img_187

ゆうちょ銀行のカードローン「したく」を紹介します。

年金の人や専業主婦の人も可能で最高500万円まで借入することが可能なカードローンとなります。

ゆうちょ銀行カードローン したく【スルガ銀行代理店】の基本情報

総量規制対象 対象外
実質年率 年7.00~年14.90%(固定金利)
借入上限 500万円(ただし初回申し込み時の上限は300万円)
審査期間 最短30分
即日振込の対応 不可
在籍確認 必ずある訳でなく審査内容により必要になった方のみあり
返済方法 約定返済、随時返済
申込資格 お申込時の年齢が満20歳以上70歳以下で、安定した収入がある方。スルガ銀行株式会社指定の保証会社であるSDP株式会社の保証を受けられる方。
収入証明書 不要
担保・保証人 不要
専業主婦、パート・アルバイト 可能
利用期間 1年ごとの自動更新(満76歳に達した後、最初に到来する契約更新時以降は、新規利用停止となります。)

ゆうちょ銀行カードローン したく【スルガ銀行代理店】のオススメポイント

  • 口座開設不要&収入証明書の提出不要
  • 返済口座不要
  • 専業主婦、年金受給者も申し込み可能
  • 70歳まで申し込み可能&満76歳まで自動更新可能!
  • 最短30分で仮審査可能
  • 約定返済額(最少返済額)が3,000円~と少額設定なので返済しやすい

ゆうちょ銀行カードローン したく【スルガ銀行代理店】の詳細と特徴【メリット】

ゆうちょ銀行カードローン したくは、実はゆうちょ銀行自体が提供しているカードローンではありません。

img_172

ゆうちょ銀行はスルガ銀行のローン契約を媒介しておりそのうちのひとつに「カードローン したく」があります。つまり、したくはゆうちょ銀行がスルガ銀行の代理店として「スルガ銀行 ゆうちょ専用支店」で取り扱いを行っている商品、ということです。

img_173

カードローン「したく」は、実質年率 年7.00~年14.90%、利用限度額は10万円~500万円(初回申し込み時の利用限度額は300万円まで)と、銀行カードローンとしては極一般的なスペックです。

また、申し込み方法や申し込み時に必要な書類、契約後の利便性を見ても・・・口座開設や収入証明書不要という銀行カードローンは他にもありますし、審査時間も最短30分!といっても銀行カードローンとしては早い部類には入るものの特記すべきこととまでは言えません。それに、最短30分で審査回答とはいってもあくまで仮審査の結果を受け取れるまでの時間ですし、契約までには郵送でのやり取りが必須なため実際にカードローンを利用できるまでに2~3週間かかることを考えるとスピード感はあまりありません。

即日融資なら消費者金融のカードローンがおすすめ

すぐにお金を借りたい人は消費者金融のカードローンがおすすめです。
プロミスやアコムは最初の30日間は無利息なのですぐに返す予定がある人はゆうちょ銀行よりもお得に借りられます。

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

順位 サービス サービス名 無利息期間 審査時間 即日融資 借入限度額 実質年率 月々の返済 保証人の有無 在籍確認 公式HP
1位 プロミス横 プロミス
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間※P1 最短30分 可能※p2 1万円~500万円 年17.8% 借入金額の1.99~3.61%以上 不要 電話 ⇒プロミス公式HPへ
2位 アコム横 アコム
(公式ページへ⇒)
はじめての人は30日間 最短1時間 可能 1万円~800万円 年18.0% 借入金額の1.5%~4.2%以上 不要 電話 ⇒アコム公式HPへ
3位 モビット横ランキング SMBCモビット
(公式ページへ⇒)
最短30分 ※M1 可能 1万円~800万円 年18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒SMBCモビット公式HPへ
アイフル
(公式ページへ⇒)
はじめての人は最大30日間 最短30分 ※I1 可能
1,000円

~800万円

年3.0%~18.0% 4000円~ 不要 電話 ⇒アイフル公式HPへ

※P1:(30日間無利息)※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※P2:※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※M1:(曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱なる場合あり)

img_171

ただ、利用対象者、という観点でいうと、主婦やアルバイト、パートだけでなく年金受給者も申し込みでき、しかも特に問題なければ満76歳まで自動更新してもらえるという点は、高齢者にとっては嬉しいことでしょうし、間口の広い銀行カードローンだとは思います。(ただし、満20歳以上でアルバイトなどをしていて収入があったとしても学生は申し込みできません)

