ライフティとは!?

ライフティとは、東京都新宿区歌舞伎町に本社がある消費者金融事業者です。

消費者金融事業者の場合、アコムやプロミスなどのようにCMを積極的に行っている大手消費者金融と、あまり広告宣伝を行っていない中小消費者金融がありますが、ライフティは中小消費者金融事業者となります。

いわゆる中堅から小規模の消費者金融では、ややグレーで闇金に近いようなところも。

例えば保証料を取ったり、本来行われることのない夜間や土日の督促電話を行ったりと言った、少々法的ルールを逸脱しがちな業者が存在します。

しかし、ライフティはそういうことは行っていません。

1991年6月設立、25年以上運営している事業者なので、コンプライアンスもしっかりしている事業者といえるでしょう。

アコムやアイフル、プロミス、SMBCモビットといった大手消費者金融で審査に落ちた、もしくは何らかの理由で大手を利用できない方などにとって、ライフティのような中小消費者金融事業者は強い味方となりえます。

ライフティの特徴

先にも書いた通り、ライフティは中小消費者金融事業者です。

「中小消費者金融は、あまりサービスが良くなさそう」と思われている方もいらっしゃるかもしれませんが、決してそんなことはありません。

ここでは、ライフティ独自のサービスに触れていきます。

無利息期間が35日間

大手では、SMBCモビット以外の事業者で初回限定30日無利息のキャンペーンを行っています。

ライフティは中小消費者金融事業者ですが、無利息期間を設けています。

期間は、大手よりも長く35日間です。

起算基準も契約日翌日ではなく、初回借入日翌日から。

契約日翌日の場合は、その日のうちに借入を行わない場合は無利息期間適用日数が短くなるため、借入日までの無利息期間が無駄になってしまいがちです。その点、ライフティでは初回借入日翌日からの適用なので、最初に枠だけ作っておいても無駄にならずに済みます。

ライフティポイントがある

キャッシング会員であれば、申込時のメールアドレスとパスワードでログインすると利用できます。

ライフティポイントとは、例えば無料会員登録や懸賞応募などを行ったり、用意されているゲームなどを行うことで定められたポイントが付与されるサービスです。貯まったポイントは、Amazonギフト券などの提携ポイントとの交換や借入の元金に充当することができます。

例えば健康食品や化粧水などの商品購入もあるので、利用したいサービスなどが対象となっていれば、ライフティポイントに掲載された広告から応募すれば、ポイントを貯めておくことが可能です。

サンプル購入などでポイントを貯めておいて、ある程度のところで元金返済に充てると、早期完済に役立つでしょう。

ライフティの詳細

ここでは、ライフティの限度額や金利などといった条件面について解説していきます。

限度額

ライフティの限度額は1,000円~500万円までとなります。

1,000円からなので、例えば、深夜小腹がすいたけど持ち合わせがない時、もしくはちょっとした生活にかかるお金などを借り入れたい時などは、重宝するのではないでしょうか。

最高は500万円ですが、消費者金融は貸金業法の総量規制により年収の3分の1までという制限があるため、それだけの年収が求められます。

また、初回の利用では最高額がつくことはまずないので、注意してください。

金利

ライフティの融資利率は、下限金利が8.0%、上限金利は20.0%です。

上限金利だけで見ると、大手消費者金融と比べると少し高いように見えるかもしれません。

ちなみに、利息制限法では以下のようになってます。

限度額 金利
10万円未満 20.0%
10万円~100万円未満 18.0%
100万円以上 15.0%

10万円未満であれば年20%まで設定できますが、限度額が10万円未満になる人が少ないため、大手では年18%前後で設定されているのが実情なようです。

一方、中小消費者金融の場合、ブラック明けで大手からの借り入れが難しい人が来ることが多いこともあり、限度額が10万円未満となることが多いため、最高金利も20%と設定されていると推測されます。

