img_035

金利 限度額 審査時間 収入証明書類
4.5%~17.8% 500万円 最短30分 50万円まで不要
保証人 パート・アルバイト 融資スピード 来店の必要
不要 審査対象 最短1時間 なし・WEB完結

\ 最短1時間融資が可能 /

  プロミスに申し込む

プロミスのオススメポイント

  • 最短即日融資可能
  • 初めての方限定!メルアド登録とWEB明細利用で30日間無利息サービス実施中!
  • 申し込みから契約、振込み融資までネットで完結できる(※対象金融機関は200行以上あります。)
  • 郵送物なし&カードレスでWeb取引できる「Web完結」(※対象金融機関は200行以上あります。)
  • わずか3項目の入力で簡単に融資可能か分かる「3秒診断」
  • 審査は最短30分
  • 実質年率4.5%~17.8%と上限金利&下限金利共に低金利
  • パートやアルバイトでも申込みOK
  • 平日14:00までにWEB契約を完了すれば即日振込み可能
  • 24時間365日いつでも最短10秒で振込み可能な「瞬フリ」
  • 都合に合わせて返済期日を選ぶことができる
  • 50万円まで収入証明書不要
  • 10万円の借入なら返済は月々4,000円からと最低返済額が少額

 

img_033
消費者金融の上限金利は、18.0%と横並びになっている中、プロミスの上限金利は17.8%
たかが0.2%!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんね。
しかし、塵も積もれば…です。

それに初めての利用の場合、実際に借りられるのは30万円前後のことがほとんど。
最高融資額500万円というスペックの大きなカードローンでも、そのあたりは同様です。

その場合、上限金利での貸付となるのがほとんど。
そう考えると、やっぱり上限金利が少しでも低いに越したことはありませんよね。

月々の返済額、返済総額は、下記のようになります。

借入金額 返済期間(回数) 各回返済額 返済総額
10万円 1年以内(11回) 10,000円 109,043円
2年以内(24回) 5,000円 119,490円
3年以内(32回) 4,000円 125,864円
20万円 1年以内(12回) 19,000円 219,093円
2年以内(24回) 10,000円 238,999円
3年以内(32回) 8,000円 251,743円
30万円 1年以内(12回) 28,000円 329,160円
2年以内(24回) 15,000円 358,508円
3年以内(36回) 11,000円 387,289円
40万円 1年以内(12回) 37,000円 439,224円
2年以内(24回) 20,000円 478,013円
3年以内(35回) 15,000円 512,860円
4年以内(47回) 12,000円 555,875円
5年以内(53回) 11,000円 579,111円
50万円 1年以内(12回) 46,000円 549,288円
2年以内(24回) 25,000円 597,524円
3年以内(34回) 19,000円 638,578円
4年以内(47回) 15,000円 694,862円
5年以内(58回) 13,000円 746,160円

img_034
プロミスには以前から、平日14時までに契約が完了すれば、申し込みから振込み融資まで、ネットで即日融資まで対応できるサービスがありました。

しかし、2015年11月9日から郵送物なし&カードなしで取引できる「Web完結」が始まり、益々便利になりました。

※対象金融機関は200行以上あります。

promisbanere1003

\ WEBが一番早い /

  プロミスに申し込む

 

プロミスの詳細と特徴【メリット】

SMBCグループの一員である、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供するキャッシングサービス「プロミス」。

プロミスという名称が広く知られているため、会社名と誤解されている方も少なくありません。
しかし、実は「プロミス」はサービス名なのです

SMBCグループは、三井住友銀行の親会社です。
プロミスは、そのSMBCグループの完全子会社である、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が提供しているキャッシングサービス。
そのため、世間一般に信頼性も高く、初心者でも安心して利用できるという高い評判があります。
また、数ある銀行系・消費者金融カードローンの中でも、注目度&人気の高いサービスが「プロミス」なのです。

