沖縄銀行カードローンのチェキットを徹底紹介!

01

チェキットの特徴&人気ポイント

icon08沖縄銀行カードローンのチェキットは申し込みやすい・気軽に申し込める便利なローン商品です。

銀行カードローンの多くはその銀行に口座を持っていること、口座を開設することを条件とする場合が多いですが、チェキットは申し込みだけでなく新規に口座を開設する必要もありません。もちろん返済を口座からの自動引落にする場合は口座が必要ですが、ATMや店頭で返済するタイプで契約すれば口座の開設は必要ないのです。

また、申し込みはインターネットなどが利用でき、契約は原則郵送による手続なので、申し込みから契約まで来店不要で手続が済ませられます。他行のローンの中には仮審査の後、正式申込や契約で来店が求められるケースが少なくないですが、チェキットなら忙しい日中に店舗へ行く時間をとられなくて済むのです。

必要書類は本人確認書類だけで収入証明書類が必要ありません。銀行カードローンでも一定額以上の申込額では収入証明書の提出が必要となるケースが多いですが、同ローンの場合は必要なく慌てて源泉徴収票を見つけ出すような苦労をしないで済みます。

ほかには仮審査の早さもチェキットの大きな魅力となっています。インターネットなどからの申し込みでは最短1時間、原則当日回答というスピード審査が実現されているのです。もちろん申込時間帯や申込状況で遅くなることもありますが、銀行カードローンではトップクラスのスピード審査といえるでしょう。

金融機関の基本情報

金融機関名 株式会社沖縄銀行
本店住所 沖縄県那覇市久茂地3-10-1
店舗数 65カ所
利用できるATM 沖縄銀行のATMのほか、ゆうちょ銀行や提携金融機関のATMが利用可能

チェキットの基本情報

総量規制対象 対象外
実質年率 14.6%
借入上限 最高200万円
審査期間 最短1時間
即日振込の対応 困難(郵送契約)
即日融資の対応 困難(郵送契約)
在籍確認
返済方法 約定返済及び随時返済
申込資格 20歳以上など
収入証明書 不要
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト パート・アルバイトは可能
利用期間 1年間(自動更新あり)

*「―」はホームページで公開されていません。

利用条件

02
利用対象者は以下の条件を満足できる方になります。

・契約時の年齢が満20歳以上70歳未満の県内在住の方
・安定した収入がある県内に在住している方
・保証会社の保証が得られる県内に在住している方
なお、転勤等による県外赴任者も含まれます。

利用期間

1年間(自動更新あり)

ただし、満70歳の誕生日が到来した場合、以後の更新はありません。

借入条件

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

利用限度額

利用限度額は10万円~200万円(10万円単位)です。

なお、借入期間中に利用限度額が増減するケースもあります。

利用限度額の変更

利用限度額の増額に関する情報が沖縄銀行のホームページにはありませんが、一般的に申請して審査に合格できれば増額できるケースが多いです。

借入金利

チェキットの借入金利は固定金利で年14.6%です(保証料込み)。

利息の計算方法

計算方法についての情報が同行のホームページには見当たりませんが、一般的に利息は毎日の最終借入残高に対して、付利単位を100円、1年を365日とした日割計算で算出されることが多いです。

借入方法

15借入はATMからの引き出しになります。

チェキットの専用ローンカードを利用して、沖縄銀行のほか、ゆうちょ銀行やその他の提携金融機関のATM・CDから借入できます。

利用する機関のATMや利用時間帯により、利用手数料が必要になったり、料金が異なったりすることもあるので注意しておきましょう。

返済方法

返済は毎月一定額を返済する約定返済のほかに、随時希望の金額を返済する随時返済も利用できます。

なお、約定返済は「ATM・店頭入金タイプ」と「口座振替タイプ(自動引落)」のどちらかを選んで返済しなければなりません。

ATM・店頭入金タイプ

07このタイプは沖縄銀行のATM及び同行の店頭で、前月26日から7日(休日の場合は翌営業日)までに返済する方法です。

なお、下表の約定返済額は最小の金額であり、それを上回る金額の随時返済も可能です。ただし、前月25日以前に返済しても次回返済日は変わらないので、勘違いしないように注意しましょう。

口座振替タイプ(自動引落)

35指定の返済用普通預金口座から、毎月7日(休日の場合は翌営業日)に口座振替で自動返済される方法です。

約定返済額

毎月25日の利用残高に応じて毎月返済する金額は下表のようになります。

毎月25日の利用残高 約定返済額
1万円未満 毎月25日の利用残高
1万円以上50万円以下 1万円
50万円超150万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円
150万円超200万円以下 4万円

※ ATM・店頭入金タイプで前月25日の利用残高が1万円未満の場合、その残高の千円未満を切捨てた金額で返済しなければなりません。
※ 口座振替タイプで返済時点の利用残高が約定金額に満たない場合、その残高の金額で返済しなければなりません。

随時返済

毎月の約定返済以外に、ATMや沖縄銀行の本支店の店頭で任意の金額を随時返済することも可能です。

申込方法と審査

申込方法には、インターネット、電話、FAXと郵送があります。

インターネット

118362インターネットの場合は沖縄銀行のホームページにアクセスして申し込みます。チェキットの案内ページには「簡易申込み」と「通常申込み」の2つのボタンが用意されていて、どちらでも仮審査への申し込みが可能です。