上限金利の20.0%というのは、利息制限法で定められた上限いっぱいの金利なので、飛び抜けて高いわけではないということを覚えておいてください。

借入・返済

ここでは、借り入れと返済方法について見ていきます。

借入

借入方法は2つ。

  • 振込
  • ATMから引き出し

振込の場合は、インターネットに接続できる携帯電話やスマートフォンからいつでも手続き可能です。

その他、電話から手続きすることもできます。

ATMから引き出す際は、専用のカードを使います。
全国のセブンイレブンにあるセブン銀行ATMから引き出すことが可能です。

返済

返済期日は、35日サイクル制です。

初回借入時は借り入れの翌日から35日後が返済日。
2回目以降は返済日翌日より35日後が返済日になります。

返済方法は2つあります。

  • キャッシングカード/li>
  • 銀行振込

キャッシングカードで返済を行う場合は、借入時と同じく専用カードを使ってセブン銀行ATMから返済を行います。

銀行振込の場合は、所定の返済日までに指定された銀行口座に振り込みを行います。

インターネットバンキングを利用できるのであれば、24時間いつでも返済可能。

ただし、振込手数料を負担する必要があるので、注意が必要です。

ネットバンク等他行宛振込手数料無料サービスを実施している銀行の預金口座があれば、そこから振り込みを行うといいでしょう。

毎月の返済額については、「借り入れ後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」で決定されます。

借入後残高と毎回の返済額との関連は、下記のとおりです。

借入後残高 毎月の返済額
5万円 5,000円
10万円 5,000円
20万円 9,000円
30万円 13,000円
50万円 15,000円
100万円 30,000円

返済については、繰り上げ返済も可能です。

繰り上げ返済は、毎月の最低返済額よりも多く振り込むだけと簡単。

10万円であれば、毎月の返済額は5,000円です。

毎月1万円ずつ入金した場合、5,000円分については利息が差し引かれた後、その残りが元金に充当されます。

残りの5,000円については、全額元金から差し引かれます。

毎月、最低返済額より多く振り込むことで繰り上げ返済に充当されるので、少し節約して多めに振り込むようにすると、より早く完済できます。

ライフティの申込ステップ

ライフティの申し込みステップは、下記のとおりです。

  • 申し込み
  • 審査
  • 契約
  • 借入開始

申し込み

申し込みは、インターネットもしくはお電話にて行うことができます。

電話の場合は、0570-200-206にて受け付けています。
※受付時間:平日 9:30~18:30

インターネットの場合は、パソコンもしくはスマートフォンからお申し込みください。

ライフティの公式サイトの上部に「新規お申込み」というボタンをクリックすると申し込みページに行きます。

「インターネットでのお申込み」から「お申込みフォームへ進む」をクリックすると、申込みフォームが出てきます。

フォームに氏名・住所・勤務先等の個人情報を入力して送信すると、申し込み完了です。

どちらでもご都合の良い方法をお使いいただければ大丈夫ですが、インターネットであれば土日祝日関係なく24時間お好きな時に申し込みができるので、入力が苦手などの理由がない限りはインターネットを使うといいでしょう。

