お金を貯めるたったひとつの方法!貯金の極意は「予算設定」にあり!

「お金を貯めたいのに、なかなか貯まらない……」そんな方に向けた記事です。

実は、お金を貯めるために大切な考え方は一つだけ。
それを守るだけで自然とお金が貯まっていくようになるのです。

単純明快で分かりやすく、また再現性の高い方法ですので、誰でも今日から実践可能。ぜひ最後まで読んで実践してみてください。

「お金が自然と貯まるたった一つの考え方」とは?

いきなりですが、この記事のキモを最初に紹介します。

お金が自然と貯まるたった一つの考え方、それは「手取りの6割で生活する」こと。
これだけです。
これさえ守れば、絶対にお金が貯まっていきます。

もう少し具体的に解説しますね。まずは下記の表を見てください。

月手取りに対する割合 主な用途
生活費 6割 住宅費、食費、交際費、交通費、服飾費など
投資・自己投資 2割 書籍代、セミナー代など
貯金 2割 貯金

上記の表は「理想的な家計」を端的に表したものです。
手取りの6割で生活をし、2割を投資、2割を貯金に回す。
この鉄則さえ守っていれば、どんなに低収入な方であっても絶対にお金が貯まります。

手取りと生活レベルは合っていますか?

円グラフ

お金を貯めたいなら「手取りの6割で生活」を守ってさえいればいいのです。

逆にいうと、手取りの6割で生活できていない人はお金が貯まりません。
全く貯まらないか、貯まっても本当に少しずつ、もしくはボーナス頼みになります。

というわけでまずは、自分が手取りの6割で生活できるのか把握するところから始めましょう。

下記のワークを実施すれば簡単に「手取りの6割で生活できているのか」把握できます。
5分〜10分程度で終わるものですのでぜひやってみてください。

あなたは手取りの6割で生活できる?ワークを使って調べてみよう

ざっくりで構いません、上から順番にやってみてください。
5分〜10分ほどでサクッと終わるはずです。

ざっくり現状を把握しよう

  1. あなたの月収(手取り)はいくらですか?(残業代が少ない月で計算)
  2. あなたが月に使っていい生活費はいくらですか?(手取り×60%で算出)
  3. あなたの生活費の内訳をざっくり教えてください
    1. 家賃(共益費込み)
    2. 食費(自炊 / 食事が主目的の外食 / お菓子やジュースなど)
    3. 水道光熱費
    4. 通信費(携帯 / Wi-Fiなど)
    5. 国民年金・国民健康保険(対象者のみ)
    6. 交通費(仕事用)
    7. 交際費(交際が主目的の食事や買い物、交通費はこれに含む)
    8. 理美容費
    9. 被服費
    10. その他(日用品・趣味など)

さて、どうでしたか?
生活費の内訳は、手取りの6割に収まっていましたか?

6割に収まっていた方は、家計に気を使っているんですね。素晴らしいです!
6割に収まっていなかった方は、次のワークに進みましょう。

現実的な予算を設定しよう

  1. あなたが月に使っていい生活費はいくらですか?(手取り×60%で算出)
  2. その範囲内で現実的な予算を設定します。まずは下記の7項目。
    1. 保険
    2. 家賃(共益費等含む)
    3. 通信費(携帯 / Wi-Fiなど)
    4. 食費(自炊 / 食事が主目的の外食 / お菓子やジュースなど)
    5. 水道光熱費
    6. 交通費(仕事用)
    7. 国民年金・国民健康保険(対象者のみ)

次に下記の4項目を設定します。

  1. 交際費(交際が主目的の食事や買い物、交通費はこれに含む)
  2. 理美容費
  3. 被服費
  4. その他(日用品・趣味など)

さて、どうでしたか?
これまで6割をオーバーしていたのを6割に収めようとすると、自分がこれまでどこで無駄遣いしていて、どこなら妥協できるかが明確になってきたのではないでしょうか。

ここで設定した予算を達成できるよう、計画的に支出を減らしていきましょう。

手取り6割を目指して生活費を減らそう!

目指せ手取り6割生活

ここからは、支出の各項目について解説を加えていきます。
貯金するにはとにかく支出を減らすことが大切。一度ワークに取り組んだ方も、解説を読みながら予算設定を見直してみてください。

