スマホ代を滞納すると大変なことに!

若い世代であればほとんどの人が持っていると思われるアイテムといえば、スマートフォンがあげられます。

スマートフォンを使っている人は、本体代金を分割で支払っている人がほとんどですね。

ただ、各社とも端末の本体代金部分については長期契約割引などで割引しています。

「本体代金実質0円」などと宣伝されていることもあり、支払っているという感覚がない人も多いことでしょう。

しかし、実際には分割料金は支払われていることを忘れないでください。

このスマートフォン代金を安易な気持ちで滞納してしまうことで、ブラックリストに入ってしまう人が後を絶ちません。

実際、2014年9月期の契約件数合計は1億1,067万件、2009年12月期が3,821万件なので、5年間で見ると契約件数だけで3倍弱増加しています。

滞納件数を見ると、2014年9月期は336万件、2009年12月期が92万件なので、約3.7倍増加している計算です。

全体に占める割合で見ると、実に約3%が滞納している計算になります。

出典:携帯電話のクレジット契約件数(累積)と滞納率の推移(株式会社シー・アイ・シー)

経済産業省も、実際に「携帯電話の分割払いに注意!」とお知らせを流しています。

また、政府広報オンラインにおいても、携帯端末代金滞納によってブラックリスト入りしてしまうことに対する注意が発表されていることからも、大きな問題となっていることが伺われます。

※「滞納」 約定返済日より61日以上または3ヶ月以上支払いが遅延している状態

携帯端末の分割払いは割賦販売法に基づく契約事項です。
信用情報の異動情報に掲載される事項には、割賦販売も含まれます。

そのため、スマホ代やその他ショッピングして分割払いにした際の支払い遅延についても、滞納があれば信用情報に異動情報が記載されるのです。

スマホ代の支払いを滞納すると何が起こる?

携帯電話の利用料金支払いが3ヶ月以上遅れると、2つのことが同時に発生します。

  • 携帯電話の利用料金を滞納することで、携帯が止められる
  • 分割料金を滞納することで、信用情報に遅延を示す「A」マークが表示される

まず、今持っているクレジットカードやローンカードなどが、滞納ブラックで止められる可能性が出てくるでしょう。

そのため、新たな借り入れはできなくなります。

通常、ブラック情報は5~10年間は消えないので、カードに申し込んでも審査に落ち続けるでしょう。

また、社会人になって結婚、家を買おうと思って住宅ローンに申し込んだら、審査に落ちるということにもなりかねません。

スマホ代の滞納は、このように怖いものなのです。

今持っている人は、安易に滞納することで上記のようになってしまう可能性があることを考えて行動するようにしてください。

2~3万円を用意するにはどんな方法がある?

意外と多い?2~3万円を用意する方法

2~3万円を用意する必要が出てきた時、できることには何があるでしょう?

  • キャッシング
  • 消費者金融
  • 銀行系カードローン
  • 家にある不用品などを売る

この他にもたくさんありますが、ここでは思いつく中で代表的なものをあげてみました。

こうしてみると、できることは意外と多くあるものですね。

2~3万円を用意する方法 おすすめは?

ここで、上記の例であげたものの中で見てみましょう。

上の3つはお金を借りる方法(借金)で、最後は借金以外の手段となります。

「不用品を売る」というのは、次の手段で買い取ってもらうことです。

  • 近所のリサイクルショップへの持ち込み
  • ヤフオクなどのオークションサイトに出品して売却

急いでいる場合であれば、リサイクルショップに持ち込むのが一番確実といえます。

ただ、その場合には難点が1つ。

お金を借りることに抵抗のある方にとって、不用品を売るのは有効な手段です。
しかし、いくらで買い取ってもらえるかは、お店側の裁量によります。

基準に沿って買取金額が決まるため、希望金額に届かない場合も。

一回で希望金額に届けばいいですが、届かなければ複数の店舗を回るなどしなければならないため、その分時間がかかってしまうでしょう。

その他、お店に持ち込む手間などもかかります。

キャッシングの場合はキャッシング枠のあるクレジットカードを持っていること、カードローンの場合は申込後審査に通ることが前提となるものの、最短数時間程度でお金を用意することも可能です。

ただ、借金に抵抗のある方は、利息を払うという点に抵抗感を持たれるのかもしれません。

その点については、ご安心ください。
業者によっては、無利息期間サービスがあります。

無利息サービス期間は初回限定で、大抵は30日~35日間となります。
その期間内に完済できれば、本来支払わなければならない利息は全て無料です。

2~3万円というのは少額融資とはなってしまいますが、ワカル編集部としてはキャッシングもしくはカードローンを使って用意することをおすすめします。

お金を借りる手段としておすすめは?

