住信SBIミスターカードローン

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンのオススメポイント

  • 最短60分で仮審査完了
  • 年利0.99%~14.79%と業界でもトップクラスの低金利
  • 最高限度額1,200万円と高スペック&他社からの借換えもOK!
  • 24H&何度でも手数料無料で利用できる提携ATMが豊富にある
  • 利用明細書の自宅への郵送なし

住信SBIネット銀行 ミスターカードローン2つのコースを徹底比較

orix_002銀行カードローンは、消費者金融のキャッシングよりも低金利。

キャッシングやカードローンの申し込みを検討したことがあれば、上記のことはご存知でしょう。

また、銀行カードローンの中でも有人店舗を持つ銀行より、ネット専業銀行の方が低金利の傾向にあることも、キャッシングやカードローンに興味をお持ちであればご存知の方も多いと思います。

そんなネット専業銀行の中でも、「住信SBIネット銀行 Mr.カードローン」の金利は群を抜く低金利。

実際、当サイトからの銀行カードローン申込数ランキングでも常に上位に入っています。

しかし、Mr.カードローンに2つのコースが設定されていることは、意外と知られていません。

そこで、2つのコースについて、スペック面から比較していきましょう。

Mr.カードローンには2つのコースがある

orix_002住信SBIネット銀行 Mr.カードローンには2つのコースがあります。
設定されているコースは、下記のとおりです。

  • プレミアムコース
  • スタンダードコース

ミスターカードローン コースごとの限度額は?

コースごとの限度額は、下記のとおりとなります。

Mr.カードローン 限度額 年利
プレミアムコース 10万円~1,200万円 1.59%~7.99%
スタンダードコース 10万円~300万円 8.99%~14.79%

プレミアムコースは最大限度額1,200万円と大きいですが、スタンダードコースでは最大300万円と小さめとなります。

申し込み時の注意点

Mr.カードローンの保証会社は、下記の2社です。

  • SMBCコンシューマーファイナンス
  • 住信SBIネット銀カード

コースについては、保証会社での審査時に決定されます。
申込者ではコースを選ぶことができないので、注意してください。

また、コースを変更したい場合は、下記の手続きが必要です。

・借入額を全額返済した上で、カードローンの解約
・解約後、再度の申し込み

※審査結果によって、見合わせとなる場合や再度スタンダードコースになる場合もあります。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローン各コースの詳細

先にも書きましたように、ミスターカードローンには2つのコースがあります。

  • プレミアムコース
  • スタンダードコース

ここでは、各コースの詳細について書いていきます。

Mr.カードローンの金利

Mr.カードローンは、コースごとに金利が異なります。
コースごとの金利は、下記のとおりです。

プレミアムコース
ご利用限度額 金利
10万円~100万円 7.99%
100万円超~200万円 6.39%~6.99%
200万円超~300万円 5.29%~5.99%
300万円超~500万円 4.99%
500万円超~700万円 3.99%
700万円超~900万円 2.99%
900万円超~1000万円 2.49%
1000万円超~1100万円 2.39%
1100万円超~1200万円 1.59%
スタンダードコース
ご利用限度額 金利
10万円~100万円 14.79%
100万円超~200万円 11.99%
200万円超~300万円 8.99%

金利で見ると、プレミアムコースは群を抜く低金利です。

スタンダードコースになると低金利とはいえなくなります。
通常金利でみると、銀行カードローンでは平均的といえます。

しかし、Mr.カードローンでは条件を満たすと優遇金利が適用されます(条件は後述)。

優遇金利が適用されると、プレミアムコースであれば最大で0.99%となり、超低金利となります。
スタンダードコースでも、100万円以下で最大14.19%まで金利が下がります。

