三井住友銀行カードローンのご利用を検討中ですか?
その名の通り、大手銀行の1つである三井住友銀行が発行しているカードローンです。

三井住友銀行カードローンのサービス概要

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
年4.0%~14.5% 10~800万円 50万円を超える申込みの場合必要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 なし

三井住友銀行のカードローン。審査時間はかかりますが、審査が通った後は提携コンビニATMでの借入れが可能となります。
銀行、消費者金融、それぞれのカードローンは似通った部分も多いですが、三井住友銀行カードローンの魅力はどのような部分なのでしょう。

この記事では三井住友銀行カードローンの金利・長所・短所・メリット・デメリットから、カードローン審査をスムーズに進めるためのポイントなどを解説します。
今後カードローンを作ろうかと考えている人の参考になれば幸いです。

三井住友銀行カードローンの特徴

三井住友銀行カードローンの特徴は、銀行カードローンでありながらスムーズな申し込みの流れにあります。

WEBから申し込み後ローン契約機にカードを受け取りに行きます。
審査の受付時間は朝9時から夜21時までなので、その間での申込みが条件とはなりますが、この条件さえ満たせば審査が可能です。

店頭やローン契約機にカードを受け取りに行く暇がないという方は、郵送でも送ってもらえるので、都合が良い方を選ぶようにしましょう。
郵送でカードを受け取る場合は、店頭に足を運ぶ必要がないためWEB上の手続きだけで審査からカード発行まで完了できます。

申し込みからカード受取までの流れ

  1. カードローンの申し込み
  2. 本人確認書類のご提出・審査
  3. 審査結果ご連絡
  4. ローン専用カードの受取・ご利用開始

なお、在籍確認の電話は個人名でかけるか、銀行名でかけるかなどの融通も聞いてくれるので、安心して相談できます。
因みに在籍確認電話は「その会社に在籍していること」が確認できればそれでいいので、本人が社内にいる必要はありません。

  • 本日は休みです
  • 席を外しています
  • 外出中です など

これらの状況でも在籍確認は完了できます。

三井住友銀行カードローンの金利は消費者金融より低い

三井住友銀行カードローンは、審査からカード発行までの対応はスムーズですが、金利は銀行カードローン水準です。
下限金利年4.0%~上限金利年14.5%と、消費者金融の18%前後の上限金利と比べると、比較的低めに設定されています。

借入れまでの時間に余裕がある人や銀行のカードローンの方が安心と思う人におすすめです。

契約限度額 年率
100万円以下 年12.0%~14.5%
100万円超200万円以下 年10.0%~12.0%
200万円超300万円以下 年8.0%~10.0%
300万円超400万円以下 年7.0%~8.0%
400万円超500万円以下 年6.0%~7.0%
500万円超600万円以下 年5.0%~6.0%
600万円超700万円以下 年4.5%~5.0%
700万円超800万円以下 年4.0%~4.5%

銀行系カードローンの金利相場は3%~14%前後です。
借入限度額は最高800万円に設定されているため、今後は大きい金額を借りたい人なら三井住友銀行で大きなコスト削減につながるでしょう。

 

三井住友銀行カードローンの返済方法

返済方法は、以下の2種類。

  • 約定返済
  • 臨時返済

約定返済

約定返済とは、決められた約定返済日に一定の金額を返済する方法です。
約定返済期日は、以下の4つから契約時にお選びいただけます。

  • 毎月5日
  • 毎月15日
  • 毎月25日
  • 毎月月末

約定返済日は、通常会社側で定められています。
しかし、三井住友銀行の場合は4つから選ぶことが可能です。

例えば、毎月のお給料日に合わせて選ぶなど、柔軟に対応できます。

 

約定返済時の最低返済額

元金残高 約定返済金額
2,000円未満 借入残高全額
※ただし、2,000円を上限とする。
2,000円~10万円 2,000円
10万円~20万円 4,000円
20万円~30万円 6,000円
30万円~40万円 8,000円
40万円~50万円 10,000円
50万円~300万円 10万円ごとに+1,000円
※50万円~60万円:11,000円
※290万円~300万円:35,000円
300万円~350万円 40,000円
350万円~400万円 45,000円
400万円~450万円 50,000円
450万円~500万円 55,000円
500万円~600万円 60,000円
600万円~700万円 65,000円
700万円~800万円 70,000円

 