でも、人気の秘密は、信頼性だけではありません。

例えば、プロミスのホームページには、わずか3項目入力するだけで融資可能かどうかわかる「3秒診断」があります。
その他にも、返済額・返済回数を簡単に試算できる返済シミュレーションが用意されています。

一般的な消費者金融の仮審査時間は約30分程度といわれています。
しかし、お借入れ診断を利用すれば、わずか3秒で結果が出るので、結果を心配しながら待つこともありません。

また、無記名で審査を受けることができるので、申し込み情報が信用情報機関に登録されることもありません。
例えこの段階で融資が難しいという結果を受取ったとしても、すぐに他のカードローンを検討することができます。

そのため、時間を無駄にする心配はほぼないと言ってもいいでしょう。

img_036

キャッシングサービスを利用する方の大半は、急な出費のため即日融資を希望されているようです。
そのため、急いでいる人ほど「とりあえず借りられるところから」というように、借りることにばかり向いていることが多いのではないでしょうか。

ですが、融資を受けられその場を凌ぐことができればOKではありません。
キャッシングサービスを利用すると、必ず利息をつけて返済していくという義務を負うことになるのです。

そのため、滞りなく返済を続け完済するために、借り入れ前にしっかりと返済計画を立てておくことが大切です。

しかし、急いでいる時に「○回で返済するためには利息を含め月々いくら支払わなければならないか?」など、計算する時間もないと思います。。
また、そのようなことを考えられるだけの精神的余裕もないという方が大半でしょう。

そんな時に便利なのが、返済シミュレーション!ということになります。

その他にも

  • 多彩な申し込み方法&返済方法が用意されている
  • 条件が合えば24時間365日いつでも振込み融資してもらえる便利な瞬フリ(振り込みキャッシング)がある
  • 提携ATMが多い

など利便性の良さ&充実のサービスも人気の秘密です。

プロミスを利用するメリット!

今や、消費者金融は即日融資可能!が当たり前の時代になりつつあります。
プロミスも、そのうちのひとつです。

プロミスの場合、インターネットから申し込んで、平日14:00までに契約が完了すれば、即日指定口座に振込みしてもらうことができます。
その他、土日祝日も関係なく24時間365日いつでも受付完了から最短10秒程で振込みしてもらえる、「瞬フリ」サービスなど便利なサービスもあります。

似たようなサービスを提供している消費者金融は他にもあります!

そこで、ここではプロミスならではのサービスに的を絞り、プロミスを利用するメリットとしてご紹介したいと思います。

初回だけでない!30日間無利息サービス

プロミスには、プロミスの利用が初めての方を対象とした30日間無利息サービスがあります。

img_039

条件は

  • プロミスを始めて利用する方
  • Eメールアドレスを登録しWEB明細を利用する方

 

img_033

  • 無利息期間となるのは、契約日ではなく初回出金日の翌日から30日間であること。
  • 初回利用日翌日から30日間以内の追加利用分も無利息の対象になること。
  • 初回利用日翌日から30日間以内であれば、完済後の利用分についても無利息の対象となること。

ポイントサービス

プロミスでは、プロミスインターネット会員サービスの利用に応じてポイントを貯められます。
貯まったポイントは、「提携ATM手数料サービス」や「無利息サービス」に利用できる、
お得なポイントサービスがあります。

プロミスATMと三井住友銀行ATMでの取引はいつでも手数料無料です。
提携ATMを利用した場合は、通常所定の手数料がかかります。

ですが、提携ATM手数料無料サービスに申し込むと、申し込み日から翌月末日まで提携ATM手数料が無料になります。

img_040

無利息サービスは、利用ポイント数に応じて一定期間無利息でキャッシングを利用することができます。

img_041

インターネット会員サービスを利用すると自然にポイントが貯まるシステムになっています。

例えば、無利息サービスを7日間利用するのに必要なポイントは250ポイント!
これは利用しない手はありません!

