転職直後に利用できるカードローンをお探しですか?

カードローンは勤続年数や年収額が審査通過の鍵を握っているので、転職直後にキャッシングを利用する必要が出てきたとき、審査が不利にならないか不安になりますよね。理想は転職前にカードローンを組んでおくことですが、それでも転職直後に借りなければならない状況もあるでしょう。

  • カードローン会社からすれば、転職直後の人はその職場で勤務し続けられるのか。
  • すぐに退職して無職になり、収入がなくなって返済が滞ったりしないのか。

それが不安なのです。

結論として転職直後は、カードローンの審査に不利な立場であるのは確かですが、上手く立ち回れば転職直後でも融資を受けることはできます。

ここではカードローンを転職直後に利用したいとき、審査通過に役立つ方法やテクニック・注意点などについて解説します。

転職直後にカードローンの審査を通過するには

原則としてカードローンの審査は、勤続年数と年収が大きな審査対象となります。

その理由は簡単で、カードローン会社が注目しているのは、主に下記の3項目だけです。

1.安定した収入を長期的に得ているか

勤続年数と年収から判断/返済能力があるかどうか

2.他社からの借入で返済に困っていないか

他社の借入状況/自己破産などで踏み倒す前提でいないか

3.上記2つを元に返済に関して信頼できる人物かどうか

申請情報に虚偽がないか・犯罪などに関わっていないかなど

 

勤続年数が長く、年収額も安定している人がカードローンの審査に通りやすくなるのは、これらの条件を満たしやすくなるからです。

逆に転職直後はこれらの実績が0になってしまうので、お金を貸す側からすれば返済の可能性に不安が残ります。

※転職によって収入が大きく上がる、あるいは会社の知名度が前職よりも高いなどのメリットがあれば、多少はプラスに働くことも。

この3項目を踏まえて、カードローンを転職直後に利用する方法は以下の通りになります。

キャッシングする金額を少額にしておく

高くても15万円まで

転職直後は収入面の安定性と信頼が薄くなってしまうので、借入額を少額にしてカードローン会社の「仮に回収できなかったら」というリスクと不安を軽減する

転職直後に50万や100万以上のキャッシングは、ほぼ不可能と考えた方がいいでしょう。

また転職先で何年も働けるか不明確な状況なので、仮に融資が可能となっても無計画な高額借入は避けた方が無難です。

高額なカードローンを利用したいのであれば、最低2~3年以上は勤続年数を稼いでからにした方が、貸す側・借りる側双方にとってリスクが低くなります。

・少額でも半年以上は勤続してから借りる

カードローンで借りる金額を少なくすることで、転職直後でも審査通過の可能性は上げられます。しかし、最低でも6カ月以上は勤務してからでないと、審査通過の確率は低くなるでしょう。

もちろん、6カ月未満でもカードローンの審査に通過できるケースもありますが、カードローン会社側のリスクや不安を考えると、確率が下がるのは否めません。

・前職の収入証明をキャッシング会社に提出する

転職直後は勤続年数という側面から、どうやってもカードローン会社に不安を与えてしまいます。それを補うための方法が、前職の収入を証明できる書類の提出です。

転職前より転職後の方が給料や年収はよくなったから、カードローン審査にも通りやすくなっているはず!と思う人もいるかもしれませんが、実際はそうでもありません。

カードローン会社が重視するのは、貸した金銭に対する返済能力です。

毎月の収入額がどうかよりも、長期的にかつ安定的な収入を得ているかどうかが最重要になります。

 

女性オペ

1カ月の給与60万円×勤務期間6カ月

よりも

1カ月30万円×勤続期間5

の方が審査通過しやすい。

転職直後は勤続年数が1年未満なので、カードローン会社が審査の重要な判断材料とする部分がどうしても弱くなってしまうのです。転職前に審査通過しておいた方がいいというのは、これが理由になります。

ただ審査の基準はカードローン会社によっても異なるので、まずは審査通過の確率を考えて「お試し審査」があるキャッシング会社で、簡易的な審査をいくつか受けてみることをオススメします。

お試し審査については後ほど解説します。

できれば転職前に審査を通過しておこう

ここまでの方法は、転職直後にどうしてもカードローンを利用したいときの応急処置のようなテクニックと知識です。

理想的な部分で言えば、転職前の勤続年数・年収共に信用度の高い状態で審査を通過しておきましょう。転職後はカードローン会社に情報を再申請する必要がありますが、それだけで契約解除になることはありません。年収などの状況からキャッシングできる金額の上限が少なくなる可能性はありますが、転職を理由に契約解除というケースは少ないです。