ワカル編集部
「あ、ここはもっと減らせそう!」
「ここはあまり削らないほうがいいかなあ」

など何度も推敲することで、より自分にぴったりな、より達成しやすい予算が完成するはずです。

保険:必要な保険は2つだけ

必要な保険は2つ

まず一番に見直して欲しい、というか解約して欲しいのが「保険」。
正直、多くの方は無駄な保険を払いすぎです。

保険に関しては明確な正解がありまして、必要な保険は下記の2つだけです。

  • 火災保険(掛け捨て)
  • 対人対物の自動車保険(掛け捨て)
ワカル編集部
上記2つは、自分の人生が壊れるレベルの賠償金を負担してくれる保険で、しかもどちらもそこそこの確率で起こり得るものです。
自分が注意しただけでは回避できないケースもあるため必ず加入しておきましょう。
えっ?この2つだけでいいの?
ワカル編集部
その他、もし自分が亡くなった後の家族や配偶者の家計が心配な方は掛け捨ての生命保険に加入してもいいかもしれません。
くれぐれも積立にしないように。

無駄な保険1.)積立型の保険

多くの方が「掛け捨てよりも積立がいい」と考えているようですがそれは間違いです。
積立型の保険というのは、言い換えれば「投資信託」のようなもの。

それだけならまだいいのですが、実は「とんでもなく利回りが悪い投資信託」なのです。

ワカル編集部
積立型の保険に入るくらいなら、そのお金を投資信託に入れたほうがずっとマシ。
「投資と保険が一緒にできちゃうようなものだからお得ですよ〜」という保険営業マンの甘言に騙されないようにしてください。

無駄な保険2.)車両保険

車は「移動するための道具」ですよね。
「綺麗な車に乗っていたい」というのはいわば見栄であり、そのために毎月いくらというお金を払うのは個人的にはすごくもったいないです。

「汚れてもいい服」「着れればいい」という言葉があるように、「傷ついてもいい車」「動けばいい」というマインドにシフトしていくことも、貯金を考える上では大切だと思います。

ワカル編集部
ただ、ここは価値観次第かもしれませんね。
ご自身で判断してみてください。

家賃:最も減らしやすい支出

家賃は最も減らしやすい

家賃は「最も減らしやすい支出」と言われる一方で、人によっては「最も減らしたくない支出」です。

上でした車両保険の話にも似ていますが、貯金体質になるためにはマインドセットが大切です。
あなたが高給取りならいいのですが、そうでないなら少しずつ「住めればいい」にシフトしていきましょう。

「今の家、見栄で選んでないかな?」
「そういえば、部屋が広いわりにいつも同じスペースばかり使っているな」
「最初から洋室より、和室をDIYでフローリングにした方が安く住めるな」

ワカル編集部
こんな感じで、少しずつ安い家でも満足できるようにしていきましょう。
職場が近いなら実家に戻ってしまうのもオススメですよ。

通信費:え?まだ格安simにしてないの?

通信費は格安simで節約

通信費は家賃に次いで減らしやすい支出です。

携帯を大手3キャリアから格安simに変えるだけで5,000〜6,000円の節約になります。2年縛りの違約金を考えてもすぐに元が取れる計算なので、縛り中でも今すぐ格安simに乗り換えましょう。

「外でもたくさんギガ使いたい!」という方にオススメしたいのは、

  • 携帯は月あたり1GBなどの最安プランにして
  • 通信量無制限のモバイルWi-Fiを持ち歩く

という組み合わせです。

ワカル編集部
これなら携帯とモバイルWi-Fi合わせても月6,000円ちょいですし、通信量は無制限。
スマホだけでなくPCなどもこの値段で無制限に繋げられます。
かなりオススメですよ。

食費:自炊できるかどうかが鍵

食費は自炊で節約

食費はできる限り自炊してお弁当を持ち歩くようにします。
自炊なら1食200〜300円かければ満足なものが食べられますから、外食に比べると圧倒的にお得ですよね。

また、自動販売機で買うジュース、スーパーでも売っているものをコンビニで買う、などは非常にもったいないです。
近所で安いスーパーやディスカウントストアを見つけてまとめ買いしましょう。

ワカル編集部
自炊メインなら外食メインに比べて半額以下になる可能性が高いです。
毎食自炊&工夫次第では月に2〜3万も射程圏内ですよ。

水道光熱費:節約しすぎると心が荒む

水道光熱費の節約はほどほどに

水道光熱費を節約するためにはこまめな習慣づくりが必要なので、正直かなり面倒だし億劫です。
そのわりには節約効果が薄いため、そこまで重要視しなくてもいいと個人的には考えています。

ワカル編集部
とはいえ節約できるに越したことはないので、都市ガスの家に住む、電気はこまめに消す、水道やシャワーを出しっぱなしにしない、など少しずつ気をつけていきましょう。

交通費:自転車通勤はいかが?