審査

申し込みフォームに入力された情報をもとに審査を行います。
審査では、勤続年数や年収、返済能力が見られます。

嘘の情報を入力しても、在籍確認や信用情報ですぐにバレるので、必ず正確な情報を入力するようにしましょう。

審査結果については、フォームで入力した連絡先に電話もしくはメールでお知らせします。

必要書類

・本人確認書類

下記のいずれかが必要です。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • 個人番号カード

他社を含めた借入総額が100万円を超える場合、またはライフティにて50万円を超える金額の利用を希望する場合は収入証明書類が必要です。

契約

審査結果をもとに契約内容を作成。
内容を確認していただいて、問題がなければ契約となります。

※受取方法で「本人限定受取サービス」を選択すると、ここで本人確認を行います。

借入開始

契約書類に記入を行い送付したあと、到着したら利用開始となります。

専用のカードを使い、セブン銀行ATMから借入を行いますが、振込融資も可能です。

振込融資については、会員専用ページよりパソコンやスマートフォンより手続きができます。

振込の場合、手続完了時間によって振込時間が異なります。

中小消費者金融には珍しく、専用のローンカードが郵送されます。

公式ページには、「契約書類到着確認後、利用開始」と書いてありますが、確認したところ、「振込であれば書類到着前でも対応可能」とのことでした。

ただ、カードが到着するまではどうしても1週間前後かかってしまいます。

土日祝日をはさんでしまうと、もっとかかることも想定されます。

もし、少しでも早く利用を希望されるのであれば、振込での融資を検討しましょう。

ただし、審査結果によっては振込融資が利用できないこともあります。

ライフティの審査

中堅消費者金融とはいえ、無審査で貸付を行っているわけではありません。
必ず審査が行われます。

ちなみに、ライフティでは外部委託ではなく自社で審査・保証業務を行っているようです。

それでは、審査事情について新規申込時と増額申請時に分けて見てみましょう。

新規申込時

ライフティでは成約率は非公表となっているので、まずは大手消費者金融の成約率を見ていきたいと思います。

プロミスやアコム、アイフルの成約率(審査通過率)は、40%~50%です。

ここから考えると、大手の場合は平均して40%台後半くらいと予測されます。

先に書いたようにライフティは成約率を公表していません。

しかしながら、中小消費者金融の場合、大手と同じように厳しく審査を行うことで同じような成約率となると、どうしても知名度の高い大手に顧客が流れてしまいます。

また、大手消費者金融がカバーできない顧客層をターゲットにしていることもあり、大手よりやや高めの成約率ではないかと考えられます。

過去にブラック歴がある人に特におすすめ

では、どうして大手より成約率が高いのでしょうか。

ライフティでは、過去に債務整理や自己破産などでブラックリスト入りしたことがある人の審査通過率が高いことが理由にあると推測されます。

銀行にしろ、大手消費者金融にしろ、過去にブラックリスト入りした人には厳しく、警戒されて審査に落ちてしまいます。

これは信用情報がスーパーホワイト(利用したことがない人)も同様です。

しかし、ライフティの場合は過去にブラック歴があったとしても、すでに事故情報が消えており、現在信頼できる人と判断されれば審査に通過できる可能性があります。

よく「中小消費者金融はブラックでも借りられる!」という評判が立つことがありますが、そういったところはルールを守っていない可能性が高いと思ってください。

ライフティの場合は、コンプライアンスがしっかりとしているので、まず無茶な取り立てはありません。

ただし、今現在ブラックリストの場合は、ブラックが解除されるのを待ってください。

CIC、JICCであれば5年、KSCであれば10年間信用情報に事故情報が記載されています。
上記年数が経過すると、情報は削除されるので時間の経過を待ちましょう。

その間に、金銭感覚をしっかりと取り戻せばいいのです。

増額申請時

増額申請の成約率は、どの会社も公表されていませんが、ライフティの場合は大手と比べるとやはり成約率は高いのではないかと予測されます。

ただ、新規申込時と比べるとやや審査基準は厳しくなると考えた方がいいでしょう。

増額申請というのは、これまで利用してきた人が「さらに枠を増やしてほしい」と思った時に行うものです。

そのため、これまでの利用状況はもちろん、枠を増やしてもしっかり返済ができるかどうかを見られます。

増額申請には、2つ方法があります。

  • 自分から会社に申請する
  • 会社から電話があった際に応じる

どちらが通過しやすいかと言われたら、断然後者の方が通過しやすいと言えます。

どの消費者金融業者でも、年に1回信用情報を見て限度枠の見直しを行っています。

そこで、「この人は枠を増やしても大丈夫」と判断した人に「限度額を増やしませんか?」という連絡を行うのです。

この場合は、すでに会社の方で見直し審査を行った後なので、必然的に通過する確率は高くなります。

一方、自分から申請した場合は、これまでに延滞などなくきちんと返済していること、増額に耐えられるだけの年収があることを証明しなければなりません。

そのために収入証明書類を提出するわけですが、ここで年収が増えていることを証明できなければ増額どころか減額されることもあるので要注意です。

増額申請を行う時は、連絡が来たタイミングで行うといいでしょう。

審査に落ちやすい人の特徴とは?

