武蔵野銀行カードローン・むさしのスマートネクストを徹底紹介!

6113

むさしのスマートネクストの特徴&人気ポイント

orix_002むさしのスマートネクストの魅力は、まとまったお金を低い金利で借りられる点。

借入極度額で見ると、最高300万円まで借りられる中型のカードローンです。

上限金利は、借入極度額100万円未満で14.8%。
他の銀行カードローンと同水準の金利です。

しかし、借り入れ極度額が300万円の場合、金利は6.0%となります。

極度額300万円の場合、都市銀行では下限金利が7%~8%台となっているところが多くなっています。
上限金利となると、10%~12%台となっているところも。

また、カードローンの金利は、変動金利型となっているところが多くなっています。
変動金利型の場合、金融情勢等の変化によって金利が上昇するリスクがあります。

しかし、スマートネクストは固定金利なので、金利変動のリスクも少ない点がポイント。

そう考えると、むさしのスマートネクストがいかに低金利であるかがお分かりいただけるでしょう。

このように、250万円や300万円といったまとまったお金を他行より低金利で借りることができます。

また固定金利で変動の心配も少ないので、お得で安心できるローンといえるでしょう。

また、むさしのスマートネクストは申し込み方法も豊富です。

仮審査の申込方法は電話、インターネット、モバイル、FAXと郵送があります。

ネットやFAX、郵送の場合、当然24時間365日申し込みを受け付けています。
それだけでなく、電話でも24時間365日いつでも受け付けられるのです。

他の銀行カードローンの場合、電話による受け付けは平日の日中のみというところも少なくありません。
しかし、同ローンなら曜日や時間を気にすることなく相談しながら申し込むことが可能です。

武蔵野銀行カードローン公式ページ

金融機関の基本情報

金融機関名 株式会社武蔵野銀行
本店住所 さいたま市大宮区桜木町一丁目10番地8
店舗数 95カ所
利用できるATM 武蔵野銀行のATM、提携先金融機関、コンビニのATMが利用可能

むさしのスマートネクストの基本情報

総量規制対象 対象外
実質年率 6.0%~14.8%
借入上限 最高300万円
審査期間
即日振込の対応 不可
即日融資の対応 不可
在籍確認
返済方法 約定返済及び随時返済
申込資格 20歳以上など
収入証明書
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト 可能(主婦は30万円まで)
利用期間 3年間(自動更新あり)

