もう債務整理すべきかおまとめローンで現状を打破できるかのリスクとメリットを比較

いくつもの金融機関や消費者金融から借入をしていて、毎月どこにいくら返済してよいのかよく分からなくなってしまっている。あるいは、借入に対する支払額が多くなりすぎて、もはや返す余力がない、どう節約しても返すあてがない、このように借金によって首が回らなくなってしまっている人はいませんか?

「もはや自己破産しかない・・」
「自分はもうおしまいだ!」

そう思っている方、いわゆる「債務整理」を考える前に、「おまとめローン」という方法で返済ができる可能性があります。現状を打破するために、いきなり悲惨な結末ではなく、できることを考えていきましょう。

今回は、おまとめローンのメリット、デメリットと、それがダメな場合の債務整理について考えてみたいと思います。

<この記事で分かることはざっくりこれ!>

・おまとめローンは一見するとメリットばかりに見えますが実は違います
・金利が低いという見た目のマジックに騙されると結果的に損をします
・おまとめローンで現状打破できない場合の選択肢を理解できます

おまとめローンとは?

おまとめローンとは、銀行や消費者金融が行っている借換向け(借換専用)ローンです。2つ、ないし3つある借入、ローンを1つにまとめることで、返済しやすくなり、借りている人の負担も軽くなるという特徴があります。

イメージとしてはこんな感じです。

<おまとめ前>

A社 借入100万円 返済毎月5万円 金利18%
B社 借入120万円 返済毎月6万円 金利18%
C社 借入 80万円 返済毎月4万円 金利18%

この場合、借金総額300万円で返済が毎月15万円になります。300万円借りられるのだから、収入が多い人ではありますが、返済毎月計15万円はきつすぎます。金利も制限いっぱいで、金利負担だけで破産しそうです。

これをD社で300万円借りて、まずA社~C社に一括返済をして(これでA社~C社の借入はなくなる)、D社の返済1本にしてしまうのがおまとめローンのイメージです。

<おまとめ後>

D社 借入300万円 返済毎月10万円 金利14%

おお、これから返済する人の負担がとても軽くなりました!金利も低くなり、これなら返済できそうです。D社も新しい顧客を得ることができ、A社、B社、C社も返済してくれたので、みなさん得をします。「win-win-winの関係」と言いますか、誰も損をしない素晴らしいシステムです。

ぜひ利用してください!

・・・本当にみなさん得をするのでしょうか?ひょっとしてどこかに見落としている部分はないでしょうか?

実はこのおまとめローン、リスクやデメリットもあるのです。そこを理解しないと、結果的にまとめる前よりも大損する可能性があります。

おまとめローンのメリット

おまとめローンのメリットは以下の通りです。このメリットを金融機関や消費者金融は大々的にアピールしています。

1.毎月の返済額が減る

複数のローンをまとめて、毎月の返済額を減らします。通常、融資の条件変更(返済額を減らす方)は、信用情報に傷がつきますが、おまとめローンは借換をするだけなので、毎月の返済額が減っても信用情報にマイナスになりません。

2.支払金利が下がる

上の例でも18%⇒15%となっているように、おまとめローンを利用してもらいやすくするため、通常のローン金利よりも低めに設定されていることが多いです。支払金利が下がれば、明らかに得をしているように感じますよね。

3.返済日が1つに統一される

返済を1社、1本にまとめることで管理を容易にします。これなら「A社は毎月5日、B社は毎月末日、C社は毎月20日、あれこれでよかったっけ?」という返済日の混乱や、返済日に口座にお金がなくて支払いができないというリスクが減ります。

「(D社での)返済は毎月1日のみ」となれば、返済口座の管理も容易になりますよね。

4.信用情報に傷がつかない

借入履歴は増えますが、返せなかったわけでも、返済が滞ったわけでもないので、金融機関が共有する信用情報にはそれほど大きなマイナスになりません。

返せないことが一番よくないわけですから、この場合A社~C社にはしっかり繰り上げ返済をしているわけです。

このようにおまとめローンにはメリットがいっぱい。しかし、よくよく考えるとリスクやデメリットもあるんです。

おまとめローンのリスク・デメリット

1.元金がなかなか減らない

支払利息の金利は下がりましたし、毎月の返済額も減りました。しかし、これはリボ払いの設定額を下げたようなもので、借入総額は変わらないのですから、「毎月の返済+支払利息」の額を下げると、支払利息の割合が多くなり、もともと借りた元金がちっとも減りません。

利息を払い続けていくようなもので、これでは総合的に損をしてしまいます。

2.返済期間が長くなる

ただでさえ、毎月の返済額を減らしているのですから、元金だけ考えても返済期間が長くなります。加えて利息を支払うわけで、下手をすると返済期間が倍になってしまうようなケースもあります。

3.返済総額が結果的に多くなる

元金+利息を借換前よりも長く払い続けるのですから、必然的に返済総額はその前よりも多額になります。おまとめ時に借金総額が減るわけではないことは、改めて意識しましょう。

リボ払いの毎月の支払額を減らすイメージだとわかりやすいはずです。

4.病気や交通事故、リストラ等で返済できなくなるリスクが上がるかも

毎月の返済額が減るので、返せなくなるリスクが減るかと思われがちですが、長くなった返済期間中に事故や病気になり返済が滞る可能性も上がります。また会社をリストラされるかもしれません。

