車を所有するためには、車体の購入とは別に車検にも費用が発生します。

車検は2年に1度は必ず受ける必要があり、その都度10万~20万円の金額がかかってくるので、事前準備が大切です。

しかし、人によっては車検を忘れていて、車検費用の捻出が難しいということもあるでしょう。

そのようなときは、マイカーローンでも車検の費用を借りることができます。

時間に余裕がないときはカードローンで代用するのも1つです。

この記事では車検料金の支払いが難しいときの対処方法や、各種ローンの有効性について詳しく解説します。

 

■車検に必要な書類

はじめに、車検を受けるためには必要となるものがいくつかあります。

基本的に持っていくべき書類は以下の通りです。

 

 

車検を受けるときはこれらの書類を忘れないようにしましょう。

■車検を受けられる場所

必要書類を揃えたら、次は実際に整備工場に車体を持っていきましょう。

車検を行ってくれる場所は、下記のような店舗・工場になります。

 

 

これらの店舗には国家資格を持った正規の整備が常駐しており、必要書類と車体を持っていくだけで車検を行ってくれます。

時期や混雑の状況によっては受付に時間がかかる場合もあるので、事前に電話などで連絡しておくとその後の手続きもスムーズです。

また車検を受ける場所によって、後述する車検基本料が大きく異なってきます。

基本料は店舗によりけりですが、一般的にディーラーはやや高めになることが多いようです。

法定費用はどこで受けても同じなので、近場に複数の車検窓口があるようなら、各店舗に問い合わせて相見積もりを取ってみるといいでしょう。

ネットで車検費用の一括見積りができるサイトも増えてきているので、各店舗に連絡するのが面倒に感じる人には、一括見積サイトをオススメします。

■車検にかかる費用

車検で定められている法定費用は自賠責保険・重量税・印紙代で、この部分に関しては代理店や購入店など関係なく同じ費用が発生します。

これらの法定費用に上乗せで車検基本料がかかってくるのですが、これは整備や点検を行う業者の儲け部分なので、車検を受ける場所によって価格がさまざまです。

同じ車検内容でも必要金額で異なるのは、車検基本料が要因となります。

車検で必要になる費用を、法定費用と車検基本料の2つに分けて見てみましょう。

◆法定費用

法定費用に分類される重量税・自賠責保険料・印紙代は下記の通りです。

重量税

乗用車 ◆エコカー減税適用なし
エコカー 13年未満 13年経過 18年経過
500キロ以下 5000円 8200円 10800円 12600円
500~1000キロ 10000円 16400円 21600円 25200円
1000~1500キロ 15000円 24600円 32400円 37800円
1500~2000キロ 20000円 32800円 43200円 50400円
2000~2500キロ 25000円 41000円 54000円 63000円
2500~3000キロ 30000円 49200円 64800円 75600円

自賠責保険料

自賠責保険料 軽自動車 乗用車
24カ月 26370円 27840円
36カ月 36920円 39120円

印紙代

印紙代
軽自動車 1400円
乗用車 1700円

これらの金額の合計値が車検のときに必ず必要になる法定費用となります。

例えば、乗用車13年未満であれば、1000キロまでの重量税・自賠責保険料・印紙代を含めて、45940円が法定費用です。

☆計算式

16400円+27840円+1700円=45940円

これらの料金に業者別の点検料や整備費用などが上乗せされていきます。

◆車検基本料相場

車検の整備費用は業者によって価格幅がありますが、相場としては3万~10万円ほどが多いです。

車検に出す車の種類や大きさによっても異なりますが、法定費用+15万円を限度として考えておくといいでしょう。

自賠責保険を24カ月で考えれば、18年経過3000キロの重量税75600円+自賠責27840円+印紙代1700円+車検代10万円として、大体20万円ほどがかかる計算になります。

結論として、車を車検に出すときには10~15万円前後の費用がかかるということを理解しておきましょう。

 

■車検代の支払いが難しいときの対処

 

車検に多くの費用がかかるとはいっても、うっかり忘れていたという人も少なくありません。

車検は2年に1度と定められているので、気が付いたら車検が近づいていて、手持ちのお金に余裕がないという状況も多いでしょう。

そのようなとき、取れる選択肢として下記のような手段が挙げられます。

◆ローンやキャッシングで借りる

車検に限らず、突然の出費で手持ち金が足りないときはカードローンや目的ローンが役に立ちます。

カードローンなら即日審査ですぐにお金を借りられますし、数日の余裕があるのならカーローンなどの目的ローンの利用も可能です。

カーローンはカードローンに比べて金利が非常に低く、住宅ローンと同等の年率で融資を受けられるので、ローンの審査時間を確保できる人にはカーローンをオススメします。

ただカーローンという名前の通り、自動車購入や車検・整備などの用途でしか利用できません。

使用用途を偽装すると、即座に契約解除されて一括返済を求められてしまうので、カーローンは必ず契約通りの自動車関連に使うようにしましょう。

◆車を売却する

車検の支払いを避けたいのであれば、車検の更新日が来る前に車を売却するのも1つの手段です。

車を乗り換えている人の中には、車検を完了している中古車を購入して、その車検が切れるころにその車を売り、また新たな車検済み中古車を購入するというサイクルを繰り返している人もいます。

