img_121

総裁規制の内容を正しく理解しておくことで、マネーライフをより充実させることができるかも?借りられない!と嘆く前に総量規制についての理解を深めましょう。

総量規制があっても賢く借りればお得に使えるカードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能※p2 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能
1,000円

~800万円※I2

年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※P2:※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)
※I2:一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。

2006年12月に成立し、その後段階的に施行され、2010年6月18日に完全施行となった総量規制。2006年前から消費者金融を利用されてきた方の中には「お金をかりにくくなった」「追加融資の停止措置をとられ追加融資してもらえなくなった」と嘆かれている方もいるようですね。

確かに、総量規制が施行されたことにより、追加融資や新たな借り入れが難しくなった感はありますが、そもそも総量規制って何?と聞かれて詳細を答えられる人は少ないのではないでしょうか?

おそらく多くの方は、「年収の1/3を超える融資を受けることができなくなったんだよね?」そんな風に答えるのでは?
確かに、総量規制とは、「年収の1/3を超える貸し付けが原則禁止」となった法律ですが、すべての貸付が該当する訳ではありません。

icon07ですから、「もうどこからも借りられない!」と諦めている方のなかにも実は、融資を受けられる可能性ある人もいるかもしれません。
また、利用の仕方によっては借り入れ総額をシェイプアップすることができるかも知れません。

もちろん、身の丈以上の借入れを行うと自転車操業や借金地獄に陥ることもありますので、借り入れの際にはしっかりと返済計画を立てることが大切であり、必要以上の借入れを行わないようにお金の使いみちも自ら厳しくチェックすることをお薦めしますが、借り入れ問題に悩んでいる方のためにこのサイトでは、総量規制について詳しく解説していきますので、参考にしてみてくださいね。

そもそも総量規制って何?

img_122

総量規制とは、貸金業法で定められた貸出制限のこと。
分かりやすくいうと「個人の借入総額が、原則、年収などの3分の1までに制限される」仕組みのことです。

総量規制となる借入

総量規制は、貸金業法で定められた制限ですから、対象となる貸付は消費者金融、クレジット会社、信販会社など財務局又は都道府県知事の登録を受け貸金業を営んでいる業者からの借入になります。

貸付契約には4種類あります。

  • 個人貸し付け
  • 個人保証
  • 法人貸し付け
  • 法人保証

総量規制の対象となるのは「個人貸し付け」のみです。
(個人の借入総額に対する制限といっても個人保証については対象ではありません)

総量規制の対象にならない借入

img_123

貸金業法ではなく、銀行法のもと営業している銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫、農協などは総量規制の対象になりません。
それから、クレジット会社、信販会社などは貸金業者であり、キャッシングサービス分については総量規制の対象となりますが、クレジットカードを利用してショッピングした分については対象外となります。

また、総量規制には「例外」と「除外」があり、これらに該当する場合は、年収の1/3を超える融資を受けられる場合もあります。

総量規制の例外について

  • 貸金業者が過剰な貸付を防止するために施行された総量規制ですが、
  • 顧客に一方的有利となる借換え
  • 緊急の医療費の貸付け
  • 社会通念上緊急に必要と認められる費用を支払うための資金の貸付け
  • 配偶者と併せた年収の3分の1以下の貸付け
  • 個人事業者に対する貸付け
  • 預金取扱金融機関からの貸付けを受けるまでの「つなぎ資金」に係る貸付け

(施行規則第10条の23第1項各号)
上記については、貸付残高として算入はされますが、新たな融資申し込み金額に対して返済能力があると判断した場合、例外的に年収の1/3を超える貸付をおこなっても良いことになっています。

総量規制の除外について

  • 不動産購入または不動産に改良のための貸付け(そのためのつなぎ融資を含む)
  • 自動車購入時の自動車担保貸付け
  • 高額療養費の貸付け
  • 有価証券担保貸付け
  • 不動産担保貸付け
  • 売却予定不動産の売却代金により返済できる貸付け
  • 手形(融通手形を除く)の割引
  • 金融商品取引業者が行う500万円超の貸付け
  • 貸金業者を債権者とする金銭貸借契約の媒介

(施行規則第10条の21第1項各号)
総裁規制の除外とは上記のことで、総裁規制の貸付残高には含まれません。

img_104
ですから、例えば年収300万円で既に消費者金融から100万円の借り入れがあるといった場合でも、貸金業者の住宅ローンや自動車ローンを組むことは可能ということになります。

銀行系カードローン(消費者金融カードローン)は総量規制?

img_124

銀行カードローンと銀行系カードローンを混合されている方も多いようですが、銀行カードローンは、銀行自体が発行しているカードローンですから総量規制の対象外です。

おすすめ銀行カードローン

rank1 楽天銀行

実質年率 1.9〜14.5%
限度額 800万円

スマホからも手続きかんたん!入会だけで楽天スーパーポイントがもらえます。主婦やアルバイトもOK♪
楽天スーパーカードローン縦ランキング

抑えておきたいポイント!