銀行カードローンでは14%台後半~15%台の金利が大半です。
優遇金利が適用されることで、0.6%~約1%低金利になります。

スタンダードコースでも、十分に満足できる金利にはなるのではないでしょうか。

Mr.カードローンの借入方式


ミスターカードローンでは、下記3つの方法で借り入れが可能です。

  • ネットバンキング
  • 提携ATM
  • スマートフォン、モバイルサイト
ネットバンキング

1.住信SBIネット銀行のホームページでログイン。

2.カードローンの借入画面で借入金額を入力すると、代表口座の円普通預金へ振り替えられます。

提携ATM

キャッシュカードを使って、借り入れる方法です。

1.提携ATMの画面から「カードローン」→「お借入れ」を選択。

2.借入額を入力して引き出す。

利用可能なATMは、以下のとおりです。

  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM

借入時のATM利用手数料は、どのATMを利用した場合でも無料なので安心です。

※キャッシュカードには引出限度額が設定されています。
カードローンのお借入額を含めた金額となるので、設定を忘れないようにしてください。

キャッシュカードの引出限度額設定

1日あたりのキャッシュカード引出限度額 0円~200万円(1万円単位で設定可能)
1ヶ月あたりのキャッシュカード引出限度額 0円~1,000万円(1万円単位で設定可能)
スマートフォン、モバイルサイト

携帯電話・タブレットでは、下記3通りの方法がお使いいただけます。

  • スマートフォンサイト
  • スマートフォンアプリ「住信SBIネット銀行」
  • モバイルサイト

お手持ちのスマートフォンや携帯電話から操作できるので、24時間いつでも操作可能です。

Mr.カードローンの返済方式

約定返済と随時返済で返済することができます。

約定返済

残高スライドリボルビング方式です。
前月末時点の貸越残高をもとに計算され、毎月5日に代表口座の円普通預金から引落しされます。

毎月の返済額

前月末時点の貸越残高 返済金額
2,000円以下 前月末時点の借越残高
2,000円超10万円以下 2,000円
10万円超20万円以下 4,000円
20万円超40万円以下 6,000円
40万円超60万円以下 8,000円
60万円超80万円以下 11,000円
80万円超100万円以下 15,000円
100万円超150万円以下 20,000円
150万円超300万円以下 25,000円
300万円超450万円以下 30,000円
400万円超500万円以下 40,000円
500万円超600万円以下 50,000円
600万円超700万円以下 60,000円
700万円超800万円以下 70,000円
800万円超900万円以下 75,000円
900万円超 80,000円