過去ブラックリストに入っていた人であっても丁寧に審査することで、比較的審査通過率が高いとされているライフティですが、残念ながら審査に通過できない人もいらっしゃるようです。

審査に落ちやすい人とは、どのような人なのかについてまとめていきましょう。

新規申込

新規申込で審査に落ちやすい理由は、大手消費者金融と大きく変わりません。

銀行にしろ消費者金融にしろ、審査に落ちた理由について教えてもらえることはありませんが、このような理由があると考えられます。

  • 入力情報の不備
  • 収入状況
  • 他社借入状況
  • 他社申込件数(申込ブラック)
  • 金融事故歴がある
情報入力の不備

申し込みを行う際は、個人情報を正確に入力しなければなりません。

例えば、電話番号の入力間違いくらいであれば、不備がある旨をメールで教えてもらえるかもしれませんが、勤務先を偽ったり収入を偽った場合はそれを理由として審査落ちすることも。

退職した勤務先を書いた、存在しない社名を書いた、前職の年収を書いた場合、そういった嘘は信用情報などからすぐにバレます。

故意に偽ったとみなされるということもありますが、何より情報の虚偽記載というのは不正行為です。審査落ちするだけでなく、再度の申し込みすら拒否される可能性もあるので、正直に申告するようにしてください。

収入状況

審査では、「返済能力があるかどうか」を重点的に確認されます。

ライフティなどの中小消費者金融であっても、現状でブラックであればまず審査に通過できません。しかしながら、すでにブラック状態が解消していて、信用に足ると判断されれば審査に通過できるわけです。

ライフティでは、そういった現在の状況もしっかり見ています。

消費者金融の場合は総量規制があります。いきなり、新規申込で総量規制ギリギリの金額を希望した場合、「返済が難しいのではないか」と判断され、審査落ちする可能性も出てくるでしょう。

まずは、必要な金額を計算して必要最低限の額を希望するようにしましょう。

他社借入状況

その他、審査時にチェックされる項目が、他社借入件数です。

これは、カードローンだけでなく、総量規制の対象外となる自動車ローンなどの目的別ローンについても見られますし、クレジットカードのキャッシングについてもその対象になります。

例えば、カードローンだけで4社以上借入がある場合、すでに年収の3分の1近く(もしくはそれ以上)の借入がある場合、まず通過は難しいと覚悟しておいてください。

他社申込件数(申込ブラック)

申し込みブラックというのは、いわゆる業界用語で「1ヶ月以内に4件以上の申し込みを行っている人」のことです。

意外と知らない人も多いのですが、申込情報は信用情報に6ヶ月登録されます。

例えば、同時に申し込みを行った場合、そういったことも確実にわかってしまいます。

同時に申し込みを行うことを「掛け持ち」と言いますが、審査の段階でわかってしまうため「お金に困っているのではないか」と見られることが多いようです。

金融事故歴がある

債務整理や自己破産歴がある場合、過去に住宅ローンやスマホ代の滞納歴がある場合は、信用情報に「金融事故」として一定期間、その履歴が登録されます。

これは一般的には「ブラックリスト」と呼ばれています。

信用情報機関は、CIC、JICC、KSCの3つ。

このうち、CICとJICCでは5年間、KSCでは10年間金融事故の記録が残ります。

実際、大手消費者金融や銀行であれば、ブラック状態の場合は問答無用で審査落ちしてしまいますが、ライフティなどの中小消費者金融では「過去の信用情報より、現在支払能力があるかどうか」が優先されます。

