ミニマムペイメントとは、新しいリボ払いのカタチ

誰しも、欲しいものがあってどうしても買いたいのだけれど、お金がないので我慢した・・・ということなどがあると思います。

あの時に買っておけば」と、後悔した経験のある人も多いのでは?

とくに若い内であればあるほど、後悔は募ると思います。

そういう時に少額の支払いで後払いしていくことができたら、どんなに良いでしょうか。

カードローンは欲しいものがある時の現金調達に役立ちます。

カードローンは、事業用資金以外であればどんな用途に使ってもOK。
余計な詮索をされることもありません。

欲しいものを、自由に、なんでも買うことができるのです。
これってとってもすごいことですよね。

でも、お金を借りるということは、借金をするということです。

とくに、カードローンはリボ払いという特殊な返済方法を取っています。
そして、リボ払いには、ミニマムペイメントというものがあります。

ミニマムペイメントという言葉を知っていますか?
ミニマムペイメントとは、カードローンのリボ払いの一種で、最小単位での支払いをいいます。

 

たとえば、これまで従来のリボ払いでは月々5,000円程度からの支払いが可能だったものが、月々3,000円からの支払いで良いのです。

 

まさにミニマムペイメント(最小限の支払い)ですね。

支払い額が少なくなると、当然ですが、支払期間が長期に渡ってしまいます。
その結果、支払う金利の総額が莫大なものになってしまいがちです。

ですが、ミニマムペイメントなら、余裕がある月は多めに支払うなど、柔軟な支払い方が可能です。

どうしても欲しいものがある場合や、また、緊急時の出費など、必要不可欠なお金の出費があると思います。

でも、出費はあるのだけれど返済は厳しくてできない・・・そんなとき、ミニマムペイメントが役に立ちます。
ミニマムペイメントのメリットとデメリットを知って、賢くカードローンを使いましょう。

クレジットカードにおけるミニマムペイメントとは?

ショッピングなどでの支払いやキャッシングに、クレジットカードを利用している人も多いでしょう。

クレジットカードにも、実はミニマムペイメント(会社によっては、ある時払いとも呼ばれる)があるのをご存知でしょうか?

カードの場合も、カードローンと同様に利用残高ごとに最低支払額が設定され、決められた金額を支払っていくのです。

一般的にショッピングとキャッシングでは、別々にミニマムペイメントが設定されています。
また、キャッシングの場合は、限度額で細分化されている場合もあります。

金額はカード会社によって様々ですが、最少設定は下記のようになっているようです。

 

  • ショッピング(標準コース) 残高スライド方式 5,000円~
  • ショッピング(長期コース) 残高スライド方式 1,000円~
  • キャッシング 残高スライド方式 10,000円~

 

これはあくまでも目安です。
リボ払いの支払い設定については、規約に記載があります。

詳細は、カード会社の規約をご参照下さい。

もちろん、クレジットカードのリボ払いでも、リボ払い金額の増額は可能です。

ミニマムペイメントのメリット

では、ミニマムペイメントのメリットとデメリットについて見ていきましょう。

まずはメリットからです。

返済額の負担が少なくてすむ

なんといっても一番のメリットは、毎月の返済額が少なくて済む点です。

月々の負担が楽になるので、毎月の支払いに困ることがありません。

10万円借りて、3,000円の支払いで済むのです。

月の支払いが3,000円で済むならなら、借りてみようかな?という気になりますよね。

リボ払いは、毎月1万円や5,000円からの支払いが多く、結構負担になっていました。

しかし、月々3,000円からなら、気軽に支払うことができます。

借り入れのハードルがさがる

「カードローン、キャッシングってなんか怖い」、「しょせんは借金でしょ?」なんて思っていませんか。

借金というものは、とくに若いうちは財産になるもの。

借り入れしたいと思っても、自分自身に信用がなければ借入できません。

そのため、借金は資産という考え方が出てくるのです。

当然ですが、借りたお金は必ず返さなければなりません。

実際、財務諸表上でも借入金は負債として計上されます。

しかし、手持ちの現金が増えるという点では資産という考え方もできるでしょう。

日本人は借金をすることを極端に怖がりますが、大きく資産を伸ばすための手段として、借入は有効な手段となりえます。

たとえば、会社をやめて起業しようとしたとき。最初にキャッシュフローのことを考えなくてはいけません。

キャッシュフローは、事業を回していくために重要な要素です。

しかし、カードローンの規約上では、事業用資金への利用が禁止されています

そのため、プライベートのお金を削ってビジネスに回し、生活資金をカードローンで借りることになります。

創業期をそのようにして乗り切った会社の社長さんは、実は多いのです。

こうして考えると、カードローンはかならずしも悪ではないといえます。

会社を辞めて起業する人が、辞める前に出来る限りクレジットカードとカードローンを契約しておくというのは、実は隠れたビジネス・ライフハックでもあるのです。

そして、借り入れはスピーディに、支払いはできるだけ遅く行うとキャッシュフローは改善します。

キャッシュフローの改善という点で考えると、カードローンは欠かせないもの。

借り入れは悪だという考え方を、一度変えてみませんか?

