借り過ぎで困った!もう返済できない!そんなときは誰かに相談しよう

お金を借りすぎてしまった、もう返済できない、違法な業者にひっかかってしまった・・・そんなときは、ひとりで抱え込まずに誰かに相談するのがベストです。できれば、公的機関などがおすすめです。そこで、今回はカードローンなどで悩みを抱えている人が、相談先にもってこいなのはどこか、そうした相談先を集めてみました。カードローンでキャッシングしすぎて困ってしまった場合は、ぜひこちらを頼ってみてください。

もう限界・・・債務整理を考えるとき

本来、借りたお金は何としてもでも返すべきです。ですが、どうしても返済が不能になってしまうときがあります。そんなときは、最終手段として債務整理があります。正規の業者から借りている借り入れであれば、債務整理によって、借金がきれいになる可能性があります。

債務整理で困っているとき、借金で悩んでいるとき

・財務局・・・財務局には、多重債務者相談室があります。全国に設けられていますので、電話して確認してみると良いでしょう。借り入れに困った、もうこれ以上借り入れできないけど借りたい、もう破産寸前、借金で困っている場合には、こちらの多重債務相談室にて無料で相談に乗ってくれます。ただし、相手は公務員ですので、平日の9時から17時までしか連絡が取れません。昼休みなどは混雑している可能性がありますので、会社員の方などは注意してください。

・地方自治体の多重債務相談室・・・地方自治体も、多重債務者相談窓口を設けています。お金がもう限界、借り入れの相談に乗ってほしい、誰かに話を聞いてもらいたい・・・そんな人には、こちらの電話番号もおすすめです。北海道ならばフリーダイヤルが用意されていることもあり、消費生活センター・社会安全課・市民相談係への電話番号が記載されていますので、一度頼ってみるといいでしょう。こちらも相手は公務員ですので、平日の朝9時から17時までしか連絡は取れません。多重債務の入り口に入っていると思ったら、ただちに相談してみると良いでしょう。相談は無料で、電話代だけがかかります。お願いすればコールバックをしてくれることもありますので、安心して相談しましょう。

・法テラス・・・法テラスもおすすめです。収入状況に応じて、無料もしくは格安で弁護士をつけることができます。債務整理を行うのに、あなたはもうクタクタだと思います。そのため、面倒な債務整理のあれやこれやは、司法の専門家にまかせてしまいましょう。法テラスなら、話を聞いてもらうだけなら無料で相談に乗ってくれます。

・弁護士会・・・日本で活動する弁護士は、すべて弁護士会に登録しています。そのため、こちらで債務整理に強い地元の弁護士を紹介してくれます。いくら法律全般を勉強して試験に合格した弁護士とはいっても、交通事故に強い、過払い金請求に強いなど、営業している得意ジャンルがあります。その中で、債務整理に強い弁護士を紹介してもらえます。そして、ブラックになっていたとしても、弁護士の顧問料は分割払いが効きますので、安心して依頼することができます。まずは、関東弁護士会など、地域の弁護士会に連絡を取ってみて、弁護士の連絡先を聞くことからスタートしましょう。飛び込みで入った弁護士事務所では、債務整理が得意とはいえない先生が担当になるリスクがあります。

・日本司法書士会連合会・・・弁護士事務所は敷居が高い、もしくは、債務整理の額が少額であるなど、それほど大きな金額でない場合は、司法書士に頼むのもおすすめです。こちらも司法書士の先生によって得意ジャンルが異なりますので、日本司法書士会連合会に連絡して、そちらの地域の債務整理に強い司法書士を紹介してもらいましょう。こちらに登録されている司法書士なら、資格を持って会費を払っている正規の先生ですので安心です。焦ってヤミ司法書士にひっかからないようにしましょう。

・日本貸金業協会・・・カードローンの業者が自主的に集まって、協会を形成しているのが、日本貸金業協会です。こちらでは、中立的な視点から、借金に対しての解決を支援してくれます。借り入れに対して聞きたいことがあったり、返済に困ってしまったり、また、家計のことで相談があったり、その他、借り入れをできなくしたいとか、保証人になってと頼まれたとか、どこに相談したらいいかがわからないとか、そうした相談事がある場合に、すぐに連絡を取りましょう。貸金業の集まった協会ですが、中立的なアドバイスと家計診断を行ってくれます。他の機関を紹介してくれるなど、さまざまなアドバイスをくれますので、相談してみると良いでしょう。

・財団法人日本クレジットカウンセリング協会・・・公益組織なので、安心して相談できます。無料で任意整理などにも取り組んでもらえて、クレジットやカードローンなどで限界が来た場合、多重債務状態になってしまった場合などに大きな力になってくれます。家計の再建などの力にもなってくれますので、借金で生活がめちゃくちゃになっている人は、一度相談してみるとよいでしょう。もちろん完全秘密厳守で行ってくれますので、何か不利益があるということはありません。借り入れが限界に来て、返済もこれ以上できないというようなときに、心強い味方となってくれます。