それでも、「支払能力が不足している」と判断されたら、審査落ちしてしまいます。

そういうことから考えると、むやみに借り入れしすぎて支払いが難しい状態に陥ると審査通過が怪しくなるので、そういう状態を作らないよう注意する必要があるでしょう。

増額審査

増額審査の場合は、まず下記の2つが審査落ちする理由と考えられます。

  • 収入状況
  • 利用状況
収入状況

増額審査を行う場合、収入状況の改善が見られるかどうかが重要です。

例えば、増額審査を申請した際に転職したばかり、もしくは雇用形態が正社員から契約社員になったなどという場合は、返済能力が低下したとみなされる可能性があります。

そういう事を考えて、つい前職の年収を記載してしまう人がいますが、虚偽記載は必ずバレます。

そういった場合、増額審査に通過できないばかりか、減額されてしまう可能性も。

改善するまで待った方がいいでしょう。

利用状況

利用状況は、ライフティの利用状況と他社の利用状況を見られます。

ライフティでの返済状況が良くない場合、どうしても返済能力に問題ありと見られがちです。そのため、審査落ちする確率も高まると考えられます。

その他、クレジットカードや他に利用しているローンにおいて、支払いなどの長期延滞を起こしている場合、金融事故化することで信用情報が悪化するので、それを理由として落ちてしまう可能性があります。

その他、他社借入が増加している場合も返済能力が低下したと見なされるでしょう。

増額審査も新規申込時と同じく、収入状況に対して希望額が大きすぎると認められない傾向にあるようです。

「いくらあれば足りるのか」しっかり計算した上で、ギリギリの金額を希望するようにしましょう。

また、新規申込と違ってどうしても慎重に審査を行うため、数日以上時間がかかることもあるかもしれません。

案内が来た場合は、特段に属性が悪化したなどの事情がない限り比較的簡単な手続きで済みますが、自分から申請した場合はやはり難易度も高くなるでしょう。

その他サービスについて

ライフティでは、申し込みを検討するために以下のようなサービスを実施しています。

  • 0.3秒診断
  • 返済シミュレーション

いずれもトップページの上部にリンクがあります。

0.3秒診断

0.3秒診断とは、申し込み前に融資可能かどうかを診断するためのツールです。

年齢や年収、他社からの借入件数、借入金額を入力するだけで、融資可能かどうか結果が出てきます。

試しに、下記条件で入力してみたところ「ご融資可能かと思われます」と出てきました。

年齢:40歳
年収:400万円
他社からの借入件数:4件
現在の他社借入金額:100万円

あくまでも簡易的なものなので、実際に借り入れできるかどうかは申込み後に審査を受けないと分かりません。

ただ、他社からの借入件数が4件というと、大手ではまず新規貸付を拒否される可能性が高くなると考えられますが、ライフティでは「ご融資可能かと思われます」という表示となります。

そういうところから見ても、審査通過率は決して低くないということがわかるでしょう。

返済シミュレーション

返済シミュレーションは他社で導入されているものと同様です。

貸付額と利率を入力して、「確認する」をクリックすると、返済シミュレーションが出てきます。

貸付額:100千円(10万円)
利率:18.0%

上記条件を入力してみたところ、下記のような結果となりました。

支払回数:25回 返済額:100,000円 お支払い総額:123,701円

あくまでもシミュレーションなので、実際とは異なるものの、返済のイメージをつかむことができるのではないでしょうか。

また、毎月の返済における金利と元本の関係も公開されているので、中小消費者金融の中では信頼できますね。

ライフティはどんな人におすすめ?

ライフティは、以下のような方におすすめです。

  • ブラック明け、大手消費者金融や銀行では審査に通らない人
  • 年収がそんなに高くない人

ブラック明け、大手消費者金融や銀行では審査に通らない人

SMBCモビットなどの大手消費者金融や銀行の場合、過去にブラック状態だったかどうかを気にする傾向があります。

信用情報上は5年~10年で消える事故情報ですが、内部ではそういった情報を保存しているので、事故情報が消えたとしてもなかなか審査に通過しにくいのが実情です。

しかし、ライフティなどの中小消費者金融では「過去の信用情報より、現在の支払能力を重視する」傾向にあるため、ブラック明けであっても審査に通過する可能性は残されています。

ただし、利用限度額も3万円や10万円と、やや低めになってしまう可能性はあるものの、どうしても大手消費者金融や銀行で審査に通過しない人は、一度中小消費者金融で申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

年収がそんなに高くない人

大手消費者金融も、パート・アルバイトでも融資可能とはしているものの、雇用が不安定ということもあり、なかなか審査に通過しにくいというのが実際のところです。

中小消費者金融は、そういった大手や銀行がカバーしきれない層を主な顧客にしているため、比較的雇用が不安定な人でも審査に通過しやすいという側面があります。

ライフティの口コミ・評判は?

