銀行からお金を借りる方法、カードローンの他にもあるのです

お金に困った、銀行からお金を借りたい、そう思ったときに、まず考えつくのがカードローンです。カードローンは、無担保、無利息でキャッシングでき、個人の信用だけでお金を借りることができます。その反面、審査などが厳しいのですが、銀行でなら、社会的信用のある人ならかなり低い金利でお金を調達することができて便利です。

ですが、世の中には、定期預金をしている人も多いことだと思います。「お金に困ってしまったけれど、定期預金は解約したくないな、なんとか、定期預金の範囲内でお金を借りたいな」、なんて思っている場合、便利なのが、当座貸越という方法です。インターネット上には、カードローンのことを当座貸付と呼びます、と解説しているサイトもありますが、たしかにカードローンに当座貸付は似ています。

ですが、当座貸付とは、一般的に、総合口座を含む普通口座の残高や定期預金の額を担保として、お金を借りるものです。カードローンと非常に似ていて、定期的な返済が必要であり、金利も発生します。三菱UFJ銀行やみずほ銀行、りそな銀行などで、当座貸越を行っています。だいたい、最大枠は総合口座の90%として、限度額は200万円程度であることが多いようです。

カードローン、本来は借りるのも返すのも自由?

カードローンや当座貸越は、設定された枠の範囲内で、自由にお金を借りることができます。嬉しいことに、枠があまってさえいれば、何度でも自由に借りることができるのです。そのため、借りるのが自由であれば、返すのも自由なのです。ただし、個人の方の場合は、返済で一括払いできることは非常にレアケースであるため、分割払い、という方法が決められているのです。

じゃあ、当座貸越って何?

当座貸越の当座という言葉は、当座預金を意味します。当座預金とは、企業などが小切手の精算に使う口座のことです。一般人であるわれわれが使う預金口座のことは、普通預金と呼ばれます。そして、積立金や、定期預金などを、通帳一冊でまとめてできるのが、総合口座です。

本来、当座貸越は、その当座預金の残高が足りないとき、借りることができたのがルーツです。ですが、総合口座による借り入れも、当座貸越と呼ばれます。総合口座による当座貸越は、デビットカードのように、使えば使っただけ普通預金の口座からお金が減っていきます。そして、残高がゼロになってしまったとき、今度は定期預金などを担保にして、お金を融資してもらえるのです。

いま現在、総合口座に入っているものが担保として利用されますので、貯金がない人は使うことができません。ですが、当座貸越は、コツコツ定期預金を貯めたものを崩したくない!でも残りの普通預金の残高ではお金が足りない!などの人に非常に便利な貸付方法です。

審査なし!?低金利!?以外に便利な当座貸越

このサイトをご覧のあなたには、当座貸越という制度を知っておいてほしいと思います。定期預金や積立預金が担保となるため、カードローンのような厳密ともいえる審査がないので、比較的気軽にお金を借りることができます。総合口座を持っていると思いますので、そちらに当座貸越ができるよう、銀行側に設定をお願いするだけです。

銀行側としても、通常のカードローンは、債務整理などを行われるリスクがあります。返済能力が低い人に貸し付けてしまったり、順調に返済していた人がリストラや病気などで返済が不能になってしまったりなどの、回収不能リスクがあるのです。そのため、カードローンでは高めの金利が設定されています。仮に、金利10%で貸付するとしてみると、その利用者が返済に10年かかれば、それだけで元本分の金利を回収したことになり、それ以上は貸し倒れてもカードローン会社の利益になるので安心です。ですが、今は利息上限法もあり、あまり高金利の設定はできなくなっています。そのため、銀行としてはカードローンよりも、当座貸越のほうがリスクは少なくていいのです。

また、利息も非常に低いため、銀行とあなたはWin-Winの関係でいられるのです。大抵の場合、定期預金の金利+0.5%が相場です。定期預金の金利が0.2%だとしたら、0.7%で借り入れすることができ、とてもお得にお金を調達することができるのです。このように、貯金が少しでもある人は、当座貸越が非常に便利なのです。これなら、定期預金や積立預金でせっかく貯めたものを、崩す必要がないので、貯金や返済のモチベーションも保たれます。それは、銀行とあなた、双方にとってのメリットです。

銀行にとって、当座貸越ってどういう扱い?

では、それだけ利息が低くて、便利な当座貸越ですが、銀行にとってはビジネスとしてどうなのでしょうか。銀行にとっての当座貸越は、担保を取っているのと同然のため、返済に困った際は、定期預金等を強制解約して、返済に充当できますので、とりっぱぐれがありません。ですが、カードローンに比べて、資金需要を把握しづらいという欠点があります。どれぐらいの需要があるのかが読めないため、銀行にとっては難易度の高い融資形態のひとつとなります。

他の、証書貸付、手形、割引手形などに比べて、あまり優先度は高くありません。金利も低いですし、それほど重視されていないのは事実です。ですが、利用者にとっては、とても便利で使いやすいお金の調達法であることは確かです。ぜひご利用ください。

証書貸付って何?

