・事業性ローン、銀行はやはりダメなケースが多いです

青 疑問

社長や、法人成りしたばかりの個人事業主などの一人社長、そして個人事業主などが、資金繰りに困ってお金を借りたいと思った場合、どうすればいいのでしょうか。

最初に考えるべきは、銀行カードローンです。銀行は金利も安く、ビジネスパーソンにお金を多く貸してくれるというイメージがありますよね。ですが、銀行融資は、事業性ローンになることが多いです。事業性ローンは、申告書を数年分提出し、資金計画書、事業計画書などもしっかりと入念に準備して、面談を行ってもらって、融資にふさわしい人物かどうかを審査してもらう必要があります。

手間がかかる分だけ金利は比較的安いのですが、事業性ローンは非常に審査に時間がかかります。急いでいる場合は不向きです。また、審査の難易度もとても高く、審査のための準備にも膨大な時間がかかり、おまけに審査に落ちる可能性も高いのです。これでは、キャッシュフローが枯渇しそうなとき、急ぎの入金を求めているときには使えません

では、銀行カードローンはどうでしょうか。銀行カードローンなら、最近は即日キャッシングをしてくれるところも増えていますし、金利も安いですので、安心してお金を借りることができます。

ですが、銀行カードローンは、用途のところに「事業性資金は禁止」と書かれていることが多いのです。カードローンを申し込む際に、利用目的を書く欄があるのですが、そこに「事業性資金」「資金繰り」などと書くと、審査に落ちてしまいます。これは、事業性ローンを積極的に貸し出している銀行では、仕方のない対応かと思われます。

 

女性オペ

余談ですがこの、利用目的は意外としっかりと見られており、資金繰りだけでなく、ギャンブルや他社への返済、引っ越し目的などでも審査には落とされますので注意しましょう。

ギャンブルは自分が必ず勝てると思っていても、客観的に見てそうはいかないことと、他社への返済は多重債務の入り口であることから、カードローンの審査では必ず落とされます。引っ越しはまともな理由そうですが、連絡が取れずに行方不明になってしまうリスクがあるため、銀行カードローンだけでなく消費者金融でも、敬遠される理由です。気をつけましょう。

・消費者金融なら、事業性に使ってもOK!

独自に取材を行ったところ、やはり銀行カードローンはどこも資金繰りでカードローンを借りるのをお断りしているようです。では、消費者金融はどうでしょうか。消費者金融は銀行カードローンで借り入れできないような属性の人にも窓口を広げており、期待ができます。アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、ノーローンで聞いてみたところ、いずれも、

資金繰りにも使える」「事業性資金でもOK」という返事をもらうことができました。

消費者金融なら、最短即日で30分程度にてお金を借りることもできますし、使えば使うほど、上限が上がってゆき、より大きな金額を調達できるようになります。これは、ビジネスには非常に有利だと考えられます。

ですが、消費者金融といえども審査はあり、また繁忙期などで忙しいときは審査に時間がかかってしまうため、あらかじめカードを作っておくことをおすすめします。事前にカードさえ作っておけば、万が一のときにカードをATMに通すだけで、お金をキャッシングすることが可能です。

アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、ノーローンの大手消費者金融で、事業性資金を借りることができます。ただし、新生銀行レイクだけは無理なので注意が必要です。レイクは新生銀行カードローンで、銀行系カードローンです。そのため、レイクの借り入れでは事業性資金には使えません。

レイクの自動契約機は、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビットなどの近くに設置されていることも多いですので、混同してしまわないように気をつけましょう。アコムやプロミス、アイフル、SMBCモビットなどは消費者金融で、レイクは銀行カードローンです。覚えておきましょう。

・社長が借りるには、何が必要!?

では、アコムを例にして、社長が借りる際に何が必要か見ていきましょう。

アコムでは、確定申告書が必要です。ですが、これはあくまで、資金50万円以上を借りたい、ないしは他社と合わせて100万円以上借りたい人の場合です。それ以下の金額の場合は、そもそも確定申告書は必要ありません。身分証明書だけでお金を借りることができます。

ですが、資金繰りやキャッシュフローを改善するためには、より多くの資金が必要ですよね。その場合は、確定申告書を提出する必要があります。

たとえば、個人事業主の場合、青色申告なのであれば、確定申告書B第1表、第2表および所得税青色申告書の写しが必要です。ただ書いただけではなく、役所に申告して収受印を押してもらっている必要があります。

白色申告の場合は、確定申告書B第1表、第2表、および収支内訳書の写しが必要となります。いずれも、申告したときの控えを取っていると思いますので、それらを提出してください。万が一、控えをなくしてしまっている場合は、再発行してもらう必要があります。

この手続きを開示請求といって、国税庁のホームページから、身分証明書、住民票、手数料300円を支払って、確定申告書の控えを入手します。ですがこれには非常に時間がかかり、控えを手に入れるには1ヶ月程度かかります。閲覧請求という方法もあるのですが、これは文字通り見るだけで写したり写真に撮ったりはできません。つまりアコムの申告書控えの提出で使えないのです。