実際にライフティを利用した人は、どのように感じているのでしょうか。
口コミをまとめてみました。

いい口コミも、悪い口コミも取り上げているので、ご参照ください。

「少しお金が必要になり、大手に申し込んだのですが、収入が足りないのか審査に落とされてしまいました。困ったところで申し込んだのがライフティ。何とか審査に通過でき、限度額は5万円でした。金利20%は少し高いかなと思いましたが、法律で認められている範囲と聞いて安心しました。5万円が初回の限度額だったのは、審査した結果この金額が妥当ということなのでしょう。法律をしっかり守っている会社なので安心できます。」

 

「ライフティは、審査が大手より甘いのが嬉しいです。私は過去に、1,2度の延滞を起こしたことがあります。決して長期の延滞ではなく、2~3日程度の軽い遅れでしたが、他社で起こしてしまいました。アコムとプロミスに申し込んだところ、それが響いたのか審査落ちでした。これについては、私の信用情報が基準に達していなかったためだと思います。しかし、ライフティでは、私のように信用状態が良いとはいえない私でも承認してもらえました。初回の限度額は9万円と少なかったのですが、コツコツ返済していこうと思います。」

 

「私は一度、債務整理(自己破産)を行っているので、レイクなどの大手消費者金融や銀行のカードローンでは借り入れができません。自己破産してから半年後に、ライフティに申し込んでみましたが、当然審査に通過できませんでした。しかし、それから5年が経過して、事故情報が消えてから再びライフティに申し込んでみたところ、審査に通って、お金を借りることができました。限度額は3万円でした。ライフティは私のようなブラック喪明けにはぴったりではないでしょうか。」

 

「ローンカードが発行されるので、人に会わなくても借りることができるので、人混みが苦手な私には最高です。審査も結構甘かったので、大手カードローンで落ちた人におすすめ!という感じかな。最高で500万円まで貸してくれるそうですけど、消費者金融だから、500万円借りようと思ったら、年収が1500万円ないといけない。さすがにそれは難しいのですが、ライフティは、下は1,000円から借り入れできるので、ちょっと困ったな、お金が足りないな、というときにベストです。私は個人的に、ライフティにして本当に良かったと思っています。」

 

「私は歌舞伎町の事務所まで行って、お金を借りました。ドキドキしたけど、きれいな事務所で女性のスタッフで、安心して接客されました。ライフティは接客にも力を入れてるみたいで、安心して借り入れできますね。ライフティは、フリーダイヤルを持っておらず、電話がナビダイヤルなので、ケチなのかな?!と思っていたのですが、オフィスはきれいで、かけるところにお金をかけているのだなと感じました。」

 

「ライフティは、初回35日間無利息をやっているのでお得です!大手のカードローンでも、アコム30日、プロミス30日と短いので。レイクはなんと180日無利息ですが、5万円が限度なのであんまり使えません。ライフティでは、35日間無利息!助かります。35日までだったら、早期に返せば金利はつかないのです。ただし、その35日の間にも、返済日はやってくるので注意が必要です。金利が取られないので、ありがたいですね。大手のカードローンよりも断然ライフティです!」

 

「世の中、お金を貸してくれる業者は多いのですが、怪しい業者も多すぎます!でも、アコムやプロミス、レイクなどは審査に落ちてしまったし・・・というわけで、ネットでお金を借りるならライフティで決まりです。私の決め手になったのは、@ryfety.co.jpというドメイン名。”co.jp”というドメインを持っているので、ちゃんとした企業だということがわかります。危ない会社は、”co.jp”というドメインはもてませんので、しっかりした株式会社である証拠です。このドメイン名を見て、私はライフティで借りることに決めました。」