*「―」はホームページで公開されていません。

利用条件

6114
むさしのスマートネクストの利用対象者は以下の条件を満足する方になります。

・申込時の年齢が満20歳以上満65歳以下の方
・継続安定した収入のある方

      • ただし、収入が年金のみの方は利用できません。
          なお、配偶者に安定収入のある専業主婦、パート・アルバイトの方は利用可能です。

・保証会社であるエム・ユー信用保証株式会社の保証を受けられる方
・武蔵野銀行の営業地域及び東京都内に勤務か居住している方

利用期間

3年間(自動更新あり)。

ただし、満65歳を超えての更新はありません。

借入条件

契約極度額・利用限度額

契約極度額は、下記8タイプ。

  • 30万円
  • 50万円
  • 70万円
  • 100万円
  • 150万円
  • 200万円
  • 250万円
  • 800万円

利用限度額は、契約極度額を上限として設定されます。

ただし、専業主婦の場合、契約極度限度額は30万円です。

利用限度額の変更

利用限度額の増額・変更については、公式サイト上では明記されていませんでした。

しかし、ホームページの商品概要には「契約後、ご利用限度額はお客さまの信用状況により増減いたします」という記載があります。

そのことから、同行の判断や利用者の申請により、利用限度額の増額・減額も可能であると考えられます。

詳しい内容は申し込み前に同行へ確認することをおすすめします。

ただし、変更を求める場合、契約時と同等の審査を受けて合格する必要があるでしょう。

借入金利

むさしのスマートネクストの借入金利は固定金利で契約極度額に応じて次のように設定されています。

契約極度額 借入金利
100万円未満 年14.8%
100万円以上200万円以下 年12.8%
250万円 年9.8%
300万円 年6.0%

利息の計算方法

同行のホームページには利息の計算方法について明記されていません。

カードローンの場合、利息は一般的に借入残高に対して、1年を365日とする日割りの計算で算出されることが多いです。

借入方法

05083
借入はATMからの引き出しと自動融資になります。

ATMからの借入

ローンカードを使用して、同行及び提携先のATM・CDで借入できます。

ただし、1日当たりの支払限度額は50万円までなので注意しておきましょう。

提携先にはイーネット、ローソンATMやセブン銀行などのコンビニATMもあるので、近くのコンビニでのご利用も可能です。

ただし、利用するATMや利用時間帯によって利用手数料が必要となるケースもあります。
利用したい機関のATMを事前にチェックしておきましょう。

自動融資

希望の方は、公共料金等の自動支払いで預金口座の残高が不足する際、その不足額がカードローン口座から自動的に融資されるサービスを利用できます。

ただし、このむさしのスマートネクストの利息、他の借入金の返済、預金間の振替えなどに対しては、自動融資されません。

返済方法

返済方法は毎月の定額返済を原則として、任意で返済する随時返済も利用できます。

約定返済
返済日は毎月7日(休日の場合は翌営業日)です。

毎月の返済額は契約極度額によって、下記のように設定されています。

契約極度額 毎月の返済額
30万円・50万円 1万円
70万円・100万円 2万円
150万円・200万円 3万円
250万円・300万円 4万円

随時返済

毎月の定額返済以外に別途希望の金額を、ローンカードを使って同行のATMで臨時返済することもできます。

また、コンビニATMから利用手数料が無料で返済できるケースもあるので事前に問い合わせてみるとよいでしょう。

申込方法と審査

0511
まずは、仮審査に申し込みます。
申し込み手段は、下記の5つから選んで下さい。

  • 電話
  • インターネット
  • モバイル
  • FAX
  • 郵送
電話

電話の場合、0120-24-8634にかけて申し込みます。

24時間365日いつでも受け付けているので、仕事から帰ってじっくり説明を聞いたり、相談したりしながら申し込めるでしょう。

インターネット

インターネットの場合、パソコンなどから同行のホームページにアクセスして申し込みます。

「仮審査申込」のボタンをクリックすれば仮審査申込の画面へ移動し手続が簡単にできるので便利です。

インターネットも電話と同じく24時間365日受け付けられているので、時間を気にする必要はありません。

モバイル

モバイルの場合、次の2つの方法でアクセスが可能です。

  • モバイル端末から直接モバイルサイトURL(https://12000.jp/634/)を入力
  • 同行ホームページにあるQRコードを利用する
FAX・郵送

FAXと郵送の場合、ホームページの資料請求フォームよりむさしのスマートネクストの申込書を取り寄せることができます。
申込書に必要事項を記入の上、送信或いは郵送して申し込んで下さい。

審査

6fe4e3c3d05490f0e47285f967561277_s

審査の内容・形式

むさしのスマートネクスの手続の流れは、電話やインターネットなどを利用して仮審査に申し込むことから始まります。
仮審査の手続が完了すれば、保証会社による仮審査が実施され、その結果が郵送で申込者に通知されます。