総量規制について、ご理解いただけたでしょうか?
専門用語も時々出てくるのでイマイチ分からない?!という方ももしかしたらいらっしゃるかもしれませんね。
そんな方のために、総量規制に関するよくある質問を交え抑えておきたいポイントを少し掘り下げて説明しますね。

q2総量規制に罰則はあるの?

a2年収の1/3を超える借入を行ってしまった場合、罰則はあるのか?気になる人もいるかもしれませんが、万が一そのようなことがあったとしても借りた人が罪に問われることはありません。ですが、貸金業者は貸金業法違反もしくは出資法違反となり処罰されます。

複数の貸金業者から借入を行っている利用者から、計算ミスをして年収の1/3を超える融資を受け総量規制違反してしまったら困る…という意味で罰則があるのか?という質問が寄せられることがありますが、健全な貸金業者から借入を行う場合は、しっかり管理されているので心配はありません。

貸金業者へ50万円を超える融資の申込みをする場合や他社借り入れ分も含め融資額が100万円を超える申込みを行う場合は、収入を証明する書類が必要となっています。申込み金額に関わらず貸金業者は審査の一環として、信用情報機関に申込者の他社借り入れ状況を含む顧客データーの問い合わせを行い、年収と他社借入総額&融資申込み金額とを照らし合わせ確認するので例え申込者が他社借り入れ総額を間違えて申請していたとしてもその時点で判明します。

ちなみに、健全な貸金業者であれば、年収の1/3を超える融資を行いませんので、申込者にその旨の連絡が来ます。

img_125

ただし、ヤミ金や街金と呼ばれている違法な業者の場合は、そもそも総裁規制に準じていないので融資してくれると思いますが、そういったところから借りるのは危険ですので絶対にやめましょう。

どうしてもお金に困っているなら、総量規制の例外、除外に該当しないか今一度確認してみてください。

例外貸付け「顧客に一方的有利となる借換え」に保証人や担保は必要?

img_126

総量規制例外貸付けのひとつに、「顧客に一方的有利となる借換え」があります。
この例外を利用するとなると高額融資になるので保証人が必要になってくるのでは?と心配される人もいるようですが、現在保証人や担保なしで借入を行っているのであれば、例外を利用し借換えする場合も保証人は必要ありません。

なぜなら、この例外貸付けは「総量規制に抵触している者の借入残高を段階的に減らしていくための借換え」という規定に基づき、顧客に一方的に有利となる借換えの場合にのみ許される融資だからです。

つまり、複数の貸金業者からの借金をまとめることにより借換え後の金利が下がり段階的に残高を減らしていくことができる。月々の返済額も、借換え前より減らなければ顧客にとって一方的に有利になる条件といえませんよね?

保証人や担保についても同じことがいえます。消費者金融のカードローンなど貸金業者から融資を受ける場合、原則保証人不要となっているのでおそらくほとんどの方は、保証人や担保なしに融資を受けていることと思います。

にも拘らず、借換えするために保証人や担保をつけなければならない!となると借換え前より条件が厳しくなってしまうことになるため、「顧客に一方的有利となる借換え」の条件を満たさないことになります。

img_104つまり、保証人や担保をつけることを条件に総量規制の例外貸付けを利用して貸金業者が融資することは法律で認められていないということになります。
ですから、現在保証人&担保なしで融資を受けている人が総裁規制の例外貸付け「顧客に一方的有利となる借換え」を利用して融資を受ける場合、保証人&担保をつける必要はありません。

総量規制の例外を利用して専業主婦がお金を借りるのは大変?!

img_127

総裁規制が施行されたことで収入のない専業主婦がお金を借りるには、銀行のカードローンを利用するか総裁規制例外の「配偶者貸付け」を利用するという2つの選択肢しかなくなりましたが、「配偶者貸付け」を利用すると、審査次第ではありますが配偶者と合わせた年収の3分の1までの貸し付けが可能になります。

ですが、

  • 配偶者の同意書並びに住民票や戸籍抄本など婚姻関係を証明する書類が必要
  • 融資希望額によっては配偶者の年収を証明する書類も必要
  • 審査の一環として配偶者の在籍確認が行われる

など、通常の申込みより多くの書類が必要になりますし、配偶者の同意は必須となりますので、「内緒で借りる」ことはできません。

「配偶者貸付け」を利用して融資を受けることができる、ということは主婦にとって大きなメリットではありますが、手続きが煩雑になる、という点はデメリットでもあります。

また、事実かどうかは定かではありませんが、口コミなどを覗いてみると…利用者側だけでなく申込まれた側の貸金業者も一般的な申込み書類よりも多くの書類を確認しなければならないなど作業が増えるため積極的に「配偶者貸付け」を行っているところはほとんどないとか?!

ちなみに、「配偶者貸付け」を利用するのに配偶者の同意は必須!
さらに、配偶者の在籍確認も行われることですし、同じ借りるのであれば「配偶者貸付け」を使わず、配偶者に事情を話し直接借りてもらった方が早い!という結論に達する主婦(もしくはご夫婦)が多いようです。

 総量規制があっても借り方しだいでお得になるカードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

アイフル

無利息期間 はじめての人は最大30日間
実質年率 3.0%~18.0%
限度額
1,000円~800万円まで

※I2

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なアイフル。※I1
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※I1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。ご連絡いただいた時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。
※I2:一部提携CD/ATMでのご利用は10,000円からとなります。