車検費用ほどの金額で車検済みの中古車も多く出回っているので、現在の車にこだわりがないのであれば、中古で乗り換えるのも選択肢の1つです。

◆車検切れのまま乗らずに置いておく

車検はあくまで車に乗り続けるために必要な定期検査です。

長期間乗る予定がないのであれば、車検に出す必要はありません。

ただし、車検切れのまま公道を走ると、即座に免許停止の減点と車検費用以上の罰金が科せられます。

そのため、半年~1年以上乗る予定がないのなら、バッテリー切れの原因にもなりますので一度売却してしまった方が良いかも知れません。

そして再度必要になったときに、車検が終わった中古車を購入すれば、余計な費用をかけずに車に乗り続けることができます。

■カーローンの金利と上限額

カーローンは目的型ローンの一種ですが、ほとんどの金融機関で取扱いされています。

カードローンやその他目的ローンと比べると、圧倒的に金利が低いです。

銀行名 金利
三菱UFJ銀行 2.975
関西アーバン銀行 1.40%~3.80%
横浜銀行 2.5%
近畿ろうきん 2%
横浜信用金庫 2.3%
損保ジャパン 2.7%
日立キャピタル 2.00~3.40%
福岡トヨタ自動車 3.9%
東京トヨタ自動車 3.9%

 

金利や上限額などの条件は銀行などによって異なり、自動車購入時には選ぶ業者次第で20万円以上の差額が発生するので、しっかりと吟味することが大切です。

カーローンの中でもっとも低金利なのは、下限1.4%の関西アーバン銀行のマイカーローンになります。

ただし変動金利による下限なので、時期によっては最高3.3%にもなるため、他のカーローンと比べるとやや高めの金利になる可能性も否めません。

ご自身の返済スケジュールや予定に合わせてプランを選ぶようにしましょう。

また各種マイカーローンは、車の購入費用を前提に商品を取り扱っているので、ほとんどの銀行や金融業者では借入上限額800~1000万円と高額に設定されています。

自動車購入に限らず、車検の支払いにも利用できるので、車検時に金銭的な問題が生じた場合は利用を検討してみてはいかがでしょうか。

■カーローンとカードローンの比較

カーローンとカードローンにはそれぞれメリットとデメリットがあります。

基本的に自動車を購入する場合はカーローン一択なのですが、車検料の支払いが目的なのであれば、カードローンでも代用は可能です。

しかし、上述した通りカーローンはカードローンと比べて金利が非常に低く設定されています。

そのため、使えるのであれば車検の支払いにもカーローンを利用した方がお得です。

◆カーローンは審査時間が長い

カーローン最大のデメリットは、審査時間にあります。

カードローンは申し込んだ即日審査・即日融資してもらえるところも増えているのに対して、カーローンは目安として申し込んで審査結果が出るまでに2週間から1カ月ほどの時間がかかるのです。

自動車の購入であればローン審査に通過次第納車手続きとなるのですが、車検の場合は今すぐお金が必要であるケースが多くなります。

状況次第では審査結果を待っていたら間に合わないという場合も少なくありません。

◆審査が車検に間に合わないときはカードローン

そのようなときは、ひとまず即日審査・即日融資が受けられるカードローンを利用しましょう。

三菱UFJ銀行のバンクイックであれば、下限1.8%の金利で融資を受けることができます。

初めての利用であれば上限金利14.9%で設定される可能性も高いですが、融資を受けることができれば、とりあえず車検の通過は可能です。

車検費用は20万円未満で済むケースがほとんどなので、借りてから3~6カ月で完済すれば、そこまで大きな利息はつきません。

状況に応じてカーローンとカードローンを上手に使い分けて、必要最低限の利息で活用していきましょう。

■まとめ

カーローンは自動車購入に限らず、車検や整備など自動車に関わるものであれば基本的に利用可能です。金利面でも他ローンよりかなり低いので、自動車・バイク関連の出費であれば積極的に活用してほしいと思います。

ただ審査時間がカードローンなどに比べて長くなる傾向が顕著なため、緊急の場合はカードローンで代用するようにしましょう。