カードローンに興味をお持ちの方なら一度は耳にしたことがあるであろう「申し込みブラック」。
金融用語ではありませんがチョクチョク登場する単語ですし気になっている方も多いのではないでしょうか??

このサイトでは、「申し込みブラックとは?」「申し込みブラックになるとどうなるの?」など申し込みブラックに関する情報をお届けいたします。

【申し込みブラックとは?】

申し込みブラックとは、短期間にカードローンやクレジットカードに申し込みを行ったために、審査に通らない可能性が高い状態にある人のことを指します。
なぜ、そのように思われてしまうのでしょうか?

短期間のうちに申し込みを繰り返している人は、金融機関からこのように思われているかもしれません。

  • 切羽詰まっているのでは?
  • 借り急いでいるのかな?
  • 貸したとして、返済はきちんとしてくれるのかな?
  • 返済能力にかけているのでは?など

口には出さないまでも、このように警戒されているのです。

ただし、債務整理や強制解約、代位弁済、長期延滞などと違って信用情報機関に異動情報として登録されるわけではありません。
また、信用情報機関に「申し込みブラック」ということが分かるような記載がなされることもありません。

では、何故他社へ申し込んだことが分かってしまい「申し込みブラック」として扱われてしまうのでしょうか。
それは、信用情報機関に照会した際に、他社申込情報も確認できるようになっているからです。

私たちがカードローンやクレジットカードの申し込みを行うと、金融機関は登録先の信用情報機関(後で詳述)に申込者の照会を行います。

現在、日本には3つの信用情報機関があります。
主に銀行や信用金庫などが加盟している機関もあれば、信販会社が加盟している機関、消費者金融会社が加盟している機関と様々。
どれか1つに加盟している会社もあれば、2つの機関に加盟している会社もあります。

この信用情報機関には異動情報だけではなく、返済能力、支払能力に関する情報も登録されています。
これらの情報を互いに確認できるよう、情報交流CRIN(Credit Information Network:クリン)が実施されているのです。

そのため、どの機関に加盟していても、申し込み情報を照会できるようになっています。

登録情報の中には、申込み情報や照会日、契約予定額、支払い予定回数なども含まれています。
先に申し上げたように「申し込みブラック」というような記載はありません。

しかし、これらの情報を見れば、短期間に複数の金融機関に申し込みを行った事実が分かります。
そのため、申し込みブラックとして扱われてしまうことがあるのです。

実は「申し込みブラック」とはどういう状態を指すのか、という定義はありません。
「どのくらいの期間に、何件申し込んだら申し込みブラックになるのか?」については、各金融機関の判断になってしまいます。

そのため、私たちユーザーとしても判断に悩むところです。

一般的には、「短期間のうちに多くの件数」という短期間は1ヶ月間、件数に関しては4件以上と考える金融機関が多いようです。
しかし、「他社借り入れ件数が4件以上あっても審査が通る可能性が高い!」と口コミで話題を集めている大手消費者金融もあるくらいです。
特に申込件数に関しては、金融機関の考え方次第なのかもしれません。

申し込みブラックになると審査通過が難しくなる

異動情報が信用情報機関に登録されている間は、まず審査に通ることはない、と言われています。

しかし、「申し込みブラック」とは異動情報ではありません。
あくまでも、「返済能力が低い」つまり、貸し倒れのリスクが高いのではないか?というようにレッテルを張られた状態なのです。

そのため、申し込みブラックと金融機関に認識されていても、門前払いされたり、審査に通らないということではありません。

1ヶ月以内に4件以上申し込んだ状態で審査を通過して、融資を受けている方もいるようです。

 

例えば、「一ヶ月に5件申し込みやっと5件目で審査に通過することが出来たけれど、借りられたのは希望額の半額だった」といった口コミなどもあります。
実際、申し込みブラックであっても、他の審査項目と照らし合わせ総合的に判断して、少額であれば融資してくれる金融機関もあることにはあるようです。

