金によって設定(リボ)
一括か借入金によって設定(リボ)
返済方式
・一回払い(元利一括返済方式)
・リボ払い(残高スライド元利均等返済方式)
・一回払い(元利一括返済方式)
・リボ払い(残高スライド元利均等返済方式)
・一回払い(元利一括返済方式)
・リボ払い(残高スライド元利均等返済方式)
担保、連帯保証人
不要
不要
不要

※キャッシングを受ける場合

提携金融機関ATMやコンビニATM:1万円単位
オンラインキャッシング(ネットで指定口座へ振り込み):1万円以上1円単位

となっています。口座引き落としが間に合わずキャッシングしたい場合、オンライン振込の方が無駄がありません。

ライフカードキャッシング4つのメリット

ライフカードキャッシング4つのメリット

ライフードでのキャッシングには、大きく分けて4つのメリットがあります。

1.全国14万台超のATMで引き出しOK

ライフカードは全国にある銀行やコンビニ14万台以上のATMでキャッシングが可能です。
お金に困れば、引き出せるATMを探すのは難しくないはずです。

2.口座振り込みならば即時入金も可能

キャッシングは現金(お札)ATMから引き出すだけでなく、自分の銀行口座へネットバンキングのように入金することも可能です。

気付いたらショッピングや公共料金の引き落としの前日で、困ってしまった・・という場合でも、すぐに口座入金が可能なので難を逃れることができます。

3.海外でのキャッシングに強い

クレジットカードのキャッシングは海外でもATMから行えるものが多いのですが、ライフカードの場合、海外アシスタントサービスや学生カードの「5%キャッシュバック還元」、海外旅行保険自動付託サービスなどがあり、お守り代わりに持っていくと、キャッシングだけではなくいざというときに付随のサービスも受けられます。

4.キャッシング利用枠が多い

繰り返しになりますが、ライフカード(学生カード以外)の場合、キャッシング利用枠が他のクレジットカードと比較して高めになっています。

他のクレジットカードの場合、キャッシング利用枠はせいぜい30万円~100万円です。しかし、ライフカードは200万円ですから、いざという時の保険として非常に有用だとわかります。

ライフカードキャッシングの返済方法

ワカル編集部
ライフカードのキャッシングに返済はは、一括払いかリボ払いになります。
一括払いも、ショッピングで利用した支払いと同じタイミングで、指定口座から引き落としされます。

前倒返済も可能ですが、銀行振込か口座引き落としのみで、ATMから現金を返済することができないということです。
ちょうどまとまったお金が手に入ったから、コンビニのATMから返済しよう、ということができません。
余裕を持って、銀行が空いている時間、ないしネットバンキングから前倒し返済することになります。

リボ払いの場合「残高スライド元利定額方式」になり、前月に返済が残っている金額に応じて、次の返済金額が決まります。

前月末残高 支払い額
1円~20万円 10,000円
20万円超~40万円 20,000円
40万円超~60万円 30,000円
60万円超~80万円 40,000円

80万円以上未返済残高ある場合、20万円あたり10,000円単位で支払い額が増えます。

つまり、160万円キャッシングした場合、返済額は40,000円+40,000円((160-80)÷20×1)=80,000円翌月には返さないといけません。

ワカル編集部
キャッシング枠が多くてもキャッシングしすぎはご自身の首を絞めることになりかねないことに注意してください。
締め日は毎月末日締め、翌月27日支払いか、翌々月3日払いになります。
給料日次第ですが、翌々月払いの場合それだけ日割りの金利も高くなるので注意してください。一括払いの場合は、支払利息は最短で26日(末日キャッシング翌月27日払い)、最長で67日(7月1日キャッシング翌々月(9月)3日払い)になります。

支払額を計算!一括払いとリボ払いシミュレーション!

実際にいくら支払うことになるのか、計算してみましょう。

70万円キャッシングしたケースを念頭に計算してみます。
金利は100万円未満なので18.0%です。

  1. 6月30日に70万円キャッシングして一括返済
  2. 6月30日に70万円キャッシングしてリボ払い

それぞれをまとめて表にしてみました。

返済方法 ①一括払い ②リボ払い
キャッシング日 6月30日 6月30日
キャッシング金額 ¥700,000
総返済額 ¥710,356 ¥895,821
支払利息 ¥10,356 ¥295,821
利用期間/返済回数 30日 48回

返済シミュレーションはこちらを参照
キャッシング返済シミュレーション(一括払い)
キャッシング返済シミュレーション(リボルビング払い)

ワカル編集部
リボ払いの場合、利息だけで借入金額の40%以上も支払わなくてはなりません。
安易にリボ払いにすると、総返済額はかなり多くなってしまうので注意してください。

リボ払いでは利率が高いので注意!