最終手段としては、確定申告の修正申告をする方法があります。売上を1000円ほど上乗せして請求し、その分の所得税を納税するのです。税金は100円ほど高くなりますが、再発行のためですので仕方ありません。何らかの売上を増収する必要がありますが、帳簿のミスなどを探していると、売上を小さく申告してしまっているミスなどが見つかるケースがあります。この場合は、修正申告してもう一度確定申告することによって、確定申告書の控えを手に入れることができます。

ですが、これはあくまでも臨時的な手段です。本来は開示請求を行って、最大30日、待つ必要があります。それに加えてアコムの審査にかかる日数もありますので、確定申告書の控えなどは絶対になくさないようにしてください。

そもそも、確定申告書の控えは、カードローンで必要になるだけでなく、住宅ローンや保育園の入園審査にも必要ですので、必ず保管するようにしてください。人生において大事な書類です。

アコムの場合は、確定申告書は過去1期だけでいいのです。つまり、営業年月が1年以上あれば、融資を受けることができます。ですが、事業をスタートさせて半年などの場合は、借り入れすることができません。まだ年収の見通しも立っていませんし、納税したかどうかもわからないからです。正確には納税していなくとも借り入れはできるのですが、申告だけは正しく行っておく必要があります。

それに加えて、アコムの場合は、事業計画書が必要な場合があります。アコム指定の用紙を使って、今後の事業の見通しや、現在何にお金を使っているかなどの収支を報告するものです。なぜお金が必要で、どのようにして今後、返済プランを立てるための売上をあげていくかの方法を、見通しを立てて書き込んだものです。事業計画書は、自分自身のビジネスを振り返るためにも非常に重要です。

・無申告の場合はどうなる!?

世の中には、税金を払いたくないといって、無申告で事業を営んでいる社長さんも、残念ながら多く存在します。ですが、そうした方がお金を借りたいと思った場合、カードローンは作れるのでしょうか?

実は、作れるのです。カードローンは、身分証明書ひとつで作れます。そこで、確定申告書を出していな場合でも、カードローンを作り、ドカンと使ってコツコツと返していくだけで、限度額はどんどん増えていきます。

クレジットカードのキャッシング枠も、消費者金融の枠と同様、貸金業法の総量規制のしばりを受けるのですが、申告していない自営業者の場合でも、カードローンで不明な年収よりもはるかに高い金額を借り入れできるケースがあります。

取材したところによると、カードローンの履歴が好調で、よく使っており、無申告である場合でも、キャッシング枠が50万や100万円をはるかにこえて枠が付与されるケースがあります。結論としては、無申告の社長さんでもお金を借りることができます。ですが、申告と納税は、義務ですので、確定申告はしたほうがいいでしょう。

女性オペ

あとからでも確定申告は可能です。期限が過ぎてしまっても、確定申告はできます。青色申告の届け出をだしていなくとも、白色申告で簡易的な帳簿で提出できますので、確定申告にチャレンジしてみましょう。

・ズバリ、社長がいくら借り入れできる!?

社長はいくらまで借りることができるのでしょうか。これは非常に気になっている人も多いと思います。

身分証明書を出しただけだと、最初は10万円、多くて30万円というケースが多いようです。確定申告書の控えを出しても、初回の借り入れは限度額30万円などのケースが多く、社長だからといって、多く借りれるということはないようです。

やはり、重要なのはそこからいかにして、利用実績、つまり信用を積み上げるかだと考えられます。カードローンを使ってみて、自分が利用に向いていると思えば、返済して、完済してからでも返済途中であっても、消費者金融側に優良顧客だとみなされれば、大きく限度額をアップしてもらえることがあります。

女性オペ

ちなみに、取材によると、アコムの場合は、契約して使わないでおいておくと、「使いませんか?」という電話がかかってくるようです。

そこで、「使います。ですが、限度額が低いです」と答えると、何もしなくても限度額が一気に10万から50万円に増えることがありますので、勧誘の電話には前向きに答えましょう

やはり、積極的に使っていくことが重要です。使っているうちに、年収の1/3までですと、スルスルと限度額が上がっていくことがあります。ですが、最短でも半年はかかります。

契約から半年程度は、消費者金融側も、あなたがどのような顧客でどのように返済してくれるのか、また優良顧客であるかを見極めるための時間が必要なのです。

・アコムには年収以上に借りられるローンもある

アコムには、年収以上のローンを借りられる場合もあります。それが、個人事業主むけのビジネスサポートローンです。最高300万円までの融資が可能で、個人事業主のサポートにぴったりです。総量規制の対象外であり、年収の1/3以上でも借り入れできるのが嬉しいところです。金利はそれほど安くなく、12%~18%は取られるのですが。それでも現在アコムで借りている場合は乗り換えることもでき、たいへん便利なローンとなっています。

・赤字経営の社長さんでも借り入れできるの?

