荘内銀行カードローンWEBは、荘内銀行が提供するカードローンのサービス。
年金受給者や主婦、パート・アルバイトの人も利用できるので年収が気になる人や職業がネックでなかなか申込しずらいという人にも便利なサービスです。

 

荘内銀行カードローンWebなら、スマホやPCで完結

荘内銀行カードローンWebでお金を借りてみませんか?
荘内銀行カードローンWebなら、パソコンとスマホだけで、借入が完結します。
わざわざ来店する必要はありません。

手続きも簡単で、必要事項をインターネットから経由してパソコンやスマホで入力するだけ。
来店しなくてもいいので簡単便利に申込みが完了します。

金利も安く、最高で500万円まで借り入れることが可能です。
とても便利で簡単な荘内銀行カードローンWebで、いま必要な額だけのお金を借りましょう。

 

何を入力するの?入力事項にはウソをつかずに!

まずは、申込みです。
申し込みは簡単ですが、メールアドレスが必要です。
最初にメールアドレスを入力し、規約を読んだら、次のページです。

  1. 住所・氏名など記入

    個人情報などを入力します。
    まずは名前、ふりがな、生年月日、性別と既婚未婚の区別を入力します。
    その次は、自宅住所です。郵便番号から都道府県、市区町村、番地建物名などをしっかりと入力します。

  2. 居住形態と居住年数

    次に居住形態です。寮なのか賃貸なのか持ち家なのか、これは重要な区分です。
    賃貸よりも持ち家の方が、引っ越していなくなってしまうリスクが下がるので、審査に有利になります。
    寮なども可処分所得が多くなるので賃貸よりは有利です。
    公営住宅・公団住宅がもっとも不利です。低所得者向けの住宅だからです。

    居住開始月もしっかり思い出して入力してください。審査に使われます。
    ひとつのところに長い間住んでいる人の方が、有利となります。
    家賃または住宅ローンの額を入力し、可処分所得の大体がわかるようにします。

  3. 同居人数

    同居人数ですが、こちらは実は家族が多いほうが有利なのです。
    同居家族が多いほうが、引っ越して行方不明になってしまうリスクが少ないため、特に小さいお子さんのいる家庭は審査に有利に働きます。
    単身の賃貸居住者がもっとも審査に通りづらく、持ち家の家庭持ちの方がもっとも審査が通りやすいのです。

    一見すると可処分所得の面で逆なように思えますが、カードローン会社は一般的に、夜逃げしにくい人かどうかを見ています。
    夜逃げというとオーバーなように感じますが、保証人も担保も取らないカードローンでは、個人の信用が第一です。
    個人の信用はなかなか書類からは推し量ることができませんので、夜逃げという選択肢もありえます。
    借金がかさんで夜逃げしないようにするためには、単身で賃貸住まいだと心もとないのです。
    その点、住宅ローン付きの分譲マンション等を持っている方だと、夜逃げのリスクは少ないといえます。
    また、小さいお子さんがいらっしゃるご家庭も、学校のことなどがありますので、夜逃げのリスクは低いのです。

    自宅の固定電話の有無も、荘内銀行カードローンでは審査の対象になります。
    ある方が有利ですね。

  4. 勤務先

    それから、勤務先です。まずは仕事をしているか、無職かどうかを選択します。
    勤務形態、お勤め先名称(自営業の場合は屋号)、業種、職種、お勤め先電話番号を入力します。
    勤務先がある方の場合、この勤め先の電話番号はとてもとても重要です。
    審査の際に、個人名で電話がかかってきますので、必ず自分宛ての電話がつながる電話番号を入力するようにしてください。

    従業員数、保険証の種別などを入力します。
    保険証の種別で、会社の規模がわかるからです。
    共済組合だと公務員、健保組合だと大企業の正社員、社会保険だと中小企業の従業員、自営業だと国民健康保険などというふうに、保険の種別もとても大切なものです。
    入社年月日も正確に書いてください。

  5. 収入

    それから、月収の手取り額を書きます。
    ここから、家賃や住宅ローンを引いて、生活費を引いた額が、返済にまわせる原資となります。
    税込み年収もトータルで記載します。税金や社会保険料などを込みにした金額です。勤続年数が1年未満の場合は、月収をベースに見込みの金額を立てます。

