15

フリーカードローンの特徴&人気ポイント

orix_002フリーカードローンの特徴は第一に魅力的な貸付条件が挙げられます。同ローンの利用限度額は最高800万円で、他行の300万円~500万円、大手消費者金融の500万円といった相場よりもかなり高額の設定になっています。どの程度の利用限度額が適切なのかは個人によって異なりますが、800万円まであれば、万が一の時の大金の支出にも十分対応できるのではないでしょうか。
同ローンの借入金利は固定金利で、利用限度額に応じて4.5%~13.3%で設定されます。変動金利を採用するローンも少なくありませんが、フリーカードローンは固定金利なので、変更される頻度が変動金利よりも少ないので心配も少なくなるでしょう。

金利そのものも低いほうであり、契約金額300万円までの場合、8.3%、10.3%、13.3%のいずれかで設定されます。100万円以下の契約金額でも審査の結果によっては10.3%といった低利で利用できるかもしれません。

また、フリーカードローンはWEB完結型の申し込みができて、来店不要、必要書類不要、印鑑不要で契約までできるという便利さも魅力といえるでしょう。この申込方法は、四国銀行に口座を持っていて、申込金額300万円までの方が対象になりますが、手続にかかる手間と時間が極端に少なくなります。

金融機関の基本情報

金融機関名 株式会社四国銀行
本店住所 高知市南はりまや町一丁目1番1号
店舗数 118カ所
利用できるATM 四国銀行のATMのほか、提携金融機関、コンビニのATMが利用可能

フリーカードローンの基本情報

総量規制対象 対象外
実質年率 4.5%~13.3%
借入上限 最高800万円
審査期間 最短当日回答(混み具合による)
即日振込の対応 不可
即日融資の対応 不可(最短翌日)
在籍確認
返済方法 約定返済及び随時返済
申込資格 20歳以上など
収入証明書 申込金額300万円まで不要
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト 可能
利用期間 1年間(自動更新あり)

*「―」はホームページで公開されていません。

利用条件

18
利用対象者は以下の条件を満足できる方になります。

・申込時の年齢が満20歳以上65歳以下の方
・取引店の近くに居住しているか、または勤務している方
・安定かつ継続した収入がある方
なお、主婦やパートの方も、配偶者に安定かつ継続した収入があれば、利用限度額30万円コースの申し込みが可能です。
また、申込限度額が350万円以上の場合、年収が500万円以上かつ勤続年数もしくは営業年数が3年以上の方が対象となります。
申込限度額が600万円以上の場合、年収が 1000 万円以上かつ勤続年数もしくは営業年数が3年以上の方が対象となります。
・四国銀行で他の無担保カードローンを契約されていない方
・保証会社の保証が得られる方

利用期間

1年間(自動更新あり)

ただし、以下の場合新たな借入は中止となり、以降は返済のみの利用になります。

1 満 68 歳の誕生月の月末
2 保証会社から新規の取引を停止するように通知があった場合

借入条件

851858ae880d82aec71706ddad442ad6_s

利用限度額

利用限度額には、30万円、50万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、500万円、600万円、700万円、800万円の14コースがあります。

利用限度額の変更

利用限度額の増額については同行のホームページに情報がないので、申し込みの際に確認してください。

借入金利

・利用限度額300万円以下の場合は、固定金利で3段階の金利です
8.3%、10.3%、13.3%・利用限度額350万円~500万円の場合は、固定金利で2段階の金利です
4.8%、7.8%・利用限度額600万円~800万円の場合は、固定金利で4.5%です。

※金利タイプは保証会社の審査により決定されます。

なお、四国銀行で住宅ローンを利用されている方は0.5%の金利の引下げが受けられるのでお得です。

また、金融情勢などの影響から金利が変更されることもあるので気をつけておきましょう。

利息の計算方法

利息は毎日の最終借入残高に対して、付利単位を100円、1年を365日とした日割計算で算出され、毎月 5日(銀行休業日は翌営業日)に前月約定返済日から当月約定返済日の前日までの利息が貸越残高に加えられます。

借入方法

206838
借入はATMからの引き出しです。

カードローン専用通帳及び専用カードは発行されず、現在利用中のキャッシュカード、ICカードまたはフォーシーカードで借入・返済できます。

キャッシュカードなどを使用して四国銀行のATMのほか、提携金融機関、コンビニ(ローソン、イーネット)のATMから借入できますが、利用するATMや時間帯によって利用手数料が必要になることもあるので注意しましょう。

返済方法

返済方法は毎月一定額を返済する約定返済以外に、随時希望の金額を返済する随時返済も利用できます。

元金の返済方法

毎月5日(銀行休業日は翌営業日)に以下の金額が返済用預金口座から自動引落されます。

前月5日の利用残高 毎月の返済額
1万円以下 前月5日現在の利用残高
1万円超50万円以下 1万円
50万円超100万円以下 2万円
100万円超150万円以下 3万円
150万円超200万円以下 4万円
200万円超250万円以下 5万円
250万円超300万円以下 6万円
300万円超400万円以下 8万円
400万円超500万円以下 9万円
500万円超600万円以下 10万円
600万円超700万円以下 11万円

なお、毎月の返済で遅延があった場合、その遅延分が返済されるまで新規の借入はできません。

随時返済

毎月の返済以外に、四国銀行のATMで任意の返済も可能です。

なお、貸越残高全額を返済した場合でも、次回の返済日に利息が貸越残高として組み入れられることもあるので、気をつけておきましょう。

申込方法と審査

admin-ajax
申込方法には、インターネット、FAX、電話、郵便があります。

インターネット

インターネットの場合はパソコンなどからインターネット経由で同行のホームページにアクセスして申し込みます。フリーカードローンの案内ページには「インターネット本お申込み」と「インターネット仮お申込み」の2つボタンが用意されていて、どちらかを選択して申込手続に入ります。