交通費は自転車通勤で節約もあり

職場が近いなら、自転車通勤をしてみるのがおすすめです。

朝に体を動かすと体内時計やホルモンバランスがリセットされるため、体調が良くなったり生活リズムが整いやすくなったりします。結果的に残業が少なくなるなどいいことが増えるでしょう。

ただ、会社から交通費の補助が出ている場合は電車で行った方が時間の節約になって良いかもしれませんね。

国民年金・国民健康保険

国民年金・国民健康保険

会社側で年金や保険に入っていない方は手取りの中から自分で支払うことになります。

どちらも国民の義務なので必ず払わなければいけないのですが、もし経済状況がよろしくないのであれば「国民年金の免除申請」を使いましょう。
受理されればその年の年金の支払いが免除されたり、減額してもらえたりします。

ワカル編集部
ちなみに、国民健康保険の方は必ず払ってください。
払っていないと医療費3割負担や高額療養費制度を受けられないためです。

交際費:ワリカンもありかも

交際費はワリカンもあり!

恋人がいるとデートやプレゼントなどでどうしてもお金がかかりがち。

まあ仕方ないことですが、いつも自分が出しているならちょっと考え直してみてもいいかもしれません。
「貯金したいからワリカンにしたい」と正直に話すのは悪いことではありませんよ。

それから、付き合いの飲み会を減らしてみるのもいいと思います。
1,2回減らせれば15,000円くらいは節約できますよね。
いまどき、付き合いを少し減らしたくらいで交友関係が崩れることは少ないでしょう。

理美容費・被服費:それは本当に自己投資?

理美容費・被服費

理美容費と被服費に関しては、「浪費」と「自己投資」を混同してしまっている人が多い印象です。

仕事でもなんでも身だしなみは大切ですから、確かに自己投資と言えるのかもしれません。
しかしそれがいき過ぎて趣味の領域、浪費の領域になっているのに「将来のための自己投資」だと思っている人が少なくありません。

もし自覚があるなら、この機会に「どこまでが自己投資でどこからが趣味なのか」今一度考え直してみてはどうでしょうか。

お金を貯めるためのちょっとしたコツ

ここまでで自分にぴったりの予算は作れましたか?
ここからは、せっかく決めた予算を守っていくためのちょっとしたコツや、貯金に役立つオススメの銀行・サービス・アプリなどを軽く紹介していきたいと思います。

銀行口座は「手数料のかからなさ」で選べ!

手数料は人生の中で一番無駄なお金だと思ってもいいです。
ネット銀行を選べば手数料がかなり減るので、ぜひネット銀行で口座開設してみてください。

銀行

手数料がかかりにくいネット銀行は下記の3つです。

  • 住信SBIネット銀行
  • 楽天銀行
  • SBJ銀行

個人的には住信SBIネット銀行が一番オススメ。
サイトはモダンな感じで使いやすいし、あとはカードがこの中で一番かっこいいんですよね!

口座は3つに分けよう!それぞれの用途と使い方

お金を貯めるためには複数の口座を使い分けることが大切です。
まずは3つの口座を作成しましょう。それぞれ下記の用途で運用していきます。

1.)生活費用口座

給与が入ってくる口座。普通預金です。

給与が入ってきたらすぐに「2」か「3」にお金を回し、この口座には最低限の生活費のみを入れます(手取りの6割)。
「今月はこのお金しか使ってはいけませんよ」という状態にするわけです。

2.)生活防衛資金用口座

生活防衛資金とは、「半年間無職でも死なずに生きていけるだけのお金」のことです。

生活防衛資金が具体的にいくらになるかは、その人の生活レベル次第。
先ほどのワークで出した月の予算に×6した額を、この口座の目標額として設定しましょう。

「1」の口座に給与が入ってきたらすぐにこの口座に先取り貯金し、目標額が貯まったらあとは有事の際まで放置します。

簡単には解約できない定期預金で作るのがおすすめです。

3.)余剰貯金・投資用口座

生活防衛資金が貯まったあとは、余剰貯金 + 投資に回すお金を貯めていきます。
それはこちらの口座で管理しましょう。

証券口座との連携がしやすい、住信SBIネット銀行か楽天銀行の口座がおすすめです。

家計簿をつけて予算を修正&修正!

日々、家計簿をつけておけば、月に1度の見直しで予算を修正していけます。

マネーフォワード

おすすめの家計簿は「マネーフォワード」。
銀行口座やクレジットカードと連動するほぼ全自動の家計簿で、たまに見返してあげるだけで勝手に家計簿が出来上がります。楽チン。

家計簿はつけるだけでは意味がありません。
マネーフォワードには予算設定の機能もありますので、定期的に見直して自分にぴったりの予算を作り上げていきましょう!

まとめ:貯金って実はシンプル!

今回は、お金を貯める方法、特に「予算の設定」について開設しました。

  • 手取りの6割に生活費をおさめる
  • 支出を徹底的に見直す&減らせば手取り6割を達成できる

これだけ覚えていただければOKです。
貯金体質が出来上がって、「勝手に残高が増えていく感覚」は素晴らしく気持ちのいいものですよ!

即日融資カードローン
最短1時間で融資
追従スマホ1005
タイトルとURLをコピーしました