残高が10万円以下の場合は2,000円、最大限度額の1,200万円が残っていても80,000円なので、約定返済額で見るとゆとりがあるといえます。

プレミアムコースで最大限度額1,200万円なので、「複数社分の借入をまとめることができれば楽になる」と考える人も多いのではないでしょうか。

ただし、約定返済額はあくまでも最低返済額。
最低返済額だけ返済していると支払利息が多くなり、結果として返済総額が膨れ上がってしまいます。

ボーナス時など多く返済できる時には、随時返済していくことが大切です。

随時返済

任意の金額を指定して返済する「金額指定返済」と、全額を返済する「全額返済」が利用可能です。

金額指定返済

金額指定返済は、WEBサイトからもしくはATMから利用できます。

WEBサイト・モバイルサイト

  1. WEBサイト・モバイルサイトから「カードローン」→「追加返済」画面に入る。
  2. 金額を入力すると、円普通預金口座から振り替えられます。

ATMからの返済

ATM画面から「カードローン」→「ご返済」を選択、任意の金額を入金してください。


利用可能なATMは、下記のとおりです。

  • イオン銀行ATM
  • セブン銀行ATM
  • イーネットATM
  • ローソンATM

返済時の利用手数料は、どのATMを利用した場合でも無料です。

注意
随時返済した場合でも、毎月の約定返済が必要です。
毎月5日までに代表口座の円普通預金口座への入金を忘れないでください。

全額返済

お借入額の全額を返済する方法です。
元金と経過利息の合計額を返済します。

こちらは、WEBサイト・モバイルサイトのみから利用可能です。

住信SBIネット銀行 ミスターカードローンの特徴【メリット】

先にも書きましたように、ミスターカードローンには2つのコースがあります。

  • プレミアムコース
  • スタンダードコース

ここでは、特徴【メリット】について書いていきます。

低金利で利用できる

ご覧いただければお分かりのように、ミスターカードローンは非常に低金利です。

特に、プレミアムコースの金利は1.59%~7.99%。
他行でもこれだけの低金利になっているところは他になく、群を抜いているといえます。

一方、スタンダードコースの金利は8.99%~14.79%。
プレミアムコースを見た後であれば高く感じるかもしれませんが、遜色ない内容となっています。

ただし、ミスターカードローンでは金利の優遇措置があります。
条件に該当する人であれば、0.1%~最大0.6%の金利優遇を受けられます。

  • プレミアムコースは、最大で0.99%~7.39%
  • スタンダードコースも、最大で8.39%~14.19%

プレミアムコースであれば、優遇措置を受けられなくても7%近く低金利で利用することができます。

スタンダードコースでも、優遇措置を受けられれば最大で1%近く低金利で利用可能です。

トップクラスの利用限度額で幅広い用途に使える

ミスターカードローンは、利用限度額も業界トップクラス。

スタンダードコースは最大で300万円なので、規模としては中型カードローンといえます。
一方、プレミアムコースは最大で1,200万円。

これだけあれば、レジャーや出産費用などの緊急出費に備えることもできます。
もしくは、他社借り入れの一本化に利用することも可能です。

このように、幅広い用途に利用可能な点が人気を集めています。

ミスターカードローンが人気の理由は、条件面の理由だけではありません。

  • 住信SBIネット銀行の口座を持っていれば最短60分で仮審査が完了すること。
  • 提携ATM利用時も含め借入れ&返済時の手数料が無料であること。

このような、スピーディーかつ丁寧な対応も、人気の理由となっています。

住信SBIネット銀行は、2007年に設立されて今年で10周年を迎えたばかりと、ネット専業銀行の中でも後発組の銀行です。

JCSI(日本版顧客満足度指数)の銀行部門では、2015年度まで7年連続で顧客満足度第1位、2017年度は借入・貯蓄・投資部門の顧客満足度で1位となっています。

これらの顧客満足度は、日頃スピーディーかつ丁寧に対応していないと、なかなか得られるものではありません。

日頃からの積み重ねが、このような結果に現れているのではないでしょうか。

ミスターカードローンで金利優遇を受けたい方必見!

これまで、少しだけ触れてきた金利優遇について書かせていただきます。

住信SBIネット銀行のMr.カードローンは、低金利が魅力のカードローンです。
基準金利で利用しても、かなりの低金利で利用することができます。

ただ、ある条件を満たすことで基準金利より0.1%から最大0.6%の金利優遇をけることができます。

金利優遇は、△0.1%、△0.5%、△0.6%の3段階。
それぞれにおける金利優遇条件は、下記のとおりです。

(1)0.1%金利優遇を受けるための条件

下記条件を満たしている人

  • ミライノカード(クレジットカード)を保有している人
  • 引き落とし口座を住信SBIネット銀行に設定している人

(2)0.5%金利優遇を受けるための条件

下記条件のいずれかを満たしている人

  • SBI証券口座保有登録済の人
  • 住信SBIネット銀行住宅ローン残高がある人

0.6%金利優遇を受けるための条件

(1)と(2)両方の条件を満たしている人

いかがでしょうか。

パッと見ると「クレジットカードや証券口座、住宅ローンには縁がない」と思う人もいらっしゃるかもしれません。

この中でもっとも難しいのは、住宅ローンの利用でしょう。
家を新築、もしくはマンションなどを購入する予定でもない限り利用することがないためです。

しかし、ミライノカードは信用情報に大きな事故情報がない限り、保有できる可能性があります。
また、「SBI証券口座保有登録済の人」については、実は各項目の中で一番クリアしやすい項目です。

もし、ミスターカードローンを利用したいとお考えであれば、あわせて検討してみることをおすすめいたします。

0_042

ちなみに、適用開始時期については「商品概要説明書」に下記のような記載がありました。

  • カードローンを申し込み時点で上記条件を満たしている方は、カードローン口座開設時点から金利引き下げが適用されます。
  • カードローンの申込み後からカードローンの口座開設時までに上記条件を満たした場合は、カードローン口座開設日の属する月の翌々月1日から金利引き下げが適用されます
  • カードローン開設後に上記条件を満たした場合は、条件を満たした日の属する月の翌々月1日から金利引き下げが適用されます。