とは言え、その他、手数料無料で利用できる提携ATMが多数あるといっても、返済方法は直接入金限定ですし約定返済額が少額に抑えられているといっても他にも探せば同じくらいの約定返済額のカードローンがないわけではない・・・このように分析すると利用可能な層が厚い、ということ以外に特になにがどうということもないような気がしないわけでもありません。(もちろん、魅力がないと言っているわけではなく一般的な銀行カードローンである、という意味です)

しかし、ゆうちょ銀行が「したく」の取り扱いを開始した当初(2008年5月12日)は、82店舗での取り扱いでしたが、2011年の10月3日から新たに110店舗が加わり192店舗に。そして2016年10月現在は、233店舗のゆうちょ銀行で取り扱っています。

取扱店舗数が右肩上がり、ということはそれだけ需要もあると察しのつくところではありますが、実際、ゆうちょ銀行窓口、また、インターネットやスルガ銀行ゆうちょローンサービスセンター カードローン・デスクからの申し込みが増えているそうです。

正直これといって秀でているとはいいがたい一般的な地方銀行発行の銀行カードローンに人気が集まっているのは何故なのか?実際に申し込まれた経験をお持ちの方&利用者の声からゆうちょ銀行カードローン したく【スルガ銀行代理店】の魅力と利用するうえでのメリットを探ってみたいと思います。

ゆうちょ銀行カードローン したくに寄せられた口コミを集めてみました!

名称未設定-1_29主婦でも作れるカードローンということでイオン銀行のカードローンと少し迷いました。
しかし、地元に根付いたゆうちょ銀行のほうが何かあった場合でも相談に乗ってもらえるだろうし、金利も特に高いわけではないようなので「したく」を作りました。

名称未設定-1_21カードローンの支払いが大変で・・・と地元の郵便局員(いや今はゆうちょ銀行の行員ですけど)の友達に愚痴ったところ、「うちでもカードローン扱っているよ。」というのでダメもとで申し込んだら30万円の限度額をもらうことが出来ました。したくの金利より高い消費者金融を使っていたので、したくで借りた30万円で消費者金融2社の支払いを済ませ、消費者金融のカードローンはすぐに解約しました。あとは、もうひとつ違う銀行のカードローンがあるけれど、したくと同じく月々の返済額が消費者金融と比べて低額だからこれで何とかなりそう。郵便局にもあるなら早く教えてくれよ!って感じだけど、友達経由ってだけでなくやっぱり子供の頃から馴染みのある郵便局の窓口なら安心なのでいずれ「したく」1枚にしたいと思っています。

名称未設定-1_08年金をもらうような年になってカードローンを作ろうと思っても条件のあう銀行カードローンはなかなかなく、作れたとしても利用できるのはほんのわずかな間だけ。少しでも長く使えそうなカードローンを、と探していた時に「したく」のことを知り、取扱窓口もゆうちょ銀行という安心感から早速申し込みしました。カードローンを作るのは初めてのことでしたし、若者と違ってインターネットは苦手なためスルガ銀行ゆうちょローンサービスセンター カードローン・デスクに電話していろいろと相談しながら申し込みを済ませたのですが対応してくださった方も非常に親切な方でしたし、40分ほどで仮審査の連絡もあり安心しました。
その後は郵送でのやりとりでカードが届くまでに2週間ほどかかりましたが、自分の場合、すぐにお金が必要というわけではなく何かあったときのためにと思って作ったので日数的なことは特に気になりませんでした。返済が遅れたりしなければ76歳まで使えるゆうちょ銀行カードローン したくを作ったことで心にも少し余裕を持つことが出来ました。

OL風の人物アイコンパート仲間が作れた、っていうので私もチャレンジしてみたら無事審査に通りました。アルバイトやパート、派遣社員やフリーターでもOKって宣伝しているカードローンの審査につい最近落ちたばかりでしたが、希望の利用限度額をもらうことが出来ました。やっぱりゆうちょ銀行は嘘つかない!いや・・・スルガ銀行の商品か(苦笑)

名称未設定-1_07交際費をやり繰りするためのカードローン(できれば銀行カードローン)を家族に内緒で作りたいと思い、ネットで探していた時に「自宅、勤務先、携帯電話から連絡先を指定することができる。カード送付先も自宅か勤務先か選ぶことが出来る」というこちらのカードローンのことを知り、ゆうちょ銀行だし職場にカードが届いても変に思われることはないはず!自宅に送られるより安心!と思い連絡先は携帯、カード届け先を勤務先にして早速申し込みしました。
審査も無事通り、申し込み後18日目にカードが届きました。今流行?の即日融資を希望する人には向かないカードローンだと思いますが、在籍確認のための職場への電話連絡もなかったし、金利も利用限度額50万円で12.0%と、まっ一般的な銀行カードローンの金利と変わらなかったので十分満足。家族に内緒でカードローンを作りたいという人にいいんじゃないかな?