一例として、同じ方が同じ希望額で申し込みブラックになる前にカードローンを申し込んだとしましょう。
申し込みブラックになる前であれば、希望額通りの承認がおりたかもしれません。
しかし、申し込みブラックとして扱われたために限度額が抑えられてしまった、という可能性は高いと思われます。

申し込みブラックになってしまうと、下記の点で不利になる可能性があります。

  • 審査において不利になる
  • 審査通過が難しくなる

そういう点から考えても、申し込み件数は1ヶ月に3社以内までにとどめた方が良いと考えられます。

申し込みブラックになると半年間は待つ必要がある。

金融機関の中には、例外的?に、1ヶ月に4件以上申し込んでいる方にも融資を認めているところもあるようです。

一般的なケースとして、1ヶ月に4件以上申し込みを行い「申し込みブラック」として扱われたとします。
その場合、このように考えてしまう人もいるかもしれません。

  • ずっと審査通過が厳しいままなのでは?
  • 一生カードローンやクレジットカードを作るのは難しいのでは?

しかし、先にも書いたように「申し込みブラック」は異動情報ではありません。
上に書いたようなことはありませんので、ご安心下さい。

異動情報は、内容と信用情報機関によって保管期限が決まっています。
同じように、申し込み情報の保管期限も決まっています。

先ほど~申し込みブラックとは?~のところで書いたように、現在日本にある信用情報機関は3つ!
そして申し込み情報の保管期間は、以下のようになっています。

信用情報機関名と申し込み情報の保有期間

信用情報機関名(略称) 申し込み情報の保有期間 主な加盟団体(会員)
株式会社シー・アイ・シー(CIC) 照会日より6ヶ月 信販会社、クレジットカード会社
株式会社日本信用情報機構(JICC) 申込日から6か月を超えない期間 消費者金融、信販会社など
全国銀行個人信用情報センター(KSC) 本人開示の対象は1年、会員への提供は6ヶ月 銀行、農協、信用金庫など

 

上記表を見ると分かるとおり、カードローンに申し込むと、その申し込み情報は半年間保管されることになります。
そして、その保管期限が過ぎると信用情報機関からは情報を照会できません。

例えば、1ヶ月以内に、銀行2行、消費者金融2社にカードローンの申し込みを行い、いずれも否決されたとしましょう。

この場合、各金融機関からは、申し込みブラックリスト入りしてしまっているであろう…と思われます。

その場合、登録情報が削除される半年間待って、申し込み情報が消去されてから新たに申し込みを行うと良いでしょう。
申し込み履歴が消去されてから申し込みを行えば、申し込みブラック扱いされることはありません。
そのため、審査通過の確率は上がるはずです。

銀行で申し込みブラックになった場合、消費者金融なら審査が通るとは限らない

銀行カードローンで否決されて申し込みブラックになった場合ですが、消費者金融なら審査が通るのでしょうか。

これに関しては、一概に審査が通りやすいとは言えません。
審査ポイントによっては、消費者金融ではなく、銀行で通過することもあるのです。

ワカルでも何度か書いていますが、銀行より消費者金融の方が審査通過率が高いのは確かです。

ただし、これはあくまでも申し込みブラックに該当しない場合であり、該当する場合には話が違ってきます。

申し込みブラックになってしまうと、情報が登録されている半年は審査通過が難しいと考えた方がいいでしょう。

理由としては2つ。

  • 申し込み情報が個人信用情報機関に登録されているため
  • 総量規制があるため

先に書いたように、日本には3つの個人信用情報機関があります。

それぞれ主な加盟団体こそ異なります。
しかし、申込情報や延滞情報などがすべての機関で閲覧できるように共有されています。

そのため、銀行で申込んだ場合、消費者金融で申込んだ場合のいずれでも、申し込み件数や日時が筒抜けになっていると考えた方がいいでしょう。

2つ目は、総量規制とのからみです。

消費者金融などが対象となる貸金業法が2010年に改正され、年収の3分の1を超える貸付ができなくなりました。

もし、1ヶ月の間に複数件の申し込みをしていたとします。

その場合、消費者金融の審査担当者は、こんなことを考えます。

  • 切羽詰まっているのではないか?
  • 総量規制ギリギリで借り入れようとしているのでは?

