女性専用のレディースローンをご存知でしょうか。
主に消費者金融が行っており、女性利用者のために申し込みや相談などをすべて女性スタッフが対応してくれるというサービスです。
専業主婦やパートの方でもお金が必要な状況はいくらでもあるでしょう。

子どもの養育費が・・・

結婚資金に・・・

趣味で習い事に通う資金に・・・

このような理由でカードローンを利用したくても、男性スタッフに相談するのは抵抗を感じてしまう、なんてことってありますよね。
あるいは旦那や家族にばれたくないという人も。

こんな理由でも審査通るのかな・・・

夫に内緒で借りたいけど、バレナイかな・・・

これらの不安を感じる女性も少なくありません。
レディースローンはこういった女性ならではの不安を解消して、気軽に利用してもらうために考えられたサービスなのです。
では、実際にレディースローンを使う女性たちは、どんな目的でレディースローン利用しているのでしょう。

■レディースローンの利用目的ランキング


レディースローンといっても、基本的には通常のカードローンと何も変わりません。
対応してくれるのが女性スタッフになるというだけです。
カードローンとしての金利や限度額などは通常のプランと同じで、あくまで「女性でも相談がしやすいように」という配慮から考案されています。
因みにレディースローンを取り扱っているのは主に消費者金融のカードローンで、銀行ではほとんどありません。

◆1位 レディースローンの使い道で多いのは「生活費」

キャッシングやカードローンを利用する人の利用目的でもそうですが、レディースローンの利用用途で1番多いのは生活費娯楽費です。
レディースではなく通常のカードローン利用者データですが、「ジャパンネット銀行」の行った意識調査があります。

使用目的3

ジャパンネット銀行

この調査は、年収別にジャパンネット銀行カードローン利用者の利用目的を分析調査したものです。
男女による区分けが行われていませんが、利用目的の大半を「生活費」と「娯楽・交際費」が占めています。
レディースローンは女性専用という特性はありますが、基本的には通常ローンとそこまで大きな違いはないでしょう。

旦那の給料日前だけど、家族でちょっといいところに外食

今月はギリギリだけど、彼氏や友達との旅行にお金が必要

一人暮らしだけど、今月の家賃や光熱費が足りない!

状況はさまざまですが、これらのケースからレディースローンを利用する人は多いと思います。
とくに女性なら友達同士の外出も多いですし、季節に応じて、色々なオシャレのためにファッションにもこだわりたいところです。
このような理由から、レディースローンでお金を借りる女性も少なくありません。

ライフスタイルの中で、給料日前で手元にお金がないけど欲しいものがあるけど、期間限定でお金が入ってくるまで待っていたら間に合わない!
あるいはちょっと気になるコスメの新商品。流行に乗り遅れないためにも今すぐ試したい!
でも手元にお金がない…あと2週間すればバイト代やお給料が入るのに…
そんな女性たちも、よくレディースローンを利用しているようですね。

短期間で返済すれば余計な金利はかかりませんし、分割でいつでも臨時返済が可能です。

◆2位 子供の養育費などでレディースローンを利用

子どもが小学校や中学校に入学するときの入学金や、授業料などでレディースローンを利用する人も多いようです。
家計に関しては男性よりも女性が管理していることが多く、子どもの養育費も男性が思っている以上にかかります。
かといって、旦那さんに「お給料が足りない」と率直に言うのも気が引けてしまう。
次の給料日までのつなぎ金があればなんとかなる。
そんな状況でもレディースローンが活躍しています。

レディースローンの代表格は新生銀行の「レディースレイク」ですが、アルバイトやパート、あるいは収入がない専業主婦であっても借入が可能です。WEB完結も可能なので、パートナーや家族にばれないようにひっそりと借入もできてしまいます。
限度額は人によって異なりますが、最大500万円まで借入ができるので、使わなくてもカードを持っておくだけでも安心です。

◆3位 旅行やレジャー費用

給料日前や、金欠のときにでも家族やパートナー、友達と旅行・レジャーにいく予定が立つことは珍しくありません。
そんなときに「今お金がないからいけない」とは、なかなか言えませんよね。
せっかくの機会にお金がないからと断ってしまうのはもったいない。

ローンは返済すれば借金という負債をなくすことができます。
しかし、そのときの友達や家族との旅行の時間は返ってはきません。
金利はお金と一緒に先取りした相手との時間の手数料と考えてみてください。

レディースローンを利用して、旅行費用を立て替え、給料が入り次第返済していく。
そうすれば旅行も行けて、余計な金利も払わなくて済みます。
滞りなく返済すれば金融機関からの信用も高まるので、一石三鳥です。

金融機関は金利を稼ぐためにも、できるだけ長期間借入をしてもらいたいと思っています。
しかし、私たち利用者側からすると、できるだけ元金以上のお金は払いたくありませんよね。

旅行などで使ったお金は、お金が入り次第すぐに返済すれば余分な金利も発生せず、なおかつ今お金が必要な状況も乗り切ることができます。
カードローンというと借金という側面から後ろめたく感じるかも知れませんが、使い方次第では非常に便利なサービスです。
レディースローンであれば、女性ならではの不安や疑問にも女性スタッフが丁寧に答えてくれるので、急遽予定外の出費が発生して困っている方は気軽に相談してみるといいでしょう。

■レディースローン対応の銀行・金融機関

女性専用の回線としてレディースローンを設置している銀行や、消費者金融は多くありません。
今後増えていく可能性もありますが、現状で扱っている金融機関は下記の通りです。

◆レイク(レディースレイク)

使用目的1

新生銀行が運営するレイクはレディースローン対応の金融機関です。

銀行カードローンに分類されるため総量規制の対象外になるため、年収に関係なく借りることができます。

消費者金融よりも銀行ローンがいいという方は、レディースレイクがおすすめです。

◆プロミス(レディースキャッシング)

使用目的2

消費者金融の一角であるプロミスのレディース専用ダイヤルです。

女性専用の回線が用意されており、相談や質問で電話をすると必ず女性スタッフが対応してくれます。
専業主婦や学生でも申込みでき、初めての利用から30日間は利息もつかないので、カードローンやキャッシングが初めての方にもおすすめのカードローンです。

以上の2社がレディースローンとして有名な金融機関となります。
その他にもいくつかありますが、金利やサービスの面においては大手以上の内容ではないため、基本的にプロミスかレイクのどちらかがおすすめです。

■まとめ

いかがでしたか?
レディースローンの使用目的は意外と単純なものが多く、生活費や欲しい物を買うためなど、誰もが考える用途ばかりです。
ただ後先考えずに借り入れてしまうと、後々返済が辛くなってくるので、借りたあとに入ってくるお金のことも計算に入れた上でショッピングや生活費に活用してくださいね。