随時返済

臨時返済とは、毎月の約定返済とは別に返済する方法です。
利息金額以上であれば、お好きな金額を入金して返済することが可能です。

臨時返済を組み込むことで、より早い完済が可能となります。
可能な限り、臨時返済を組み込むようにしてみるといいでしょう。
 

返済

返済方法は次の3つの方法で行なえます。

  • ATM
  • 振込み
  • 口座振替

取扱可能なATM

三井住友銀行や提携コンビニATM等に入金して返済する方法です。
対応している提携コンビニATMは、以下の3つ、

  • 三井住友銀行本支店ATM
  • コンビニATM(イーネット・ローソン・セブン銀行など)
  • ゆうちょATM

事前に指定した約定返済日までに、カードローン口座へ入金して下さい。

カードは下記2つが利用可能です。

  • ローン専用カード
  • 普通預金キャッシュカード

ただし、利用するATMによって返済に対応していない場合があります。
ご注意ください。

 

対応ATM一覧

ATM ローン専用カード 普通預金キャッシュカード
三井住友銀行ATM
コンビニATM
ゆうちょ銀行ATM ×

 

振込

インターネットバンキング(SMBCダイレクト)にて、カードローン口座へ振り込みます。

こちらは、SMBCダイレクトの利用契約をしていないと、利用することができません。

口座振替

事前に指定した約定返済期日に、返済用預金口座から自動引落します。

約定返済日までに入金がなかった場合、指定の返済用普通預金口座から引落されます。

返済期間シミュレーション

三井住友銀行カードローンのホームページには、返済シミュレーションがあります。
ここでは、下記の3つが利用可能です。

  • 毎月返済額シミュレーション
  • 返済期間シミュレーション
  • 約定返済額シミュレーション

⇒詳細はこちら

毎月返済額シミュレーションでは、借入金額を指定の月数で返済した場合の返済額のシミュレーションを行います。

返済期間シミュレーションでは、借入金額を毎月指定の金額で返済した場合の返済月数の算出が可能です。

約定返済額シミュレーションでは、約定返済額で返済した際の返済総額を算出できます。

ここでは、返済期間シミュレーションで算出した返済計画表の一例を出してみましょう。
返済条件は、下記のとおりです。

<条件>

・別の金融機関で借りた場合

A社 20万円借入 毎月の返済額 10,000円 利率18.0%
B社 30万円借入 毎月の返済額 15,000円 利率17.5%
C社 50万円借入 毎月の返済額 20,000円 利率16.4%
借入額合計 100万円 返済額合計 45,000円
三井住友銀行 150万円借入 毎月の返済額 45,000円 利率12.0%

・三井住友銀行カードローンでの借入限度額150万円 (借入額100万円) 利率12.0%
・毎月の返済額45,000円 返済期間シミュレーション 返済計画表(単位:円)
上記シミュレーションは、3社で借りた場合と三井住友銀行だけで借りた場合の簡易な比較試算です。

実際の取引状況によって、返済期間や返済額は異なります。また、合計返済額と同額を返済する場合を想定しています。
返済額を減らした場合は、その分返済期間・利息が多くなります。その他、臨時返済(繰り上げ返済)の有無によっても異なってくるので、あくまでも参考程度にご参照下さい。メリットとデメリットは?より具体的に三井住友銀行カードローンのメリット・デメリットをご紹介します。
上述した内容と重複する部分もありますが、要点をまとめると以下の通りです。

 

  • 銀行ならではの金利
  • 限度額が10~800万円
  • アルバイトやパートでも審査申し込みOK

デメリット

  • 銀行カードローン内では金利は標準~やや高め
  • 審査に時間がかかる

全体的にはメリットの方が多く、目立ったデメリットはありません。ただ今すぐ確実に借りなければならない!という方は、ひとまず銀行より消費者金融を利用した方が良いかもしれません。
三井住友銀行カードローンは審査に時間がかかるケースがあります。

急ぎの人は消費者金融系カードローンを選ぶのがおすすめの場合があります。

⇒おすすめの消費者金融カードローンまとめはコチラ

絶対にどちらかがいいというものではありませんが、状況によっては銀行よりも消費者金融のカードローンの方が向いているときもあります。三井住友銀行カードローンで必要な書類は?必要な書類は、主に2点。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書類

本人確認書類は、顔写真付きのものが必要です。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード
  • 住民基本台帳カード(顔写真付き)

各種健康保険証など顔写真のない書類を提出する場合、別途補助書類が必要です。
収入証明書類は、50万円を超える申込みの場合必要です。

しかし、審査状況によって提出を求められる場合もあります。いつでも提出できるよう、準備しておくといいでしょう。

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書(発行日3ヶ月以内)