実際に、総量規制まで十分に余裕がある場合でも、申し込みブラックになっていることで、そのように判断される可能性はあります。

中には、「1ヶ月で4件申し込みして、最後に通過した」という口コミのある業者もあることは確か。

しかし、基本的には銀行で申し込みブラックになった場合、消費者金融でも審査通過の可能性が低くなっていると考えたほうがいいでしょう。

申し込みブラックでも借りれる金融期間

申し込みブラックになった場合、銀行カードローンで借り入れることは難しいとお考え下さい。

しかし、中小の消費者金融であれば申し込みブラックへの対応を謳っているところがあるようです。

その中から3社を紹介していきます。
すべて、貸金業登録されている正規の業者なので、ご安心下さい。

セントラル

金利 借入限度額 審査時間 収入証明書類
4.8%~18.0% 最大300万円 最短即日 50万円以上で必要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

セントラルは、愛媛県松山市で1973年に創業した中堅消費者金融業者。
申し込みブラックの人が、最初に申し込みを検討する業者としても有名です。

四国地方一帯が中心ですが、ネットを使うと全国どこからでも申し込み可能。
また、2017年からは関東にも進出しているので、関東の人にも利用しやすくなっています。

最初の貸付額こそ少し低めですが、融資スピードは大手にも引けを取りません。

Any(エニー)

金利 借入限度額 審査時間 収入証明書類
12.6%~20.0% 最大500万円 最短即日 50万円以上で必要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 審査後即時 なし・WEB完結

エニーは東京に本社があり、関東一円を中心に営業しています。
申し込みブラックへの対応という点では、セントラルと並ぶ評判の高さです。
少額融資がメインとはなりますが、「1dayダイレクトローン」が、特に人気の高い商品となっています。

キャッシュ・サービス プラン

金利 借入限度額 審査時間 収入証明書類
15.0%~20.0% 最大50万円 最短即日
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 店頭・郵送での契約後 なし・WEB完結

大阪、京都など関西一円を中心に営業しています。

ATMは梅田と難波の2箇所のみ。
限度額が50万円までと少なめですが、ネットを使うと全国どこからでも申し込み可能です。

ここまで、申し込みブラックにも対応している消費者金融業者を紹介しました。

しかし、どの業者でも申込後に審査があります。

審査によっては、借りられない場合もあるので注意して下さい。

申し込みブラック時の対応についての注意点

その他に、注意しなければならないことが2つあります。

まず1つ目は、闇金業者が消費者金融業者に見せかけていることがある点。

消費者金融は、貸金業者として登録を義務付けられ、いずれかの個人信用情報機関への加入が義務付けられています。

しかし、中には闇金業者がそのように見せかけている場合があります。

そ牛田業者に引っかかった場合、法外な金利を取られます。
それだけでなく、違法な取り立てをされることもあります。
絶対に利用しないようにして下さい。

2つ目は、申し込みブラック明け後に同じ業者へ申し込む場合です。

最初に書いたように、申し込み情報が個人信用情報機関に載るのは半年間。

ですので、半年経過するとその情報は、他業者からは参照できなくなります。

しかし、申し込みを受けた業者は、その申込情報を自社で保存しています。

これを「自社履歴」と呼ぶのですが、同じ人が再度申し込みをした場合、この自社履歴を参照するのです。

これは短いところで5年、長いところだと10年は保存されているとのこと。

同じ業者に申し込む場合は、申し込んだ当時と同じような状態では審査に通過するのは難しいでしょう。

その場合、「年収がアップした」、「信用情報がプラスになっている」などのプラスになるアピールをする必要があります。

【申し込みブラック入りは勘弁!でもどうしても急いで借入先を見つけたいときの対策について】

同日、もしくは1ヶ月以内など短期間に立て続けにカードローンやクレジットカードに申し込まれる方にはいろいろな事情があります。

・急に現金が必要になったので、何処でもいいから融資してくれるところを探さなきゃ
・金利や利便性などから絞り込んだものの、否決された場合のことを考えて保険的に他にもあたっておく
・融資希望額が高いので1社ですべての融資を受けることはできそうにないから数社に分けて申し込む

などのように、申し込み動機やパターンも人それぞれでしょう。

しかし、下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる!的な考え&行動はブラックリスト入りの可能性大なので、要注意!