    勤めていない年金受給者の場合は、1年間の年金受取額を記入します。
    専業主婦の場合は、配偶者の税込み年収を記入します。

  6. 荘内銀行の口座の有無など

    それから、荘内銀行に口座を持っているかどうかを選択肢ます。ここは審査には関係ありません。
    希望の連絡先と、希望の連絡時間を入力します。
    連絡は原則としてメールなのですが、希望する場合は、電話でも連絡を取ることができます。
    それから、どこで荘内銀行を知ったかのアンケートに答えます。これも審査には関係ありません。
    これで確認ボタンを押して送信すれば、申し込みは終了です。

インターネットの入力だけで、申し込みが完了します。
来店不要で、パソコンやスマホからの入力だけでいいので助かりますね。

使いみちは自由!

荘内銀行のカードローンなら、使いみちは自由です。
趣味への資金や、旅行代金の支払い、エステなどの自分磨き、急な飲み会、お祝い事、などなど、幅広い用途で自由に利用することができます。

ただし、引越し代に使うのは注意が必要です。
前述しましたとおり、カードローン会社は夜逃げのリスクを非常に嫌います。
そのため、引っ越し資金を借りたいと荘内銀行に伝えると、引っ越しして連絡不通になってしまうのではないかと懸念されて、審査に落ちる可能性があります。
引っ越しをしてもいいのですが、事前に次の引っ越し場所の連絡を行って、信用されるようにしましょう。

あとは、何に使っても自由です。
ただし、事業性資金だけは使えません。
自営業の方が資金繰りに困っている場合は、事業ローンを組むようにしてください。

事業ローンはこちらの記事が参考になります。

おすすめのビジネスローン【法人、事業者】ランキング!金利や限度額を比較!

主婦、パート、アルバイト、年金受給者でも借りられる!

荘内銀行のカードローンなら、配偶者の収入で暮らしている専業主婦、パートタイムに出ている主婦、アルバイトで生計を立てるフリーター、もう引退して年金受給で暮らしている年金受給者でも、お金を借りることができます。

借り入れ代金の限度額は、基本的に収入に応じて変わりますので、あまり年収がない方は、それほど大きな額を借りることはできません。
ですが、借り入れ自体は可能となります。

最初は少額ですが、使っては返すを繰り返しているうちに、限度額は徐々に上がっていきますので、安心してください。
たくさん使って、コツコツ返していくのが重要です。
期間はだいたい、契約してから半年程度、使っていればカードローンの上限が上がっていくでしょう。

下の記事では荘内銀行以外で主婦でも借りられる銀行を詳しく紹介しています。

専業主婦でもカードローン借りたい!審査や金利とおすすめ銀行

担当に女性がついて欲しい人はレディースローンがおすすめ

レディースカードローン、キャッシングの審査、金利ガイド

カードローンの利用はATMコーナーから簡単

 

荘内銀行、イオン銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行、ローソンATM、コンビニATME-netなどで使えます。

E-netはコンビニ・スーパーの提携ATMで、ファミリーマート、サークルKサンクス、スリーエフ、ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキ、セーブオン、セイコーマート、ミニストップ、コミュニティストア、ニューデイズ、アンスリーなどの中小コンビニでもOK。

大学生協でも使えます。
病院やJRAといった意外なところもE-netに加入しているので、いろいろなネットワークを通じて、荘内銀行のカードローンを引き出すことができます。

困ったときに、さまざまなATMネットワークを通じて、荘内銀行のカードローンをお使いください。
利用するATMによっては、24時間使えない場合がありますので、ATMの利用時間をチェックしておいてください。
ハウステンボスなどでも使えますので、旅行先で急にお金が必要になった際などにも安心ですね。
事前にカードを申し込んでおきましょう。

SMBCモビットならキャッシュレス。スマホひとつでATMから借りることができます。

SMBCモビットの10秒簡易審査はどこまで正確!?実際にやってみたレポ

荘内銀行に口座を持っていない方でも、本人確認書類のみでOK

荘内銀行カードローンは、荘内銀行に口座を持っていない方も申込み可能です。
普通預金口座がなくても、すぐに申し込んで借り入れが可能となるのです。

本人確認書類は、身分証明書のみで審査が可能です。
本人確認資料の登録から、最短2営業日後に融資が可能です。

ローンカードを受け取らないと、キャッシングはできないのですが、ローンカードが到着する前に借り入れたい方には、振込手数料を差し引いた上で、振込対応もしてもらえます。
特に希望がない場合は、ローンカードが到着してからの利用となります。