自分にとって必要なお金だったら、目的を問わず借り入れできるのがカードローンの魅力です。

ぜひ自分の信用を枠にしてみませんか。

ミニマムペイメントなら返済は月々3,000円前後からなので、日々の負担なく返済ができます。

余裕のある月だけ増額できる

ミニマムペイメントなら、余裕のある月だけ多く返済するなどの返済方法が可能です。

繰り上げ返済するほどでもない金額を、増やして返済することができます。

たとえば、「先月の返済は3,000円だったけど、来月と再来月の返済は4,500円にする!」など、柔軟な返済が可能です。

これが、繰り上げ返済である場合は、手元である程度の金額が貯まるまで手元貯金しなくてはなりません。

手元にまとまったお金があると、ついつい使ってしまう、という方は少なくないでしょう。

しかしミニマムペイメントで月々の返済を変更できれば、柔軟な返済ができます。

最低金額の3,000円以上であれば、途中で増額返済ができるので、非常に利便性は高いといえます。

多めに返済した方が完済にも早く近づくので、無理のない範囲で最低返済額以上を返していくことが肝心です。

ちょっとずつでも多く返済することで、その分だけ完済に近づきます。

ミニマムペイメント返済シュミレーション

ここでは、三菱東京UFJ銀行バンクイックで10万円借り入れた場合の支払いパターンをシュミレーションします。
条件は、下記の通り。

<条件>

利用カードローン 三菱東京UFJ銀行バンクイック

借入金額 10万円

借入利率 14.6%

月々の支払額 2,000円(最低支払額)

 

回数 返済額 元金 利息 残高
1 2,000 784 1,216 99,216
2 2,000 793 1,207 98,423
3 2,000 803 1,197 97,620
4 2,000 813 1,187 96,807
5 2,000 823 1,177 95,984
6 2,000 833 1,167 95,151
7 2,000 843 1,157 94,308
8 2,000 853 1,147 93,455

~(中略)~

70 2,000 1,806 194 14,220
71 2,000 1,827 173 12,393
72 2,000 1850 150 10,543
73 2,000 1,872 128 8,671
74 2,000 1,885 115 6,786
75 2,000 1,918 82 4,868
76 2,000 1,941 59 2,927
77 2,952 2,917 35 0
累計 154,952 100,000 54,952 0

 