「通常申込み」は申込手続に必要な情報をすべて入力する普通のタイプで、「簡易申込み」は6項目を入力するだけの入力の負担が少ないタイプになっています。ただし、「簡易申込み」の場合、入力後に銀行側から電話がかかり、申し込みに必要な情報を口頭で確認されることになるので、電話に出られないと手続が遅れるので注意しましょう。

インターネットの申し込みの場合、受付が24時間365日受け付けられているので、時間や休日を気にすることなく申し込めて便利です。なお、携帯電話でアクセスする場合、ホームページのQRコードを利用すると便利でしょう。

電話

06電話の場合は0120-733-861にかけて申し込みます。受付時間は平日が8:00~20:00、土・日・祝日が9:00~20:00で、携帯電話やPHSの利用も可能です(元旦を除く)。

電話での申し込みは、銀行の担当者の質問に答える形で申込手続ができるので入力作業はなく簡単ですが、手続がスムーズに済ませられるよう本人確認資料などを準備しておきましょう。

FAXと郵送

05FAXと郵送の場合は仮審査申込書に必要事項を記入の上、送信或いは郵送して申し込みます。仮審査申込書は沖縄銀行のATMに備え付けられているチェキットのリーフレットの中にあります。

FAX番号は0120-533-861で、受付は24時間365日いつでも可能です。郵送の場合、投函に80円切手が必要になるので忘れないようにしましょう。

審査

08

 

審査の内容・形式

チェキットの申込手続と審査は、各種の方法で仮審査に申し込む⇒審査及び審査結果の連絡⇒正式な申込手続⇒契約手続及び利用開始 といった内容の流れで進められます。
03
各種の方法で仮審査に申し込み申請が受理されると直ぐに審査が実施され、早ければ最短で1時間、原則当日回答で結果が連絡されるでしょう。申込状況などにより遅れることがあるのはもちろんですが、郵送の場合は郵送期間を見込んでおく必要があります。

仮審査に合格した場合、すぐに利用できるようになるのではなく正式申込及び契約の手続が必要となるので、まずそれらに関する書類と専用カードが申込者の自宅へ配送(ヤマト運輸)されるのです。なお、カードは契約が締結されるまで利用できません。

申込者は契約書類等に必要事項を記入・捺印し、それとともに本人確認資料(コピー)もいっしょに返送します。その後、それらの内容を銀行がチェックして問題がなければ、契約が締結されローンの利用開始となるわけです。

銀行カードローンの審査は仮審査が重要な役割を担っていますが、チェキットの仮審査の主要な部分は保証会社であるSMBCコンシューマーファイナンス株式会社が担当しています。

同社は知名度の高い「プロミス」を運営する大手消費者金融ですが、チェキットの仮審査は同社の審査システムが利用されている可能性が高いです。そのためチェキットの仮審査の難易度は、プロミスと比較的近い水準であると予想されます。

審査期間

仮審査の結果は、インターネットからの申し込みの場合などは最短1時間、原則は当日回答です(郵送を除く)。ただし、申込時間帯や申込状況によります。

審査・契約に必要な書類

正式な申し込み及び契約の手続には本人確認書類(コピー)が必要になります。

在籍確認

7b05c0c7a8bbc698211e08b480b858b9_s
チェキットで在席確認が実施されているかは公表されていませんが、あると考えておいたほうがよいでしょう。

相談・受付窓口

チェキットの電話での問い合わせ先は電話申込先と同じになります。

よくある質問

来店について

q2沖縄銀行のカードローン・チェキットの申し込みでは来店する必要がありますか?

a2申し込みから契約まで来店不要の手続が可能です。申し込みはインターネット、電話、FAXと郵送が利用でき、契約は原則郵送で行うので申込者は来店なしに手続を済ませられます。

口座について

q2チェキットは沖縄銀行に口座を持っていなくても申し込めますか?

a2可能です。また、返済方式をATM・店頭入金タイプにすれば、新規に返済口座を開設する必要もありません。

収入証明書について

q2チェキットの申し込みでは収入証明書の提出は必要ありますか?

a2収入証明証書の提出は原則として必要ありません。

こんな方におすすめです!

04
家の近くに銀行の店舗がないので来店しないで済む銀行カードローンに申し込みたい!という方に沖縄銀行のカードローン・チェキットはおすすめです。申し込みはインターネットや電話などから申し込め、契約も郵送で手続できるので来店せずに契約を結べます。

他の銀行カードローンの場合、契約時点などに来店が必要となるローンが多いですが、チェキットでは来店しなくて申し込みから契約まで完結できるのです。

また、他行ではローンの利用にあたりその銀行での口座の保有や開設が必要となるローンも少なくないですが、チェキットなら口座がなくても申し込めるだけでなく、契約後の開設も必要ありません。

もちろん返済を口座からの自動引落で行う場合は同行での返済用口座が必要になりますが、ATMや店頭で返済する方式を選択すれば口座の開設なしにローンを利用できるのです。銀行口座をこれ以上持ちたくない!という方はチェキットを検討してみてはどうでしょうか。

ほかにも、仮審査の結果を早く知りたい!という方にも同ローンは最適です。郵送を除くインターネットなどからの申し込みの場合、審査結果は最短1時間、原則当日回答というスピード審査が行われています。審査期間が短いと借入までの期間も短くなるので、急ぎの借入にも有利に働くでしょう。

ただし、審査結果後の郵送による契約手続をいかに素早く済ませられるかが借入を急ぐ場合のキーになります。