そのため、仮審査の結果は平日に申込んだ場合でも、2~3日ほど見ておくことが必要です。

申込日が土日や祝日を挟むと、さらに日数がかかります。
特にGWなどの連休が入ると、審査結果の通知だけで1週間以上かかってしまう可能性も。

そうした点を考えると、即日融資といったスピード融資を期待するのは難しいでしょう。

保証会社は、エム・ユー信用保証株式会社です。

あまり聞き慣れない会社ですが、三菱UFJフィナンシャルグループ企業で、アコムの子会社とのこと。

審査基準については非公開ですが、アコムの子会社であることから、アコムの審査基準に準じていることが考えられます。

仮審査を通過すると、正式な申し込みと契約を行います。
その場合、希望する店舗に来店して手続きしなければなりません。

つまり、仮審査の申し込みは来店不要でも、そのあとの正式な申し込みでは来店の必要があるのです。

正式な申し込みの際には、本人確認書類などの必要書類や取引印などを持参する必要があります。

事前に確認の上、必要な持参物を忘れいないようにしましょう。

審査期間

仮審査の回答期間はホームページに記載されていません。

ただし、先にも書いたように郵送による回答なので2~3日ほどはかかるでしょう。

土日・祝日などを挟むと1週間以上かかる可能性もあります。

必要になってから申し込むのではなく、日程に余裕を持って申し込むことが大切です。

また、仮審査の結果は郵送で届きます。

郵送物を確認したら、できるだけすぐに本申込みの手続きを行うようにしましょう。

審査・契約に必要な書類

必要書類についてはホームページに明示されていませんが、一般的には以下のものが必要となるケースが多いです。

・本人確認書類
健康保険証、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード(の写し)・返済用口座の通帳や届け印・収入証明書:
利用限度額の大きさによって求められる場合があります。
その他、審査状況によって提出を求められるケースも。
いつでも提出できるように、事前に用意しておくといいでしょう。

在籍確認

orix_007
むさしのスマートネクストで在席確認が実施されているかは公表されていません。
しかし、他の銀行カードローンでは一般的に行われています。

このローンでも行われていると考えておくとよいでしょう。

相談・受付窓口

特に問い合わせ先の記載はありません。
ローンの内容についての確認は下記の電話番号でよいでしょう。

    • ・TEL 0120-24-8634

 

    ・受付時間 24時間365日

よくある質問

保証人について

q2むさしのスマートネクスの場合保証人は必要ですか?

a2必要ありません。エム・ユー信用保証株式会社が保証します。

利用期間について

q2むさしのスマートネクスは何年くらい利用できますか?

a23年間で自動更新されていきます。ただし、65歳を超えての更新はありません。

居住地域について

q2東京都内に住んでいますがむさしのスマートネクスに申し込めますか?

a2問題ありません。同行の営業地域もしくは東京都内にお住まいかお勤めされていれば申し込めます。

こんな方におすすめです!

6115
むさしのスマートネクストは、まとまったお金を低い金利で安心して借りたいという方におすすめのカードローンです。

このローンの借入金利は借入極度額300万円までに対して、固定金利で6.0%~14.8%という設定になっています。

上限金利は他の銀行カードローンと比較すると、標準的な金利といえます。
しかし、固定金利である点を考慮すると、評価できる金利ではないでしょうか。

借入極度額300万円(最大限度額)に対する金利は6.0%。
しかし、都市銀行のローンの場合、下限金利で7%~8%、上限金利で10%~12%台といった設定です、

その点を考慮すると、むさしのスマートネクストは低めの金利といえるでしょう。

加えて固定金利なので、銀行のプライムレートの変更の度に金利が変更される心配も少なくて済みます。

銀行カードローンでも金利が心配、変動金利だと急に金利が高くなるかもしれないなど、カードローンに不安を持つ方もいらっしゃるでしょう。

そうした方にとって、むさしのスマートネクストはお得で安心して利用できるローンといえます。

 

もう一つの武蔵野銀行カードローン「むさしのカードローン・シグナス」

武蔵野銀行カードローンには、2種類あります。
最初に紹介した「むさしのスマートネクスト」と、今から紹介する「むさしのカードローン・シグナス」です。

いずれのカードローンについても、公式ホームページより仮審査の申し込みができます。

むさしのカードローン 「シグナス」と「むさしのスマートネクスト」の相違点

むさしのカードローン 「シグナス」と、「むさしのスマートネクスト」は、いずれも武蔵野銀行のカードローンです。
しかし、借入極度額や申込資格について、相違点が見られます。

