産休・育休中、お金がない!

少子高齢化なうえに世帯収入が伸び悩む中、子供を授かっても共働きを続けている人は少なくないと思います。ですが、子供のことでいろいろお金がかかります。ベビー用品代だってバカにならないし、買わなければ子育てできませんよね。ママ友と会うのに新しい洋服もほしいですし。産休・育休中にお金がない場合、どうすればいいのでしょうか。通常、産休・育休中は、社会保険料は会社が負担してくれますので、自己負担はありません。ですが、生活費などで何かとお金が必要になるとか、出産費用も出産一時金だけでまかなえるとは限りません。たいせつな子供のためにも、お金が必要です。
そんなときはどうしたらいいのでしょうか。産休・育休中の人は、会社を休職していることだと思われますので、カードローンの審査は慎重に行う必要があります。
具体的には、消費者金融の審査には通らないのです。産休・育休中の人は、会社には所属していますが、給料は止まっています。会社からの休業補償が出ているかもしれませんが、それらは生活費のための給付であって、なかなか自由に使うことができません。そのため、収入がない人は借り入れできない消費者金融で、お金を借りることができないのです。消費者金融は、平成22年の貸金業法改正で、借り入れは年収の1/3までと総量規制で定められました。収入ゼロの人の1/3はゼロですので、消費者金融では借り入れできないのです。

産休、育休中の人は銀行カードローンへ

では、産休・育休中の人はカードローンを借り入れできないのかというと、そうではなく、収入がゼロの人でも借り入れできるカードローンがあります。それが、銀行カードローンです。銀行だからといっても、よほど条件が良くないと年収を大幅に超えた借り入れはできないのですが、それでも、今現在の年収に関係なく、お金を借りることができます。それは銀行カードローンならではなのです。
とはいえ、産休・育休中は収入がありませんから、返済にも一苦労のはずです。そのため、初回の借り入れは少し多めに借りましょう。返済用の分を残しておくのです。

銀行カードローンは審査が厳しい!?

銀行カードローンですが、借りる相手が銀行のため、審査が多少厳しくなることが考えられます。そのため、消費者金融で借りるよりは、ハードルが高いのは事実です。ですが、産休・育休中の人でも、しっかりした会社に勤めていて、復職後もスムーズに返済が見込めるのであれば大丈夫です。もちろん、産休・育休中から返済はスタートしますが、休職している間は最低返済額に抑えておいて、復帰してから返済額を多めにしてもいいでしょう。いろいろな返済方法が考えられます。そして、銀行カードローンの審査は、現在、無収入であっても受けられるのが嬉しいところです。消費者金融は、たいていの場合、ブラックリストに入っていなければ借りられますが、銀行カードローンはちゃんとしたところに勤めているとか、返済能力が高いとか、そういったプラスの査定が必要です。

いまの銀行カードローンなら、自宅にいながら借り入れできる!

育休中は特に、家から出ることができませんよね。こどもにかかりきりで、小さな子供は特に手がかかりますので、家に閉じこもっていて、銀行にいく時間がない・・・!という方も多いのではないでしょうか。そんな方に朗報です。最近の銀行カードローンは、わざわざ来店する必要はないのです。また、あえてパソコンを立ち上げて、銀行のホームページにアクセスする必要もありません。手持ちのスマートフォンで申し込みが可能で、審査も受けることができますので、安心してください。子育てのかたわら、授乳しながら、家事をしながら、ベッドやソファで休憩しながら、カードローンに申し込むことができるのです。これは非常にありがたいサービスとなります。中には、申し込みに郵送が必要だとか、ネットで完結していない銀行カードローンもあるのですが、新生銀行カードローンレイクや、三菱UFJ銀行バンクイックなどでしたら、ネットでWEB完結しているため、自宅にいながらにしてカードローンが借りられます。

ローンカードで人に知られるリスクはない?イマドキの銀行カードローン事情

カードローンを契約すると、ローンカードが送られてきます。そのため、次からはそれで銀行ATMにいけばキャッシングできるのですが、そのローンカードが財布に入っているところを人に見られたら、カードローンでキャッシングしていることを人に知られてしまいます。ママ友とカフェでお茶した後の精算のときなどに特に注意が必要です。ママ友は他人の財布をチェックすることが好きな人も少なくないため、ローンカードの存在には気をつけましょう。ですが、みずほ銀行カードローンなら、キャッシュカード一体型が選べますので、カードローン専用のカードはありません。カードローン専用のカードだと、一見するとデザインがキャッシュカードに似ているので、「新しいキャッシュカードかな?」と思われて終わりの可能性もありますが、見られた場合に、詳しい人だとカードローンのカードだと発覚してしまいます。周りに借金がバレると、何かとやりづらいという人もいることでしょう。できれば財布とは別にローンカードを保管しておくか、みずほ銀行のようにキャッシュカード一体型のローンカードが最適です。三井住友銀行カードローンなどは、はっきりと「ローン専用」と書いていますので、なんらかのローンを組んでいることが周りにわかってしまいます。その点もしっかりとリサーチした上で、カードローン会社を選ぶのが重要です。その意味で、みずほ銀行カードローンは非常におすすめです。