 

「過去にショッピングローンで長期延滞を起こしたことがあります。もちろん最終的には完済したのですが、それが原因で大手や銀行では借り入れができなくなってしまいました。それでも、お金が必要だったのでわらにもすがる思いでライフティに申し込みました。ブラックリスト入りしてから約7年経過していたので、審査には何とか通過して限度額は4万5千円でした。少額ながらも融資してもらえたので嬉しくはありますが、審査通過まで約1週間かかりました。やはり元ブラックだったということもあって、審査に慎重を期したということなのでしょう。」

 

「延滞したことはありませんが、すでに大手2社から少額ながら借入を行っているということもあって、同じ大手は厳しいと思い、たまたまネットの口コミで知ったライフティに申し込みを行いました。希望金額は10万円ほどでしたが、審査の結果20万円の限度額でした。ただ、少し残念だったのは審査の日数。大手であれば即日審査・即日融資が当たり前ですが、3日後に通過の連絡がありました。初回は振込にしてもらったので、連絡をいただいてすぐに振り込みがあったので、通過後の対応は早いようです。あまり急いでない人は大丈夫だと思いますが、できるだけ余裕を持って申し込んだ方がいいでしょう。」

全体的に良い口コミが多いものの、審査の日数など不満の声も

ここまでライフティの口コミを取り上げてみましたが、いかがでしたか?

ライフティは中小消費者金融で、ブラック歴のある人等にも積極融資しているということもあり、いわゆる金融事故歴のある人を中心に高評価が多く見られます。

ただ、ブラック歴のある人に積極融資しているといっても、初回限度額は少ないため、限度額に不満を持つ人も少なからずいらっしゃるようです。

その他、公式ページなどでは「即日融資も可能」と謳っているものの、「審査完了までやや時間がかかる」という声が少なくありません。

実際、元ブラックなどワケありの人の場合、現在の返済能力を慎重に見極めようとするためか、少し時間をかけて審査する傾向にあるようです。

また、申し込み件数も多いため、申込順に審査をしているという事情もあわせて、審査完了までの日数がかかっているのかもしれません。

口コミにもありましたが、そのあたりは少し余裕を持って申し込んだ方がいいでしょう。

その他の口コミでよく見られたのは、「35日無利息が嬉しい。アコムやプロミスなどより長い!」という声。

ライフティなら、35日間無利息です。
これは、アコムやプロミスよりも長く、その分だけ無料期間が伸びています。

ライフティではじめて借りる人に限られるのですが、実質金利が0%になります。

無利息キャンペーンを実施している業者も、その多くは「初回契約日の翌日から」としているのが実情ですが、ライフティの場合は「初回借入日の翌日から」無利息期間がスタートします。

これは非常にお得ですので、大手のカードローンで落ちてしまって、中小のカードローンを探している場合、まずライフティが第一選択肢にあがるでしょう。

まとめ~中堅消費者金融事業者としては、かなりおすすめできるライフティ!

ここまで、ライフティの口コミや審査の実際について見てきましたが、いかがでしたか?

ライフティは中小消費者金融なので、比較的審査は甘め。

大手で審査落ちしてしまった人、過去にブラックになったので大手消費者金融や銀行では契約できない人などにおすすめできる業者です。

申し込みについてもオンラインで完結します。
ライフティの店舗は新宿区歌舞伎町にありますが、店舗まで出向く必要はありません。

電話やインターネットで申し込みできるので、借りたいと思うのであれば申し込んでみられることをおすすめします。

中小消費者金融は全国にたくさんありますが、その中でもライフティはおすすめできる業者です。

現在の状態がブラックでなく、かつ返済能力に問題がなければ、審査に通る確率は高いでしょう。

ただし、利用限度額は数万円程度や10万円までと少額からのスタートになります。

まずは、ライフティにおいてコツコツ返済を続けることで信用を積み重ねることから始めてください。コツコツ返済を行って信用が積み重なることで、少しずつ限度枠も上がり、限度額も高額となっていくでしょう。