会社が赤字となっている場合、借り入れはできるのでしょうか。会社の決算には、役員報酬があると思います。役員報酬を取っている場合は、それが所得になるため、会社が赤字でも借り入れはできます。ですが、あまり消費者金融の印象はよくないことは覚えておきましょう。役員報酬があまりに大きな額になっている場合は、赤字であってもそちらを削れば会社の利益はでると判断されるため、収入の1/3まで借り入れすることができます。

ですが、所得ゼロ円で申告している人はどうなるのでしょうか。会社に利益を残すために、所得ゼロ円で申告している場合、消費者金融では残念ながら借り入れできません。事業向け資金は事業性ローンで借りる必要があります。また、手持ちの生活費を事業に回して、あとは生活費をカードローンで借りるという手もあります。

・まずは、手持ちの資金を事業に回して、カードローンで生活資金を借りるという手も

先程述べたのは、なにも所得ゼロ円の社長さんに限りません。キャッシュフローが行き詰まっていて、事業性ローンを借りたい場合、とりあえず当座の現金をビジネスに回して、あとは生活資金をカードローンで借りるという手があります。これなら、用途が生活資金になりますので、消費者金融だけでなく、銀行カードローンでも借りることができますので、可能性が広がります。

・アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、ノーローン、社長にはどこがよい?

消費者金融といっても、数多くあります。今回、ビジネスユースで借りてもいいと確認が取れたのは、アコム、プロミス、アイフル、SMBCモビット、ノーローンですが、どこが一番良いのでしょうか?

まずは先ほど紹介したアコムです。アコムはビジネスユースの利用も可能な個人事業主プランがありますので、そちらも利用を視野に入れて、検討してみると良いでしょう

プロミスもおすすめです。プロミスにも自営業者カードローンがありますので、上限300万円まで金利17.8%で借りることができます。最短で即日融資が可能ですので、おすすめです。

アイフルの事業者向けの融資は、500万円まで借りることができます。金利は6%から18%と高めですが、総量規制を超えても、500万円まで借りることができるので、キャッシュフローの健全化に役立ちます。

SMBCモビットにはビジネスローンはありません。ですが、通常のカードローン融資でも、最高500万円まで借り入れできて、事業向けに使ってもかまわないのです。しかし、SMBCモビットは細かいようですが出金と入金に手数料も必要なので、小さな出費が重なりますのであまりおすすめしづらいのが現状です。

ノーローンは、少額を借りるのであれば非常におすすめです。何度でも一週間無利息なので、細かい出費を回していくのに使えます。借りては返す、を繰り返しても、自転車操業にならず、無利息で借り入れできるので、少額借りたい場合はとても使い勝手のいいカードローンになってくれるでしょう。

青 左 なるほど

おすすめとしては、ノーローンがベストで、ついでプロミス、アコムといったところでしょうか。

・一週間無利息を上手に使おう

アコム、プロミス、アイフル、ノーローンは、無利息サービスがあります。

アコム、プロミス、アイフルは、30日間初回に限って無利息です。社長さんの緊急時の融資にもぴったりです。ノーローンの一週間無利息は、限度額いっぱいまで借りても使えるため、非常に便利です。

ノーローンは何度でも無利息なのですが、その他は30日間の初回限定サービスとなっています。また、プロミス以外は、契約日からの30日限定ですので、契約をして5日後に借り入れした場合は、25日間だけの無利息サービスとなってしまいます。これでは、計画的に借りようと思ってあらかじめカードを作っておいたときに、無利息期間の分だけ損してしまいます。そんなときは、プロミスです。

プロミスなら、初回“借入日“から30日間の無利息ですので、いつでも最初にプロミスのカードを作っておいて、必要なときにカードローンでキャッシングすることができます。そうすれば、初回にキャッシングした日から30日とカウントしてくれますので、無利息期間をムダにすることなく使い切ることができます。よって、プロミスも非常におすすめのカードローンとなります。

・まとめ:社長が借りるのであれば、ノーローンかプロミスがベスト!アコムやアイフル、SMBCモビットもおすすめ

社長でも事業性ローンを消費者金融で借りることができます。

消費者金融と聞くと、ちょっと抵抗があるかもしれませんが、お金を借りることについては銀行で借りるのと多少金利が異なるだけで、あとは大差ありません。それどころか、借り入れにつきものの長い審査期間などがなく、即日で即金を借りることができるのが消費者金融の特徴です。

いまは消費者金融もグレーゾーン金利を撤廃し、より借りやすくなりました。サービスも良好で、無利息期間なども各社準備してくれていて、ありがたい限りです。社長が借りるのなら、銀行カードローンは借り入れできないので、消費者金融がベストです。ビジネスローンとして借りるのもいいと思いますし、自分自身の借金として消費者金融を借りてみてもいいでしょう。

ビジネスはスピードが命です。融資の迅速な消費者金融なら、あなたの会社のキャッシュフローを改善してくれます。