このポイントサービスは、プロミスの最大のメリットといえるかもしれませんね。

「アプリローン」でプロミスをより便利に利用できる

大手消費者金融では各社、スマホ用の専用アプリがダウンロード可能です。
もちろん、プロミスにもスマホ用アプリがあります。

その名前は、Promise Appli Loanの頭文字をとって「PAL」。

ここからは、どういうアプリなのかについて書いていきます。

PALはプロミス専用のスマホアプリ

SMBCグループのプロミス。
正式名称は、SMBCコンシューマーファイナンスです。

PALは、同社が開発した公式アプリ。

同社ではアプリを使った取引のことを「アプリローン」と呼んでおり、これがそのまま通称となっているのです。

アプリローンには、新規で利用予定の方はもちろん、利用中の方にも便利な機能が入っています。

対応OS

AndroidとiPhone(iOS)に対応しています。

Androidでは「Playストア」、iPhoneでは「App Store」、プロミスの公式ホームページなどからダウンロード可能です。

「アプリローン」で検索すると、出てきます。

アプリローンの特徴

先述したように、誰でも便利に活用できる便利なサービスがあります。

初めて利用される方向けには、新規申し込みや書類送付が可能です。

また、すでに会員になっている方はWeb-IDもしくはカード番号を登録することで、会員向けの便利な機能を利用することができます。

このようにこれから利用される方、利用している方のいずれにも便利なアプリです。

新規利用者向けのサービス

新規利用者向けに便利な機能といえば、この3点でしょう。

  • 新規申し込み
  • 返済シミュレーション
  • 店舗・ATM検索

<新規申し込み>

新規申し込み画面では、2通りの入力方法をお選びいただけます。

  • 運転免許証・名刺を使った自動入力(一部)
  • 直接入力

運転免許証や名刺を使った情報入力サポート機能があるのが特徴です。
スマホのカメラで撮影すると、文字情報を自動認識します。

勤務先や自宅住所、氏名といった個人情報を、アプリ内で自動貼付することが可能。

撮影する書類については、いずれかもしくは両方使うことができます。

勤務先の従業員規模や他社借入件数などは、申込画面で直接入力して送信してください。

これらの書類を持っていない場合は、住所・氏名などの情報を直接入力して下さい。

自動入力個人情報のみが対象です。
しかし、それらを入力する手間がないだけでも時間の節約となります。

アプリはスマホ用に作られています。
そのため、休憩時間やお休みの日などのスキマ時間を使って作業することが可能です。

入力サポート機能など、入力の手間を極力少なくする工夫がなされている点が大きなポイントといえます。

その他、審査結果の連絡方法や書面の受取方法についても、選ぶことが可能です。

<返済シミュレーション>

こちらはスマホ上のブラウザでの利用となります。
PCのウェブサイトで用意されている返済シミュレーションが利用可能です。

借入希望額・返済期間(金額)・借入金利を入力するだけで、おおよその目安をつかむことができます。

<店舗・ATM検索>

返済シミュレーション同様、スマホ上のブラウザで提供されます。
こちらではお近くの店舗など(※)の検索が可能です。

※自動契約機、三井住友銀行の自動契約コーナー

従来通りの住所入力はもちろん、GPS機能を使った現在地周辺の検索も利用できます。

初めて利用される方には、これらの機能が重宝するでしょう。

会員向けのサービス

Web-IDやカード番号を登録すると、会員向けのサービスを利用することができます。

  • 借入金の口座振込・返済の手続き
  • セブン銀行を利用したカードレスキャッシング
  • 残高照会・取引情報照会・返済日・利息の確認
  • 登録内容の変更
  • 増額審査の申込み
  • 収入証明書類などの書類の添付
  • プロミスポイントの確認・利用など