カードは家族に借り入れが発覚しないように、時間指定の郵便で届きますので、安心してください。
申し込みの際に電話をかけて、ローンカードの時間指定をするといいでしょう。

利用限度額は最大500万円、金利は3.5%~14.6%まで

借入限度額 借入利率
10・20万円 年14.6%
30万円以上50万円以下 年11.8%
70万円 年9.8%
100万円・150万円 年7.8%
200万円・250万円 年5.8%
300万円以上500万円以下 年3.5%

利用限度額は嬉しい最大500万円。
これだけあれば、十分な借り入れになると思います。
それ以上の額を借りようと思ったら、他社のカードローンと組み合わせてください。

荘内銀行単体での借り入れは、500万円が限度額になります。
ですが、これだけ借り入れするのにも、本人確認書類のみでOK

収入は自己申告で良いのです。もちろんウソはいけません。
正直に金額を申告して、審査を受けてください。

金利は3.5%~14.6%までです。
最初は14.6%が適用されますが、徐々にカードローンの限度額が上がっていくと同時に、金利は下がっていきます。
最低金利の3.5%は、最大の500万円を借りた場合の金利となります。

利用の条件と、利用できる方

これだけ有利な荘内銀行カードローンですが、利用できる方が決まっています。

  • 申し込みの年齢が満20才から満70才未満の方
  • 安定した収入がある方
  • 荘内銀行の審査基準を満たされる方
  • 保証会社の保証が受けられる方
  • 荘内銀行の各種カードローンを利用してない方 などです。
仕事をしていない方、収入がない方は申込めません。
ただし、配偶者に収入のある専業主婦の場合は、借り入れが可能となります。主婦、パート、アルバイトでも借り入れできます。
学生は借り入れできません。

使いみちは、転貸資金、事業性資金、投機性資金以外ならば、何に使っても自由です。

借入額は、10万円、20万円、30万円、40万円、50万円、70万円、100万円、150万円、200万円、250万円、300万円、350万円、400万円、450万円、500万円となります。

年金受給者の場合は、20万円が限度額となります。
主婦、パート、アルバイトの方は、50万円が限度額の最大上限となります。

金利は、10万と20万なら14.6%ですが、徐々に金額が上がるごとに金利は減っていきます。
100万円ならば7.8%と、かなり有利な金利で借りることができますので、コツコツ使って限度額を上げられるように努力してみてください。

返済はリボ払いで、毎月の返済額が決まっています。
20万円以下なら、月5,000円からの返済で返していくことができるのです。
100万円借りても、月に20,000円からの返済が可能ですので、とても使いやすいカードローンです。

毎月返済日の前月末日の借入残高 毎月返済額
20万円以下 5,000円
20万円超50万円以下 10,000円
50万円超70万円以下 15,000円
70万円超150万円以下 20,000円
150万円超250万円以下 30,000円
250万円超500万円以下 40,000円

担保、保証人も不要で、個人の信用だけでカードローンを借りることができます。
また、用紙代や事務取扱手数料等も一切不要です。
必要なのは、元本と利息を返済していくことだけです。
その利息も、それほど高くはありません。

まとめ:有利な荘内銀行カードローンで借りよう

荘内銀行カードローンは、他行に比べて、高額になっても本人確認書類のみでOKなところにアドバンテージがあります。
本人確認書類のみでOKなので、会社に源泉徴収票を請求したりして怪しまれることがありません。
会社にも家族にも内緒でお金を借りることができます。

荘内銀行カードローンは、金利も比較的安めで、限度額が大きくなればなるほど、金利は安くなっていきます。
審査も、申し込みさえウソをつかずにしっかり行えば、それほど厳密な審査はされません。
いましっかり仕事をしていて、過去に延滞等がなければ大丈夫です。
使いやすいカードローンですので、ぜひ使ってみてください。