カードローンに関する無料相談窓口をお探しですか?

 

カードローンは事前の返済計画とスケジュールを詳細に組むことで、リスクを最小限に抑えることができます。

 

しかし、思っていた通りに状況が運ばず、多重責務などに陥り返済が困難になる状況も少なくありません。

 

そんなとき、専門家や専用の相談窓口があれば安心ですよね。

銀行などの実店舗が近所にあるカードローンであれば、実際に足を運んで直接相談することをオススメします。

 

店舗が近辺にない場合は、そのカードローン会社のサポートセンターなどを利用するといいでしょう。

 

またカードローン会社と何かしらのトラブルになったときは、多重責務や金融関連に悩む人を対象としている公共機関を頼ってください。

 

この記事ではカードローンに関することで何かしらの相談をしたいときに、どこに連絡をするべきかなどを解説します。

 

最後までじっくりと読めば、カードローンで困ったときも落ち着いて対処できるようになるでしょう。ぜひ参考にしてみてくださいね!

 

■カードローンで起こるトラブルや悩みとは

カードローンは上手に活用すればとても便利なサービスですが、状況次第では悩みやトラブルの元にもなります。

 

一般的にカードローンの悩み・トラブルと聞くと、多重責務などで返済が困難になることをイメージする人も多いのではないでしょうか。

 

たしかに経済困難や多重責務で返済が困難となるケースもありますが、カードローンに関する悩みやトラブルはそれだけではありません。

 

例として、以下のような状況が代表的です。

 

カードローンに関する悩み・トラブル例

・多重責務などでの返済困難

・カードローンのカードを落とした/盗まれた/失くした/壊した

・カードローン業者が悪徳業者でトラブルになっている

・カードローンに関してわからないことがある

 

あくまで一例ですが、このような内容で悩まれる方もいます。

問題はこれらの状況になったとき、どこに相談すればいいのかです。

 

単純にカードローン会社に連絡すれば解決する場合もありますが、内容によってはその限りではありません。

債務に関するトラブルになれば、弁護士に相談する必要も出てきます。

 

カードローンに限らず、債務や金融関連の無料相談窓口は多数用意されているので、状況によって使い分けるようにしましょう。

 

次から具体的なカードローンの無料相談窓口を紹介します。

 

■困ったときのカードローン無料相談窓口一覧

はじめに下記の方法で解決するので悩みであれば、それに越したことはありません。

 

・カードローン会社の店舗窓口に行く

・カードローン会社に電話で相談する

・カードローン会社にチャットやメールで問い合わせる

 

基本的な相談は、このいずれかで解決できると思います。

ここから先にご紹介するのは上記の方法だけでは足りない人(法的措置も必要など)や、直接カードローンに関係ないことも含めて、相談したい人を対象にした相談窓口です。

 

【1】消費生活センター

全国に無料相談窓口が設置されており、誰でも気軽に相談できます。

カードローンに関わらず、生活に関するあらゆるトラブルや悩みごとを受け付けています。

 

【2】日本貸金業協会

貸金業を営む人たちが任意加入して運営している自主規制機関です。

カードローンや債務に関する悩みや苦情を受け付けているほか、悪徳業者の情報なども随時更新・公開しています。

 

これからカードローンを利用する人も、既に利用している人も定期的に見ておくようにしましょう。

 

【3】日本クレジットカウンセリング協会

カードローンや、借金返済・多重責務に関する相談を専門に受け付けている無料相談窓口です。

 

電話やメールでの受け付けはもちろん、各地に相談室も設置しているので対面で話を聞いてもらうこともできます。

 

【4】警察

悪徳貸金業者など法律を無視した違法な業者にお困りなら、警察に相談するのも1つの手段です。相談の際には書類・音声・映像・写真など明確な物的証拠を揃えておくと、裁判になったときにも有利に立ち回れます。

 

【5】金融庁

金銭に関するさまざまな情報が掲載されており、借金や悪徳業者に関する内容も多いので、これらかキャッシングの利用を検討中の方は先に目を通しておくと良いでしょう。

 

【6】法テラス(日本司法支援センター)

国が設立した法的なトラブルに関する総合的な相談機関です。

ローンに限らず、法的措置が必要な悩みやトラブルに関して電話・メールでの無料相談ができます。

 

また利用時間に一定の限りはありますが、弁護士と対面で相談することも可能です。

今後本格的に法的措置に頼る予定であれば、先に相談してみてはいかがでしょうか。

 

【7】弁護士事務所

無料ではありませんが、直接弁護士に相談する方法もあります。

カードローンの法的トラブルであれば、無料相談より直接弁護士に相談した方がスムーズに進むケースもあるので、参考程度に。

 

■カードローンで困らないためには

カードローンでトラブルや悩みを作り出さないためには、何より事前の準備とリサーチ・計画が重要です。

 

多重責務とならないための計画はもちろん、キャッシングしようと思っている会社が正規の貸金業者かどうかも確認しておきましょう。

 

また、現在の経済状況が将来的にも継続できるかの保障は誰にもないので、いざというときの対策も考えておくべきです。

 

あらゆる状況を想定した上で、可能な限りリスクを減らした状態にしてからカードローンを利用するようにしましょう。

 

トラブルにならないよう対策できるのが理想的です。

しかし、どうしてもトラブルになりそう(あるいはなった)ときはできるだけ早く専門の相談窓口に連絡するようにしましょう。

 

基本的にお金関連のトラブルは、時間をかけるほど面倒な状況になりやすいです。

問題・危機管理をしっかりとして、上手にカードローンを活用してくださいね!

 

■まとめ

多重責務や金融トラブルは、事前の準備やリスクヘッジ(危機回避)で極力避けられる部類の内容です。

今現在、カードローンなどで困っている人はご紹介した無料相談窓口を利用してみてください。

 

また今後カードローンを利用する予定の人は、これらの無料相談窓口があることを知っておきましょう。