「インターネット本お申込み」は同行の口座を持っていて、申込金額300万円までの方が対象になりますが、WEB完結型であり来店不要で契約まで手続できる便利なタイプです。

「インターネット仮お申込み」は同行の口座を持っていない方、申込金額350万円以上の方が対象で、仮審査を受けたのち正式の申込手続が必要となるタイプなので、本申込みのタイプよりも手間と時間がかかってしまいます。

電話

電話の場合は四国銀行ダイレクトセンター(0120-0459-89)にかけて申し込みます。受付時間:は平日が9:00~21:00、土日祝が9:00~17:00で携帯やPHSからも利用可能です。電話の場合は担当者の質問に答えるだけで申込手続が終了するので、申込作業としての手間は比較的少ないタイプといえるでしょう。

FAXと郵便

FAXと郵便の場合は仮審査申込書に必要事項を記入の上、送信または郵送して申し込みます。両方とも仮審査に合格した後は来店による正式の申込みをしなければなりません。FAXの電話番号は088-822-5081で、仮審査申込書はホームページからダウンロードするか、もしくは郵送で取り寄せることも可能です。

審査

2444c4374b21d74e930c2d7d4aca878e_s

審査の内容・形式

フリーカードローンの申込手続と審査の流れは、「インターネット本お申込み」と「インターネット仮お申込み」及びその他の申込方法で異なります。

「インターネット本お申込み」の場合

PCなどからインターネット経由で申し込み⇒仮審査の実施⇒審査結果の連絡⇒在籍確認⇒契約成立 といった内容の流れになります。

18

PCなどから入力画面に必要事項を入力し終えると手続は完了しすぐに審査が開始されます。審査の結果は最短では当日回答も可能ですが、四国銀行ダイレクトセンターによると当日の審査量(混み具合)により2~3営業日かかることもあるようです。

審査に合格すると在籍確認が実施され、確認が完了できれば契約手続となり、通常翌営業日以降からキャッシュカードなどで同ローンを利用できるようになります。なお、このタイプの申し込みの場合は本人確認書類、収入証明書や印鑑などが必要ないので、手間と時間があまりかかりません。

「インターネット仮お申込み」及びその他の申込方法

こちらの流れは、在籍確認までは「インターネット本お申込み」の場合と同じですが、その後に店舗で正式の申込手続をしなければなりません。仮審査申込書等に記入(入力)した四国銀行の取引店の窓口へ必要書類を持参して手続を行う必要があるのです。

必要書類によって申告内容が確認され問題がなければ契約となり、契約手続後翌営業日~翌々営業日くらいから同ローンを利用できるでしょう。

(仮)審査について

ローン契約の可否に直結する仮審査は四国銀行及び保証会社によって行われますが、保証会社の審査ウェイトが大きいといわれています。フリーカードローンの保証会社は四国保証サービス、オリエントコーポレーション、アコムの3社です。

3社もあると審査が厳しくなるのではと思われがちですが、3社のいずれかで審査に合格すれば利用できるので、保証会社が1社のローンよりも合格率が高くなり、申込者としては有利といえるでしょう。

審査期間

仮審査の結果は最短当日回答ですが、当日の混み具合により2~3営業日かかることもあるようです。

審査・契約に必要な書類

正式な申込手続をする場合には以下のものが必要になります。

・本人確認資料:運転免許証など
・普通預金口座の届け印

さらに、申込金額が300万円超の場合は以下のものも必要です。

・収入証明資料:源泉徴収票、市町村発行の収入証明書、納税証明書など
・勤続(営業)年数確認資料:健康保険証など
・融資金額に応じて別途印紙代が必要です。

在籍確認

7b05c0c7a8bbc698211e08b480b858b9_s
フリーカードローンでは在席確認が実施されています。

相談・受付窓口

フリーカードローンの問い合わせ先は四国銀行ダイレクトセンターで、電話申込の場合と同じところです。

よくある質問

来店について

q2フリーカードローンは来店不要で申し込みから契約まで可能ですか?

a2可能です。ただし、四国銀行に口座を持っていて、申込金額300万円までの方が対象になります

申込について

q2フリーカードローンのWEB完結型の申し込みの場合、必要書類はどのように提出するのですか?

a2必要ありません。WEB完結型の申し込みの場合、本人確認書類、収入証明書、印鑑などの提出が必要ないので、WEB上で契約までの手続を簡単に終えられます。

カードについて

q2フリーカードローンでは専用のローンカードは発行されるのですか?

a2専用のローンカードの発行はありません。キャッシュカードなどを利用してATMで借入・返済ができます。

こんな方におすすめです!

19
台風で破損した家の補修、病気やケガでの長期入院、子供の海外留学など急にまとまった大金に備えたい!という方にフリーカードローンはおすすめです。

地方銀行のカードローンの利用限度額の相場は300万円~500万円、大手消費者金融では500万円といったところですが、同ローンの場合は800万円までなので、さまざまな支出にもたいていの場合対応でき安心できるでしょう。

借入金利は固定金利が採用されているので、変動金利ほど頻繁に変更される心配は少なくて済みます。金利自体も4.5%~13.3%で設定されますが、上限金利については他行のローンより1%程度、消費者金融より4%程度低くなっているのでお得です。できるだけ低い金利で安心してローンを利用したいという方はフリーカードローンを検討してはどうでしょうか。

また、フリーカードローンはWEB完結型の申し込みもできるので、申し込みに手間をかけたくないという方にも最適です。この申し込みは、四国銀行に口座があり申込金額300万円までの方が対象になりますが、本人確認書類や収入証明書類の提出や印鑑が不要で、申し込みから契約まで来店なしで手続を完了できます。