オリックスVIPローンカードBUSINESSの詳細についてお調べでしょうか?

オリックスVIPローンカードBUSINESSはオリックス・クレジット株式会社が提供しているビジネス用カードローンです。

ビジネスカードのためプライベートの私用では使うことができず、主に事業性資金として利用できます。

銀行以外からのローンやクレジットカードは、本来は総量規制の対象商品なので、年収の3分の1以上の金額を借りることはできません。

しかし、オリックスVIPローンカードBUSINESSは総量規制の例外貸付対象商品として扱われるため、決算の収支を証明する書類を提出すれば、総量規制の対象外になります。

年収額に関係なく、貸付限度額まで借入できる可能性があるのです。

この記事ではオリックスVIPローンカードBUSINESSの基本的なスペックや概要から、金利・審査・長所・短所など、気になるポイントを一括して解説します。

ビジネスカードの契約を検討している人は、ぜひ参考にしてみてください。

 

■オリックスVIPローンカードBUSINESSの基本スペック

オリックスVIPローンカードBUSINESSの基本的なスペックは下記の通りです。

 

 

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
6.0~17.8% 500万円 最短即日 必要
保証人 パート・派遣・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象外 審査後即時 なし・WEB完結

金利は6.0~17.8%となっていますが、これはビジネスローンの中で見ると若干高めです。

下限金利6.0%は低金利な部類に入るのですが、上限金利はビジネクストやエスワイシ―ビジネスローンの方が低く設定されています。

 

◆ビジネスローン金利比較

商品名 下限金利 上限金利
オリックスVIPローンカードBUSINESS 6.0% 17.8%
ビジネクスト 8.0% 15.0%
エスワイシ―ビジネスローン 7.50% 15.00%

上記はビジネスローンの中で、無担保利用できる代表的な金融会社のローン金利です。

上限金利で見るとビジネクスト・エスワイシ―ビジネスローンの15%の方が低く、下限金利ではオリックスVIPローンカードBUSINESSの6.0%の方が低金利になります。

なお、ビジネスローン全体の金利相場は6.0~18.0%ほどです。

不動産担保ありの場合だと3%~9%前後になります。

 

◆限度額

 

 

オリックスVIPローンカードBUSINESSの貸付限度額は500万円ですが、この金額はビジネスローンの中では中間に位置します。

ビジネスローン全体の最大限度額相場は300万円~1000万円となっており、エスワイシ―ビジネスローンだけは1億円と桁違いの金額です。ただし、その分審査には時間がかかるので注意しましょう。

また不動産担保などが必要なビジネスローンは、無担保ローンと比べて格段に限度額が高くなります。例えば、有担保型ビジネスローンのアサックスは限度額10億円です。

以上の限度額相場を考えると、オリックスVIPローンカードBUSINESSの500万円はほぼ中間に位置するのがわかります。

ある意味、金利においても下限金利と上限金利のバランスは、他ビジネスローンの中間的な設定なので、あえてその範囲を狙っているのかもしれません。

 

◆融資スピード

 

 

オリックスVIPローンカードBUSINESSは申し込みから最短即日審査・即日融資を行っています。

ビジネスローンには審査から融資まで数日かかる企業も多い中、即日融資できるのはオリックスVIPローンカードBUSINESSの魅力の1つです。

また店舗などに出向く必要はなく、申し込みから審査・融資までWEB完結できます。

とにかくすぐに資金が要る人には大変嬉しい対応です。

なお、審査の難易度はどの金融機関も評価基準を公表していないので未知数となります。

オリックスVIPローンカードBUSINESSはビジネスローンなので、提出する収入証明と過去の経歴に問題がなければ、ある程度の限度枠までは高確率で可決できるでしょう。

ただし、あくまでも可能性なので会社によっては否決になる可能性も0ではありません。

これはどのカードローンを利用しても同じことなので、可能な限り可決になるための要素を揃えてから申し込むようにしましょう。

 

◎可決になりやすくする要素

など。

基本的に各種ローンは金融業者側が「問題なく回収できる」と判断すれば、可決になるようになっています。

金融業者はそれらの顧客を可決にして、ローンやクレジットを利用された際の手数料で利益を出しているので、できる限り否決にはしたくないのです。

 