<借入金の口座振込・返済の手続き>

アプリから借入の申込を行い、お手持ちの銀行口座への振込が可能です。
その他、お手持ちの口座から返済の手続きも行うことができます。

対応金融機関は、200行以上あるので安心して取引できるでしょう。

ただし、指定口座以外(※)を利用している場合は、手数料がかかります。
また、振込も平日の15時までとなります。

指定口座の場合は、ほぼ24時間365日即時借入が可能です。

ただし、毎週月曜日の0時~7時など、利用できない時間帯があります。

アプリローンの場合は返済も簡単なので、できるだけ定例返済と随時返済を併用するようにして下さい。

※指定口座は、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行の口座になります。

<セブン銀行を利用したカードレスキャッシング>

セブン銀行に口座を持っていれば、セブン銀行への振込による借入・返済が可能です。

セブン銀行であれば、同じくほぼ24時間365日即時借入ができます。

<残高照会・取引情報照会・返済日・利息の確認>

アプリ上で残高照会や取引情報照会が利用可能です。
その他、返済日や利息の確認もできます。

どうしても、定例返済日を忘れてしまいがちですが、アプリを開くと照会できるので、忘れる心配も軽減することが可能です。

<登録内容の変更>

勤務先や自宅住所などが変更になった時、アプリより変更することができます。
パソコンからの入力と比べて手軽に行なえます。

<増額審査の申込み>

すでに利用されている方の場合、アプリから増額申請を行うことが可能です。
審査の申込みをアプリから行うことで、来店の手間を少なくすることができます。

<収入証明書類などの書類の添付>

増額申請時には、源泉徴収票などの収入証明書類の提出が求められます。
そういった書類についても、新規申込時と同じくスマホのカメラを使って送信が可能です。

<プロミスポイントの確認・利用>

プロミスには、独自のポイントプログラムがあります。

なかなかポイントはたまりにくいですが、ある程度貯まってくると、利息の無料期間が再びやってきます。

このようなポイントの管理・利用についてもアプリで可能なのです。

その他

その他にも、アプリを便利に利用するための機能があります。

  • 三井住友VISAプリペイドチャージ
  • 「アプリdeクーポン」

<三井住友VISAプリペイドチャージ>

三井住友VISAカードから発行されているプリペイドカードに、借り入れたお金をチャージすることができます。

プリペイドカードにチャージしておくことで、クレジットカードとほぼ同じような使い方が可能です。

ちょっとした高価な買い物をするために借り入れた時に、このような使い方をするといいでしょう。

<「アプリdeクーポン」>

このクーポンは、アプリ限定のサービスです。

アプリに表示されるクーポンを提示することで、レジャー施設や飲食店など優待価格で利用することができます。

メリット・デメリット

メリットとしては、幅広い用途に対して気軽に使える点があります。

振込融資だけでなく、プリペイドカードへのチャージや借入残高のチェックもできるので、いろいろな用途に対して柔軟な利用が可能になるでしょう。

ただ、気軽に使える分、使いすぎてしまうことはあるかもしれません。

本アプリは、管理画面へのアクセスも簡単なので、上手に使いたいところです。

プロミスへの申込み~借入の流れ

img_042

プロミスは、申込みから審査結果回答まで最短30分!融資まで最短1時間!と、スピーディーに審査&融資を行われます。

そのため、「今日中にお金が必要!」という人にとって、頼もしい存在といえます。
しかし、申込み方法や申し込み時間、また借入れ方法などにより、審査結果を受取るまでの時間や融資を受けられるタイミングが違ってきます。

申込み前には、そのあたりを確認しておきましょう。

プロミスには、多彩な申込み方法が用意されています。

  • インターネット(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • 自動契約機
  • 三井住友銀行ローン契約機
  • プロミスコール(電話)
  • お客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 郵送