急いでいるからこそ、融資してもらえる可能性の高いところを選ぶ必要があります。
また、万が一否決されてしまった場合のことも想定したうえで(申込情報の登録期間のことも考えて)慎重に選ぶことが大切。

1ヶ月以内の申し込み件数の上限は、前述したように3社。
しかし、どうしてもすぐにお金が必要という場合は、1社ダメなら次というように順次申し込むのはオススメできません。
3社同時に申し込むのが得策です。

理由としては、申し込み情報や内容が登録されるのは通常審査結果が出てからになるから。

申し込み情報は、リアルタイムに反映されるわけではありません。
通常、申し込みから審査結果が出るまでは、タイムラグがあります。

そのため、続けて3社に申し込んだとしても、同時申し込みしていることがバレる可能性が低いでしょう。

これが、1社ダメなら次というように順次申し込んでいると、次に申し込んだ金融機関に対して否決されたことが分かってしまいます。
しかし、同時申し込みならそれがないのです。

ただし、他社借り入れがない、これまで延滞などのトラブルを起こしてない、という方であっても否決される可能性はあります。
ですから、他社借り入れのある方だけでなく、カードローンデビューという方も、申し込み時には注意が必要です。

カードローンであれば、金利が高い業者より低い業者を選びたいもの。
「万が一のことを考えて金利が低いから!」といった理由だけで銀行カードローンに絞りたいと思う人も多いかもしれません。

ただ、ここは銀行だけでなく、消費者金融も混ぜて申し込むことをおススメしたいと思います。
理由としては、銀行カードローンは消費者金融と比べると、審査が厳しいためです。

消費者金融と比べると、銀行の方が低金利なので、誰しも銀行に申し込みたいと思うもの。

しかし、否決された場合でも申込情報は半年間登録されてしまいます。
万が一3社とも銀行に申し込み否決されると、その後半年間は、どこに申し込んでも審査通過は難しくなる可能性も。

もちろん、申し込み自体は何件でも可能です。
しかし、それでまたダメなら申し込みブラックと見なされる可能性が非常に高くなります。

さらに、新たな申し込み情報も追加されてしまうので、更に審査通過の可能性を低くしてしまうことになるかも。

今は、多くのカードローンで審査通過の可能性を確認する手段として、「お試し診断」などができるようになっています。
お試しの場合は申し込み前なので、信用情報機関に申込情報が記載されることはありません。

闇雲に申し込む前に、こういったツールの利用をおすすめいたします。

~申し込みブラックにならないためのワンポイントアドバイス~

先にも書いたように、多くのカードローンで「お試し診断」が導入されています。
最初は、消費者金融のカードローンで始まったものですが、最近は銀行カードローンのホームページ上にもあります。

これは、わずか数秒もしくは数十秒で融資の可能性の有無を診断してくれるスグレモノ。
申し込み先が決まったら、まずは審査通過の可能性を確かめてみると良いでしょう。

しかし、すべてのカードローンのホームページ上に診断ツールが導入されているわけではありません。
もし、申し込みたいと思ったカードローンにお試し診断がなくても、審査通過の可能性を判断する方法はあります。

  • 同じ保証会社を使っているカードローンの診断ツール
  • 一括診断サイトを利用するなど

保証会社が同じだからといって、必ずしも同じ結果になるとは限りません。
しかし、保証会社が同じであれば、ある程度の可能性は判断できるでしょう。

また、一括診断サイトは融資希望額や他社の借入状況など数項目を入力するだけ。
これだけで、審査通過の可能性があるカードローンを教えてもらえます。

いずれの場合も、本審査に通過できるとは限りません。
しかし、精度はかなり高いようです。

また、無記名での診断なので、何度やっても信用情報機関に申込情報が登録されることはありません。

申し込み前に、こうしたツールの活用はオススメです。