img_167みなさん、それぞれ立場や状況が違うので目の付け所も違うようですが、やはり一番は地元に根付いたゆうちょ銀行という安心感のようですね。確かに、他の銀行カードローンと比べて抜きんでているところはないかもしれませんが、逆に特に劣っているところも見当たらない&遜色ないのであれば「安心感」があるというのは最大の魅力であり、メリットなのかもしれませんね。

カードローン したくの金利について

カードローン したくの金利は、実質年率 年7.00~年14.90%です。

img_174

カードローンの多くは利用限度額に応じて実質年率(借入利率)が決まりますが、カードローン したくの金利は、限度額で決まるのではなく審査により決定します。

例えば、カードローン したく同様、金利 年7.00~年14.90%、利用限度額10万円~500万円で利用限度額によって金利が決定されるカードローンで利用限度額が10万円の場合、年利は14.90%になることでしょう。

しかし、あくまで審査で金利が決定するカードローン したくであれば、例え10万円の利用限度額しかもらえなくても年利は一桁台ということもあり得るわけです。

実質年率 年7.00~年14.90%というのは銀行カードローンとしては平均的であり特に低金利とは言えません。ただ前述の通り、利用限度額が低くても上限金利が設定されるとは限らない点に魅力を感じる方もいるかもしれませんね。

カードローン したくの審査について

ゆうちょ銀行カードローン したくの審査に限ったことではありませんが、審査が無事通るか!だけでなく在籍確認のための電話が職場にかかってきた時に周囲の人に変に勘ぐられないかが心配、という方も多いのではないでしょうか?

ゆうちょ銀行カードローン したくの公式ホームページにも「ご契約にはご勤務先等への在籍確認が必要となります」とあるのでやっぱりここも在籍確認は必須か!カードローンの申し込みをしたってバレたりしないか心配・・・という方もいらっしゃると思います。
スルガ銀行ゆうちょローンサービスセンター カードローン・デスクに気になる点をきいてみました。

img_176電話による在籍確認は必須でしょうか?

img_175お申込者様全員にお電話による在籍確認を行っているわけではありません。

img_176電話による在籍確認がない場合は、書類など他の方法で在籍確認をとるということですか?

img_175いえ、書類の提出などの必要はございません。
仮審査の結果が承認となり手続きが進むなかで電話による在籍確認が必要な場合にのみお電話を入れさせていただいております。

img_176仮審査の結果と一緒に電話による在籍確認を行います。または職場への電話連絡はありません。といった旨の連絡があるのでしょうか?

img_175いえ、審査を進める中で必要になったタイミングでお電話しており、仮審査の段階で電話による在籍確認が必要かどうか、ということが決まる訳ではありません。また、職場への電話連絡を了承したうえでお申込みいただくことになっておりますので、お電話するかしないかをお伝えするこはありません。

img_167私の受けた印象では、全員に電話するのではなく審査途中で本審査が通るか通らないか?また、希望限度額まで設定できるか否か?微妙な人に電話による在籍確認をとっている・・・そんな風に感じました(あくまで個人的な感想ですが)。

それに、例え低い確率であれ職場への電話連絡があったとしても金融機関が連絡する際「カードローンの申し込みの件で」など本人以外に個人情報を伝えることはありません。

それから・・・少し話がズレてしまうかもしれませんが、ゆうちょ銀行カードローン したくの送付先は、自宅か職場か指定できるようになっていて、自宅の場合は転送不要の簡易書留での送付ですが、勤務先へは本人限定郵便で送ってくれます。そういった配慮ある銀行からの電話ですから、当の本人さえオドオドしたりしなければ、周囲にバレたり変に勘繰られることもないと思いますよ。

専業主婦が審査を受ける際になにか必要なものはあるの?

