残クレって聞いたことある!?

残クレという言葉、聞いたことがあるでしょうか。
それは、「残価設定クレジット」の略です。
残価設定クレジットとは、車を買うときに使う用語です。
残クレは、残価設定ローン、残価設定クレジットの略称としてよく使われます。
残クレとはいったいどんなもので、なぜ評判が悪いのでしょうか。残クレの意外な盲点をお話していきたいと思います。

残クレとは何!?

残クレとは、残価設定クレジットの略だと先程お伝えしました。
残価設定とは、いってみれば、一見すると大変オトクな仕組みです。最初に下取り価格を決定して、差額だけをローンにして分割払いにする、という風に宣伝されています。
3年~5年程度、車に乗ったら、あとは下取りに出して残りのローンはその売買代金でチャラ。そして自分は、その3年~5年だけのローンを組む、というふうに説明されるケースが多いのです。

ですが、これだと、一見してとても得するような気がします。3年で新車に乗り換えれば、乗った期間だけの支払いに見えますので、中古車の売却で利益はでないものの、残クレは非常にオトクな仕組みに見えます。中古車の価格も、マーケットは流動的であり、価格が上下します。3年後もしくは5年後に、100万なら100万円の中古車価格がついているとは限らず、さらに低い価格で下取りされるケースも多いので、残クレは初回の購入時に下取り価格が決定し、とくに3年後に瑕疵がなければ、そのままお金が戻ってきてローンにあてられる仕組みです。

そのため、残クレだと一見するととてもお得に見えるのです。

残クレの意外な盲点とは何!?

ですが、その下取り価格を残価と呼ぶのですが、その残価にも、金利がかかってくるので注意が必要です。残価とは、すなわち下取り価格ですので、新車を300万円で買って100万円の残価設定になった場合、その100万円にも金利がかかるということです。

つまり、このケースにおいて、一見するとディーラーの説明や数多くあるWebサイトに説明では、差額の200万円しか払わなくて良い、そこにしか金利がかからないように見受けられます。ですが、実際のところはこのトータル300万円に対して金利がかかり、さらには、残クレで3年経ったとき、もう一度ローンを組み直して同じ車に乗りつつける場合は、二重でローンがかかるケースがあります

このように残クレには意外な盲点があるのです。
また、走行距離なども注意が必要です。あまりに長期間・長距離乗る人は、残クレに適用されないケースがあり、下取り価格が低くなってしまってお金を払わなくてはならなくなるケースがありますので注意が必要です。

傷がついていたり、凹んでいたりする場合も、減額になりますし、なんでもかんでも、残価として引き取ってもらえるわけではないのです。

毎月の支払いが楽になるというワナ

また、残クレは、毎月の支払いが楽になるという触れ込みで宣伝されることもあります。ですが、残クレに限っては、カードローンなどと同様、毎月の支払額が低くなればなるほど、支払総額をトータルで見てみたときに、とても多額の利息を払っていた、ということになりかねないのです。

残クレは、下取り価格を最終分の支払いにあてて、毎月の支払額を少なく見せているにすぎません。支払いが少ないように見えますが、それはあくまで見かけ上のものです。3年~5年の契約期間がすぎれば、その後も乗り続けるか、ディーラーに返すかの選択肢を迫られることになります。乗り続ける場合は買取になりますので、一括で残金を支払うか、ローンの組み直しになるか、どちらかです。ここが、金利の二重取りとして残クレが批判されているところでもあります。

長期間乗るのであれば、残クレはない方が良い

残クレは、長期間乗るのであれば、最初の数年間に数百万円に対して利息がかかりますので、たとえば300万円の新車代だとして、3年間300万円に対して金利がかかります。そして、再び3年後に100万円で車を買い取ったとすると、その100万円に対して再びローンの利息がかかるのです。

それならば、仮に長期間乗ることを前提としているのであれば、残クレをしないほうがメリットはあるのではないでしょうか。はじめから300万円のカーローンやディーラーローンを素直に組んで、そちらに一本化して払っておいたほうが金利の面からもお得だといえるでしょう。金利の二重取りもされないですし、そもそも銀行カーローンのほうが、圧倒的に利息が安いので、ディーラーを経由する必要性はあまり感じません。

どうしてもディーラーとの良好な関係を築いておきたいと考えるのであれば、ディーラーローンを組めばいいだけの話です。

残クレの落とし穴は、まさに残価そのものにある

残クレの金利のみならず、基本的に、お金を借りるという行為そのものは、元本に対して金利がかかっていく、ということでもあります。
そのため、元本が減っていかない場合は、いつまでも莫大な金利負担がかかります。
たとえば、残クレは、最後に一括で残高を中古車としての買取で精算するものですので、最後の最後まで、元本は減りません。最後に一括で精算しますので、それまでに元本が減っていかないので金利負担が大きいのです。

まさに残価、すなわち、残存価格そのものが、金利負担となってのしかかるのです。
これならば、最初から300万円なりのオートローンを組んで、お金を支払っておいたほうが、いくぶんか金利がお得になります。

毎月の支払額も、長期でローンを組んだほうが、徐々に元本は減っていきますので、長い目で見てみると、得になるケースが多いのです。

残クレの金利は比較的高い方なので、余計に支払うお金が増えてしまいます。
支払いの総額を換算してみるとき、大きく損する可能性があるのです。
そのため、残クレそのものの検討を見直したほうが良い可能性があります。

