奨学金があっても借りられるおすすめカードローンはこちら

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能※p2 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能
1,000円

~800万円

年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※P2:※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

奨学金の返済中でもカードローン審査には通るのかを紹介します。
大学や専門学校の学費を支払うために、奨学金を借りていた方も少なくないでしょう。

奨学金は基本的に学校を卒業すると返済が始まりますが、返済期間は20年前後に設定されるケースが多いです。
※もちろん借りる金額によります。

そんな返済期間中、カードローンで借入したい状況も出てくるかと思います。
果たして奨学金を借りながらでも審査には通過できるのでしょうか。

結論から言えば、奨学金返済中でも問題なく審査通過できます。筆者も通過しました。

実際に奨学金の返済をしながらカードローン審査を通過した、筆者の体験談を含めて詳しく解説していきましょう。
ぜひ、参考にしてみてください!

記事下チェック

筆者が審査を通過したアコムの詳しい情報はこちら♪♪
三菱UFJフィナンシャル・グループ アコムの申し込みガイド※審査、金利ガイド

奨学金返済中でもカードローン審査は通る

カードローンを利用するには、事前に融資をしてくれる銀行や消費者金融の審査を受けなければなりません。
そして、審査項目の中には他社の借入状況や過去の信用情報などがあり、融資の可否や限度額を設定する際の重要な判断材料として利用されています。
他社に多額の借入があったり、過去に自己破産などの経歴がある場合は、高い確率でローン審査に落ちてしまうのです。

それらの個人情報は「信用情報機関」に保存されており、各金融機関はいつでもその情報を調べることができます。
信用情報機関には、他社の借入状況や、自己破産の経歴・携帯料金・家賃・クレジットカード料金などの滞納・未払いがないかなど、あらゆる信用情報が記録されているのです。

奨学金を借りている人は「奨学金を借りたことで信用情報機関に登録されているから、これ以上借りるのは無理なのでは?」と不安になっているのだと思います。

奨学金は信用情報機関に登録こそされますが、遅延や延滞を無断で行っていない限りは審査自体に大きな影響はありません。
また「総量規制対象外」となるので、限度額に対する影響も少ないでしょう。

事実、筆者は500万円の奨学金を借りていながら、なおかつ返済猶予ももらっていますが、アコムの審査に通過しました。
ですので、多額の奨学金を借りているからといってカードローンの審査に通らないということはありません。

※筆者のアコム借入体験談については“実際にアコムで申し込んで審査を受けてみた”をご覧ください。

ただし、奨学金でも無断で返済を滞らせている場合は、信用情報機関に事故情報として登録されてローン審査に影響を与える可能性があります。
奨学金団体である日本学生支援機構が2008年より「全国銀行個人信用情報センター」に加盟したからです。

※個人信用情報機関への個人情報の登録について
独立行政法人日本学生支援機構

これにより、奨学金の返済を無断で延滞・遅延させた場合はローン審査に悪影響を与える可能性があります。
何か事情がある場合は奨学金を借りている機関に相談してみましょう。
奨学金には返還猶予や返済減額などの措置も用意されており、これらは正式な手続きの上行われるため、信用情報機関に事故情報として登録されることはありません。

因みに日本学生支援機構以外の奨学金に関しては、信用情報機関に加盟しているかどうかで事情が違ってきます。
気になる方はご自身が利用している奨学金の管理機関が、信用情報機関に加盟しているかを調べてみるとよいでしょう。

なお、信用情報は発生した時点で自動的に登録されるので、嘘を言っても無意味です。
現在の経済状況に問題がないのに、カードローン審査に通らない人は過去の信用情報に傷がないか調べてみるといいでしょう。

学生ローンや教育ローンは要注意!

奨学金に似通った制度として「学生ローン」や「教育ローン」があります。
教育関連に特化したローンという意味では、奨学金と大きな違いはないように感じますよね。

しかし、学生ローンは奨学金と異なり「総量規制の対象」となるローンです。
学生ローンを提供している機関は、銀行や国ではなく「貸金業」に分類される一般の企業になります。

そのため、学生ローンは総量規制の対象となるのです。
総量規制の対象になるということは、他の消費者金融(アコムやアイフルなど)を含めて借りられる合計額は年収の3分の1までとなります。

年収300万円の場合 例1

300万÷3=100万円(年収の3分の1)

消費者金融から借りられるのは、300万円の3分の1である100万円までです。
つまり、総量規制の対象となる会社からは、合計額100万円までしか借りられません。

年収300万円の場合 例2

  • 学生ローン50万円
  • 消費者金融A25万円
  • 消費者金融B25万円

=合計100万円(総量規制のため100万円以上は借りられない)

以上のように、たとえ借りる会社を変えても年収の3分の1までが上限となります。
年収の3分の1以上を借りたいのであれば、総量規制対象外の銀行が提供しているローンを利用するしかありません。