専業主婦でも申し込める銀行カードローンは近年増えてきていますが、その多くは配偶者の同意書をはじめ、婚姻関係を証明する書類、配偶者の年収が分かる書類などが必要だったり、配偶者の職場への電話による在籍確認が必須だったりします。そのため、専業主婦も申し込み&利用可能な銀行カードローンは魅力的だけれど敷居が高い!と感じている方も多いようですね。

img_177

では、ゆうちょ銀行カードローン したくの場合どうなのでしょう?公式ホームページを確認したり口コミを覗いてみても詳細についての記載がなかったので、問い合わせてみたところ・・・

専業主婦だからと言って本人に収入のある方が申し込みされる場合と同じく必要なのは本人確認書類だけ。
配偶者の職場へ電話をかけることもなければ、配偶者へ同意しているか?といった確認の電話をかけることもない、との回答を頂きました。

ただ、申し込み前に配偶者の了解を得ることは必須。
また、配偶者の勤務状況や年収については申告する必要があるそうです。

img_167電話で申し込みする場合は、申し込みの際に配偶者の勤務先の名所、業種、勤続年数、年収を聞かれます。
インターネットから申し込む場合は、配偶者の情報を入力する欄がありませんので申し込みの際には配偶者情報は不要ですが、仮審査を無事通過した場合、意思確認と申し込み内容の確認のための電話がかかってくることになっていて、その際に配偶者の情報も聞かれます。

ちなみに、インターネットから申し込んだ場合は、申し込み内容のみで仮審査が行われ、そこで見送り(審査が継続しない場合)となれば、電話は来ません。その場合、1週間程度で圧着タイプのハガキで否決の連絡が届きます。

カードローン したくの申込み~借入の流れ

カードローン したくの申込み方法は、公式ホームページを見ると、この4種類の申し込み方法についての記載しかありません。

  • インターネットから申し込み
  • 電話での申し込み
  • ゆうちょ銀行の取扱店からの申し込み
  • モバイルからの申し込み

問い合わせてみたところ郵送での申し込みも可能とのことでした。

ちなみに、カードローン したくの審査可能時間は平日の9:00~19:00で電話で申し込んだ場合、最短30分で仮審査の結果回答。

女性オペ

電話でのお申し込みは最短30分とはなっていますが、あくまで最短でして、夕方以降に申し込みされた場合は混み具合や審査状況により即日審査結果を受け取ることが出来ないこともあり得ますことをご了承ください。ですが、電話もしくはインターネットでお申し込みされた場合、原則、一両日中に仮審査の結果をお受け取りいただけると思います。また仮審査後は郵送でのやり取りとなりますが、スムーズにいけばお申し込みから2週間ほどでお手元にカードをお届けできると思います。

では、申し込み方法ごとの借り入れまでの流れを説明したいと思います。

インターネットから申し込み/モバイルからの申し込み

img_179
インターネットから申し込む場合は、公式ホームページにある「インターネットでのお申し込みはこちら」をクリック、モバイルから申し込む場合は公式ホームページにあるQRコードを読み取り申込フォームに必要事項を入力していきます。

img_178

原則即日仮審査が行われ審査結果は、電話または郵送で届きます。
ちなみに、承認となった場合は、本人の意思確認と申し込み内容の確認もあるので電話で連絡が来るそうです。

img_180
仮審査に通過し、審査継続となればカードローン「したく」申込書 兼保証委託申込書と保証委託契約書が送られてくるので、必要事項を記入し必要書類(運転免許証、顔写真付き住基ネットカード、個人番号カードなどの本人確認資料の写し)を添えて返送します。

img_181
書類到着後、本審査が開始され無事審査に通れば、カード送付先に指定していた自宅または職場にカードが送られてきますが、セキュリティ管理のため制限がかかっておりすぐに使うことはできません。カードを使い融資を受けるためには、カード受け取り確認が必要です。

カード送付台紙に記載されているカードローン「したく」利用開始手続専用のフリーダイヤルに電話して受取確認の連絡をすることで制限が解除され利用できるようになります。また、ATMで暗証番号を入力して取引することでもカードローン到着の確認が取れるようになっています。

ちなみに、カードローン「したく」利用開始手続専用ダイヤルは、オペレーター対応ではなく自動音声による案内になりますが、受付時間は平日の0:30~23:00、土日祝日は9:00~20:30となっています。

img_182

カードの受取確認が済めばATM(ゆうちょ銀行ATM、スルガ銀行ATM、セブン銀行ATM、E-netマークのATM、タウンネットワークサービスのATM、イオン銀行ATM)から利用限度額の範囲内でいつでも1,000円単位で融資を受けることが出来るようになります。

電話での申し込み

img_183

電話による申し込み先は、スルガ銀行ゆうちょローンサービスセンター カードローン・デスク(0120-508-911)で、受付時間は平日の900:~17:00です。
オペレータさんに仮審査に必要ないくつかの質問をされますので、順次答えていけば申し込み完了です。