申込み可能な時間帯や審査可能な時間帯、また無事審査を通過した場合の契約方法なども異なります。
その点について、詳しく見ていきましょう。

パソコン・スマートフォンからの申込み

  • 24時間申込み可能
  • 審査は最短30分程

契約方法は、次の3つからから選ぶことができます。

  • Web契約
  • Web完結
  • 来店契約
Web契約

Web契約の場合、下記の条件を満たしていれば、当日中に振込融資を受けることができます。

  • 平日14時までにすべての手続きが完了していること
  • 振り込みを希望していること

※契約書類とカードは、簡易書留郵便で郵送されてきます。
※差出人名は、事務センターとなっています。)

Web完結

Web完結を利用する場合は、返済方法を口フリ(口座振替)にすることが条件となっています。
返済方法を選ぶ際は、ATMではなく「口座振替による返済」を選び、口座を登録します。

審査通過後、契約内容に承諾することで、全ての手続きが完了します。

その後、プロミスインターネット会員サービスを利用して、振込融資を受けることが可能です。

※対象金融機関は200行以上あります。

img_043

\ WEBが一番人気 /

  WEBからプロミスに申し込む

来店契約

来店契約の場合は、自動契約機・お客様サービスプラザ(店頭窓口)へ来店し手続きを行います。

手続きが完了すれば、その場でカードが発行されるので、すぐにキャッシングを利用することができます。

img_033
当日中に融資を受けたいと思い、Web完結で申し込む場合、何時までに手続きを完了すれば良いのか?

プロミスさんに聞いてみたところ、「平日14時までに契約を完了させることが出来れば、当日中にお振込することが出来ます。」とおっしゃっていました。
また、三井住友銀行もしくはジャパンネット銀行を振込先口座に指定する場合は、振り込みは24時間可能です。

しかし、スタッフ対応時間が22時までなので、エラーが出てしまった場合などは当日中に振込融資は出来ず、翌営業日の対応となってしまうとのこと。
そのため、「当日融資を希望する新規のお客様には、21:30頃までに全ての手続きを済ませていただくことをおススメしています」とのことでした。

ちなみに、「Web完結」の場合の当日融資可能時間をお聞きした際に、上記回答を頂いたのですが、Web完結を利用するためには「口座登録」が必要です。
しかし、どの口座でも対応しているのではなく、口座確認を取ることで、「本人確認が取れる口座」でなければならず、ジャパンネット銀行は、対象外となっています。

そのため、正確に言うと「Web契約により21:30頃までに手続きを完了させると当日中に振込による融資は可能。しかし、Web完結ではない」のだそうです。
そのため、本人確認の意味も含め、契約書とカードは後日郵送で送られてくるそうです。

少しややこしいので、Webからの申し込みを考えている方は、Web契約とWeb完結の違いを確認しておいて下さい。
それから、新規申し込みの場合の当日振込み可能時間(瞬フリ対応時間)を確認のうえ、申し込まれることをおススメします。

※対象金融機関は200行以上あります。

*Web完結に対応している金融機関についてはホームページにも載っています。

ケータイからの申込み

ケータイからの申込みは24時間可能です。
しかし、申込みの曜日・時間によって、申込み方法が異なります。

そのため、注意が必要です。

申込み方法

まずは、最小限の申込みフォームへ12項目の入力が必要です。
その後、審査項目確認のための電話がかかってきて、審査→審査結果連絡という流れになります。

  • 月曜~木曜の終日と金曜・平日の祝日前の9:00~17:30
  • 翌日が平日の日曜・祝日の20:00~翌9:00まで
パソコン・スマートフォンから申込んだ時同様に契約方法は、Web契約、Web完結、来店契約から選ぶことができます。

自動契約機・三井住友銀行ローン契約機からの申込み

  • 自動契約機 9:00~22:00
  • 三井住友銀行ローン契約機 9:00~21:00(※契約機により営業時間・休日が異なります。)
  • 最短30分

自動契約機・三井住友銀行ローン契約機での申し込みは、土日祝日も可能です。

しかし、受付時間は自動契約機は9:00~22:00(一部店舗で営業時間が異なる場合があります)。
三井住友銀行ローン契約機は9:00~21:00(契約機により営業時間・休日が異なります。)です。