お金を借りる手段には、3つあります。

  • クレジットカードによるキャッシング
  • 消費者金融系カードローン
  • 銀行系カードローン

この中で、おすすめの手段をまとめてみました。

おすすめするのは消費者金融!

先に、お金を借りる手段には3つあると書きました。

キャッシングは、キャッシング枠のあるクレジットカードを保有していれば利用可能です。

カードローン専用のカードよりも、キャッシング枠のあるカードを持っている人の方が人数としては圧倒的。

デメリットとしては、原則一括払いということとやや利息が高いという点です。

しかし、2~3万であれば一括で返済する方もいらっしゃいます。
また、利息が高いと言ってもそんなに気にならないという方がおられるのも確か。

クレジットカードがあれば利用できるという気軽さも、またメリットといえるでしょう。

カードローンの場合は、消費者金融系もしくは銀行系の2つあります。

カードローンもキャッシングと同じく利息が発生するため、利息を払って返済しなければなりません。

消費者金融系の上限利息を見ると、キャッシングとそう変わらない利息設定です。

銀行系の場合は、利息面で見ると上限利息でも4%前後低い利率となっています。
ただし、一部ネットバンクでは消費者金融系と同じような設定になっているので、注意してください。

ただ、銀行の場合は審査に時間がかかりやすいのが欠点。

やはり「少しでも利息が安い方がいい」と考えるのでしょう。

カードローンを取り扱っている銀行に問い合わせてみても、「申込数が多くなっているため、即日審査・即日融資が難しい」という回答が多いのが現状。

その点、消費者金融系であれば最短で30分~1時間で審査結果が出ます。

多少時間がかかる場合があっても、在籍確認が進まないなどの特殊な事情がない限りは、その日のうちに審査結果が出ているようです。

先述したように、消費者金系の場合は多くの業者で無利息サービス期間を設けています。

その点で考えると、消費者金融がもっともおすすめです。

カードローンとキャッシングのメリット・デメリットについては、こちらの記事も参照してみてください。

今日中に1万から10万まで借りたい場合のカードローン・キャッシングどっち?

その中でも、レイクがおすすめ!

カードローンには消費者金融系と銀行系があり、提供している業者も数多くあります。

「このままではブラックリストに載ってしまう。スマホ代を借りたい」と思うのであれば、その中でもレイクがもっともおすすめです。

理由は2つあります。

レイクは、もともと消費者金融業者でした。

しかし、2011年に新生銀行の傘下に入ったことで銀行カードローンに変わり、装いも新たに「新生銀行カードローンレイク」として生まれ変わりました。

「銀行カードローンは審査が厳しいのに、どうして銀行カードローンなの?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんね。

実際、審査が厳しそうという理由で二の足を踏む人が多いのも事実ですね。

しかし、レイクはもともと消費者金融で、審査の甘さもそのまま引き継いでいるため、銀行カードローンが持つサービス品質の高さと審査に際する壁の低さを両立しているののです。

