ロードバイクが欲しいけど、価格が高いからとローンをご検討中ですか?外観もスタイリッシュでかっこよく、原付バイク以上の速度が出せるロードバイクの魅力に圧倒される人は少なくありません。

通学や通勤・趣味など多種多様な目的で愛用されています。問題はロードバイク自体の価格が非常に高価だということです。

高いものだと100万円以上するロードバイクもたくさんあります。そんなときに役立つのが「ロードバイクローン」です。自転車関連の購入に特化した目的型ローンで、カードローンよりも低金利で利用することができます。

この記事では「ロードバイクローン」の概要から、カードローンとの違いやメリット・デメリットなどを徹底比較してみましょう。ローンでロードバイクや電動自転車の購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

なお、自動二輪などのバイクローンをご検討中の方は以下の記事をご参考ください。

■ロードバイクローンとは?

通常の自転車と違って、ロードバイクを始めるにはそれなりの初期費用が必要になります。ロードバイク本体はもちろん、グローブやヘルメット・プロテクター・ゴーグルなど、通常の自転車では利用しない装備も揃えなければなりません。

ロードバイクは自転車よりも原付バイクなどに近く、それらと同等の速度も出ます。ある程度の装備を整えておかなければ、万が一事故に巻き込まれたときに大変危険です。

女性オペ

これら全てを揃えるには初期費用で最低20万円前後、グレードが高いロードバイクなら本体だけで60~80万円はかかってきます。

自転車を趣味にしたいけど、一括では払えない。そのようなときに活用してほしいのがロードバイクローンです。

このローンはロードバイクやクロスバイク関連専用になります。ロードバイクローンは目的型ローンなので、申込み時点で見積書や注文書などの使い道確認書類が必要になります。

本体以外のパーツやアクセサリー・周辺小物などにも利用できるので、購入するときはある程度まとめて買っておいた方がいいでしょう。後からやっぱり小物も必要になったから、ローンで追加融資を受けるというような融通が利かないので注意してください。

 

■スルガ銀行のロードバイクローン

ロードバイク・クロスバイク専用のローンを銀行で用意しているのは、2017年2月現在ではスルガ銀行だけです。

スルガ銀行のロードバイク購入ローンは、ロードバイクやその関連アイテムを購入するための費用に充てることができます。

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
7.0%~11.0% 800万円 最短即日 限度額300万円まで不要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

基本的なスペックは最高限度額800万円で金利7.0%~11.0%、最高120回までの分割払いが可能です。

スルガ銀行のカードローン金利は3.9~14.9%ですが、はじめて利用する場合は高確率で最高金利の14.9%が適用されます。その点から考えると「ロードバイク購入ローン」の金利は最高でも11.0%までなので、スルガ銀行のカードローンよりは低金利です。

他の銀行カードローンでも上限金利11%未満のサービスは、ほぼ0なのでロードバイクのみにローンを利用するのであれば、スルガ銀行の「ロードバイク購入ローン」が最適でしょう。

しかし、近辺にY’s Roadの店舗があるのなら話が変わってきます。Y’s Roadでは、なんと年率1%でロードバイクローンを組むことができるのです。

■年率1%で使える「Y’s Road」のロードバイクローン

大阪にあるY’s Roadというスポーツサイクル専門店があります。

ロードバイク・クロスバイク・トライアスロン・マウンテンバイクなど、あらゆるスポーツ自転車が取り揃えられている日本最大級のスポーツ自転車専門店です。

このY’s RoadではJACCSと提携した「スペシャルローン」を利用することができます。スペシャルローンの内容は、最大36回払いまで年率1%という低金利でローンを組めるのです。36回以降は通常金利になりますが、仮に50万円のロードバイクを36回払いで購入したとしても、金利は3年間でわずか15000円にしかなりません。

車体だけでなくグローブやヘルメットなど関連用具の費用もまとめて組むことができます。ただし、スペシャルローンはY’s Road全店で利用できるわけではありません。

 

1%ローンが利用できる店舗は限られているので、Y’s Roadの1%ローン取扱店舗が近辺にある人がロードバイクを買うのなら、Y’s Roadがもっともオススメの購入方法です。

■ロードバイクにオススメのローンは?