分かりやすくまとめると、下記のようになります。

  • 申し込み時点で条件を満たしている場合→カードローン口座開設時点から適用
  • カードローン口座開設時までもしくは開設後に条件を満たした場合→満たした月の翌々月1日から

住信SBIネット銀行に確認したところ、SBI証券口座を作る際に特に審査は行っていないとのこと。
また、保有した後もその口座を利用するかどうかについても、あくまでお客様次第ということでした。

0_046

証券口座開設には約1週間~10日ほどかかることが多く、面倒と思われる方も多いでしょう。

しかし、口座開設に審査を受ける必要はなく、金利優遇にあたり一定期間の取引条件もありません。

基準金利より年0.5%の金利優遇を受けるための条件は、口座開設して登録するだけと簡単なので、口座開設をして損はないといえるでしょう。

img_033
住信SBIネット銀行のオペレーターさんが、「SBI証券口座を保有されている、もしくは開設後にMr.カードローンにお申し込みされる場合の登録方法について説明させていただいてもよろしいでしょうか?」とSBI証券口座保有登録の方法をお教え下さいました。

折角なので、住信SBIネット銀行 Mr.カードローンへの申し込みを考えている&金利優遇を受けたいとお考えの方のために登録方法も解説しておきます。手順は、全部で4ステップと簡単です。

  1. 住信SBIネット銀行の公式ホームページからログイン
  2. 「口座情報」をクリック
  3. 「口座情報」から「お客様情報照会・変更」をクリック
  4. 真ん中あたりまでスクロールすると「SBI証券提携サービス」という項目があるので、「SBI証券口座保有登録」から登録する

SBI証券口座を保有している、もしくはSBI証券口座を開設した後、上記の手順で登録を済ませなければ金利優遇を受けることは出来ません。
忘れずに必ず口座登録を済ませましょう。

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンの申込み~借入の流れ

0_048

先述したように、住信SBIネット銀行はネット専業銀行です。
ミスターカードローンへの申し込みは、ネットからの申し込みのみ受け付けています。

無人契約機はもちろんのこと、電話や郵送などといった方法で申し込むこともできません。

インターネットは苦手という方にとっては、少々不自由を感じることもあるかもしれません。
しかし、入力項目はさほど多くはないので、手間としてはそうかからないでしょう。

とはいっても、普段あまりパソコン・スマホから入力をしないという方にとっては、入力・操作方法で戸惑うこともあるかもしれません。
そういう場合は、住信SBIネット銀行のカスタマーサポートセンターに電話すると、親切に教えて下さいます。

ここでは、申し込みから借入までの流れを簡単に説明していきます。
申し込みの手順は、下記のとおりです。

口座を持っている人


1.ホームページの「お申し込みへ進む」をクリック

2.ログインして「お客さま情報照会・変更」→「サービス申込状況」の「カードローン」から申し込みに進む。
※直接ログインしてから申し込むこともできます。

3.各種書類を確認して、住所・氏名・勤務先などの情報を入力

4.入力したら「確認」→「申込」をクリック

5.審査

6.メッセージボックスに仮審査承認額と金利が表示される

7.同意したら、本審査を行う(在籍確認はここで実施)

8.本審査完了後、ご利用開始

口座を持っていない人

1.ホームページの「お申し込みへ進む」をクリック

2.「お申込み」から「口座開設とカードローンのお申込みはこちら」をクリック

3.各種書類を確認して、口座申込を行った後、カードローンの申し込みを行う

4.入力したら「確認」→「申込」をクリック

5.以降は、口座を持っている場合と同様

住信SBIネット銀行のオペレーターの方に問い合わせしたところ、「これから口座開設を申し込みされる場合はVisaデビット付キャッシュカードを申し込んだ方がお得」というご案内がありました。

実際に、口座開設申込の画面を見ると、お申込可能なカードは下記の2つとなっていました。

  • Visaデビット付キャッシュカード+認証番号カード
  • 認証番号カード

現在は、Visaデビット付キャッシュカードしか申し込みを受け付けていないようです。

ミスターカードローンでは、キャッシュカードを使わないとATMから現金を引き出すことができません。
誤って「認証番号カードのみ」を選んでしまうと、ATMの利用ができないので、十分注意してください。