返せる余力があるうちにさっさと返済してしまった方が、結果的に返済事故になり、信用情報に傷がつく事態になる可能性は下がるかもしれません。

おまとめローンの返済総額をケーススタディでシミュレーションしよう

おまとめした方が、最終的に返済額が多くなるということをシミュレーションしてみましょう。

ケーススタディとして最初に挙げたもので考えます。

(借換前)

A社 借入100万円 返済毎月5万円 金利18%
B社 借入120万円 返済毎月6万円 金利18%
C社 借入 80万円 返済毎月4万円 金利18%

(借換、おまとめ後)

D社 借入300万円 返済毎月10万円 金利14%

返済総額はこうなります。

借入額 毎月返済額 金利 返済回数 支払利息 支払総額
借換前
A社
¥1,000,000
¥50,000
18.0%
24
¥197,815
¥1,197,815
B社
¥1,200,000
¥60,000
18.0%
24
¥237,380
¥1,437,380
C社
¥800,000
¥40,000
18.0%
24
¥158,250
¥958,250
合計
¥593,445
¥3,593,445
借換後
D社
¥3,000,000
¥100,000
14.0%
38
¥713,969
¥3,713,969

このように、おまとめローンにした方が、支払総額、支払利息、支払回数、いずれも増加することになります。安易におまとめローンを使うと自分の首を絞めてしまうことにもつながりかねません。

そのまま、おまとめローンを組まずに返済できるならば、してしまった方が損しないということがわかります。

おまとめローンメリットとデメリットの比較表

以上のおまとめローンをした場合のメリットとデメリットを表にしました。よくよく考えて、本当におまとめローンを組んだ方がいいのか、ご自身の返済能力と相談の上決めてください。

メリット デメリット・リスク
毎月の返済額が減る 支払総額が多くなる
支払利息の金利が下がる 支払回数が増える
支払い口座の管理が楽になる 元金がなかなか減らない
信用情報に傷がつくリスクが小さい 返済期間が長いので、事故や病気等に遭遇するリスクが高くなる

一番いいのは、おまとめローンを組んだうえで、毎月の返済額をまとめる前と同額にすることです。そうすれば、金利が下がった分返済総額を減らすことができます。それを金融機関が許せば、それもありです。

借入額 毎月返済額 金利 返済回数 支払利息 支払総額
返済額を減らす
¥3,000,000
¥100,000
14.0%
38
¥713,969
¥3,713,969
返済額そのまま
¥3,000,000
¥150,000
14.0%
23
¥436,133
¥3,436,133

そうでない場合

返済期間を延ばしながら毎月の生活に余裕を持たせることを優先させる

か、

何とか努力しておまとめローンを組まずに返済をし続けるか

の2択になります。

いずれにせよ、おまとめローンはメリットばかりではないことを知って、安易にローンを組まないようにお願いします。

返済が厳しい場合は債務整理を

おまとめローンで返済できないかどうか検討し、それでの難しい場合は「債務整理」という手段を取ることになります。

信用情報に傷がつき、ブラックリスト入りになりますが、この方が結果的に楽になるということもあります。二度とうかつな借入をしないと誓うことができるのであれば、この方法を選択するのもありです。

詳しくは以下のリンクを読んでください。

1.任意整理

借主に掛け合って(弁護士に依頼するのもあり)、利子を免除してもらうなど自分に有利なように条件変更してもらいます。

「このままでは破産になるので、回収できないよりも元金だけでも回収できた方がいいでしょう」という交渉を行います。

おそらく、同じ業者から二度と借りることはできなくなりますが、一応借りたものは返した、ということで信用情報が致命的になるのは回避できます。

2.個人再生

支払義務(債務)を大幅に圧縮して、支払額を減らす方法で、裁判所に申し立てて行います。300万円の支払いが100万円になるなど、高額の借入の場合は、おまとめローンを組まずにこちらを狙うのもありです(もちろん、信用情報は悪くなります)。

ただし条件があり、担保となるもの(土地や建物)があれば、それに抵当権を設定するなど、無担保、無保証人の債務ではなくなるかもしれません。最悪、それらの担保を取られてしまいます。

3.自己破産

最後の手段は自己破産です。ただし、おまとめローンからいきなりここに来るのはさすがにありません。

借金、債務すべてなくなりますが、信用がゼロになり、今後の人生に支障が出ます。新規借り入れはもちろん、カードの新規作成、不動産の賃貸契約等、バレれば、まず不可能になります。

話題になった「破産者マップ」(※)のようなものが復活すれば、犯罪者扱いされ、近所の人から避けられるということもあるかもしれません。やはり最後の手段にすべきです。


ブラック企業マップ運営者は「破産者マップ閉鎖」をどうみたか|弁護士ドットコム

安易に債務整理を選択しても、今後のローンだけでなくクレジットカードや教育ローン、住宅ローンなどにも影響が出ます。慎重にかつ正しい判断をしてください。

おまとめローンを組むべきか リスクとメリット まとめ

・おまとめローンには毎月の返済額を減らして一本化してわかりやすくするメリットがある
・一方で、返済が長期になるので支払利息はまとめる前よりも多く払わなくてはならなくなる
・返済する余力があるならば、おまとめローンを組むのは得策ではない可能性も
・ローンが返せない場合、債務整理を検討すべきだが失うものも多くリスクが高い

即日融資カードローン
最短1時間で融資
追従スマホ1005
おまとめローンで借り換え
借金を一本化でスッキリ
おまとめローンで借り換え
借金を一本化でスッキリ
タイトルとURLをコピーしました