その後の流れは、インターネットから申し込み/モバイルからの申し込みと同じです。

ゆうちょ銀行の取扱店からの申し込み

img_184

スルガ銀行ローン取扱店であるゆうちょ銀行の窓口(全国に233店舗あります。)で申し込む場合は、申込書と一緒に必要書類の提出が必要ですので、必ず持参しましょう。申し込みに必要な書類は窓口にありますので記入の上、必要書類を添えて提出してください。

その後の流れは、インターネットから申し込み/モバイルからの申し込みと同じです。

郵送での申し込み

img_185

郵送で申し込む場合、申込書が必要になりますが、スルガ銀行ゆうちょローンサービスセンター カードローン・デスクに電話して申込書を送ってもらうよう依頼すると申込書と返信用封筒を送ってもらうことが出来ますし、ゆうちょ銀行の取扱店にも申込書はありますので都合の良い方法で入手してください。
申込書を入手したら、必要事項を記入の上、本人確認資料と一緒に送付します。

その後の流れは、インターネットから申し込み/モバイルからの申し込みと同じです。

カードローン したくの返済方法

カードローン したくの返済は約定返済だけでなく、随時返済も可能です。
手数料無料で使えるATM(ATM(ゆうちょ銀行ATM、スルガ銀行ATM、セブン銀行ATM、E-netマークのATM、タウンネットワークサービスのATM、イオン銀行ATM、全国の提携金融機関ATM・CD)もたくさんあるので余裕のある時に少しずつでも返済していけば早期完済を目指すことが出来ます。

img_182

ただし、返済方法はATM(もしくは振り込み)による直接入金のみとなっており、口座引き落としなどはありません。
そのため、忙しいので口座引き落としによる返済の方がラク、という方などには少し不便に感じるかもしれませんが、前述の通り手数料無料で利用できる提携ATMが全国にたくさんありますのでATM探しに困ることはないと思います。

また、約定返済日も毎月1日とはなっていますが、前月の20日以降当月1日までに入金した分が約定返済扱いとなるため、自由度が高く返済しやすいカードローン、という声も多く寄せられています。

カードローン したくの約定返済額(ミニマムペイント)

返済時の利用残高 約定返済額
10万円以下 3千円以上
10万円超20万円以下 6千円以上
20万円超30万円以下 9千円以上
30万円超40万円以下 1万2千円以上
40万円超50万円以下 1万5千円以上
50万円超100万円以下 2万円以上
100万円超150万円以下 3万円以上
150万円超200万円以下 4万円以上
200万円超250万円以下 5万円以上
250万円超300万円以下 6万円以上
300万円超350万円以下 7万円以上
350万円超400万円以下 8万円以上
400万円超450万円以下 9万円以上
450万円超500万円以下 10万円以上

上記の通り、利用残高が10万円以下であれば3,000円からと少額に抑えられているので、借り入れ直後や急な出費があった月などまとまった返済額を用意するのは難しい、という場合でも無理なく返済を続けることが出来るのではないでしょうか。

即日希望の方は消費者金融も検討ください

※カードローンを申し込む時は上限金利を確認してください。
はじめて申し込まれる人が下限金利を適用されることはありません。

1位プロミス
プロミス縦

無利息期間 はじめての人は30日間無利息※P1
実質年率 17.8%
限度額 500万円

低金利&即日融資も可能
返済額を少しでも減らしたい人におすすめ。
審査時間は最短30分&最短1時間で即日融資も可能。

プロミス縦ランキング

2位アコム
アコム縦

無利息期間 はじめての人は30日間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

はじめての方は最大30日間も金利が0円となります。ネットで契約まで可能なのでわざわざ店舗に行く必要はありません。
アコム縦ランキング 即日

3位SMBCモビット

無利息期間
実質年率 18.0%
限度額 800万円

全てWEBで完結するモビット。
10秒簡易審査ができる人気のカードローン
モビット縦ランキング

アイフル

無利息期間 はじめての人は最大30日間
実質年率 3.0%~18.0%
限度額
1,000円~800万円まで

最短30分で審査が完了し、即日融資も可能なアイフル。※I1
モビット縦ランキング

※P1:※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。
※I1:お申し込みの時間帯により、翌日以降になる場合があります。ご連絡いただいた時間帯によっては、お急ぎのご融資のご希望にそえない可能性がございます。

地方銀行下人気カードローンランキング

\おすすめのカードローンはコチラ♪♪/

ゆうちょ銀行下人気カードローンランキング