ミスターカードローンの場合、口座開設が必須

ただ、口座については、カードローン申込みと同時に開設することができます。

とはいっても、口座を持っていなければキャッシュカードが届くまでは利用できないため、通常より長く待たなければならないのが現状です。

そうなると、「申し込んでみたいけど、口座開設は面倒そう」と尻込みする人もいらっしゃるかもしれませんね。

ちょっと待って下さい。

住信SBIネット銀行はメインバンクとして使える銀行です。
「口座開設まで時間がかかる」というデメリットを吹き飛ばすだけのメリットがあります。

そのメリットは、2つあります。

  • 他行宛振込手数料が最大15回無料になる
  • 投資に有利な銀行

他行宛振込手数料が最大15回無料になる

皆さんも、ネットショッピングなどで他行宛に振込したことがある人も多いと思います。
そのたびに、高い振込手数料を負担しているのが現状ではありませんか?

住信SBIネット銀行では、この他行宛振込手数料が1回~最大15回無料となります。

他行宛振込手数料無料は、ネット専業銀行では珍しくないサービスです。
ただ、住信SBIネット銀行では、かなり簡単な条件で利用することができます。

  • ランク1 1回
  • ランク2 3回
  • ランク3 7回
  • ランク4 15回

※口座開設初月と翌月は、無条件でランク2。
※2ヶ月経過後も、総預金残高が1,000円以上あれば、6ヶ月間はランク2。

上記の通り、条件は色々とあります。
一番簡単なのはこれでしょう。

  • ランク2 ⇒ 月末時点の総預金残高1,000円以上、かつ商品を2つ利用。
  • ランク3 ⇒ 月末時点の総預金残高1,000円以上、かつ商品を3つ以上該当

対象商品には、外貨建て預金やSBIハイブリッド預金などがあります。

これらを利用した上で、総預金残高が1,000円以上あれば半永久的にランク2が維持されるわけです。

カードローンやVisaデビットカードを利用する人であれば、ランク3も狙えます。
ただ、注意しなければならないのが、外貨が円高になった場合。
円換算して1,000円以下になった場合は、ランクが落ちてしまいます。

そのため、可能であれば代表口座にもいくらか入れておくことをおすすめします。

また、カードローンもランク判定条件に入っています。
カードローンの月末残高が1円でもあれば、利用商品の1つとしてカウントされます。
ただし、50万円以上あれば、2つにカウントされるので、多く利用していればその分有利です。

口座を持っていない銀行に振り込みを行う機会が多い人にとっては、他行宛振込手数料無料回数が複数回付与されるのは非常にありがたいといえます。

投資に有利な銀行

ミスターカードローンの利用を検討している人の中にも、投資に興味ある人もいるかもしれませんね。

住信SBIネット銀行は、投資を始めやすい銀行として知られています。
もともと、三井住友信託銀行とSBIホールディングスが共同出資して設立された銀行です。

その親会社であるSBIホールディングスの中に、SBI証券があります。
住信SBIネット銀行とSBI証券は、連携サービスを保有しており、そのサービスがSBIハイブリッド預金です。

これは、SBI証券で投資信託や債権などの金融商品を購入した際に、住信SBIネット銀行の口座から振り替える資金を貯めておくための預金口座です。

その他にも、外貨建て預金や純金積立、FXなど投資商品が充実しています。
最終的に利用するしないは、あくまでもあなたの自由です。

しかし、こういった特徴を持つ住信SBIネット銀行は、メインバンクや他行振り込み用の口座として持っておいて損はない銀行であることがお分かりいただけたかと思います。

これを機会に、口座開設とカードローンの利用を検討されてみてはどうでしょうか。

0_44原則、必要な書類は本人確認書類だけです。

収入証明書が必要となるのは、原則300万円以上のお申込の場合となっていますが、審査の過程で求められる可能性もあります。
求められなかったとしても、念のために用意しておくといいでしょう。

