税金、できれば避けたいもの

世の中にはさまざまな税金があります。消費税、所得税、住民税、固定資産税、自動車税、酒税、たばこ税などなど。税金はできれば払いたくない、避けたいものですよね。しかし、世の中のためにも税金はしっかり払わなければなりません。

ですが、なんらかの事情で、所得税や自動車税などの、後から納付する形の税金を滞納していても、カードローンでキャッシングする方法があります。今回の内容は、めったにインターネットに出てこない内容なので、しっかりと読むようにしてください。

まずは、納税証明を出さないこと

カードローンの審査を受けるときに、消費者金融や、銀行で一定額以上のお金を借りたいときには、収入を証明する書類が必要です。やはり、カードローン会社側も、ある程度の収入がないと、安心してお金を貸せないからではないでしょうか。

そして、多くのお金を借りるには、収入証明が必要です。たとえば、源泉徴収票、確定申告書、納税証明書などです。仮に、サラリーマンの場合は、源泉徴収票がありますので、源泉徴収票を出しましょう。源泉徴収票をなくしてしまったり、自営業だったりする場合は、確定申告書を出しましょう。

確定申告書をなくしてしまった場合は、納税証明書を出すことになります。納税証明書は、書類をすべてなくしてしまっても、税務署や役所に行けば取ることができます。ですが、ここで、所得税や住民税を滞納していたらどうなるでしょうか。その場合は、納税していませんので発行されなくなってしまいます。つまり、収入証明を取ることができません。そうなると、カードローン会社に提出する書類がありませんので、お金を借りることができなくなってしhanaまいます。

税金を納付するか、確定申告を修正申告して、もう一度控えを取ってください。少し時間はかかりますが、そのほうが確実です。源泉徴収票を会社に再発行してもらいたいときは、会社に、「家を買おうと思うんだけど、住宅ローンの見積もりで源泉徴収票が必要なのですが」という風にいうと、話が通じると思います。

納税証明書は、通常は二種類あり、納税状況がわかるものとわからないものがあります。納税状況がわからないものは、児童手当用ではないもの、として扱われています。ですがこれは、自治体によって異なりますので、まずは役所に納税してなくても出せる所得証明があるかどうかを確認してみてください。

・税金を滞納していても、カードローンの審査には通るの?

では、所得証明に関する書類を準備できて、カードローンの審査に取り掛かることができたとします。そこで、税金を滞納していることは、果たしてカードローン会社側にわかってしまうのでしょうか。結論からいうと、カードローン会社には、税金を滞納しているかどうかということはわかりません。

カードローンの審査の厳密な内容に関しては、明らかにされていません。絶対に落ちないとは言えないのです。属性がどれだけよくても、人物面で信用出来ないとされて落ちることもありますし、意外と心細い属性の方でも、返済に意欲的であると考えられて審査に通ることがあります。ですが、ある程度はカードローン審査の内容がわかっています。たとえば、収入、勤務先、家族構成、持ち家区分などです。これらは、基本的に自己申告なのですが、カードローンを申し込む際の申告内容に、「税金をちゃんと払っている」という項目はありません。カードローン会社側も、税金を正しく収めているかどうかは聞いてこないのです。

また、その次の審査項目として、信用情報の照会があります。信用情報は、分割払いなどを利用した際に、延滞なく支払いが行われているか、記録が確実に残っているものです。そこには、借りた日、借りた相手、返済状況などが克明に記録されていますが、その信用情報にも、税金をちゃんと払っているかの項目はありません。

そのため、カードローンの審査においては、税金をちゃんと払っているかどうかはカードローン会社側で把握しようがないことがわかります。自分から言わなければ、カードローン会社側であなたが税金をちゃんと収めているか、収めていないかどうかはわからないのです。書類さえ準備できれば、そして属性が良ければ、カードローンの審査に通ることは十分ありえます。