レイクは無利息期間が選択でき、自転車操業になりにくい

カードローンを利用することに二の足を踏む人が、理由としてあげやすいのが「自転車操業になるのではないか?」という不安です。

自転車操業とは、「借りては返すを繰り返すことで、そのうちに他社への返済のためにさらに借金を重ねてしまう」状態のことをいいます。

ペダルをこいでいるかのように慌ただしく、前に進んでいる様子からこのように呼ばれているのです。

通常、自転車操業に陥りやすい人の行動パターンとしてあげられるのが、今月分は来月に、来月分を再来月へと繰り下げてしまうこと。

これを繰り返すことで、段々と借金の悪循環にハマっていってしまいます。

レイクの場合、30日間無利息(全額)の他に180日間無利息(5万円まで)を選ぶことができます。

180日間無利息を選べば、5万円までであれば最長180日間(契約日の翌日)利息を払わずに利用することが可能なのです。

もちろん、180日間無利息の間にも返済日がきます。

180日後に返済すればいいというわけではなく、約定返済日には返済しなければなりません。

しかし、180日間あれば2~3万円を調達することができるのではないでしょうか。

ただし、契約日の翌日からとなるので、契約してからお金を借りなければ、その分無利息期間は短くなってしまいます。

例えば、契約日の翌日より1週間後に借りた場合は、173日間無利息です。

契約するタイミングとしては、携帯電話料金の延滞が分かった時、もしくは引き落とし日に間に合わなさそうなことが判明した時点で、引き落とし日の直前に借りるといいでしょう。

そうすれば、ほぼ満期で無利息期間が発生します。

5万円までというと、「あまりにも少なすぎる」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、180日間といえばほぼ6ヶ月間です。

当然その間にも返済日がくるので、返済する必要があるものの、返済額全額が元本に充当されるので、利息に取られて元本が減らないということはまず起こりません。

5万円以上借りて、返済が長期に渡りそうであれば30日間無利息を利用した方がお得になりますが、スマホ代を支払うためであれば、レイクの180日間無利息がベストでしょう。

新生銀行カードローンレイクに申し込んでみよう!

最初に大まかな申し込み~利用開始までの流れを書いておきます。

  • 1.申し込み
  • 2.審査結果の確認
  • 3.契約手続き
  • 4.借り入れ

申し込み

申し込みは、全部で4つの方法があります。

  • インターネット(PC・スマホ・アプリ)
  • 携帯電話
  • 自動契約機
  • 電話

自動契約機でお申込みの場合は、下記時間帯での受付となります。

曜日 受付時間
平日・土曜日 8時~24時
日曜日・祝日 8時~22時
毎月第3日曜日 8時~19時

※年末年始は除きます。

電話・インターネットからの場合は、24時間申し込み可能です。

しかし、当日中に審査結果の確認を行いたい場合は、下記時間帯内に手続きを完了する必要があります。

申込方法 通常時間帯 毎月第3日曜日
電話 9時~21時 9時~19時
インターネット(PC・スマホ・アプリ) 8時10分~21時50分 8時10分~19時

※年末年始は除きます。
※上記時間帯以外にお申込みの場合は、翌営業日に審査結果を連絡します。

いつでも好きな時間にお申し込みいただける点で、インターネットを使ってお申込されることをおすすめします。

審査結果の確認~利用開始

自動契約機

自動契約機でお申込手続きを行う場合は、契約機上で必要事項を入力します。
入力後は本人確認書類を提示して、審査結果が画面に表示されるまでお待ち下さい。

※本人確認書類は、運転免許証、パスポート、個人番号カードなどがあります。
※審査結果の連絡は、最短約30分~40分です。

インターネット・携帯電話・電話の場合

インターネット・携帯電話からお申込みの場合は、入力フォーム上にて必要事項の入力を行います。

入力自体は慣れている人であれば、そんなに時間はかからないかと思います。

しかし、確認に手間取ってしまう場合もあるので、できれば名刺など情報がわかるものを手元においてから入力するといいでしょう。

電話の場合は、直接オペレーターから必要事項に関する質問があります。

そのため、多少時間がかかるかもしれませんが、不明点は直接質問ができるので、相談しながら申し込みたい人にはおすすめの方法です。

審査では、これまでの利用状況や延滞がないかどうか、申込内容が虚偽でないかどうかを見られます。

もし、ウソを書いていても審査で分かってしまうので、正直に申告することが必要です。

審査結果は、メールもしくは電話で通知されます。

メール・電話とも、「仮審査の結果○万円まで借入可能です」と連絡がきます。

その後、本人確認書類を提出して、本契約を行ってください。

手続きは、インターネットもしくは自動契約機で行うことができます。

お振込を希望の場合はインターネットで、カードの交付を希望される場合は自動契約機で行ってください。

※本人確認書類は、運転免許証、パスポート、個人番号カードなどがあります。

なお、初回借り入れを振り込みで行った場合でも、近くの自動契約機でカードを受け取ることが可能です。

継続して利用される場合は、持っておくと便利でしょう。

同じ新生銀行グループのノーローンもおすすめ!