ただ、転職後の収入が転職前から大きく下がってしまうのであれば、転職前に大きな借入はしないようにしましょう。毎月の返済で追い詰められてしまいます。

転職前・転職直後問わず、カードローンを利用するのであれば返済の計画をしっかりと立てた上で活用してくださいね。

公務員への転職直後は審査に有利となる

原則として転職直後はカードローンの審査通過が難しくなるのですが、一部例外もあります。

それは公務員への転職です。

公務員は一般企業と違い、倒産やリストラの可能性がほぼなく、業績に関係なく年功序列で給与も増えていく傾向があります。長期的な安定性という意味において、公務員への転職はカードローンの審査を有利にしてくれるのです。

これら公務員の特性は、カードローン会社側からすると、貸したお金の返済能力の証明となり、審査も通過させやすくなるわけです。

もちろん絶対ではないのでありませんが、お金を借りるという面においては公務員以上に信用を得やすい職業はないでしょう。

アルバイトから正社員でもカードローンの審査通過率アップ?

同じ転職直後でも、アルバイトやパートから正社員になった場合は収入の安定性という面から、評価が上がり審査通過しやすくなる傾向があります。

焦って複数社に審査申し込みしてはいけない

転職直後はカードローンの審査に落ちやすいという情報から、同時に何社ものキャッシング会社に申し込みをする人も少なくありません。

しかし、カードローン会社への申し込み内容は全て「個人信用情報機関」に履歴として保存されており、消費者金融機関はその情報を共有しています。

 

青 左 なるほど

A社・B社・C社という3つのカードローン会社があったとして、それぞれに同時に融資を申し込んだとしましょう。

すると3社はそれぞれ、その人が3社同時に申し込みをしていることが分かるのです。

 

カードローンを利用する場合、1社だけに申し込むのが一般的です。それが同時に3社や4社に申し込んでいるとなれば、何か借りるのが困難な理由があるのだろうか?と疑われるのは間違いありません。

あるいは何社にも申し込まなければならないほどお金に困っているのだろうか。などといった疑問も生まれます。

これらの理由を踏まえて「この人にお金を貸して、ちゃんと返済できるのだろうか?」と考えたとき、否定的な意見が多くなるのは避けられないでしょう。

なお、1カ月の間に3社~5社など複数社にどんどん申し込んでいくと、業界の「ブラックリスト」に登録されて、より一層借りるのが難しくなってしまいます。

多くともカードローンの申し込みは、1カ月に2社までにしておくことが大切です。借入したい金額が大きいのであれば、なおのことカードローン会社は1社に絞ることをオススメします。

もし2社とも審査に落ちてしまったら、再審査は半年以上空けてから行うようにしましょう

お試し審査があるカードローン会社

カードローンの本審査は連続して何社にも申し込んでしまうと、ブラックリスト(通称申込みブラック)に掲載されてしまうリスクがあります。

そのため、前提条件として自分がカードローンを利用できる状態なのかを確認したい場合は「お試し審査」を利用してみるといいでしょう。

お試し審査は年収額と他社借入状況など、簡単な情報を入力するだけで最低限の審査通過条件を満たしているかを知ることができます。

システム的なものなので、お試し審査を複数社のサイトで行ったとしても、ブラックリストに掲載されるなどのリスクは一切ありません。

審査に落ちるのが不安で同時に本審査を申し込むよりも、ずっと気軽に使うことができます。

カードローンのお試し審査については“カードローンのお試し審査【自動審査】ガイド※仕組みと会社一覧”で詳しく解説していますが、下記のカードローン会社はお試し審査を公式サイトに設置しています。

興味のある人は利用してみてください。

 

・アコム・プロミス

・レイク

・SMBCモビット

 

転職直後のカードローンは、転職前と比べて審査に不利であるのは間違いありません。

何が不利でどうすれば審査通過の確率を上げられるのかについては、基本的に「金融会社からの信用度を上げる」以外の方法はないといえます。勤続年数や年収額なども、返済能力があることを証明・信用してもらうための材料でしかないのです。

ワカル編集部ワカル編集部

ワンポイントとして、WEBからの申込みよりも実際に窓口に足を運んで相談した方が、人間的に接することになるので、多少は審査通過率アップの足しにできます。

会社ごとに審査通過の基準はありますが、あくまで融資の可否を判断するのは人であることを忘れてはいけません。