利率は一括払いとリボ払いで変わらないのですが、リボ払いの場合、ライフカードのキャッシングではそのままにしておくと返済額、返済回数が自動的に決まるので、結果的に、最初にキャッシングした元金×約30%~40%の利息が付いてしまいます。

上記の70万円キャッシングした例では

返済金額は下記のようになります。

1回目~4回目 4万円
5回目~12回目 3万円
13回目~26回目 2万円
27回目~47回目 1万円
48回目 残り5821円
ワカル編集部
このように結果的に多額の利息を返すことになり、大きな負担になります。
リボ払いの場合でも支払利息負担を減らす方法はあるのでしょうか?

繰り上げ返済は可能

繰り上げ返済は可能ただしライフカードインフォメーションセンターへ問い合わせが必要

ライフカードでは、家計に余裕ができたり、一時的にボーナスが出たりして、返済能力が上がった時に、繰り上げ返済が可能です。

これによって、リボ払いの必要がなくなり、支払いを早く終わらせることができます。
そうすれば40%もの利息を払わずに済みます。

繰り上げ返済を希望するときは、ライフカードインフォメーションセンターへお問い合わせください。

ATMリボ払い返済は非対応

ATMからの返済は非対応口座振替で繰り上げ返済をする

小銭ができたときに、ATMからリボ払いの返済ができれば・・と思う方もいますが、残念ながらライフカードではコンビニATMからの返済には対応していません。

銀行振込かインフォメーションセンターに問い合わせて、口座振替を繰り上げてしてもらうことになります。

ワカル編集部
ATM返済は非対応!ここは注意してください。

海外でおすすめのライフカードだが注意点も!

海外でのキャッシングの注意点キャッシングの返済方法は1回払いの設定になっている。リボ払いで返済したい場合は変更手続きが必要

最後に海外でのキャッシングについてお話しします。

ライフカードのキャッシングは海外150か国を超える地域で利用でき、100万台のATMから現金の引き出しが可能です。

海外でライフカードをおすすめできる理由として、海外ATMでのキャッシングが容易なことに加えて、

  • 海外旅行に最大8%OFFで行ける「リロの旅デスク」
  • 海外アシスタンスサービス(専用問い合わせ窓口)
  • 割引料金でのトラベルグッズ購入
  • 海外おみやげ宅配サービス
  • (学生カードのみ)ショッピング5%キャッシュバック

という特典があります。

ただし、ライフカード入会時は、キャッシング返済、支払いは一括1回払いとなっており、リボ払い設定になっていません(国内がリボ払いでも)。
もし、キャッシングをリボ払いにしたい場合、入会後、インフォメーションセンターまで問い合わせて変更手続きを取ってください。

海外でのキャッシング支払い方法は、クレジットカードによって、一括払いとリボ払いそれぞれに自動的に設定されているケースがあり、確認が必要です。

ワカル編集部
「ライフカードの海外キャッシングは一括払いがデフォ」と憶えておいてください。

ライフカードでキャッシングする方法 まとめ

  • ライフカードは消費者金融アイフル系のクレジットカード
  • クレジットカードだけなら信用情報で問題にならない(消費者金融からの借入にはならない)
  • キャッシング枠が200万円でクレジットカードの中ではかなり高い
  • 学生向けの専用カードもあり審査はそれほど厳しくない
  • 銀行やコンビニATMでの引き出しや口座への振り込みができる
  • 海外旅行者向けの各種サポートが充実している
  • リボ払いにした時の返済はコンビニATMではできないので注意する(口座振替か銀行振込)
  • 借入額によって自動的にリボ払いの毎月返済が決定する
  • 海外でキャッシングした場合、一括払いに設定されているので、リボ払いしたい人は事前に手続きを取って変更する必要がある

関連 クレジットカードでキャッシングできるカードの比較全まとめ!

タイトルとURLをコピーしました