銀行、カーディーラー、その他でまったく異なる金利

どこからお金を借りるかは非常に重要です。
車のように、ある程度まとまったお金が必要な場合、銀行で借りるのか、カーディーラーで借りるのか、その他の金融機関で借りるのかで、まったく金利が異なってくるのです。
借りるのであれば、一番金利面で負担がかからないのが、銀行のカーローン、オートローン、自動車ローンです。ですが、銀行で借りる場合は、審査も非常に厳しいですので、いろいろな銀行にあたってみると良いでしょう。

残クレは、こちら側よりも、ディーラー側がお得になるような仕組みになっています。
そのため、損をしたくないのであれば、残クレは避けたほうが無難です。
当サイトでは、他にも、残価設定のメリット・デメリットとして、記事を配信していますので、そちらもご覧ください。

残クレは、買い替えを前提としたローン

ここまで見てきたように、残クレは、買い替えを前提としたローンです。
3年~5年のスパンで、次々と車を新車に乗り換える、そんな人を想定しています。しかも、同じディーラーで買うパターンが多いでしょうから、ディーラーは特に利益になるというわけです。

残クレの場合は、とくに同じディーラーで買ってもらえる可能性が高まるため、ディーラー側も強く推奨しているのです。仮に、あなたが、3年から5年で車を新しくして、次々と乗り換えたいというスタイルで新車を買いたいと思っている場合は、残クレにすると月々の支払いが減るので非常にお得になります。

また、走行距離なども関係してくるため、残クレにすると走行距離が短い場合は、有利になります。走行距離が長くなってしまった場合は、ペナルティが課される場合もあり、なかなかやっかいです。

月々の支払いを抑えたいと思ったら

それでも、ディーラーが、

「毎月の支払いが楽になりますよ」

と甘い言葉でささやきかけたら、まずは銀行のカーローンを検討してください。
そのほうが、トータルで見たとき、安く借りられる可能性がありますし、毎月の支払額も抑えられる可能性があります。

残クレで得するのは、数年だけ車が必要な方

たとえば、転勤などで数年だけ地方に滞在し、車が必要になったとします。そんなときは、残クレがお得です。たった数年だけ乗って、あとは手放すので、支払う額のトータルも少なくなりますし、数年経てば売り払ってしまえばそれでいいのです。

そもそも、残価が適正かどうかはわからない

そもそもの話になるのですが、たとえば、新車が300万円だとして、100万円の残価が設定されたとします。
その額は、果たして正しいのでしょうか?その100万円は、あくまでディーラーの下取り額です。ディーラーの下取り額は、その後再販するために、ディーラーのマージンを乗せて売るため、下取り額が少なくなる可能性があります。

ですが、それが中古車買取業者に依頼してみた場合はどうでしょうか。中古車のリセールマーケットに直接売ることになりますので、その方が高い価格で売れた、という可能性だってあるわけです。

同じ3年~5年という月日であれば、ディーラーの下取りよりも、中古車の買取業者に流したほうが、高い価格で買い取ってもらえる可能性は十分あります。そのため、普通に自動車ローンを組んで、数年経って乗らなくなったら、中古車市場に売却するという手段のほうが、トータルで支払うコストは高くならない、というケースが考えられるのです。

そうしたパターンも考えられるので、残クレには意外な盲点があると考えましょう。
そもそも、ディーラーが支払い方法に関して、残クレをプッシュしてくる時点で、少し怪しんだ方が良いかもしれません。

残クレは、本当に短期で乗るだけの人なら、得になるケースもあります。ですが、大抵の自動車ユーザー、車愛好家、これから車に乗ろうとする初心者ドライバーにとっては、あまりメリットはありません。これは、はっきりそう言ってしまっても問題ないと思われます。
残クレにメリットはほとんどないので、ごく短期で乗るとか、数年ごとに乗り換えるとかのケースでない場合は、使わないほうが良いでしょう。それならば、普通に銀行でカーローンを組んだほうが、まったくもってオトクなのです。

まとめ:残クレの落とし穴に注意

率直に言って、残クレには落とし穴があります。盲点と言っても過言ではないでしょう。
残クレは、支払総額が非常に高くなります。残価の下取り部分が、ローンの元本となっていつまでも金利を吸い続けるからです。こうした残価設定の落とし穴は、意外と知られておらず、「残クレとは」で検索する人も意外と多いものです。

残クレは、今回見てきましたとおり、残価設定クレジットのことで、消費者にとってはあまり有利な一面はありません。
そのように、残クレはむしろ損する仕組みなので、ディーラー側を儲けさせるだけとなってしまいます。
毎月の支払額も、銀行カーローンにすれば支払総額は安いですし、何よりオトクです。
数年だけ車に乗るのであれば、また、3年~5年毎に車を乗り換えて次々と新車に乗っていこうと考えるのであれば、話は別です。

ですが、じっくりと車と付き合い、毎月の支払いをしっかりとしながら、愛車を愛でていこうと考えている場合は、残クレは使わないほうがはっきりいって無難です。
残クレには盲点があるとお伝えしました。ディーラーに下取りを出すのではなく、一般の中古車マーケットに流したほうが、トータルで見て手元に残る現金は多い可能性が高いのです。

それを考慮しながら、ディーラーで勧められる残クレに、「NO」というのも大切なことです。ぜひ銀行のカーローンを検討してみてください。