申込みから契約完了まで、スムーズにいけば最短30分ほどとスピーディー。
契約が完了すればその場でカードが発行されます。

すぐにプロミスATMや三井住友銀行ATM、提携ATMでキャッシングサービスを利用することができます。

プロミスコール(電話)での申し込み

  • 付時間は9:00-22:00
  • 土日祝日も申込み可

プロミスコールは、携帯電話からでも通話料無料で利用できます。
受付時間は9:00-22:00で、土日祝日も申込み可能です。

名前、生年月日など、審査に必要な質問に答えると。内容を確認した後に契約可能額が伝えられます。
しかし、正式な契約可能額が出るまでには、最短30分程かかります。

契約は、自動契約機またはお客様サービスプラザ(店頭窓口)での来店契約、もしくは郵送契約となります。

来店契約の場合は、その場でカードが発行されるのですぐにキャッシングを利用することができます。

しかし、郵送契約の場合は、プロミスから送られてきた契約書に必要事項を記入し、必要書類のコピーと一緒に返送することが必要です。
その後、返送した書類をプロミスが受領して、その確認後にキャッシングを利用することができるようになります。

お客様サービスプラザ(店頭窓口)での申し込み

  • 平日 10:00-18:00 ※一部20:00まで
  • 土日祝日 18:00まで ※一部の店舗のみ

お客様サービスプラザ(店頭窓口)の受付時間は、平日の10:00-18:00です。
しかし、一部では平日20:00まで、土日祝日も18:00まで営業している店舗もあります。

審査終了&契約後、その場でプロミスカードが発行されるので、すぐにキャッシングを利用することができます。

郵送での申し込み

全国の自動契約コーナー、プロミスATMコーナー、お客様サービスプラザ(店頭窓口)に設置してある申込書に必要事項を入力。
もしくはプロミスコール・インターネットから請求し、取り寄せた申込書に必要事項を記入します。

その後、必要書類のコピーと一緒に郵送すると、審査終了後に指定した連絡先まで審査結果の連絡が入ります。
結果連絡が終わると、契約書類と共に簡易書留郵便でカードが送られてきます。

mark07web、自動契約機、郵送による申込みなら、誰にも会わずに申込み~契約締結まで完了することが出来ます。

また、webから申込んだ場合、平日14時までに契約を完了することが出来れば、当日中に振込みによる融資も可能です。
自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、お客様サービスプラザで申し込み&契約した場合も、その場でカードを受取ることが出来ます。

即日融資を希望している人には心強いですね。

ちなみに、お客様サービスプラザ(店頭窓口)での申込みの場合、誰にも会わずに契約を締結することは出来ません。
しかし、返済プランの相談などにも乗ってもらうことが可能です。

そのため、キャッシングサービスの利用は初めてで、なにかと不安があるという方には、「おすすめの申込み方法のひとつ」といえそうです。


このように、プロミスには多彩な申込み方法、契約方法が用意されています。
なので、ニーズに合わせて選んでいくと良いと思います。

しかし、最短でカード受取りを希望する&無駄足はイヤ!という方もいらっしゃるでしょう。

その場合は、インターネットから申し込みを行うことが必要です。
その後、審査結果を受取ってから自動契約機もしくはお客様サービスプラザ(店頭窓口)で契約&カードを受取ると、確実にカードを手にできます。

プロミスの審査について

プロミスに限ったことではありませんが、キャッシングの申し込みをすると必ず審査が行われます。

通常、仮審査→本審査と進みます。
しかし、仮審査の結果はすぐに受取ることが出来ても、本審査の結果が出るまでには時間がかかる、ということも珍しくありません。

即日融資可能!と謳っていても、本審査の結果が出たのは、申込みから数日後という話も決して珍しくありません。

ちなみに、申込み可能時間と審査可能時間は異なることが多いのです。
そのため、審査可能時間外に申込んだために、実際に審査が行われたのは、翌営業日になってから!というのは仕方がないことです。