スマホ代金の2~3万円を借りるのであれば、同じ新生銀行グループのノーローンも自転車操業になりにくいのでおすすめします。

ノーローンは、新生銀行グループの新生パーソナルローン株式会社が運営する消費者金融業者です。

ノーローンをおすすめする理由は、やはり無利息期間がある点にあります。

無利息期間は、借入日の翌日から1週間。
借入日の翌日から起算して8日目に利息が発生します。

無利息サービスを行っている消費者金融などの大半は30日なので、1週間というと「短い」とお感じの方もいらっしゃることでしょう。

しかし、ノーローンは全額を完済するだけで、完済月の翌月から再び1週間無利息を利用することができます。

例えば、4月1日に借りて4月6日に全額完済したとしましょう。

この場合、4月に全額完済したので、5月1日から再び1週間無利息で借り入れを行うことができるのです。

そのため、給料日の数日前に借りて引き落とし口座に入金、給料日に全額完済といった使い方ができます。

しかも、何度繰り返しても1週間は無金利で借りることが可能なため、自転車操業になりにくいという利点があります。

では、ノーローンではどうしてこのように変則的な無利息期間を設けているのでしょうか。

これは、使い勝手を良くすることで、ノーローンを少しでも身近に感じてもらえるようにということと推測されます。

実際、何度でも1週間無利息と聞くと、ノーローンを使いたいと思う人はいるでしょうし、心理的なハードルも下がるでしょう。

ただし、最初に書いたようにノーローンは消費者金融です。

そのため、世紀で借りた場合の利息は高め。
上限金利は18%です。

上限金利はやや高めなものの、計画的に返済することで楽天スーパーポイントが貯められるなど、計画的に返済できる人であればメリットを享受できる業者でもあります。

ノーローンでは、当日の12時までに申し込みを完了すると、当日中に指定の口座へ希望金額を振り込むことができ、カードを受け取る前の借り入れが可能です。

レイク・ノーローンは計画性の高い人におすすめ!

「スマホ代金の2~3万円を借りたい」
「必ず次の給料日で完済する」

このように計画性の高い方にとって、新生銀行カードローンレイク、ノーローンはおすすめできるカードローンです。

「何十万、何百万も必要ない。少しの金額を確実に借りて返済できればいい」
「しっかりと返済計画を立てて返済したい」

というような方であれば、特殊な無利息期間を持っている当ローンを有効活用できるでしょう。

レイクは5万円までであれば初回限定で180日間無利息、ノーローンは借入日翌日から1週間無利息、完済後翌月から何度でも1週間無利息となります。

レイクとノーローンをうまく活用して、お得にスマホ代金を調達しましょう。

計画性の高い方であれば、返済に困ることはないでしょう。

格安スマホなども検討してみよう

ここまでは、スマホ代の2~3万円を借りる方法について書いてきました。

いわゆるキャリアのスマホを使っていると、ついつい利用料金が高くなってしまいがち。

キャリアのスマホであれば、2年縛り(2年間使わないと違約金が発生する)があったり、通信がメインであればあまり必要のないことの多い無制限のかけ放題プランがついてきたりなど、いわゆるフル装備プランで契約してしまっていることが多くなります。