仮に提出を求められたとしても、提出はWEBから行えるので便利です。

申し込みが完了すると、仮審査に入ります。
結果については、登録メールアドレスとメッセージボックス(ログイン後表示)に届きます。

img_033
住信SBIネット銀行に確認したところメールアドレスの方には「カードローン仮審査終了のお知らせ」と結果が出た旨のシンプルなメッセージだけが送られてくるのでメッセージボックスの方で仮審査承認額(契約可能金額)や金利を確認して欲しいとのことでした。

仮審査承認額と金利に同意した場合、本審査(在籍確認を含む)に移り結果は、仮審査と同じく登録メールアドレスとメッセージボックスに届きます。

一般的なカードローンでは、本審査結果に同意した場合、契約書を交わすことが必要です。

ミスターカードローンでは、規約書にも書かれている通り本審査の結果が出たと同時に契約締結となるシステムとなっています。

そのため、本審査の結果可決されるとすぐに利用限度額範囲内でWEBサイトなどで融資を受けることが可能です。

本審査の結果通知後に契約書を作成する必要がないという点は、契約にかかる時間を短縮することができる点でありがたいシステムといえます。

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンは即日融資不可?


公式ホームページ上では、住信SBIネット銀行Mr.カードローンについて、下記のように紹介されています。

最短60分で仮審査完了&借入までスピーディーなカードローン

しかし、クチコミや体験談などを見ると、「融資を受けられるまでに1週間ほどかかった」という声も多く寄せられています。

そこで、実際「融資までどの程度かかるのか?」という点について、住信SBIネット銀行に問い合わせを行ってみました。

ワカル編集部ワカル編集部

住信SBIネット銀行さんの口座を持っていて、Nr.カードローンの申し込みを検討しているのですが、平日の午前中に申し込みを行った場合、融資はいつ頃から可能なのでしょうか?

女性オペ

審査の状況にもよってきますが、現在のところは申し込み翌日が最短となります。

ワカル編集部ワカル編集部

申し込み件数が多いため、即日融資は難しいということなのでしょうか?

女性オペ

ホームページに記載されている「最短60分」というのは、申し込みが空いている場合の仮審査に要する時間でございます。
現在のところは、常に申し込みが殺到している状態のため、申し込み順に審査を行っている状況です。

そのため、本審査まで順調に進んだ場合は最短で翌日から利用可能となりますが、約2~3営業日お待ちいただいているお客さまが多いというのが現状となります。

ワカル編集部ワカル編集部

それ以上かかる場合もあるということですか?

女性オペ

はい。
仮審査終了後、本審査に入るのですが、本審査では在籍確認を行います。

在籍確認は電話で行いますが、「会社の規約上個人宛の電話を取り次がない」などの理由で、在籍確認が進まない場合もございます。
その場合は、お客さまに在籍確認の進め方などを相談させていただく場合もあるため、その間は審査が進まなくなります。
その結果、融資実行までに1週間ほどかかってしまう方が多いのです。

これらは、あくまでも50万円以下を希望されている場合のご案内となります。
50万円以上の借入限度額を希望される場合は、さらに日数がかかります。

ワカル編集部ワカル編集部

50万円以上の場合は、どのようになるのでしょうか?

女性オペ

50万円以上のお借入れをご希望される場合は、まずそれだけ借り入れて返済能力があるのかという点を見ます。
審査では信用情報を精査した上で、貸付の可否を判断しているのですが、その判断もかなり慎重になります。

通常の貸付と異なり、時間をかけて審査するため、審査結果が出るまでどうしても1週間~10日前後かかるのが現状です。
50万円以上の借り入れを希望される方は注意してお申し込みください。

ワカル編集部ワカル編集部

なるほど、分かりました。
それでは、口座を持っていない場合はもっとかかるということでしょうか?

女性オペ

はい。
口座を持っていない場合は、口座開設完了後からの利用開始となります。

ATMから引き出すためには、キャッシュカードが必要です。
キャッシュカード到着までは、1週間~10日ほどかかるので、その日数分だけ利用開始までの期間は長くなります。

ワカル編集部ワカル編集部

審査はいつ行われているのでしょうか?

女性オペ

審査は平日のみとなります。
土日祝日は保証会社がお休みとなるため、審査は進みません。
また、平日も夕方や夜は審査が進みません。

ワカル編集部ワカル編集部

その他、注意点はありますか?

