新車を買うなら、残価設定がお得ですよ
残価設定で車を買いませんか?

などなど、カーディーラーでマイカーを買おうとして、「残価設定クレジット」「残価設定ローン」をディーラーが進めてくることがままあります。ですが、残価設定ローンには、メリットとデメリットがあります。

カーローンを組む際に、残価設定のことをよく知っておかないと、ディーラーの口車にのせられて、かえって損してしまう可能性があります。一見すると、オトクな残価設定ローン、通称残クレですが、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

残価設定ローン(クレジット)とは!?

残価設定ローンとは、数年後(3年などのケースが多い)の下取り価格をあらかじめ値引いて、残りの額を含めた金額をクレジットで支払っていくものです。下取り価格を初めから引いているので、3年なら3年経った後、新車に乗り換えるか、引き続きローンを支払っていくかを選択することができます。

残価設定のありがちな誤解として、たとえば300万円の車をローンで買うとして、3年後の残価が100万円の場合、200万円のローンになるということをうたっているホームページはよくあります。ですが、これは間違いで、実際は300万円分のローンを組んで、3年後に残額から100万円が引かれる、という形なのです。そのため金利は200万円ではなく300万円に対してかかります。

残価設定ローンは、残価も元本に含まれているので、それほどお得にはならないというのが現状です。よくディーラーの説明を聞かないことには、残価設定自動車ローンの本来の意味を取り違えてしまう可能性があります。

3年なら3年の残価設定を行ったとき、3年後に取る選択肢は3つです。ひとつは、「新しい自動車に買い換える」ということ。これは、今乗っている自動車を下取りに出して、新車に乗り換えるということで、残価設定クレジットがもっとも想定している顧客だといえます。残価設定ローンは、3年後なら3年後に存在するあなたの車の下取り価格をあらかじめ決定して、それが決まっているので、100万円の残価なら100万円の残価で下取りされることになります。こちらには入金があるので、それで自動車ローンの残高を精算することになります。

ふたつ目は、車を返却することです。実質的な下取りになります。残価設定されているので、あらかじめ決められた額で車を下取りしてもらって終わりです。下取り額が実質的に保証されているようなものなので、安心して車に乗ることができます。車を購入したディーラーに車を持っていって、チェックしてもらいます。特に問題なければ、そこでそのまま買取となりますので、引き渡せば完了です。

下取り価格が実質的に保証されているので、購入時に決定した下取り価格で買い取ってもらえます。下取り価格は、どうしても市場原理に左右されてしまい、中古車マーケットは流動的なので査定に出すまでは下取り価格がわからないのが難点でした。ですが、残価設定なら、購入時の相場で下取り価格が決定しますので、3年の間にマーケットの状態が動いて大幅に値段が下がってしまっても、特に問題なく約束の売価で売ることができます。

みっつ目の選択肢は、車を乗り続けるというものです。思った以上に車が気に入って、長く乗りたいという思いが芽生えたとき、残価設定の期限が来た際に、ディーラーに意思表示を行って、車を乗り続けることになります。それもひとつの選択肢ですので、ありといえばありです。何も知らずにディーラーに言われるがままに残価設定ローンを組んだものの、思ったよりも車を気に入ってしまい、乗り続けたいと思うことはよくあることです。3年たってもまだまだ車は新車同然で、きれいなことだと思います。

そこで、乗り続けるという選択肢を取った場合に、重要となってくるのが、残高の問題です。これが残価であり、下取り価格をそのまま一括で支払って車を自分のものにするか、再びローンを組んで、買い直すかということになります。

こうした3つの選択肢があるのが、残価設定の大きな特徴です

残価設定のメリット

カーローンを組むとき、ディーラーはやたらと残価設定自動車ローンを勧めてくるので注意が必要です。
ですが、残価設定にはメリットがあります。それは、なんといっても、車が安く買えることです。支払いの総額が少なくてすみ、安い価格でなおかつ新しい車に乗ることができます。これが第一の大きなメリットといえるでしょう。

そして第二に、車を短期で乗り換えるのであれば、残価設定ローンは非常に魅力的だということです。3年~5年程度で車を乗り換えるのであれば、残価設定ローンで次々と新しいローンを組んでいったほうが、次の新車に乗れて良いでしょう。

この2つが、残価設定ローンの大きなメリットとなります。
これは、裏を返せば、車を乗り潰すぐらいたくさん乗る人にとっては、非常に損する仕組みだということになります。
常に新しいクルマに乗っていたい方、車を短期間しか乗らない方、走行距離が控えめの方などには、非常におすすめできるタイプのローンです。

残価設定ローンのデメリット

では、残価設定ローンのデメリットも見ていったほうが良いでしょう。
残価設定は、結局、金融機関とは違ってディーラー独自のローンになりますので、ディーラーも金融機関からお金を借りて、貸し付けているため、どうしても金利が高くなってしまいます。残価設定ローンを組むのであれば、素直に銀行から借りて、ローンを組んだ方がお得だといえるでしょう。

また、車は、廃車寸前まで乗りつぶしたほうが有利です。車好きの方にとっては、愛車を何年も手入れしながら、大切に乗っていくのは何よりの醍醐味だと思います。車が本当に好きな人にとっては、車はとても大切なものなので、大事にしながら長い期間、乗って行ったほうが愛車としての愛着がわくことだと思います。