しかし、それ以外にも審査基準ギリギリのラインのため審査に時間を要してしまうというケースもあります。
その他、在籍確認が取れないために、本審査の結果が出るまでに時間がかかることもあるのです。

仕事が休みの休日や会社帰りに自動契約機で申し込みをしたけれど、何時間も待たされた挙句、結果は後日…なんてケースは、「在籍確認がとれないため」ということが多いようです。
そういった点も考慮の上、申込み方法や申し込み時間を上手に選択することをオススメします。

img_037

プロミスには、3項目の入力で簡単に借入れが可能か確認できる「3秒診断」があります。
まずは3秒診断を行い、「ご融資可能と思われます。」と出たらそのまま、Webから申込むといいでしょう。

プロミスでは即日融資可能?

プロミスは、最短即日融資可能です。

webから申し込みを行い、契約を平日の14時までに完了させた場合、当日中に指定口座に振り込んでもらうことが可能です。
その他、Web完結を利用した場合も、当日融資が可能です。

また、自動契約機、三井住友銀行ローン契約機、お客様サービスプラザで申し込み&契約した場合も、その場でカードが発行されます。
カードを受取った時には、キャッシングサービスを利用できる状態になっているので、カードを使ってすぐに融資を受けることができます。

※Web完結対象金融機関は200行以上あります。

ちなみにプロミスでは、三井住友銀行・ジャパンネット銀行の口座を振込先として登録すると便利です。
上記口座を登録すると、土日祝日も関係なく受付完了から最短10秒ほどで振込み融資を行ってくれる便利な「瞬フリ」サービスがあります。

ワカル編集部ワカル編集部

三井住友銀行の口座を持っているのですが、何時までに契約を済ませることが出来れば、瞬フリを利用できますか?

女性オペ

22:00までスタッフがいるので、その間に契約を完了することが出来れば利用できることになっています。
しかし、21時頃までには契約を済ませないと難しいですね。
出来れば余裕を持って、午前中には申し込みを済ませておくことをオススメします。

公式には、即日融資も可能となってはいます。

しかしながら、申し込みが殺到していたり、審査に時間がかかったりする場合も考えられます。
そのため、可能な限り余裕を持って申し込みを行った方が良さそうです。

返済方法と返済できる場所

  • 24時間365日いつでも返済可能&リアルタイムに返済処理が行われるインターネット返済(パソコン・ケータイ・スマートフォン)
  • 銀行振込
  • 手数料無料で口座から自動引落ししてくれる口フリ(口座振替)
  • 返済計画の相談もしながら返済できるお客様サービスプラザ(店頭窓口)
  • 全国にあるプロミスATM、「プロミス」のステッカーのあるATM
  • コンビニに設置されているメディア端末(ローソンのLoppi、ミニストップのLoppi、ファミリーマートのFamiポートなど)

上記のように、ライフスタイルに合わせて返済できるよう、プロミスでは多彩な返済方法&返済場所を用意しています。

ちなみに、口フリ(口座振替)を利用する場合、返済期日は原則毎月5日となっています。
ただし、登録金融機関を三井住友銀行・ジャパンネット銀行にした場合、5日、15日、25日、末日のいずれかに指定することが可能です。

初回の返済日は下記のようになります。

返済期日 借入日 初回返済期日
毎月 5日 1日~19日 借入日の翌月の返済期日
20日~末日 借入日の翌々月の返済期日
毎月 15日 1日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月 25日 1日~9日 借入日の同月の返済期日
10日~末日 借入日の翌月の返済期日
毎月 末日 1日~14日 借入日の同月の返済期日
15日~末日 借入日の翌月の返済期日

\ WEBなら最短1時間融資が可能 /

  はじめてなら30日間無利息のプロミスはこちら