当座貸越の意味がわかったところで、銀行の業務のうちのもうひとつである証書貸付について解説します。証書貸付とは、住宅ローンや車のローンなどで行われる貸付方法のことです。あなたが銀行に対して借用書を書き、そこに借り入れの総額や、利息の支払い、毎月の返済方法などを掲載して、金融消費貸借契約を締結します。そして、その契約に基づいて、融資を実行することを証書貸付と呼びます。
元利均等方式で返済することが多いです。いわゆるリボ払いです。

多くの住宅ローンや車のローンが、この方法で貸付を行っています。枠が付与されるわけではないので、一度借りた額が全額になります。あとはそれを返済していくだけです。一方のカードローンや当座貸越は、枠が付与されるため、その範囲内で自由に何度もお金を借りることができるのです。一度きりか、何度も借り入れできるか、そのあたりの違いとなります。

教育ローンには、当座貸越タイプと証書貸付タイプがある

銀行では当座貸越タイプと証書貸付タイプがふたつ準備されていることがあります。たとえば、りそな銀行の教育ローンです。当座貸越タイプは、カードローン方式で、ローンカードが発行されます。そのカードを使って、ATMで借り入れすることができます。一方の証書貸付タイプは、こちらは毎回、来店して契約、という形になります。りそな銀行の場合、毎回窓口に行く必要があります。2017年4月現在、金利はどちらも2.200%と変動金利で同じ額なので、どうせならカードローンタイプの当座貸越タイプが便利ですね。

このように、銀行では選択肢を広げるために、当座貸越タイプと証書貸付タイプのふたつのローンを準備し、顧客の選択肢を広げていることがあります。金利や返済方法、据置期間などが若干異なりますので、自分のライフスタイルに合うようなタイプを選べばいいでしょう。

当座貸越や証書貸付のメリット、デメリット

カードローン同様、当座貸越や証書貸付にもメリットとデメリットがあります。

どのようなものでしょうか。それは、当座貸越や証書貸付は、金利が非常に低く設定されているのです。先程のりそな銀行の教育ローンも、2.200%です。これはカードローンが10%を越える金利を取っているのに比べて、抜群に安い金利です。そのため、悪名高いリボ払いの形式であっても、完済が可能なのです。利息が少ないので、金利の支払いが少なくてすみ、返済額がどんどん元本に充当されるからです。
また、借入限度額も比較的高く、高額のローンを組むことができるのもメリットです。住宅ローンなどは数千万から数億にいたることもあり、そのような金額はカードローンではとても借りることができません。

反対に、デメリットとしては、手続きが面倒で、時間が少々かかってしまう点が挙げられます。カードローンのほうが、手続きが簡単で、最短では即日でカードローンを借りることができるのがメリットとなります。ただし、カードローンは金利が非常に高いです。

消費者金融で借りるなら、当座貸越がないか検討してみよう

消費者金融は非常に便利なカードローンです。迅速にお金を借りることができ、使いみちもおおむね自由です。ですが、金利が非常に高いため、完済までにとても時間がかかります。10万円借りて完済まで1年かかることはよくあり、リボ払いは返済がとても長期にわたることは、一部では知られた事実です。そのため、お金に困ったときは、まずカードローンではなく当座貸越、証書貸付が利用できないか検討してみましょう。もしかしたら、自分の持っている公債や定期預金、積立口座などを利用して、お金を借りることができるかもしれないのです。これは金融リテラシーとして、ぜひ知っておきたい事項でもあります。

まとめ:当座貸越と証書貸付は、カードローンに似たサービス

銀行が行っているサービスのひとつである、当座貸越と証書貸付について見ていきました。当座貸越は、総合口座が使えるため、密かに貯めていた定期預金などを利用して、低金利でお金を調達することができます。銀行の定期預金+0.5%前後の金利であることが多いため、金利負担もそれほどありません。枠の範囲内で、何度でも自由に借りることができます。非常に便利ですので、知っておきたいサービスです。

そして証書貸付は、住宅ローンや車のローン、教育ローンなどで使われることが一般的です。貸付の借用書をいちいち書いて、借りる方法です。毎回借りる必要がありますが、低金利なので選択肢のひとつにいれてもいいでしょう。りそな銀行の教育ローンの場合は、当座貸越タイプと証書貸付タイプの2つがありますので、比較検討してみてください。

カードローンと比べて、審査や手続きなどに時間はかかりますが、それでも、金利が安いので支払いやすくておすすめです。カードローンはやはり金利が高くて怖い、抵抗がある、という方は、まず当座貸越や証書貸付を検討してみることからはじめてはいかがでしょうか。