それに、3年から5年というのは、車に乗るには短すぎるのではないか、という懸念があります。結局、車は最後まで乗りつぶした方がオトクなので、残価設定ローンは車好きの方々、そこそこの期間クルマに乗る方には、損しかない方法です。

現に筆者も、トヨタのディーラーで真っ先に残価設定ローンを勧められましたが、とうぜんのごとく断っています。残価設定を一番に勧めてくるあたり、もっともディーラーにとって利益率の高い商品であることは間違いなさそうです。

また、走行距離が長い人も、残価設定ローンには不向きです。できれば短ければ短いほど、残価設定ローンの場合はお得になりますので、自分がどの程度車を使用するのかを見極める必要があります。地方などの場合は特に、車に乗る距離が長いですので、残価設定ローンはあまりお得だとは言い難いでしょう。

また、残価設定ローンとは?の欄でお伝えしましたが、残価設定の第三の選択肢である「同じ車を乗り続ける」という選択肢を取った場合、手数料や金利の分だけ、最初から200万や300万円のローンを組んでおいたほうがお得だった、ということも起こりえます。率直に言って、残価設定ローンは、デメリットの方が大きいローンです。ディーラーには利益がありますが、利用者にはあまり利益がありません。

それならば、いさぎよく残価設定は断ってしまって、銀行でカーローン、オートローンを組んでしまったほうが得します。そこを冷静に考えて、自動車ローンを決定しましょう。

残価設定ローンはデメリット大、取りあえず断っておいたほうが得

そもそも、いの一番にディーラーがおすすめしてくること自体、怪しんだほうが良いでしょう。ディーラーとは良好な関係を築いておきたいものですが、だからといって、ホイホイと言いなりになって残価設定ローンを組むのはおすすめできません。

デメリットも非常に大きいため、とりあえず断っておいた方が良いでしょう。
どうせなら、自動車ローン、オートローンを銀行で組んで、3年後なら3年後の状態で、中古車のリセールマーケットで売ったほうが良いのです。そのほうが、トータルコストは抑えられますし、なにより、自分の気が済むまで、車に乗ることができます。

中には、残価設定をうまく使いこなせる人もいるでしょう。それは、3年などの短いスパンで、なおかつそのディーラーを非常に信頼していて、次々と短いスパンで車を乗り換えるような人だけです。そういう方は、そもそも走行距離も短いので、残価設定ローンを使えば非常にお得になる可能性もあります。

ですが、仮にあなたがそうした人に当てはまらないのであれば、残価設定ローンは組まないほうが良いでしょう。
残価設定ローンは、ディーラーが非常にお得になる仕組みです。
新車を次々乗り回すゆとりのある人は、そもそも経済的にも恵まれているので、それほど残価設定ローンのデメリットを気にする必要はありません。
ですが、これを読んでいるあなたは、残価設定とは何か、気になっていて、なおかつ懐具合も気になるところだと思います。

そんなときは、一旦立ち止まって、残価設定ローンをディーラーがプッシュしてくるということは、こちら側は損をしているということではないだろうか、という点を考慮してみてください。残価設定ローンには、デメリットが多いです。世の中、残価設定ローンのメリットを強調するWebサイトも多いですが、はっきりいって、消費者目線に立ってみると、残価設定ローンはあまり良いことはありません。

当サイトでは、残価設定ローンを使うぐらいであれば、銀行などの金融機関によるカーローンをおすすめします

残価設定ローンは仕組みが非常に複雑ですし、残価の時点で上手に乗り換えをしなければ、金利が二重にかかってしまうこともありえるのです。大変、損になる仕組みになっています。車を上手に乗りたい、大切に乗りたい、長く乗りたい、そして、経済的にお得に乗りたいと思うのであれば、残価設定ローンではなく通常のカーローンで車に乗られることをおすすめいたします。

まとめ:残価設定ローンは、実はデメリットも多い!

これまで見てきた通り、残価設定ローンはデメリットも多いのです。
ディーラーは最初に残価設定ローンを勧めてきますが、どちらかと言えば断っておいた方が無難でしょう。
残価設定ローンは、実はとてもデメリットが多いのです。
率直にいって、車を次々と乗り換える経済的な余裕のある人でないと、残価設定ローンはデメリットしかないということは強調しておいた方が良いかもしれません。

車を長期間乗りたい人、一台の車を長く乗りたい人、そして長距離を乗る人にとっては、残価設定自動車ローンは、あまり良い点はありません。

そこをしっかりと理解して、自動車ローンを組んでいくことをおすすめします。繰り返しになりますが、残価設定ローンを組むのであれば、銀行などでカーローンを借りたほうが良いでしょう。また、銀行のカーローンの審査が厳しいのであれば、通常のディーラーローンの方がまだ得です。ディーラーローンも、国産メーカーはかなり金利が高く、外国車の方がディーラーローンの金利は安いのですが、それでも残価設定ローンよりは、まだメリットが多いのではないでしょうか。

残価設定ローンのメリットとデメリットを見てきました。基本的に中立な当サイトですが、残価設定に関しては、デメリットの方が強いとお伝えしておきます。通常の車の乗り方をするのであれば、残価設定ローンは必要ないのではないでしょうか