家族に話す?話さない?借金の問題

カードローンは、気軽に借り入れできますが、いわゆる借金です。そのため、家族に話すべきか、話さずに内緒で借りるかの選択肢を迫られます。産休中、育休中のカードローンは、銀行カードローンを選べば、家族に知られずにローンを組めるところもあるにはあります。
イオン銀行や楽天銀行がそうですね。日頃主婦がよく使うスーパーやショッピングモールのカードローンであれば、そのあたりの事情も考慮して、家族に秘密にした状態でお金をキャッシングできます。ですが、借金の返済はどうすればいいのでしょうか。結局は、家計から返すことになります。そのため、産休中・育休中のカードローン利用は、家族に話したほうが良いでしょう。できれば知られたくないと思うのが人情ですが、家計から返すことになるので、いずれにせよ、いつかは家族と借金について話し合うタイミングが来ますので、こっそり借りるよりはオープンに借りたほうがいいでしょう。借りるときは配偶者の同意が不要なのが、イオン銀行や楽天銀行、みずほ銀行などですが、それはあくまで、手続き上不要だというだけで、できれば家庭内において、家族の同意の上でカードローンを借りたほうがベストだといえます。家庭内でお金の話ができない場合は、何か家族関係に重大なトラブルの種を抱えているかもしれません。家族には内緒にしたいのは山々ですが、できればオープンに借りましょう。

産休中、育休中に使えるカードローンランキングTOP3

では、産休中、育休中に安心して借り入れできる便利なカードローンをランキングで見ていきましょう。ママが使いやすいカードローンを中心に選んでいます。

みずほ銀行カードローン

まず、みずほ銀行カードローンは、キャッシュカード一体型のローンカードですので、お財布に入れておいてもとても安心です。ママ友にお財布をチェックされても、どこかの集まりで子供が財布をあけて中身をぶちまけてしまっても、見られて困るものではありません。キャシュカード一体型を選べば、ママ友バレを防ぐことができます。また、家族にカードを見られても、怪しまれるリスクはありません。そうした周囲にバレない配慮がされているのが、みずほ銀行カードローンです。みずほ銀行カードローンなら、夫の同意も不要なので、借り入れのハードルが下がります。とりあえず数万円借りてみて、返済がスムーズに行きそうなら、10万、20万と借りてみると良いでしょう。スマホ完結にも対応していて、産休中、育休中のカードローンとしても最適です。

イオン銀行カードローン

イオン銀行は専業主婦の方の場合、50万円までという縛りがありますので、復職してさらに収入がアップしてから、枠を広げると良いでしょう。当面は、50万円まで借り入れ可能です。イオン銀行カードローンは、みずほ銀行カードローンと違って、カードが借り入れ専用なので、カードをまじまじと見られたら、カードローンでキャッシングしていることは周囲にバレてしまいます。ですが、イオン銀行カードローンは、イオンという産休中、育休中でも毎日のように使うスーパーが提携しているカードローンです。そのため、主婦の方に大変使いやすくなっています。月々の返済は1,000円からで良く、無理なく返済が可能です。14時までの申し込みなら、即日回答も可能。収入証明書の提出は不要で、イオン銀行の口座を持っていれば、最短で当日に借り入れが可能です。

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンなら、最大50万円まで最短即日で融資が可能です。年間金利は14.5%です。入会するだけで1,000ポイントがもらえるため、楽天スーパーポイントが貯まります。申し込みは完全にスマホで完結していて、外出することの困難な産休、育休中の人にぴったりです。最短で即日融資が可能で、審査はスピード感があります。

ベビー用品などでよく使う楽天市場の楽天によるカードローンですので、安心感があります。

まとめ:産休、育休中の人は、便利な銀行カードローンへ

ベビー用品を買うお金がない、ママ友とランチするのに着ていく服のサイズが合わない、新しいのを買いたい、ストレス解消で買い物がしたい、などなど、産休中・育休中でも何かとお金は必要なもの。みずほ銀行カードローン、イオン銀行カードローン、楽天銀行カードローンなら、周囲に知られることなく、スマホひとつで申し込みが完結します。