■オリックスVIPローンカードBUSINESSの長所と短所

オリックスVIPローンカードBUSINESSの基本的なスペックを解説したところで、オリックスVIPローンカードBUSINESSの具体的な長所と短所に注目してみましょう。

結論からいうと、オリックスVIPローンカードBUSINESSの長所は、下限金利が低く審査から融資まで即日対応できるという点です。

 

逆にデメリットは上限金利が高く、限度額も特別高額設定ではないというところでしょう。

全体を通してみればバランスのよいビジネスローンですが、悪く言えば目立った魅力が少ない金融商品です。

特に最大限度額については、同業他社にあたるビジネクストが1000万円、エスワイシ―ビジネスローンが1億円という点からも若干魅力に欠けてしまいます。

◆長所(メリット)

  • 下限金利がビジネスローンの中でも低金利の6%
  • 即日審査&即日融資可能
  • 総量規制の例外貸付対象商品

 

◆短所(デメリット)

  • 限度額が500万円と低め
  • 上限金利は17.8%とやや高め
  • 下限金利以外に目立った特徴がない

 

実際のところ、カードローンは金利と限度額以外には、商品としての差があまりありません。

あとは総量規制の対象か対象外かも注目するべきポイントです。

どんなに限度額が高くても、総量規制の対象になっている時点で年収3分の1以上の金額は借入できません。

総量規制の対象から外れるには、オリックスVIPローンカードBUSINESSのように「総量規制の例外貸付対象商品」を選ぶか、貸金業に分類されない銀行のローンを利用するかのどちらかです。

 

■他のビジネスローンと比較

ビジネスローンで代表的な商品といえば、ビジネクストやビジネスパートナー、エスワイシ―ビジネスローンなどが挙げられます。

オリックスVIPローンカードBUSINESSもその1つです。

選ぶ金融会社によって貸付条件は異なりますが、上記3社とオリックスVIPローンカードBUSINESSを比較すると、どのような差があるのでしょうか。

金利・限度額・審査スピードの3項目を比較してみました。

商品名 下限金利 上限金利 最大限度額 融資
ビジネクスト 8.0% 15.0% 1000万円 2~3日
ビジネスパートナー 9.98% 18.00% 500万円 最短1日
エスワイシービジネスローン 7.50% 15.00% 1億円 最短2日
オリックスVIPローンカードBUSINESS 6.00% 17.80% 500万円 即日

それぞれの特徴をまとめると以下のようになります。

◆ビジネクスト

上限金利はかなり低い

下限金利はやや高め

限度額はかなり高い

審査回答はやや遅い

◆ビジネスパートナー

上限下限金利ともに高め

審査回答は早め

限度額はやや低い

◆エスワイシ―ビジネスローン

無担保の中でも限度額は最高額

下限金利はやや低め

上限金利はかなり低い

審査はやや遅い

◆オリックスVIPローンカードBUSINESS

下限金利はかなり低い

上限金利はやや高め

限度額はやや低い

審査速度は最短即日

 

それぞれ上限・下限の金利や限度額を比べると、明らかに上下関係になっているビジネスローンも存在します。

しかし、実際に利用するときは下限・上限金利で契約するとは限らず、各社の審査基準によって限度額の枠が決定され、その枠に該当する金利が設定されるのが一般的です。

商品スペックが優れているからといって、そうではない商品よりもよい待遇で貸し付けてくれるとは限りません。

ビジネスローンやカードローンは審査が前提になり、なおかつ相見積もりなどを取ることもできないので、ご自身の状況に応じて申し込むビジネスローンを選択するようにしましょう。

 

■まとめ

 

総合的に見ると、オリックスVIPローンカードBUSINESSはある意味オールマイティなビジネスローンと言えます。

逆にいうと特化した魅力が少ないです。

可もなく不可もなく、中間スペックを求める人や会社に向いています。

その分審査速度は速く、最短即日融資も可能になっているので、とにかく急ぎ運用資金が必要だという人は、オリックスVIPローンカードBUSINESSを検討してみるといいでしょう。

担保の有無でも限度額や金利、利用できるビジネスローンは大きく変わってくるので、担保にできる不動産などがあるのであれば、それらも視野にいれつつ最適なビジネスローンを選んでくださいね。