女性オペ

カード受け取り後はWEB上から「カード受取確認」を行っていただくことが必要です。
インターネットに接続可能なパソコンもしくはスマートフォンをお持ちでない場合は、ご利用が難しくなるかもしれません。

また、審査可能時間や審査状況などの関係で融資までは短くても約2~3営業日、場合によっては約1週間程度お待ちいただく場合がございます。

「ある程度余裕を持って申し込みを行った方がいい」ということが分かりました。

住信SBIネット銀行 Mr.カードローンの審査について

0_049
ミスターカードローンの審査内容・基準については、他の金融機関と同様に非公開です。
そのため、詳細については分かりません。

ちなみに、クチコミや体験談を参照すると、「低金利だけに審査基準は高め(厳しめ)」という声が多いようです。

しかし、一方ではMr.カードローン以前の「ネットローン」と比べると、保証会社が変更となったためか(?)審査が通りやすくなったのではないかという声も寄せられています。

住信SBIネット銀行では、平成26年7月27日までは「ネットローン」というカードローンが提供されていました。
これは利用限度額が10万円~700万円、年利は3.5%~14.8%、保証会社はオリックスクレジット株式会社でした。

しかし、限度額や金利などの商品改定を行い、保証会社もSMBCコンシューマーファイナンス株式会社に変更され、平成26年7月28日よりMr.カードローンが提供されたという経緯があります。

Mr.カードローンの金利がカードローンの中でもトップクラスの低金利となったこともあって、当初は「審査基準も高くなったのでは?」という声もあったようです。

しかし、「ネットローン」を利用されていた方からは、「保証会社変更に伴って、審査基準は緩やかになった」、「借り換えローンにもおすすめされているカードローンだけあって、借入件数に関してもさほどうるさくなくなった」という声も寄せられています。

このように様々な声が寄せられています。

審査については、住信SBIネット銀行の審査部と保証会社が行っています。

先述したように、「プレミアムコース」と「スタンダードコース」の2つがありますが、申し込み時点では「プレミアムコース」で審査を行います。
その後、「プレミアムコース」で難しい場合は「スタンダードコース」で審査を行っているとのことでした。

とはいっても、業界トップクラスの低金利を売りにしているカードローンなので、プレミアムコースを利用するにはそれなりの属性が求められる可能性があると考えるべきでしょう。

属性に関して不安がある方は、利用可能かどうかを簡単にチェックできる「お試し診断」がホームページに用意されています。

まずは、これで融資を受けられる可能性があるかを診断してみてはいかがでしょうか。

まとめ Mr.カードローンはいざという時の切り札的使い方が向いている

何度も書いているように、ミスターカードローンで真っ先に注目されるのが低金利である点です。
特にプレミアムコースの場合、他行カードローンでもこれだけの低金利を実現しているものは他にはなく、まさに圧倒的な低金利といえます。
スタンダードコースも金利が高いわけではなく、他行カードローンと遜色ない商品となっています。

それだけに人気があり、申込数も多くなっているのが現状。
最短で申し込み当日に利用できる場合もありますが、多くの場合は2~3営業日かかることが多いようです。

実際にかかる日数は申し込んでみないとわからないものの、ある程度時間がかかる可能性もあることを想定しておかなければなりません。

そのため、ミスターカードローンは緊急に現金を用意しなければならない場合には、あまり向いていないといえるでしょう。
そうではなく、実際に必要になる日まで余裕がある時に申し込みを行っておく方がいいカードローンといえます。
借入枠を作っておくことで、本当に困ったときにいつでもその枠を使うことができるためです。

オペレーターの方に問い合わせてみたところ、「借入枠だけ作っておいて、困った時に借り入れを行われる方が多い」と仰っていました。

先にも触れたように、他行宛振込手数料や引出手数料無料回数を維持する目的で使うというのも、良い使い方といえるでしょう。

このように、様々な使い方が想定できるのが、ミスターカードローンの魅力です。
住信SBIネット銀行カードローンは、長く使えば使うほどお得です。

キャンペーンなどを積極的に利用して、よりお得に使いましょう。
住信SBIミスターカードローン

そのほかの銀行系カードローンも見てみる!