三菱東京UFJ銀行バンクイックは、カードローンの中でもミニマムペイメントの設定が低いことが特徴です。

ミニマムペイメントだけで返済を続けると、10万円を約6年半にわたって返済することに。

支払う利息が元金の半分以上となってしまい、非常に効率の悪いことがお分かりいただけるかと思います。

ミニマムペイメントのデメリット

ミニマムペイメントのデメリットも見ておきましょう。

便利なものには、必ずその裏面があります。

ミニマムペイメントのデメリットを知って、上手に不利益をかわすことが大切です。

毎月の返済額が少ないので、完済が遠のく

ミニマムペイメントは、毎月の最低額を支払えば、それ以上はいくらでも返済可能なシステムです。

そのため、毎月の最低支払額だけで支払い続けると、返済の負担は少なくなり便利といえます。

しかし、「いつまでたっても返済が終わりにならない」というデメリットも。

上記シュミレーションを見れば分かるように、返済がスタートした最初のうちは、返済額における元本の額も少なめです。

そのため、返しても返してもなかなか元本が減りません。

特に、バンクイックのように最低支払額が低額になっていれば、その分返済期間も長くなってしまいます。

結果として、高額な利息を支払うことにつながるのです。

このデメリットをカバーする方法としては、次のことが考えられます。

それは、毎月の返済額を最低支払額にするかわりに、あまったお金を自分の手元に貯金しておくことです。

そして、ある程度貯まった時点で、増額(臨時)返済を行います。

そうしないと、いつまでたっても完済にいたりません。

「手元にお金があると、つい使ってしまう」という方には、毎月の返済額(ミニマムペイメント)を多めにして返済することをおすすめします。

ラクに返済できるので、ついつい使いすぎてしまう

ミニマムペイメントは、リボ払いをさらにラクに返済できるように改良した仕組みです。

そのため、ついつい使いすぎてしまうことが考えられます。

また、ミニマムペイメントの種類によっては、一定の金額をオーバーしたら、その分はまとめて支払う契約になっている場合もあります。

このように、かならずしも最低返済額だけでいいとは限らないので注意が必要です。

調子にのって使いすぎると、自分の返済のキャパシティを大きく越えてしまいます。

特に、複数のカードでミニマムペイメントを行ってしまうと、月々の返済額が普通のリボ払いと大差なくなってしまったということにもなりかねません。

ついつい使いすぎてしまって、あっという間に限度額いっぱいになってしまうこともあるでしょう。

限度額いっぱいまで借りてしまわないように、日頃から計画性を持ってお金を使うことが肝心です。

こんなに支払うの?支払総額が異様にふくれあがる

ミニマムペイメントは、毎月の支払額が少ないのは非常に助かります。

ですが、借りた額まで少なくなるわけではありません。

借りたお金は利息とともにかならず返す必要があります。

 

ミニマムペイメントで10万円借りて、3,000円ずつ返す場合、最初の一ヶ月は1,500円が利息で、1,500円が元本となるケースが多いです。

これは、実質的に1,500円しか返済できていないことになるのです。

あとの1,500円は、カードローン会社の利益になります。

 

これでは、完済した頃には莫大な額をカードローン会社に支払うことになります。

例として、10万円を借りて月5,000円ずつ支払っていくことを考えましょう。

支払いは完済まで合計24回払いで、合計支払額は119,722円になります。

24回払いで利息19,722円なのであれば、少ないと感じるかもしれません。

しかし、10万円を借りるのに24回も返済にかかっていては、完済までは長い道のりです。

10万円借りているということは、手持ちのお金がないということでもあります。

手持ちのお金がないために、他の枠を使ってカードローンでキャッシングしてしまいがちです。

そのため、他の借り入れも合わせると、トータルでとてつもない額の借り入れをしてしまっている・・・ということにもなりかねません。

出来る限り、増額返済を行って、早期に完済しないと、いつまでも利息を支払い続けることになります。

重要!繰り上げ返済できない契約の場合がある

また、ミニマムペイメントのデメリットとして、契約上繰り上げ返済できないケースがあるのです。

つまり、毎月ミニマムペイメントのみで繰り上げ返済不可能な契約になっているケースがあります

その場合、繰り上げ返済ができないので、手元にお金を貯めておき、一気に元本を減らすというテクニックが使えなくなります。

これは非常に大きなデメリットです。

もちろん、臨時収入が入ったり、ボーナスが出たりなどした場合は、カードローン会社に相談すると一括返済を受け付けてくれる場合もあります。

しかし、それは相談してみないとわかりません。

仮に繰り上げ返済が受け付けられなかった場合、コツコツ利息を支払いながら返済していくしかありません。

そのため、総額返済などを行いながら、長期に渡って返済をしていくことになります。

いつ完済になるかわからない

ミニマムペイメントは、毎月の支払額を変更することができます。

例えば、「前月は3000円だったけど、来月と再来月は5,000円」というようにすることも可能です。

そのため、元本がどのぐらい減っているのかが目に見えてわかりづらくなります。

また、支払額を変更してしまうことで、いつ完済になるのか、先が見えにくくなってしまうのです。

いつ完済になるかわからなければ、次のカードローンの借り入れ計画も立てにくくなります。

そういう点から見ると、完済がいつになるかわからないというのは大きなデメリットといえるでしょう。

まとめ:ミニマムペイメントのメリットとデメリットを知って、上手に返済しよう

ミニマムペイメントは、新しい返済方式です。

近年になって、一部のカードローン会社やクレジットカードがリボ払いの一つとして取り入れるようになりました。

先に書いたように、毎月の返済額が少ないということは、大きなメリットといえるでしょう。

しかし、低く抑えられている分、完済まで時間がかかりやすい点がデメリットにつながります。

また、返済額を好きに増額できるという点も、メリットである一方デメリットにもなりえます。

ミニマムペイメントのメリットとデメリットをよく学んで、上手に返済していってもらいたいところ。

メリットとデメリットを知った上でうまく活用できれば、ミニマムペイメントはとても便利な支払い方法といえます。