・全国銀行協会・・・こちらは銀行カードローンでパンクしそうな方におすすめの相談先です。銀行が自主的に集まった協会ですので、中立的な立場から、銀行カードローンがもう限界である場合に、相談に乗ってくれます。銀行カードローンは年収をオーバーした借り入れが可能ですので、ついつい借り入れしすぎになってしまいます。そんなときに、おすすめなのが、こちらの全国銀行協会です。

ヤミ金で困っているとき

・警察・・・ヤミ金などで困ったら、警察に相談してください。自分で解決しようと思わず、外部機関を頼ることも非常に重要な手段となります。もうお金がないと思いますので、弁護士などは費用が発生してしまい、ますます負担となってしまいます。警察ならば税金で運営されていますので、無料で相談に乗ってくれますし、嫌がらせをストップさせたり、うまくいけばヤミ金業者を逮捕してくれたりする可能性があります。

・消費者生活センター・・・消費生活全般で困ったら、消費者生活センターもおすすめです。苦情や相談などに乗ってくれて、改善方法を一緒に考えてくれます。ヤミ金などで困っているときはこちらに相談することで、解決方法を考えてくれます。警察ほどの強制力はないのですが、公的機関ですので、安心です。公正な立場で相談に乗ってくれます。

登録貸金業者への苦情・相談がしたいとき

登録している正規の貸金業者でも、まれに法律に違反したり、すれすれの行動を取ってしまったりすることがあるかもしれません。そんなときは、

・財務局
・都道府県
・日本貸金業協会
・国民生活センター

に相談してください。URLはこの記事にあります。正規の業者であれば、貸金業法にのっとってお金を貸す必要がありますので、違法な行動、目にあまる行動がある場合は、注意勧告を行ってもらえます。それでも違反行為がストップしない場合は、免許の剥奪なども考えられますので、どんどん相談すると良いでしょう。公的機関には、遠慮なく相談しましょう。

その他法律相談

その他、借金問題には、何かと法律相談が欠かせません。

・法テラス
・弁護士会
・日本司法書士会連合会

などが相談に乗ってくれます。借金で困った時、思い切って債務整理をするのもひとつの手だと思います。それ以上、便利なクレジット等が使えなくなりますので、あまり積極的に推奨はできないのですが、いざというときには、救済手段となります。

・国は、政府を挙げて多重債務問題に取り組んでいる

不景気が進むにつれて、カードローン利用者の数は急増しています。最大で1000万人が借りているとの調査報道もあり、現在のところ、国も政府を挙げて、多重債務問題に取り組んでいます。

・首相官邸多重債務者対策本部・・・こちらも参考になるホームページです。政府がどのようにして多重債務者対策に乗り出しているか、知ることができます。

・金融庁多重債務者対策本部有識者会議・・・こちらは、金融庁が行っている多重債務者対策の有識者会議の様子がわかります。

・よくある相談ランキング口コミ ベスト3

では、どのような相談が多いのでしょうか。実際に相談してみた人の口コミを見ていきましょう。

1位:借りすぎてしまって、もうこれ以上借り入れできない。でもお金が必要
カードローンでのキャッシングが上限に達してしまって、借り入れできないけど、どうしても借り入れしたいという相談です。これは無理がありますが、そうした相談は多いです。

2位:嫌がらせがやまない。違法な業者で借り入れしてしまった

嫌がらせが止まない。この業者は違法だと思うが、どうしたらいいかわからない。弁護士や警察に相談しても、解決できないというときに、相談してくる人が多いようです。実際、相談に乗ってもらっても解決できない場合がありますので、そのときはヤミ金につよい弁護士などに依頼する必要があります。

3位:自分が多重債務かどうか診断してほしい

自分が多重債務状態になっているか、家計を診断してほしいという相談です。客観的にみると多重債務状態でも、本人は気がついていないことがあります。そんな時、相談してみて、客観的なアドバイスをもらうことができます。

まとめ:ここに載っている機関なら安全!まずは相談してみよう!

合法、違法を問わず、借り入れで困ってしまった場合、お金を借りたいけれどもう限界、返済したいけれどもう限界、などの場合には、行き詰まる前に一度、公的機関に相談してみてください。弁護士や司法書士をのぞいて、無料で利用することができます。また、弁護士会や司法書士会も、相談だけなら無料であるケースも多いです。借金が膨らみすぎる前に、ヤミ金に手を出してしまって人生が破綻する前に、相談しましょう。また、もし仮に破綻してしまっても、また人生はやりなおすことができます。こうした相談窓口を上手に使うことによって、人生を立て直すことが可能となるのです。ぜひこうした相談窓口を使って、借り入れの問題を解決してください。何よりも、やる気を出して、人生を立て直すんだという強い気持ちを持って、借り入れの相談をするようにしましょう。