ロードバイクやクロスバイクに利用できるローンは、大きく分けて下記の3つがあります。

◆ロードバイクに利用できるローン

  • スペシャルローン
  • ロードバイク購入ローン
  • カードローン

基本的には1%金利で利用できるスペシャルローン一択ですが、ローンの使い方や状況次第では他の選択肢も検討するべきでしょう。

■条件が揃うなら「Y’s Road」のロードバイクローン

上記でもお伝えした通り、ロードバイクやそれに関連するアイテムをローンで購入するのなら、Y’s Roadのスペシャルローンが一番お得なローンになります。

来店できる範囲にY’s Roadのスペシャルローン取り扱い店舗があれば、そちらで購入しましょう。ロードバイクに関してこのスペシャルローン以上に低金利で利用できるローンはありません。

■買うものが明確で年率重視ならスルガ銀行

近辺にスペシャルローン取り扱いのY’s Roadがなく、ロードバイクや関連商品のみにローンを使いたい場合は、スルガ銀行の「ロードバイク購入ローン」がオススメです。

目的型ローンなのでカードローンよりも上限金利が低く、最初から高額融資を受けられる可能性があります。ただし、使い道を証明する見積書や注文書などの書類が必要になるので、事前に準備しておくのを忘れないようにしましょう。

また追加融資などはできないため、必要なものは最初の時点ですべて取り揃えておくことをオススメします。

■柔軟性と融資スピード優先ならカードローン

近辺にY’s Roadがなく、ロードバイク関連以外でもお金を借りるかも知れない人は、スルガ銀行のロードバイク購入ローンよりもカードローンの方が適任かもしれません。

カードローンは限度枠内であれば、自由に入出金できますし使い道も自由です。ロードバイク以外にも緊急でお金が必要になれば、ローンカードを使って引き出すことができます。

金利は目的型ローンよりやや割高ですが、Y’s Road及びロードバイク購入ローンにはない融通性がカードローンの強みです。

ご自身がどの範囲までローンを活用されるかで吟味されるといいでしょう。またカードローンの中でも金利が低く、利便性が高いカードローンをご紹介しておきます。

◆バンクイック

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.8%~14.6% 500万円 最短即日 限度額200万円まで不要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

最大手の三菱UFJ銀行が、自ら発行しているカードローンになります。

限度額は500万円で若干低いですが、審査速度と融資速度・金利面においては優秀です。なお金利は1.8%~14.6%

即日カード受取も可能なので、とにかくすぐにお金が欲しいときにオススメの銀行になります。

◆オリックス銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
1.7%~17.8% 最高800万円
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象(主婦は可)※2 審査後即時

条件

1. 契約後(カード発行後)

2. 登録口座、または振込専用口座としてジャパンネット銀行を登録

※両方とも満たしていれば、即時振込サービスが利用可能。

なし・WEB完結

※2:主婦の方でも、パート、アルバイトによる安定した収入がある場合はお申込み可能です。

数百万円など高額融資を求めるのなら、オリックス銀行カードローンがオススメです。上限金利こそ割高な設定ですが、下限金利に関してはトップクラスの低金利を打ち出しています。

限度額は最高800万円、金利1.7%~17.8%

パートやアルバイトでも申し込み可能ですが、専業主婦は対象外なので注意しましょう。

◆りそな銀行カードローン

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
3.5%~12.475% 800万円 最短即日 限度額300万円まで不要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

上限金利の低さならりそな銀行カードローンが有力候補です。

上限金利12.475%は他の銀行系カードローンでもほぼなく、ロードバイクの購入にも向いているかもしれません。

ただし下限金利は消費者金融水準なので、一定上の借入枠を希望する場合は他の銀行の方が適任になります。

■ロードバイクを楽しむのに必要なものと費用

最後にロードバイクを安全に楽しむため、必要なアイテムと費用について解説いたします。

◆小物にかかる費用

フロントライト 500円から1000円前後
テールランプ 1000円から2000円前後
給水用ボトルとケージ 1500円前後
ヘルメット 3000~1万円前後
サングラス 1000から2000円前後
フラットペダル 1000円~2000円前後
ベル 700円~1000円前後
緊急連絡先カード 30円
サイクルジャージ 3000円前後
レーサーパンツ 3000円前後

 

合計14730円~25530円ほど

装備品はピンキリで上を見ればきりがありません。

ご自身の予算とのバランスを考えて選ぶようにしましょう。

◆メンテナンスにかかる費用

ロードバイクは通常の自転車と異なり、定期的なメンテナンスや修理が必要になります。必要になる費用は故障内容やメンテナンス内容によっても幅があり、一概に例を挙げることができません。

上限としては3~4万円前後が多くなると思いますが、ちょっとした修理であれば1万円未満で済むケースも多いです。どうしても不安な場合は修理店に見積もりを出してもらうといいでしょう。

■まとめ

ロードバイクをローンで購入するのなら、最優先はY’s Roadのスペシャルローンです。

それが難しい場合は、スルガ銀行の「ロードバイク購入ローン」とカードローンを状況に応じて比較検討しましょう。

メンテナンスや修理など、その後の突発的な出費に備えるのならカードローンでも良いかもしれません。