・税金を滞納しているときは、カードローンの利用に要注意

税金を期日までに払わない場合、延滞税がつきます。実は役所関係の延滞税は非常に高く、カードローン会社も顔負けの延滞税を取ってきます。そのため、税金は放置しておくのではなく、出来る限り早期に完納したいものです。

また、税金を滞納して放置しておくと、最終的には差し押さえになってしまいます。差し押さえは困る!という人は多いと思います。税金を滞納してしまった場合は、カードローンで借りて納税したいところですが、それはちょっと考え直す必要があります。税金すら払えないのに、カードローンの返済が正しくできるでしょうか?カードローンもまた延滞になってしまわないでしょうか?税金を払ったところで、今度はカードローンを返していくことには代わりありません。

まずは生活を見直して、税金を払っても問題なく生活がまわるようにしなくてはなりません。納税したくないという考え方の問題で滞納している方は、放置しておくと差し押さえになりますので、あまり極端なことはしないようにしましょう。

・税金を滞納してしまっても、差し押さえを回避するコツ

少しカードローンとは話がそれますが、税金を滞納していても差し押さえを回避する方法があります。それは、こまめに役所と連絡を取って、分納をお願いするのです。役所も最初は完納してくださいとうるさいですが、こちらがどうしても税金を払えないということを伝えて、前向きに納税したいと考えていることをアピールしていけば、分納に応じてくれます。そして、あまり知られていないことですが、分納は1000円から可能なのです。つまり、税金を1000円の分割払いで支払うことができるのです。1000円程度だったら、払えるのではないでしょうか。

この時のポイントは、差し押さえにならないように、積極的に役所と連絡を取ることです。自分から市役所の納税課に電話して、生活が苦しくて税金が払えないということを伝えていきましょう。役所は、もしかしたら窓口に来てくださいと言うかもしれません。その場合は、役所に行きましょう。大抵の場合、生活状況を聞かれます。収入がいくらで、支出がいくら、というような簡易的な家計簿を作らされますので、そこで収入と支出の表を提出してください。どうしても収入のほうが大きい場合は、借金を返済していると話して、借金返済があるので支出が大きいと説明すれば、納得してくれます。

税金の滞納は、放置して連絡しないと、悪質な滞納者とみなされて差し押さえの対象になってしまいますが、連絡をこまめに取っている場合は、差し押さえの対象にはなりにくいのです。この役所の都合をしっかりと押さえて、税金を滞納している、もしくは支払えない場合は、こまめに役所に連絡を取ってください。どうしても納税ができないとわかれば、分納で1000円からでも認めてくれます。1000円でしたら、おやつや缶コーヒー、タバコなどを我慢することで、なんとか捻出できるのではないでしょうか。また、カードローンで借りて支払ったとしても、それほどの負担にはならない金額ですよね。

・最終手段、自己破産しても税金は免除にならないので、まずはカードローンで完済

どうしても、何をやっても、大量の税金を収めることができず、また借金も完済できず、債務整理になってしまうことがあるかもしれません。債務整理は周囲に多大なる迷惑をかけるので、安易に行うべきではありませんが、最終手段として救済される方法です。

ここで問題なのは、破産した場合、カードローンの借金は免除になりますが、税金の納付の義務は残るということです。民間であるカードローンの借金は免除になるのですが、公的な義務である税金の延滞は、自己破産しても免除にならないのです。
そのため、これは最終手段ですが、自己破産を考えている場合は、カードローンの余力を使ってお金を借りて、まずは税金を完済してから自己破産してください。そのほうが、次の生活が楽になります。自己破産前提でお金を借りることは、やってはいけないことですが、税金の免除はされないので、まずはカードローンでお金を借りることが大事です。

・税金を滞納していると、住宅ローンの審査には通らない

税金を滞納していても、カードローンの審査には通ることができます。ですが、住宅ローンは難しいといえるでしょう。住宅ローンの場合は、税金を収めているかどうかの納税証明書の提出が必要となります。そして、税金を滞納していることがわかった場合は、まず審査には通りません。税金も満足に支払えない人が、長期間の住宅ローンを払うことは困難だろうと考えられるからです。