ここでは、それぞれの相違点について書いていきます。

契約極度額・利用極度額

スマートネクストでは、契約極度額は8タイプ。
それに対してシグナスでは、7タイプからの選択となります。

  • 100万円
  • 150万円
  • 200万円
  • 250万円
  • 300万円
  • 400万円
  • 500万円

実際の利用極度額は、審査により決定されます。

申し込み条件・年収条件

申し込み条件にも、相違点があります。

スマートネクストでは、満20歳以上満65歳以下で、継続安定収入のある方となっています。

一方、シグナスでは満20歳以上満60歳以下で、前年の税込年収300万円以上かつ継続安定収入のある方となっています。

その他、勤続・営業年数3年以上の会社員、公務員、公的資格者という条件もあります。

※公的資格者:弁護士、弁理士、司法書士、公認会計士、税理士、不動産鑑定士、医師、歯科医師

収入証明書などで300万円以上の収入があることを証明できても、個人事業主や会社代表者などは申し込むことができないので、注意して下さい。

また、契約極度額ごとに年収条件もついています。

契約極度額 年収条件
100万円・150万円 300万円以上
200万円 400万円以上
250万円 500万円以上
300万円 600万円以上
400万円 800万円以上
500万円 1,000万円以上

年収条件を上回る極度額を希望しても、申し込みできないので注意が必要です。

契約期間

スマートネクストの契約期間は3年ごとの自動更新となっています。
一方、シグナスの場合、契約期間は2年ごとの自動更新です。

また、申し込み時の年齢が満60歳以下となっており、満61歳以上になると更新がなくなります。

借入利率

武蔵野銀行カードローンシグナスは、スマートネクストと比べると、借入利率が低く設定されています。

契約極度額 借入利率
100万円 年10.0%
150万円 年9.0%
200万円 年8.0%
250万円 年7.0%
300万円 年6.0%
400万円 年5.5%
500万円 年5.0%

スマートネクストの借入利率が6.0%~14.8%なので、上限金利はかなり低く設定されていることがわかります。

ただし、スマートネクストが固定金利であるのに対し、シグナスでは変動金利です。

その他、住宅ローンの利用や給与振込口座指定によって、金利の優遇があります。

このような点から、年収条件を満たし、かつ普段からメインバンクで使っている人にとって最適なカードローンといえます。

保証会社

シグナスの保証会社は、株式会社オリエントコーポレーションです。

クレジット会社の保証となるので、スマートネクストと比べると審査も厳しめになると推測されます。

返済プラン

武蔵野銀行カードローン「シグナス」

武蔵野銀行カードローン「シグナス」は、毎月の約定返済と臨時返済が利用できます。

利用者ご自身での返済プランを計画的に立てれるのは嬉しいですね。

約定返済

返済方法は残高スライド返済方式が採用されていて、毎月7日が返済日に指定されています。

返済月より一ヶ月前の7日時点の借入残高に対して、相応する金額を普通口座から自動引き落としされます。

前月7日の利用残高 毎月の約定返済額
1万円〜50万円 10,000円
50万円〜100万円 20,000円
100万円〜200万円 30,000円
200万円〜300万円 40,000円
300万円〜400万円 50,000円
400万円〜500万円 60,000円

臨時返済

「シグナス」では、約定返済以外に任意返済も利用することが可能です。

専用のカードを利用し、武蔵野銀行ATM・コンビニATM(イーネット・セブン銀行・ローソンATM)から返済することができます。

また、インターネットバンキングからも任意返済が可能です。

 

口コミ・評判は?

大勢の方がご利用されるカードローンには、多くの感想や口コミが寄せられています。

実際にご利用された方々の体験談や重要なポイントも紹介されていますので、これから申し込みをする人はぜひ参考にしてください。

ネットでの申し込みで、正式な契約は店舗の窓口で行いました。
初めてのことだったので初めは不安でしたが、スタッフの方の親切で丁寧な対応で安心して契約する事が出来ました。

金利も当初予定していた金額よりも安く、利用方法についてもATMから簡単に出来ます。

気になるカード発行手数料や利用手数料などは無料で、年会費などもかかりませんでした。

全体的にスムーズで、無担保で保証人が無くても大丈夫というのもポイントかもしれません(20代/会社員)

審査のスピードはスムーズで、違和感のない範囲でした。

借入金利は不満を感じる事は無く、対応も親切でサービスの質は問題無いと思います。

借り入れのしやすさについても、仮審査から正式な契約まで分かりにくポイントはなくスムーズに進みました(40代/会社員)