その他、納税証明書などが該当します。 申し込み方法は下記の6つ。

・パソコンやスマートフォンからの申し込み
・ローン契約機での申し込み
・電話での申し込み
どれでも手順は同じですが、書類だけ見ても何をどうすればいいのか分からない、という人は窓口での契約をおすすめします。
その場のスタッフがカード発行までサポートしてくれるので安心です。またカードをスムーズに受け取りたい場合もローン契約機がオススメ。増額したいときは?すでに三井住友銀行のカードローンを利用しており、限度額の増額をしたいという人もいると思います。
三井住友銀行カードローンの最高限度額は800万円なので、この金額までなら増額することは可能です。増額を申し込む場合も新規申し込みと同じく、三井住友銀行に連絡して「カードローンの増額をしたいのですが」と相談してみましょう。
連絡先はフリーダイヤル「0120-923-923」となります。三井住友銀行公式ホームページ
受付時間は審査受付と同じく朝9時~夜21時までです。ただし、増額申し込み後の審査次第なので、申込者の信頼度や経済状況などによっては否決になってしまう場合もあります。カードローン審査を有利に進めるコツ銀行カードローンの審査は消費者金融よりもやや厳しめだと言われています。
具体的な審査基準はどの金融業者も明かしていないので、実際は不明ですが実際に作成した人の多くはそう感じているようです。しかし、審査されるポイント自体はある程度予測が可能なので、そのポイントに気を付ければ審査を通過できる確率は上げられます。

  • 必要事項の誤字脱字に気を付ける
  • 勤続年数は長い方が良い
  • 低くても安定した収入
  • 申込みは低めの限度額で

ポイント1:必要事項の誤字脱字に気を付ける申し込み時には住所や年収、職場の住所などを記入することになりますが、その際に誤字や脱字があるとマイナスポイントになる可能性があります。
細かな部分ですが、年収額や職場の住所など間違いがないか提出前にしっかりと確認しておくようにしましょう。
ポイント2:勤続年数は長い方が良いカードローン審査では収入の高さよりも、まず勤続年数が重要視されます。
多少金額が低くても、安定して収入があるということは、時間がかかっても返済をしてもらえる可能性が高いからです。そのため、転職直後よりも転職前の方がローン審査は通過しやすくなります。転職直後の審査についての記事もあるので、参考にしてみてください。
ポイント3:低くても安定した収入を得ている。
収入は低くても倒産しない企業や安定した会社で働いている事で審査は通貨しやすくなります。

前提としてお金の貸し借りには信用が必要不可欠です。
金融業者もビジネスではありますが、この人なら返済してくれるという信用がなければ、貸してはくれません。もし返してもらえなかったら、それはそのまま損となってしまうからです。
そのため、初めてカードローンを利用する人はできるだけ低めの限度額を希望するようにしましょう。いきなり高額なお金を貸し付けるのは、業者側としてもリスクが高いです。
まずは少額で契約して、ちゃんと返済してくれるという信用を得てから、融資額の増額を申し込むと円滑に利用できます。まとめ三井住友銀行カードローンは、銀行カードローンを作りたいという人におすすめの商品です。

消費者金融と銀行カードローン、それぞれの特性を有効に活用していきましょう。

借入額合計 100万円 返済額合計 45,000円
回数 返済額 元金 利息 残高
1 45,000 35,000 10,000 965,000
2 45,000 35,350 9,650 929,650
3 45,000 35,704 9,296 893,946
4 45,000 36,061 8,939 857,885
5 45,000 36,422 8,578 821,463
6 45,000 36,786 8,214 784,677
7 45,000 37,154 7,846 747,523
8 45,000 37,525 7,475 709,998
9 45,000 37,901 7,099 672,097
10 45,000 38,280 6,720 633,817
11 45,000 38,662 6,338 595,155
12 45,000 39,049 5,951 556,106
13 45,000 39,439 5,561 516,667
14 45,000 39,834 5,166 476,833
15 45,000 40,232 4,768 436,601
16 45,000 40,634 4,366 395,967
17 45,000 41,041 3,959 354,926
18 45,000 41,451 3,549 313,475
19 45,000 41,866 3,134 271,609
20 45,000 42,284 2,716 229,325
21 45,000 42,707 2,293 186,618
22 45,000 43,134 1,866 143,484
23 45,000 43,566 1,434 99,918
24 45,000 44,001 999 55,917
25 45,000 44,441 559 11,476
26 11,590 11,476 114 0
累計 1,136,590 1,000,000 136,590 0