役所が出す納税証明書は、住民税の納付状況がわかります。住民税の額がわかると、所得税の額も自動でわかるようになっていますので、収入状況がひと目で分かる書類が、役所の納税証明書になるのです。カードローンの場合は、税金を滞納していても自分から言い出さない限りは審査に影響がないのですが、住宅ローンの場合は、税金の滞納は大きく響きますので注意が必要です。

また、自営業者のかたは、事業向けローンを借りたいと希望することもあると思います。事業の資金が足りない場合、通常、カードローンは事業用には使ってはいけないからです。事業用ローンも、税金の滞納がないかどうかをチェックするために、納税証明書の提出を求められることがほとんどです。その場合も、税金を滞納していると、事業用ローンの審査には、ふさわしくないとして落とされてしまいます。どうしても借りたい場合は、まずカードローンで税金を完済して、それから納税証明書をもらって、事業用ローンを借りましょう。

・税金が払えない!そんなときはカードローン

税金が払えなくて困っている場合は、カードローンという手があります。カードローンなら、リボ払いになりますので、毎月の支払いが随分楽になります。また、税金の延滞税よりも、銀行カードローンで借りればカードローンの金利は低いので、借金の額が増えるスピードが遅くなります。

生活費をやりくりしてみて、どうしても税金を払うお金が捻出できない場合は、まず、分納を相談してみましょう。役所は生活が苦しい人には分納を認めてくれます。全く払わない人よりは、一部でも払ってもらったほうが役所としても助かるからです。

そして、支払う額を少額にしてもらって、カードローンで借りてコツコツと返しましょう。どうせカードローンを借りるのなら、生活費にプラスして税金の未納分も借りてしまうといいでしょう。そうすれば、コツコツと税金を支払っていくことができます。やはり、社会通念上からも、まったく税金を支払わないというのは望ましくなく、また差し押さえの対象にもピックアップされがちだからです。

できれば、カードローンで借りて、カードローンの返済も税金の返済も、少額ずつ無理のない範囲で返済していくといいでしょう。カードローンも、毎月の返済額が選べるケースも多く、月1万円からの返済が可能です。

・まとめ:税金を滞納していても、カードローンを借りることができる!

納税証明書さえ出さなければ、カードローンを借りることができることがわかりました。会社員の方は源泉徴収票を、個人事業主の方は、確定申告書の控えを準備してください。納税証明を出す必要はありません。カードローンの審査には、納税の有無を検証する項目はないので、自分から言い出さない限りは、カードローンを借りることができます。よって、税金を滞納している方でも、大丈夫なのです。

ただし、住宅ローン事業性ローンは、すこし毛色が違うので、納税証明書が必要となります。住宅ローンと事業性ローンは税金をすべて収めていないと、長期の返済になるローンにはふさわしくないと判断されてしまいます。

税金の滞納は、分納を申し出て解決しましょう。役所に生活が困窮していることを伝えれば、月々1000円程度の納付から認めてもらうことができます。分納を上手につかって、支払う税金の負担を少なめにしましょう。

また、税金の支払いに困ったら、カードローンを上手に使って、積極的に納付していきましょう。税金の支払いは債務整理しても免除になりませんが、カードローンの負債は免除になります。どうしても支払うことができない場合は、先にカードローンで税金を納付してから、最終手段として債務整理するしかありません。
どちらにせよカードローンは、非常におすすめです。

もうすぐ税金の支払いがあるという人におすすめなのは即日で貸してくれる消費者金融のカードローンです。

レコメンド チェック 青 三人

即日融資に関してはこちらの記事を参考にしてください。即日融資OKのおすすめカードローン 10秒簡易審査結果表示ですぐワカル