そのため、スマホの利用料金が端末代を含めて2~3万円に膨れ上がってしまうわけです。

ここまで何度も書いてきた通り、延滞しないことは何よりも大切。

安易な気持ちで延滞してしまうとブラックリストに入ってしまいます。

そうなるくらいであれば、ここで紹介したレイクやノーローンをうまく使って、引き落とし漏れをできるだけ防ぐことが必要です。

ただ、いくら無利息期間がある、何度でも1週間無利息が使えると言っても、何度も使っているうちに自転車操業にハマってしまわないとも言い切れません。

そこで、格安スマホの出番。

格安スマホというのは、自社の通信回線を持たずドコモ・au・ソフトバンクといった三大キャリアの回線を借用しているので、維持費がかかりません。

そのため、かけ放題の有無やショートメッセージサービス(SMS)の有無まで、自分で選ぶことが可能です。

その他、業者によっては低価格帯の端末も取り扱っているので、自分の好みに合わせた選択がしやすくなっています。

以前は実店舗の数も少なく、「設定でつまずいても聞ける人がいない」という理由で敬遠されがちでした。

しかし、最近ではワイモバイルや楽天モバイル、UQモバイルなどのように実店舗を設置して、実機を試すことができるようにしている事業者が増えてきました。

また、業者の実店舗に出向かなくても、ヨドバシカメラやビックカメラなどの家電量販店でも格安スマホを取り扱っているため、様々な事業者が提供している端末の使い勝手を試すことが可能です。

ただし、格安スマホにもデメリットはあります。

例えば、「@docomo.ne.jp」、「@ezweb.ne.jp」、「@softbank.ne.jp」などのキャリアメールが使えなくなるのは代表的なデメリットですね。

その他、接続情報などを自分で設定する必要がある、携帯ゲームやショッピングにおける決済手段として定着しているキャリア決済に対応できないという点も弱点になりえます。

全体的に、デジタル機器に苦手意識のある方には、少し敷居が高いという印象を持たれがちです。

しかし、最近は電話サポートや説明書の充実を図ることで、以前と比べ設定も簡単にできるようになっています。

また、キャリアメールの問題についても、Gmailなどのフリーメールを使うことで、不便さはある程度解消されます。

利用料金は端末代を含めて1万円程度まで抑えられるので、半額~それ以上大幅に下がってくる場合もあるでしょう。

ここまで下がってくると、借りなければならない金額もほぼ確実に少なくなるでしょう。

場合によっては、生活費の範囲内で支払えるようになり、まったく借りなくても済むようになるかもしれません。

少しでもカードローンの利用を少なくするに越したことはありません。
思い切って、格安スマホデビューしてみましょう。

まとめ~スマホ代に困った時は、これらのサービスを検討してみよう

「今月はスマホ代が払えない!なんとか給料日までしのがないと…」などのように、密かに焦っている人は意外と多いもの。

そんな人が気兼ねなく、内緒でお金を借りられるのが、新生銀行カードローンレイクとノーローンです。

レイクは、初回限定ながら5万円までであれば180日間無利息、ノーローンは何度でも1週間無利息で利用可能で、いずれも2~3万円借りるにはピッタリ。

計画的に利用することができれば、無利息でお金を調達することが可能です。

借り過ぎ、使い過ぎにさえ気をつけていれば、自転車操業に陥る心配もありません。

「スマホ代金くらいなら」と、つい安易な気持ちで延滞してしまう人が多いですが、続いてしまうとブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ってしまうと、マイカーローンが組めなくなる他、住宅ローンも組めなくなるのです。

スマホは代金を払うと復活しますが、カードローンは一度ブラックリストに載ると完済の日から5年~10年は延滞記録が残ってしまいます。

延滞が2度くらいまでであればまだ大目に見てもらえますが、3度以上は重たいペナルティとして跳ね返ってしまうのです。

そうなってしまう前に、レイクやノーローンを活用しましょう。

レイクは契約日の翌日から無利息期間が始まるので、利用する直前に契約することが必要です。

ノーローンは完済月の翌月から何度でも1週間無利息なので、恒常的なサービスとしていつでも利用できます。

レイクやノーローンであれば、計画的な利用を手助けしてくれるサービスがあるので非常におすすめできるカードローンです。

現在、キャリアのスマホを使っている人は、格安スマホに乗り換えることで通信費を節約することができるかもしれません。

いくら、自転車操業に陥る心配がそんなにないと言っても、使わないに越したことはありません。

レイクやノーローンを上手に使って延滞を避けると同時に、格安スマホに乗り換えることでうまくカードローンの利用を最小限に抑える工夫をしましょう。