ただし信用が全てになるため、総量規制対象のローンよりも審査が厳しくなります。
なお、年収額は信用情報機関に登録されているので、虚偽の金額を申請することはできません。

逆にそのような虚偽の申請をしてしまうと、人格的に問題ありとされて即座に審査から落とされてしまうので、正直に答えるようにしましょう。

教育ローンは総量規制対象外

それじゃ「教育ローンも避けたほうがいいのか…」と思うかもしれませんが、ちょっと待ってください。
教育ローンを提供しているのは基本的に「銀行」になります。

銀行は貸金業者ではないため、総量規制の対象外です、
つまり銀行が提供している「教育ローン」は総量規制の対象にはなりません。

学生ローンと同じに思う方も多いかと思いますが、総量規制の対象か否かは提供している機関で判断できます。
総量規制の対象となるのは、主に「貸金業」に分類される消費者金融業者が提供するサービスです。

これらの業者はすべて消費者金融業者になります。

総量規制の対象外となるのは「銀行」や「信用金庫」などが提供しているローンです。

基本的に銀行からお金を借りる場合は、総量規制の対象外と思って問題ありません。
奨学金も一般企業ではなく、国が行っている支援制度なので総量規制の対象にはならないのです。

利用を検討しているローンが総量規制の対象かどうか知りたい場合は、そのローンを行っている企業が銀行・消費者金融のどちらかを見れば判断できます。

奨学金の返還猶予・返済減額方法

カードローンの利用と同時に「奨学金の返済も厳しいから「返還猶予」か「返済減額」をしたいけど方法が分からない」という人もいるのではないでしょうか。

奨学金の返還猶予・返済減額申請の方法にも触れておきましょう。
なお、今回は日本学生支援機構を例としています。

難しそうに感じますが、そこまで複雑ではありません。
経済困難を理由とする場合、返還猶予申請条件は下記の通りです。

給与所得者(会社員など) 年間収入金額が税込300万円以下
給与所得者以外 年間所得金額(必要経費などを引いた後)が200万円以下

奨学金返済がキツい人へ猶予・減額に必要な書類がワカル


奨学金の返済もキツくなり、お金を返済できなくなるかも・・・と考える人も少なくないと思います。
ただ、奨学金には返済猶予や減額という手続きをすることも可能です。

奨学金の返済猶予・返済減額を申請するには、以下の書類が必要になります。

  • 奨学金返還期限猶予願&チェックシート
  • 収入証明書類(直近の所得証明書・課税証明書・住民税非課税証明書)

奨学金返済期間猶予願&チェックシートは、日本学生支援機構の公式サイトよりダウンロードすることができます。
奨学金返還期限猶予願&チェックシート
引用元:独立行政法人 日本学生支援機構
書類の指示に従って書けば、一通りの欄は埋まると思います。

その中に「返済が困難な理由」を書く欄がありますが、ここに現在の収支の状況や今後の返済の見通しなどを記載しなければなりません。
ここで適当なことを書いてしまうと、返還猶予が却下される可能性があるので、しっかりとわかりやすく記述するようにしましょう。

返還猶予の可否発表については、大体1~2カ月くらいかかります。
その間は通常通り返還が続くので、猶予が欲しい人は早めに申請しておくようにしましょう。

結果は郵送で送られ、猶予期間は申請してから12カ月です。
最大で10年まで延長できますが、1年毎に再申請が必要になります。

12カ月経つ頃になると、猶予期間終了間近の通達が届きますので、さらに猶予を希望するなら再度手続きを行ってください。

以上が日本学生支援機構の奨学金返済猶予手続きの方法です。
カードローンを利用されるのなら、奨学金との返済が重なるため計画的に利用することをオススメします。

まとめ

奨学金はほとんど学生生活を送るためだけのお金なので、社会人になってからは別のローンを使う機会も多くなります。

信用情報については複雑な部分も多く、一般利用者には分かりにくい部分も多いですが、ひとまず奨学金を借りていてもカードローンの審査通過は可能です。

返済計画をしっかりと考え、無理のないプランで各種ローンを利用してくださいね。

奨学金があっても借りられるおすすめカードローン

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

アイフル

無利息期間 はじめての人は最大30日間
実質年率 3.0%~18.0%
限度額
1,000円~800万円まで

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なアイフル。※I1
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※I1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。ご連絡いただいた時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。

筆者が奨学金を受けている間に審査を通過したアコムについてこんな記事も書きました

レコメンド チェック 青 三人

アコムから在籍確認や電話審査、籍確認をされたくない人におすすめ。アコムからの在籍確認や電話がこなくなる裏ワザを紹介しています。
アコムからの在籍確認、電話審査をパスする裏技!

実際に筆者がアコムに申し込むまでの流れを書いた体験談です。
実際にアコムで申し込んで審査を受けてみた体験談

消費者金融のアコムとプロミスを金利や最大借入額、審査などを徹底比較しました。
アコムとプロミス比較!審査、利息、金利がどっちがお得?